サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1:
    英蘭系石油会社のロイヤル・ダッチ・シェルは米カリフォルニア州でトヨタ自動車と協力し、燃料電池車(FCV)向け水素インフラ整備に乗り出す。加州の約1640万ドル(約18.5億円)の補助事業の一環として、既存のガソリンスタンド7カ所に水素充てん設備を整備する見込み。

    水素インフラ整備計画が遅れていた加州にとって、7年内に水素ステーション100基設置の目標の達成へ一歩前進となる。現状は25基。カリフォルニア・エネルギー諮問委員会のジャネア・スコット氏は「高い関心があることを大企業が示しており、水素市場は急速に進展しようとしている」とコメントした。

    -1x-1

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-20/OLNUVJ6TTDSJ01

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487743620/ 【水素自動車はロイヤル・ダッチの陰謀により成功する。間違いない。今すぐ買え。】の続きを読む

    1:
    scoop1020

    1998年に発売された現行型スズキ ジムニーは、意外にも歴代の中で、最長のモデルライフとなった。いまなお記録は更新中だ。1970年デビューモデルは11年。81年デビューモデルが17年で、それぞれ世代交代に踏み切ったのに対して、現行モデルはすでに19年が経過している。そのジムニーがいよいよモデルチェンジを果たす。

    過去のデザイン遺産を継承して登場か
    ジムニーの歴代モデルを見ていくと、1970年デビューモデルと81年デビューモデルにはジープに似た縦格子グリルと、丸目ランプが採用され、ジムニーのアイデンティティが確立された。81年デビューモデルのマイナーチェンジで縦格子グリルは取り払われたが、現行型が登場した際に再び採用。と思いきや、またまたマイナーチェンジで廃止され、現在は横ルーバーが並ぶグリルに変わっている。

    特別仕様車には、引き続き縦格子グリルを連想させるグリルが採用されたところをみると、根強い人気があるのだろう。

    イグニスに懐かしい車のデザイン要素が散りばめられたように、スズキは過去のデザイン遺産を見直しているフシもあるようで、縦格子グリルの再起用をコンセプトカーで暗示したこともあった。

    衝突被害軽減ブレーキと、最新のエンジンを採用
    アルトを筆頭に、スズキは新世代の軽量プラットフォームを開発、展開を進めている。しかし、本格オフローダーの顔を持つジムニーには、ラダーフレーム形式のオリジナルシャシーが踏襲され、独自の路線を歩み続けることは想像に難くない。

    当然フレームの構造が見直されるなど、高い剛性を保ったまま、一定の軽量化が図られる可能性は十分にあり得る。

    うれしいのは、搭載エンジンがK6A型から、現在のスズキの主力エンジンであるR06A型に置き換わることだ。可変バルブタイミング機構のVVTをはじめ、燃費と走行性能に貢献するデバイスがいくつも織り込まれることは言うまでもない。

    安全装備の代表格として新たにアピールされるのが、衝突被害軽減ブレーキだろう。スズキは、車種に応じて低速域だけに特化したレーザーレーダー式や、ステレオカメラ式、そして新型スイフトで初採用した単眼カメラ&レーダー併用式など、複数の種類を使い分けている。ジムニーには、最新の単眼カメラ&レーダー併用式を採用か。

    公開は今秋の東京モーターショーで実現しそうだ。参考出品車として披露された後、早ければ年末にも発売されるかもしれない。

    ※2017年2月21日現在における新型車の発表についての予測記事です。発表を保証するものではありません

    【SPECIFICATIONS】
    ■予想発表時期:2017年12月
    ■全長×全幅×全高:3395×1475×1680(mm)
    ■搭載エンジン:660cc 直3+ターボ

    http://www.carsensor.net/contents/editor/category_849/_62125.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1487676520/ 【スズキ ジムニー、19年ぶりにフルモデルチェンジ】の続きを読む

    1:
     ハーレーダビッドソンジャパンは、大型バイク「ロードキング スペシャル」(排気量1745cc)を発売した。渋めの車体色で、エンジンや足回りの性能を高めた。黒、グレー、カーキ、赤の4色があり、価格は消費税込み308万7400円から。

    AS20170214002922_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASK2G3CGXK2GULFA00F.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1487513946/ 【ハーレー「ロードキング スペシャル」を発売】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ