サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1 魔神風車固め(WiMAX) 2013/12/30(月) 08:31:45.82 ID:C7UfQhY/0
    toyota_s
    トヨタ自動車の2014年3月期の連結営業利益が2兆4000億円を超え、6年ぶりに過去最高を更新する見通しであることが29日、分かった。

    過去最高はリーマン・ショック前の08年3月期の2兆2703億円だったが、安倍政権の経済政策「アベノミクス」に伴う円安効果で輸出採算が大幅に改善するほか、米市場での好調な販売も寄与するからだ。トヨタの最高益更新は日本企業の本格回復の「象徴」となり、日本経済の回復を牽引(けんいん)する役割も担うことになる。

    トヨタは11月、14年3月期業績予想の前提の為替レートを1ドル=92円から97円に見直した。この結果、2200億円の利益押し上げを見込み、営業利益予想を2兆2000億円としていた。

    しかし、足元の為替レートは104円台の水準。約2000億円程度、さらに上積みされるもようで過去最高益を更新する。

    製造現場を根本から見直して円高への抵抗力をつけつつ、国内生産300万台体制を堅持してきたトヨタにとって、輸出採算の改善につながる円安効果は計り知れない。

    日野自動車、ダイハツ工業を含めたトヨタグループの販売台数は、1~12月で999万台(計画は996万台)を超えたもようで13年度(昨年4月~今年3月末)は前年度比4%増の1010万台に達することが濃厚となっている。いずれも過去最高の数字となる。

    とりわけ、北米販売は8~9%の伸びが続いており、利益面での貢献は顕著だ。国内販売は今年4月実施の消費増税前の駆け込み需要も見込まれ、計画以上の販売も期待できるなど今年度決算には追い風となる。

    すそ野の広い自動車業界だけに、トヨタの好業績は、部品メーカーにも効果が波及していくことは確実となりそうだ。

    自動車業界では富士重工業、ダイハツ工業、スズキ、三菱自動車が連結営業利益の過去最高の更新を発表している。

    新たにトヨタに加えて、マツダも営業益が過去最高に達する可能性が高まっている。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/131230/bsa1312300503001-n1.htm

    【トヨタ、営業利益2.4兆円超で過去最高更新】の続きを読む

    1 (ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/12/30(月) 09:20:59.19 ID:???0
    60003847
    ★ 元F1王者シューマッハ氏、スキー事故で「昏睡状態」 病院発表

    【12月30日 AFP】(一部更新)自動車のフォーミュラワン(F1、F1世界選手権)で7度の総合王者に輝いたミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)氏(44)が29日、フランス・アルプス(French Alps)でスキー中に頭部を打ち、昏睡(こんすい)状態に陥っていることが、搬送先の病院の発表により分かった。

    同氏が搬送された仏南東部グルノーブル(Grenoble)の病院は声明で、ドイツ出身のシューマッハ氏の容体について「脳に深刻な損傷を負い昏睡状態で病院に到着し、直ちに脳神経外科手術が必要な状態だった」「重篤な状態が続いている」と発表した。

    応急処置を施した地元当局者によると、シューマッハ氏は仏アルプスの高級リゾート、メリベル(Meribel)で、ゲレンデ外(オフピステ)を滑走中に転倒し、頭部を岩にぶつけた。

    スキーリゾートの関係者は事故発生直後、シューマッハ氏がヘルメットを着用していたことや、「少し動揺していたが意識があった」ことに触れ、命にかかわるけがではないことを示唆していた。

    シューマッハ氏の治療には、警察車両で駆け付けたパリの著名な神経外科医が当たるという。

    スイスに家族とともに暮らす同氏は、メリベルに不動産を所有しているとされている。同氏の広報によると、メリベルには私的な滞在のために訪れていた。事故発生時は、14歳の息子と一緒にスキーを楽しんでいたとも伝えられている。

    ?同氏は来年1月3日に45歳の誕生日を迎える。(c)AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3005804

    ★ シューマッハーが重体、緊急手術も昏睡状態
    http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=53653

    【シューマッハがスキー事故で意識不明の重体】の続きを読む

    1 TEKKAMAKI(catv?) 2013/12/29(日) 19:13:19.97 ID:J/+FTJ9+0
    2500馬力!!ヴェイロンに負けない?V8エンジンを2個積んだクレイジーな車が売りに出てる!トップ画像とタイトルのまんまなのですが、米国のミシガン州にあるクラシックカーやカスタムカーを委託販売している中古車屋(表現として的確かは?)で、なんと約9.7リッターのV8エンジンを縦置きに2つ積んで、更にスーパーチャージャーを付け2500馬力にカスタムされた、1932年式のフォード デリバリートラックが売りに出されました。V8×2=16エンジンに加給器をつけると言う発想は、あのブガッティヴェイロンと同じですが、見た目の違いが…でも価格はブガッティヴェイロンの約10分の1の2200万円!お安い!

    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pfX1pFCwHmk
    twinengine-1932-ford

    2500馬力 HEMIV8のフォード デリバリ-
    見た目、まるでおもちゃの様な、1932年式フォードデリバリートラック。横から見ると、巨大なV8エンジンが縦置きに積んであることが良く分かります。過給器が付けられたこのエンジンは一つで1250馬力で、2つで2500馬力とのことです。

    twinengine-1932-ford-2

    twinengine-1932-ford-3

    twinengine-1932-ford-4

    twinengine-1932-ford-5

    http://www.j-sd.net/hodrod-2500hp/

    【V8エンジンを2機搭載 2500馬力のクレイジー ホットロッド】の続きを読む

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/27(金) 12:59:20.91 ID:0laI46V70
    分かったこと
    86→走り屋仕様、横滑りしやすくドリフトしやすい、トヨタブランド
    BRZ→スポーツカー入門仕様、足が固くて直進性がいい、スバルブランド

    両車どちらともスバルエンジン


    アドバイスお願い

    今はアクア乗り


    トヨタ 86

    スバルBRZ
    【トヨタ86買うかスバルBRZ買うかで悩んでる】の続きを読む

    1 雪崩式ブレーンバスター(福岡県) 2013/12/28(土) 21:00:22.66 ID:1RHCd8rK0
    011_o

    ●ゴーン社長のダブルスタンダード
     今の日産にとって、コミットメント経営以上に悩ましいのがゴーン社長の「ダブルスタンダード」といえるかもしれない。

     今年2月下旬、日産と取引している部品メーカーが一堂に集まった場で、日産の13年度国内生産計画が提示され、会場がどよめいた。日産はそれまで、部品メーカーに対して「国内100万台生産体制は死守する」と、当時の志賀COOがことあるごとに言明してきたにもかかわらず、日産がその日に示した計画は95万台だったからだ。円高による国内生産コストの上昇抑制が目的だったが、部品メーカーの間には日産への不信感と、「いつ調達を減らされるかわからない」の不安感が広まった。

     このように日産では常に「合理的経営判断」を行うゴーン社長であるが、ルノーに対してはまったく対照的な“やさしい”姿を見せている。

     ゴーン社長が05年、日産兼任でルノーのトップに就任して策定した中期経営計画「コミットメント2009」では、世界販売台数をそれまでの年間250万台から330万台へ引き上げる目標が打ち出されているが、労働時間増になるとの労組の反対などで頓挫した。11年に策定し直した中計では、13年に世界販売台数を300万台とする緩い目標に修正したが、12年の販売実績は255万台で、過去10年間「250万台ペース」はほとんど変わっていない。

     こうしたゴーン社長の経営の下、欧州経済危機の影響もあってルノーの業績は低迷、12年度決算で自動車部門は2500万ユーロの営業赤字に転落した。13年1-6月期もルノーは1億ユーロの純利益を確保したが、これは日産から約8億ユーロの収入があったからと見られている。

     かつてはゴーン社長を送り込むなど日産の救世主であり、親会社同然のルノーが今では日産の重荷になっている。それにもかかわらず、「コミットメント経営を振り回して日産には厳しく、ルノーにはリストラひとつ断行できないゴーン社長のダブルスタンダードに対し、日産社内では冷めた空気が広がっている」と業界関係者は指摘する。
    http://biz-journal.jp/i/2013/12/post_3728_2.html

    【進むゴーンの孤立化 日産に厳しくルノーに優しいダブスタ経営?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ