サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/07/01(水)10:54:24 ID:q9Z
     29日午前8時。ソウル・江南区庁(区役所)の市民用駐車場にシルバーのジープ型メルセデス・ベンツ1台と黒のBMW1台が入ってきた。それぞれ1億5000万ウォン(約1600万円)以上する両車には「ベンツNO」「BMWは反省しろ」などと書かれた横断幕や画用紙が掲げられていた。2台のオーナーがそれぞれメーカーを非難するデモを行うため、区庁にやってきたのだ。

    中略:A氏は昨年5月にベンツを購入後、走行中に4回の急減速があったと主張、メーカーに損害賠償を求めてメルセデス・ベンツ・コリアの本社前で1人デモも行っていた。B氏は5年で120回の修理をし、トランスミッションの故障では1000万ウォン(約110万円)を要求された。

     江南区庁は困惑している。区庁の関係者は「区庁の共有地を使って業務に関係のないデモをしてはいけないと車の持ち主に訴えたが、自分たちは江南の住民で車も江南で買ったといって聞かない」と嘆いた。

     2人は「1時間3000ウォン(約330円)の駐車料金を払い、1週間でも1カ月でもメーカー側から補償を受けられるまで区庁でデモを続ける」(Aさん)方針だ。江南区庁の通報で駆け付けた警察官は、デモをやめさせる法的根拠を見つけられず、何もできないまま引き揚げた。

     一方、メーカー側は2人の主張を真っ向から否定している。メルセデス・ベンツ・コリアの関係者は「サービスセンターで問題の車を点検したが、Aさんが主張する故障は見つからなかった。進行中の訴訟に決着をつけるため、近くAさんと会う予定だ」と伝えた。

     また、BMWコリアの関係者は「この5年間、Bさんの車の整備記録は交通事故によるもの6回を含め27回が全てだ。無償修理を狙って120回というオーバーな主張をしているが、修理費については原則に従って処理する」と話している。

    i20pP6t

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/06/30/2015063001210.html

    引用元 http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1435715664/ 【「どうしてここで…」韓国の区役所前で高級外車オーナーが2人でデモ】の続きを読む

    byoYa6m_s

    渋滞で詰まっていた車の間をすり抜けようとした撮影者のバイク。

    しかし、左側の車が後方をよく確認していなかったのか突然ドアが開き、撮影者のバイクと接触してしまいます。

    【後方からバイクが来ているのに突然路上でドアを開ける車】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/02(木)09:49:01 ID:tZ9
    我が物顔で歩道を傘差し運転したり
    猛スピードでベル鳴らしながら歩行者どかしながら走ってる奴ばっかなんだが。

    ちな東京23区

    BlogPaint

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1435798141/ 【なぁ…自転車って罰則強化されたよな?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/06/30(火)10:04:56 ID:5Mh
    Slow+driving+in+the+fast+lane+is+about+to+get+expensive

    追い越し車線でゆっくり走る車の後ろについてしまい、これほどイライラするものはないと感じるみなさんに朗報だ。米インディアナ州で、いわゆる"のろのろ運転規制"法が7月1日から施行される。

    この新しい法律では、ドライバーが後ろから追い越されることが分かっている場合に、一番左あるいは追い越し車線を走行することを禁止している。罰金は100~200ドル(約1万2,400~2万5,000円)の範囲で、常習犯にはより高い罰金が科されるようだ。この法案に反対していたインディアナ州の上院議員は、この法律は非常に自己中心的で、スピード違反を推奨しかねないと危惧している。

    確かに、取り締まりを行う警察にも柔軟性が求められる。

    地元紙の『IndyStar』に対し、インディアナ州警察のデイブ・ビュルステン警部は、「例えば75mph(約120km/h)で走行しているクルマがいて、その後ろから90mph(約145km/h)のクルマが来た場合、我々は90mphのクルマを追跡する」と述べている。

    この法律はスピード違反を推奨するものではなく、安全でスムーズな交通の流れを保つために施行される。追い越し車線の渋滞は、急で危険な車線変更につながりかねず、運転中にキレてしまうドライバーが増える危険があるからだ。

    悪天候や工事、あるいは高速道路から降りる時や料金所の手前は、罰金の対象にはならない。アメリカの40の州が同様の法律を定めているが、大抵は制限速度を下回る速度で追い越し車線を走っている場合か、他のクルマが追い越したいのが明らかな場合にのみ適用されている。

    例えばフロリダ州の法律では、一番左の車線では、制限速度より10mph(約16km/h)以下のスピードで走行してはいけないし、ミシガン州では遅いクルマを追い越した後に追い越し車線を走り続けるクルマには罰金が科される。日本でも同様の法律で厳しく取り締まって欲しいと願うドライバーは多いのでは? 

    追い越し車線を走行する遅いクルマに関する他の州の法律は、こちらからチェックできる。

    http://jp.autoblog.com/2015/06/25/slow-driving-fast-lane-slowpoke-law-indiana/

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1435626296/ 【よく追い越し車線をノロノロと走ってる車あるよな ジジババに多い気がするけど】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ