サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/04/24(火) 10:47:14.94 ID:b2GeRaHO0● BE:423476805-2BP(4000)
    ダイハツの主力モデル、タントが2019年後半にもフルモデルチェンジを受ける見込み。
    ライバルでは、ホンダが助手席側センターピラーレス構造を採用した軽商用バンのN-VANをまもなく発売予定で、これをベースにした乗用タイプを短期間で仕上げることのできる状況にある。
    同クラスで唯一のセンターピラーレス採用というタントの優位性は崩されるかもしれない。

    https://car-research.jp/tag/tanto

    DN_U-SPACE-01-678x381

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1524534434/ 【ダイハツ・タントのフルモデルチェンジ2019年後半予想、DNGA採用】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/23(月)20:53:12 ID:s5w
    ×:原付は時速30kmを越えて走行してはいけません

    舐めてんのか

    bike_scooter_man_s


    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524484392/ 【教本「原付は時速50kmを越えて走行してはいけない」ワイ「いかんでしょ…〇やな」】の続きを読む

    1: 水星虫 ★ 2018/04/24(火) 20:00:17.26 ID:CAP_USER9
    自動運転宅配サービスの実証実験

    自動運転

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20180424/1050002397.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    物流業界でドライバーなどの人手不足が深刻になる中、人が乗らずに走行できる自動運転技術を使った宅配サービスの実証実験が、神奈川県藤沢市で行われました。

    「ヤマト運輸」と大手IT企業の「ディー・エヌ・エー」は自動運転技術を使った宅配サービスの開発を行っています。
    24日は人が乗らずに走行できる自動運転の車が、宅配ボックスを積んで設定されたルートを走る実験が初めて行われました。

    実験は藤沢市の住宅街で行われ、自動運転の車が150メートルほどの直線を時速およそ10キロで走行しました。
    そして、目的地に止まると住民がQRコードをかざし、宅配ボックスから荷物を取り出していました。

    また、青信号や赤信号の情報を車内に積んだパソコンで受信し、車両が進んだり、止まったりする実験も行われました。
    「ヤマト運輸」と「ディー・エヌ・エー」は実験結果を分析し、開発の進め方を検討することにしています。

    「ディー・エヌ・エー」オートモーティブ事業本部の田中慎也グループマネジャーは、「ドライバーがいない状態でも荷物の受け取りはできると思いました。この実験を踏まえて課題を明確にしたい」と話していました。

    04/24 16:34

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524567617/ 【自動運転宅配サービスの実証実験に成功!!住宅街で自動運転の車が150㍍ほどの直線を時速10キロで走行し、目的地に止まりました。←は?】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2018/04/23(月) 15:14:07.01 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00000021-asahi-bus_all

    愛車のお届けは、もうやめます――。
    働き方改革の一環で、青森トヨタ自動車(青森市)が車検や新車の納車時に客の自宅まで車を届ける
    「納車引き取り(納引〈のうび〉き)」をやめたところ、従業員の残業時間が従来の5分の1になった。
    自動車販売業界では同様のサービスが慣例化されており、同社の取り組みは業界に一石を投じそうだ。

    納引きは、取引のある客の車が車検時期を迎えた際、整備工場の従業員が、客の自宅を訪ねて引き取り、検査が終わればまた自宅に出向いて納車するサービス。車を購入した客に対しても、販売店の従業員が自宅まで届けるケースがある。

    同社によれば納引きはこれまで、車検の取り扱い全体の半分以上に及んでいた。
    従業員が、職場と顧客宅との往復に時間を取られ、本来の業務である整備や営業が後回しになり、1カ月の残業時間は平均約25時間に上っていたという。

    そこで同社は納引きの廃止を決め、昨年11月、青森県内の顧客約3万5千人に理解を求める文書を小野大介社長名で発送。納引きする車を約2%にまで減らしたところ、今年1~3月の月平均残業時間は
    それまでの5分の1に当たる約5時間に収まった。残業代も1人あたり約4万円から約8千円に下がったが、差額分は会社の収益を加味して従業員に支払うことで、意欲をそがないよう配慮した。

    車を持ち込んだ客には代車を貸し出しているという。

    AS20180423002342_comm


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524464047/ 【愛車のお届けサービス「納車引き取り」をやめたら残業時間が従来の5分の1に…青森トヨタ】の続きを読む

    1: 名も無き被検体774号+ (ワッチョイ 0b11-8E8L) 2018/04/23(月) 22:24:13.36 ID:DD6XHAhx0
    これ。まだ女性は乗せたことない。
    あんまり車のこと詳しくはないです。

    ハリアー

    ttps://www.goo-net.com/php/sales_records/detail.php?baitai=goo&area_cd=13&goo_car_id=979017112600501314001

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1524489853/ 【車買ったんだけど女受けどうかな?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ