サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: リキラリアット(芋)@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 20:32:20.67 ID:G6bmlFKN0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    2015-eyeson-design-winners-001-1

    米国の自動車大手、フォードモーターがデトロイトモーターショー15で初公開した新型フォード『GT』。同車が、今回のデトロイトモーターショーの市販車部門の最優秀デザイン賞を受賞した。

    これは、デトロイトモーターショーの恒例イベント、「Eyes ON Design Awards」が発表したもの。新型フォードGTが、デトロイトモーターショー15の市販車の最優秀デザイン賞に輝いている。

    Eyes ON Design Awardsは、デトロイトモーターショーに展示された車の中から、優れたデザインを備えたモデルに授与される賞。自動車メーカーのデザイントップを中心に審査員は構成され、コンセプトカーと市販車の両部門で、最優秀な1台を選出する。

    市販車部門の最終選考に残っていたのは、3台。新型フォードGT、新型アキュラ(ホンダ)『NSX』、メルセデスベンツ『GLEクーペ』。新型フォードGTはNSXを抑えて、栄冠に輝いた。

    Eyes ON Design Awards主催団体は、「新型フォードGTは、オリジナルの『GT40』を現代流に解釈。フォードブランドと自動車産業の両方に、明るさをもたらした」とコメントしている。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20150128-10217648-carview/

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422444740/ 【フォード 新型GT、NSXを抑え市販車の最優秀デザイン賞に】の続きを読む

    1: ストレッチプラム(千葉県)@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 12:27:33.49 ID:yYmhoaI+0.net BE:663621836-PLT(12000) ポイント特典
    LED型信号、熱くならず雪溶けず/吹雪になれば真っ白に/青森県など産学官が北国仕様を開発へ

     県内で導入が進む発光ダイオード(LED)型の信号機。高い節電効果をもたらす一方で、熱を帯びにくいため冬季は信号機のレンズについた雪が溶けず、ドライバーからは「見えづらい。どう進んでいいのか怖いときもある」との声が上がる。県警は委託業者や署員による「人海戦術」で除雪しているが、対応には限界がある。
    このため昨年9月、県や県産業技術センターなどとLED型信号機の着雪・凍結対策を検討するワーキンググループを設置。産学官が連携して、寒冷地でも雪のつきにくいLED型信号機の開発を進めている。

     県警交通規制課によると、県内でLED型信号機が導入されたのは2003年度。13年度末までに車両、歩行者、矢印用合わせて8810灯が設置され、全体の34.1%を占めている。メーカーは従来の電球型信号機の製造を終了。今後、信号機の新設や取り換えの際は全てLED型になる。

     LED型は電球型に比べて電気料が約5分の1と節電効果が高く、寿命も約10年と電球型の1年よりも大幅に長い。西日でも見やすいなどのメリットもある。

     しかし、発熱によって発光する従来の電球型と異なり、半導体を利用するLED型は発熱量が少ない。
    このため、信号のレンズについた雪が溶けず、信号が見えづらいケースが生じる。

     同市の40代のタクシー運転手は「普段は電球の信号機よりも見やすいけど、吹雪の後は雪で真っ白。はっとすることがある」。 別のタクシー運転手(68)は「信号の色や矢印信号が見えず怖い。前の車の動きを見て判断することもある」と話す。

    以下略

    元記事
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150131-31082831-webtoo-l02

    20150131-31082831-webtoo-000-view


    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422674853/ 【LED信号機、熱くならず雪とけず吹雪で真っ白に】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/30(金)13:56:52 ID:baD
    車検代もタイヤ代も親持ちの甘ったれが
    「軽は安全性が~」とか「正直ファミリーで乗るもんじゃない」とか
    大きな声で騒いでてグギギギギギギギギギヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
     
    X_A6R

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1422593812/ 【親に新車買ってもらった同僚が軽自動車バカにしてくる】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 00:16:31.29 ID:???*.net
    ◆「バイクのABS義務化」は是か非か

    2輪車(バイク)へのABS装備が義務づけられることになりました。これは国土交通省が進める車両の安全向上のための施策の一環で、2輪車にアンチロックブレーキシステム(ABS)、およびコンバインドブレーキシステム(CBS)の装備を義務づけることで、更なる交通事故死者数の削減を目指すものです。

    昨年11月に開かれた第2回車両安全対策検討会で方針が確定し、今月22日をもって正式に法令改正の公布・施行となりました。適用範囲として二輪自動車(125cc超)にはABS、第二種原動機付自転車(排気量50cc超125cc以下)にはABSまたはCBSの装着が義務づけられることになります(オフロード競技用モデルは除外)。

    なお、適用時期としては新型車が2018年(平成30年)10月1日以降、継続生産車が2021年(平成33年)10月1日以降となっています。

    ABSとは、急ブレーキ等による車輪ロックを防止するシステムのことです。4輪ではだいぶ以前から普及していて、今や軽自動車でも標準装備されているほど一般的になっています。

    一方、2輪では大排気量モデルを中心にここ10年ぐらいで徐々に装備され始めたものの、未だ未装着モデルも少なくありません。車輪ロック(ブレーキロックとも言う)は制動力がタイヤと路面の摩擦力を上回った場合に
    発生するもので、急ブレーキや滑りやすい路面などで起こりやすく、2輪の場合は転倒につながりやすく極めて危険です。ABSが装着されることで制動時に万が一の転倒リスクを最小限に抑え、強力かつ効率的にブレーキをかけられるメリットがあります。

    またCBSは、前後ブレーキを連動させることで、運転者が一方のブレーキのみを操作した場合でも前後輪に適切な制動力が分配されることで最適な制動力が得られるシステムです。ABSもCBSも最近では電子制御化が進み、操作性や作動時のコントロール性もひと昔前に比べて格段に進化してきました。

    ABSもCBSも昔から存在するシステムなのに、何故ここにきてクローズアップされることになったのでしょう。
    実はモータリゼーション先進国の欧州ではすでに2016年から2輪車へのABSの標準装備が義務化されることが決まっています。その背景には2輪死亡事故の多発が社会問題化したことが挙げられ、ドイツをはじめとする欧州諸国では早くから2輪用ABS義務化への関心が高まっていました。

    ちなみにABS装置のリーディングカンパニーであるボッシュ社の調査によると、ABS標準装備化によって生命にかかわる深刻な事故の1/4を防止できるそうです。
    つまり、2輪の死亡事故の4人に1人はABSによって救えるかもしれないということ。
    この意義は非常に大きいと言えます。

    ただ、ABS義務化に抵抗を感じる向きも一部にはあるようです。
    理由としては、機構が複雑化することで、操作フィールやメンテナンス性に影響が出ることを嫌ったり、システムに頼らず自分の腕でカバーしたいという硬派なライダーもいたり。

    また、選択肢としてABS無しのバージョンも残してもらいたいという意見もあるようです。たしかに現状でもABS付きモデルはスタンダードモデルに対して価格も数万円高くなり、重量も数キロ重くなるなどのデメリットもなくはありません。
     
    30年来のライダーでもある筆者としても、バイクは昔ながらのシンプルな乗り物であって欲しいという気持ちも理解できますが、それでもなおABS義務化は時代の要請と言わざるを得ません。

    20150130-00000007-wordleaf-000-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150130-00000007-wordleaf-soci


    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1422630991/ 【バイクのABS義務化は是か非か】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ