サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/25(土)20:57:31 ID:alq
    引き起こしとかくそ簡単じゃねーか、コツさえあれば非力な奴でも余裕だわ
    俺もよくアメリカンバイクこかして起こすけど別に難しくはないぞ

    引き起こし

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1466855851/ 【バイク免許は引き起こしが難問だから取れない←いい加減このデマ広めるのやめろよ】の続きを読む

    1: ジャンピングエルボーアタック(catv?)@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 20:59:28.84 ID:DWCaxdix0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニは6月23日、英国で開幕した「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『アヴェンタドール・ミウラ オマージュ』を初公開した。

    同車は、ランボルギーニの名車、『ミウラ』誕生50周年を記念し、50台のみが生産される限定モデル。
    『アヴェンタドールLP700-4』をベースに、ランボルギーニの「Ad Personam」プログラムによるカスタマイズを施した。

    そのハイライトは、ボディカラーにある。赤い専用ボディカラーは、「Rosso Arancio Miura」と命名。ボディ下部とアルミホイールは、ゴールドで仕上げられ、ミウラの雰囲気が再現された。ボディサイドには、「Miura 50」のエンブレムが装着される。

    室内は、専用のレザーシートを採用。「50」のロゴが添えられた。カーボンファイバーパッケージを標準装備。
    レザー仕上げのダッシュボードには、Lamborghiniのロゴが入る。
    「Miura 50」と表記されたシリアルナンバープレートも付く。

    パワートレインに変更はない。ミッドシップには、6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。
    最大出力700hp/8250rpm、最大トルク70.4kgm/5500rpmを引き出す。

    0‐100km/h加速は2.9秒、最高速350km/hと、世界屈指の性能を誇る。

    http://response.jp/article/2016/06/24/277451.html

    1069850

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1466855968/ 【ランボルギーニ『アヴェンタドール ミウラ』初公開】の続きを読む

    1: 逆落とし(千葉県)@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 13:26:20.97 ID:g+z1fce+0.net BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    90年 初代NSX発売
    91年 バブル崩壊

    08年 幻の2代目V10NSX開発完了
    08年 リーマンショック(発売中止)

    16年 2代目HVのNSX発売
    16年 ブレグジットショック

    Acura_NSX-01

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1466828780/ 【ホンダNSXと景気の関係が恐ろしすぎると話題に】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/06/25(土) 02:48:41.999 ID:rz86kPwDr.net
    ninja1000とかになるの?

    2010-11-20-bikepics-2101585-full

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1466790521/ 【大型バイクでパニアつけれて長距離ツーリングに向いてるバイクでオススメ教えて】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/25(土) 08:47:21.84 ID:CAP_USER.net
    https://zuuonline.com/archives/110568

    TOYOTA_PRIUS_041

    「なぜ、トヨタ プリウスの車両保険は高いのですか?」。ファイナンシャルプランナーでもある筆者は、このような質問を受けることがある。ネット上では「プリウスのドライバーは運転が下手だから」「プリウスは事故率が高い」との意見を拝見することもあるが、これは本当なのだろうか? もちろん、車両保険は車種によっても変動するが、その中でもプリウスの自動車保険が高い理由について解説しよう。

    まず、プリウスの車両保険が高い原因の一つとして、盗難が多いことが挙げられる。日本損害保険協会が今年3月に発表した「自動車盗難事故実態調査結果」によると、損害保険会社が2015年11月に保険金を支払った事案で、プリウスは最も被害を受けた車種となっている。この調査は2000年から実施しており、今回で17回目。
    前回(2014年11月)に続きプリウスがワーストとなった。ちなみに、この統計は保険金を支払った事案のみで、車両保険に加入していないケース等はカウントされていない。海外セレブにも人気のプリウスは、海外でも高く転売できるので盗難されやすい傾向にある。

    また、車両保険は任意であるが、プリウス所有者は経済的に余裕のある人が多いため、車両保険の付保率が高い。加えて、人気の高いプリウスは、必然的に保有している人も多く、事故の際には保険を使って修理するケースも少なくない。さらに最先端の技術で進化を続けるエコカーの修理代は高くつくことも多い。そうした要因が重なって、プリウスの車両保険を押し上げているといえるだろう。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466812041/ 【なぜプリウスの車両保険は高いのか?事故率が高いって本当?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ