サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)17:03:26 ID:Ta4
    甲府 躑躅ケ崎館を経由して新潟 春日山城までいってくる!
    俺は戦国武将になるんや!

    明日朝出発な

    20141122aa

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1416643406/ 【【セロー】ちょっとバイクで新潟までいってくる!】の続きを読む

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/11/22(土)09:48:13 ID:???
    biobus1

    イギリスで人間のうんちと生ゴミを燃料にして走る「バイオ・バス」が運行を開始しました。
    ってなんだよこの車体デザイン!

    「バイオ・バス」は下水や生ゴミを処理する際に発生するバイオメタンガスを燃料にして走ることができる省エネバス。
    排気ガスの排出量を大幅に減らすことが可能で大気質改善などの観点からも注目されているのですが、そんな立派なバスの車体はたくさんの人間が便座に座ってうんちをしているというデザイン。
    なんか乗客がうんちをしながらバスに乗っているように見えます。
    これ絶対「ぶりぶりバス」みたいなあだ名つけられるだろ!

    バイオ・バスの燃料タンクは5人分の年間廃棄物からできるガスで満タンになり、約300キロの走行が可能。
    既に8000軒以上の家庭のゴミを燃料にする仕組みが完成しています。
    燃料を供給しているGENecoはこのバスを今後世界中に広めていきたいと考えているそう。
    日本でもこの「うんちバス」が見られる日が来るかもしれません。
    できればデザインだけは変えて来日してほしいですね。

    ソース:ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/9495635/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416617293/ 【排泄物と生ゴミの力で走る「バイオ・バス」のデザインが酷すぎると話題に】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/11/21(金) 21:26:22.49 ID:???.net
    車庫入れ、切り返しを自動で トヨタが新技術、来年投入
    http://www.asahi.com/articles/ASGCN5GF8GCNOIPE01G.html
    朝日新聞 鈴木毅 2014年11月21日10時23分

     トヨタ自動車は20日、車庫入れ時の事故を防ぐ新技術を報道関係者に公開した。狭い場所に駐車する時にハンドルを自動で切り返す機能などで、年明け以降に発売する新型車から順次、オプションとして選べるようにする。

     10年余り前に実用化した今の駐車支援システムにも、自動でハンドルを切る機能はあるが、いわゆる「切り返し」には対応せず、狭い場所での駐車には使えない。トヨタはこれを改良し、用途を広げた。

     改良版では、後退時にハンドルを逆向きに切り返すなど、位置を細かく調整する操作を車が自動で行う。運転する人は、カーナビの画面の指示に従ってブレーキやギアを操作するだけで、うまく駐車できる仕組みだ。車庫入れだけでなく、縦列駐車でも使える。

     自動車メーカーは駐車時の安全技術の開発に力を入れており、切り返し機能はホンダがすでに一部車種で導入している。

     一方、トヨタの新システムでは、駐車時に障害物にぶつかりそうになると、自動でブレーキがかかる機能も強化。従来は誤ってアクセルを踏んだ時に作動する仕組みだが、踏み間違いでなくても働くようにした。


    AS20141120004834_comm

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416572782/ 【車庫入れ切り返しを自動で…トヨタが新技術を来年投入へ ホンダは既に導入済み】の続きを読む

    1: かじりむし ★@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 02:08:16.67 ID:???0.net
    水陸両用車、15年度に30両調達 防衛省方針
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS15H04_Q4A121C1PP8000/
    日本経済新聞 2014/11/21 2:00
     
     防衛省は陸上走行と水上航行が可能な「水陸両用車」について、2015年度に30両、16年度に22両を取得する方針を固めた。離島への上陸・奪還を担う「水陸機動団」の発足をにらみ、18年度末までに52両調達する計画を2年間前倒しする。東シナ海で活発に活動する中国を念頭に、離島防衛の態勢強化を急ぐ。

     水陸両用車は全長が約8メートル、重さは約20トンで、ボートのように浅瀬を進み、そのまま上陸できる。

    20141121aav

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416503296/ 【水陸両用車、2015年度に30両調達 計画2年前倒し…防衛省方針】の続きを読む

    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 22:04:35.53 ID:???0.net
     ホンダで前例のない連続的なリコール(回収・無償修理)が起き、伊東孝紳社長(61)率いる現経営陣が厳しい対応を迫られている。リコールの影響で品質の再検証に時間と精力を割かれ、その結果、新型車の発売は1年間もゼロの状態だ。

    ホンダ車の5割が搭載するタカタ製エアバッグの異常によるリコール問題も米国で深刻化し、さらに追い討ちをかけている。伊東社長は危機をどう乗り切るのか、同社役員OBからも心配の声が上がっている。

    <歴代社長が伊東社長を訪問>

    今年10月、1990年から98年まで社長を務めていた川本信彦氏(78)が本社(東京・青山)に出向き、伊東社長を訪れた。元役員など複数のホンダ関係者によると、ここ数年、急増しているリコールについて、ホンダブランドのダメージにつながりかねないとして、品質問題にすばやく対応するよう厳しい口調で諭したという。

    「いったいホンダはどうしたのか。どこかがほころんでいる」

    ホンダは10月23日、看板車種「フィット」のハイブリッド車(HV)など約42万台をリコールすると発表。リコールの回数は、昨年12月に発売した小型SUV「ヴェゼル」のHVで3回。昨年9月に投入したフィットHVでは昨年10月と12月、今年2月と7月も実施しており、発売から1年間で実に5回を数える。
    2011年以降、原動機付二輪車「スーパーカブ」でもリコールが5回続いている。

    57665e3c

    <伊東社長の部品戦略が一因との見方も>

    川本氏の訪問よりもっと前に、伊東社長に会うため本社へ足を運んだ元社長がもう1人いる。 1998年から2003年まで社長を務めた吉野浩行氏(75)だ。複数の関係者によれば、吉野氏は伊東社長に対し、自動車メーカーの業界団体である日本自動車工業会(自工会)会長就任の要請を受け入れる前に、社長としてホンダの日々のオペレーションに集中するべきだ、と告げたという。

    もっとも、川本・吉野の元社長2人は伊東社長に辞任のプレッシャーを与えたわけではない。ある関係者は「川本氏が伊東社長に退任を促したといううわさもあるが、もしそれが本当なら、いまごろ伊東社長はとっくに辞めているはず」と話す。 ホンダ広報は、歴代社長らの訪問についてはコメントを控えたが、「一般的に元役員の訪問は珍しいことではない。今回に限らず、役員OBからアドバイスを受けることはある」という。

    しかし、元役員の1人は、相次ぐリコールは2009年の就任後に伊東社長が決断した新たな部品調達戦略に一部、起因しているのではないか、ともみている。世界中に工場を持つメガサプライヤーから部品を大量かつ安価で調達しコスト削減を目指すというもので、系列サプライヤーから調達する長年続けてきた従来の方法とは対極にある。これまでなら阿吽(あうん)の呼吸で出来たことが、メガサプライヤーとの新たな取り組みが増え、
    「エンジニアたちが、あまりにも多くの仕事を抱え込み過ぎたのではないか」(元役員)と指摘する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9476183/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416229475/ 【ホンダリコール相次ぎ、スーパーカブでもリコールが5回 安価で調達した部品が原因か?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ