サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/23(木) 15:19:09.67 ID:CAP_USER.net
    http://clicccar.com/2016/06/23/380966/

    Honda-S660_Concept-2013-1280-03-20160622132720-618x456


    ホンダが『ビート』以来、19年振りに発売した軽自動車規格の『S660』。

    その兄貴分となる『S1000』に関するレポートが、欧州からレンダリングスケッチと共に入ってきました。

    「S1000」は、「S660」のボディを拡大、パフォーマンスを向上させグローバルモデルとして販売するモデルとなりますが、そのボディサイズやパワートレインは気になる所です。

    エクステリアデザインは「S660」の意匠を継承する可能性が高く、ボディサイズは全長3500mm×全幅1590nn×全高1190mmという情報です。

    パワートレインには、新開発の1リットル直噴3気筒VTECターボを搭載、最高馬力は「S660」の倍、128psを発揮するといい、6速MTも勿論ラインナップされる可能性が高いようです。

    ワールドプレミアは2017年内、日本発売の可能性もあり、予想価格は300万円以内に収まりそうです。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466662749/ 【ホンダ、新型スポーツカー「S1000」登場か…馬力はS660の倍、グローバルモデルとして販売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/22(水) 19:11:51.78 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/06/21/nikola-motor-preorder-electric-semi-truck-2-billion/
    3+billion+in+preorders+for+electric+semi


    新興電気自動車メーカーのニコラ・モーター・カンパニーによるツイートはなかなか狡猾だ。同社の名前はテスラ・モーターズによって有名になった発明家のニコラ・テスラ氏(1856年-1943年)のファースト・ネームを賢く利用したものであり、Twitterの投稿にテスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOの名前をタグ付けしているのだ。

    ニコラ・モーターを人気の電気自動車メーカーに関連づけて覚えてもらおうという魂胆である。

    ニコラ・モーターの最近のツイートを例に挙げてみよう。

    「信じられない。1カ月で先行予約金は23億ドルに達した。プレスリリースが出ている。世界を変えよう @elonmusk」
    ニコラ・モーター・カンパニー(@nikolamotor) 2016年6月13日

    23億ドル(約2,400億円)という数字について掘り下げる前に、別の投稿もご紹介しよう。同社のバッテリーには18650規格のリチウム・イオン・セルが使用されているそうで、これはご想像通り、テスラが使用しているセルと同じものだ。

    「ここだけの話、ニコラのバッテリー・システムは、18650規格のセルを3万2,000個つなぎ合わせた320kWhのバッテリーパックだ。これは本当。」
    ニコラ・モーター・カンパニー(@nikolamotor) 2016年5月10日

    23億ドルの話に戻そう。先月、ニコラ・モーターは2タイプの新型プラグイン・モデルを発表した。1台目は天然ガスと電気のハイブリッド・システムを搭載したセミトラック「Nikola One(ニコラ・ワン)」で、2台目は4輪駆動のフル電動UTV「Nikola Zero(ニコラ・ゼロ)」。このうちセミトラックのニコラ・ワンに対する先行予約が、同社によれば23億ドルに達したというのである。

    先月お伝えしたように、ニコラ・ワンの予約金はたった1,500ドル(約16万円)で全額払い戻しが可能だ。ニコラ・モーターのプレスリリースでは、7,000台の予約が入ったと発表されており、となると予約金は23億ドルではなく1,050万ドル(約11億円)ほどになるはず。同社に問い合わせたところ、「予約金ではなく、最終的なトラックの価格を計算すると23億ドルに達する」と答えている。当初、ニコラ・モーターはニコラ・ワンの価格を37万5,000ドル(この値段で7,000台の購入があったとすると26億ドル前後となる)と発表していたが、現在では、1台当たり「30万ドル~40万ドル(約3,120~4,160万円)という価格になる」としている。

    同社によれば、ニコラ・ワンの開発中のプロトタイプが、12月2日にユタ州で公開される予定だという。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466590311/ 【ニコラ・モーター、新型ハイブリッド・セミトラックの予約が1ヶ月で2,400億円に達したと発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/22(水) 08:09:03.71 ID:CAP_USER.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160620-00000513-san-bus_all

    20160620-00000513-san-000-view

    往年の人気スポーツカーが、装いも新たに次々と登場する。日産自動車は約9年ぶりに大幅改良した「GT-R」を、ホンダも約11年ぶりに復活させた「NSX」の国内受注をそれぞれ今夏から始めるほか、トヨタ自動車も1990年代に人気を集めた「スープラ」の復活を検討しているもようだ。かつて内外で一世風靡したモデルを独自の最新技術で別次元へとパワーアップさせ、「技術」のシンボルにする狙いがある。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466550543/ 【GT-R、NSXに続いてスープラまで! 往年のスポーツカーが「昔の名前で出てきます」】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ