サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 海江田三郎 ★ 2015/09/12(土) 10:21:02.31 ID:???.net
    http://response.jp/article/2015/09/11/259861.html

    ホンダの二輪事業本部長である青山真二取締役執行役員は9月11日、50cc(原付1種)スクーターの国内生産移管を2016年から順次拡大する計画を明らかにした。

    ホンダは同日、50ccスクーターの国内移管第1弾とし新型『ジョルノ』の生産を熊本製作所(熊本県大津町)で開始した。青山氏は、これに続き16年には『ダンク』と『タクト』も、現在のベトナム生産から同製作所に移す方針を示した。

    為替の円安などにより、国内での採算性が改善していることによる。ダンクとタクトは14年から15年にかけてベトナム製に切り替えていた。11日に生産を始めたジョルノと合わせ、3モデル合計で16年度には約7万台を国内生産する計画だ。

    ホンダが国内販売している原付1種二輪は、現在9割強が海外生産品だが、16年度には8割が日本生産となり、国内回帰を一気に進める。

    kumi01b

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1442020862/ 【ホンダ、16年から「ダンク」と「タクト」も国内移管…原付二輪は8割が日本製に】の続きを読む

    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/09/08(火) 20:39:28.63 ID:P0rlJ1zz*.net
    9月8日 20時28分
    001_o

    燃費性能に対する意識が高い消費者が多い日本で、ドイツの自動車メーカーが、エンジンと電気モーターを組み合わせ、充電もできるプラグインハイブリッドの乗用車を相次いで販売することになり、先行する日本メーカーとの競争が激しくなりそうです。

    プラグインハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車に、家庭用のコンセントなどからモーターを動かす電池に充電することができる機能をつけたもので、電気だけでも走行できる距離が比較的長いのが特徴です。

    ドイツのフォルクスワーゲンは、主力車種「ゴルフ」のプラグインハイブリッド車の販売を8日から始めました。容量の大きい電池を搭載し、およそ3時間の充電で53キロ、電気だけで走行することが可能だということで、近場の買い物ではガソリンを使わずに済むとしています。

    また、BMWは、多目的スポーツ車「X5」のプラグインハイブリッド車を発売しました。4時間の充電で電気だけで31キロの距離を走行できるとしています。

    日本は燃費や環境性能に対する意識が高い消費者が多く、トヨタ自動車やホンダ、三菱自動車がすでにプラグインハイブリッド車を先行して販売しています。ドイツメーカーの相次ぐ参入によって、今後、この分野での競争が激しくなりそうです。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150908/k10010220871000.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441712368/ 【ドイツのフォルクスワーゲン、BMW プラグインハイブリッド車販売へ】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/09/09(水) 13:23:30.19 ID:???.net
    ダイハツは、新型軽乗用車「CAST(キャスト)」を9月9日より発売開始した。

    「キャスト」は、『生活を彩る自分仕様の軽自動車』をコンセプトに開発され、 愛着が湧く普遍的な魅力を持ったデザインと高い質感を両立した。
    個性を重視するユーザーニーズに対応すべく、「アクティバ」、「スタイル」、「スポーツ」の3つのバリエーションを用意した。

    001_o

    047_o

    096_o

    価格は「アクティバ」、「スタイル」共に1,220,400円(消費税込)からとなっている。
    なお、10月発売の「スポーツ」の価格は、現時点では未定。

    詳細はソース元でご確認ください
    http://autoc-one.jp/news/2338448/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1441772610/ 【ダイハツ、新型軽乗用車「CAST(キャスト)」を発売】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ