サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1 雪崩式ブレーンバスター(福岡県) 2013/12/28(土) 21:00:22.66 ID:1RHCd8rK0
    011_o

    ●ゴーン社長のダブルスタンダード
     今の日産にとって、コミットメント経営以上に悩ましいのがゴーン社長の「ダブルスタンダード」といえるかもしれない。

     今年2月下旬、日産と取引している部品メーカーが一堂に集まった場で、日産の13年度国内生産計画が提示され、会場がどよめいた。日産はそれまで、部品メーカーに対して「国内100万台生産体制は死守する」と、当時の志賀COOがことあるごとに言明してきたにもかかわらず、日産がその日に示した計画は95万台だったからだ。円高による国内生産コストの上昇抑制が目的だったが、部品メーカーの間には日産への不信感と、「いつ調達を減らされるかわからない」の不安感が広まった。

     このように日産では常に「合理的経営判断」を行うゴーン社長であるが、ルノーに対してはまったく対照的な“やさしい”姿を見せている。

     ゴーン社長が05年、日産兼任でルノーのトップに就任して策定した中期経営計画「コミットメント2009」では、世界販売台数をそれまでの年間250万台から330万台へ引き上げる目標が打ち出されているが、労働時間増になるとの労組の反対などで頓挫した。11年に策定し直した中計では、13年に世界販売台数を300万台とする緩い目標に修正したが、12年の販売実績は255万台で、過去10年間「250万台ペース」はほとんど変わっていない。

     こうしたゴーン社長の経営の下、欧州経済危機の影響もあってルノーの業績は低迷、12年度決算で自動車部門は2500万ユーロの営業赤字に転落した。13年1-6月期もルノーは1億ユーロの純利益を確保したが、これは日産から約8億ユーロの収入があったからと見られている。

     かつてはゴーン社長を送り込むなど日産の救世主であり、親会社同然のルノーが今では日産の重荷になっている。それにもかかわらず、「コミットメント経営を振り回して日産には厳しく、ルノーにはリストラひとつ断行できないゴーン社長のダブルスタンダードに対し、日産社内では冷めた空気が広がっている」と業界関係者は指摘する。
    http://biz-journal.jp/i/2013/12/post_3728_2.html

    【進むゴーンの孤立化 日産に厳しくルノーに優しいダブスタ経営?】の続きを読む

    1 キングコングニードロップ(新疆ウイグル自治区) 2013/12/29(日) 00:04:15.54 ID:TlyMlvBs0
    20131228-835468-1-L

    東北道下り線で起きた追突事故で大破した軽乗用車(右)(28日午後4時32分、福島県郡山市で)=樽田直樹撮影[記事へ]



    28日午後2時40分頃、福島県郡山市大槻町の東北道下り線で、渋滞の最後尾で停車していた軽乗用車に後続の大型トラックが追突、計5台が絡む玉突き事故となり、軽乗用車を運転していた男性1人が死亡した。

     県警高速隊は大型トラックを運転していた同県二本松市明主内みょうしゅうち、運転手佐藤敏之容疑者(37)を自動車運転過失致死容疑で現行犯逮捕し、死亡した男性の身元と事故原因を調べている。現場は片側2車線のほぼ直線道路。事故前後、郡山市内では断続的に雪が降ってい
    たという。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131228-OYT1T00542.htm?from=navlp

    【渋滞の最後尾で停まってただけで、軽自動車はこんなことになる もはや何が何だか・・・】の続きを読む

    1 マスク剥ぎ(チベット自治区) 2013/12/29(日) 08:53:12.99 ID:qY6AiQrj0
    yo020131229_s
    http://1000mg.jp/archives/25788.html

    千葉駅周辺。渋滞にプッツンしたレクサスがあり得ない行動に出る車載。
    http://1000mg.jp/wp-content/uploads/2013/12/001119.jpg

    ワタシの偏見かもしれないけどさ、レクサスに乗る人ってDQNぽい変な人が多いように思える。一昔前にセルシオが好きだったヤンチャな層がレクサスに流れているのかな。目立つからそう思うだけかしら。動画は千葉駅周辺の長い渋滞に捕まったレクサスが奇妙な行動に出る車載です。この後どうなったんだろうねwww

    http://www.youtube.com/watch?v=QLYd8sJO8R4

    www 脳みそ腐っている? (´・ω・`)

    【車載カメラが捉えたDQNレクサスのあり得ない運転】の続きを読む

    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/27(金) 19:48:06.10 ID:???0
    ★2代目トヨタ プリウスのタクシー、累計走行距離100万km達成…オーストリア

    トヨタ自動車の主力ハイブリッド車、『プリウス』。その2代目モデルのタクシーが、オーストリアにおいて、偉大な記録を打ち立てた。

    これは12月19日、トヨタ・オーストリアが公式Facebookページで明らかにしたもの。
    「オーストリア・ウィーンで営業中の2代目トヨタ プリウスのタクシーが、累計走行距離100万kmに到達した」と発表している。

    この2代目トヨタ プリウスは、ウィーンの「エコタクシー」社が所有する1台。
    同社のタクシードライバー、ミラン・ミリック氏が、2007年から営業運転に使用してきた。

    累計走行距離100万kmは、運行開始からおよそ6年で到達した記録。なお、エコタクシー社では、200台以上のプリウスをタクシーとして配備している。

    このプリウスのメンテナンスは、オーストリアのトヨタ販売店、トヨタFreyオーストリアが担当。
    同社のマネージングディレクター、Frederick Frey氏は、「100万kmを走行したプリウスタクシーは、途中の整備で消耗品のブレーキパッド、ブレーキディスク、ウォーターポンプを交換した程度」と述べ、耐久性の高さをアピールしている。

    http://response.jp/article/2013/12/27/213890.html
    オーストリアで累計走行距離100万kmを達成した2代目トヨタ プリウスのタクシー
    642299

    【オーストリアでトヨタ・プリウスのタクシーが累計走行距離100万kmを達成】の続きを読む

    1 キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/28(土) 22:49:17.62 ID:???0
    n-LAMBORGHINI-large300
    吸って潰してドン!何の事か分からないかもしれませんが、これは4ストローク内燃機関の動作そのものです。空気と燃料はシリンダに吸い込まれ、ピストンで押しつぶされ、点火プラグで着火され爆発します。そして排気ガスとして吐き出すのです。この時に残った余分な燃料は排気管から吐き出されますが、時に爆発を起こし火球を作ることがあります。いわゆるのアフターファイアと呼ばれる現象です。

    youtubeユーザーがこのアフターファイアを使って七面鳥をローストするという動画を投稿し、話題となっています。動画ではフルチューンされたランボルギーニ・アヴェンタドールの排気管に七面鳥をかざし、アフターファイアで焼き上げる様子が記録されています。排気ガスの有毒物質をものともせず、オーナーはチキンをほお張っています。

    数千万円のスポーツカーを持っている人は、七面鳥の料理にコンロやオーブンは不要になるかもしれません。

    http://www.huffingtonpost.com/2013/12/27/lamborghini-cooks-turkey_n_4505059.html?utm_hp_ref=weird-news


    【ランボルギーニ・アヴェンタドールを使って七面鳥をローストする動画が話題に】の続きを読む

    1 ウエスタンラリアット(芋) 2013/12/28(土) 18:14:46.53 ID:xYYG9X1I0
    スカイライン
    biz13122112000006-l2

    アテンザ
    img_02596678ede3ce9f03b7a4ff03ea847c147664

    【日産・新型スカイラインとマツダ・新型アクセラがまるで兄弟車だと話題に】の続きを読む

    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/27(金) 00:09:46.35 ID:???0
    hustler
    ★笑い話にご用心!スズキの新型軽自動車の名前が成人男性雑誌と同じと話題に―海外メディア
    配信日時:2013年12月26日 22時50分 Share (facebook)

    2013年12月25日、台湾の国営通信社・中央社と香港メディアは、日本の自動車メーカー・スズキが、来年1月に発売するワゴンとSUV(スポーツ用多目的車)を融合させた新型軽乗用車「ハスラー(HUSTLER)」が、米国の成人男性向け雑誌と同名だと指摘した。

    スズキは車名の由来として、軽やかに活き活きと走るイメージから、かつて同社のオフロードバイクで人気を博した「ハスラー250」を流用し、ノスタルジックな魅力を打ち出すとしている。

    報道では、「HUSTLER」は英語圏では米国の成人男性雑誌を連想させると指摘した上で、「日本企業は外国語辞書から製品名を探すことが多いが、どのような意味で使われているか正しく理解していないケースもある」と伝えた。

    この手の話題は初めてではない。三菱自動車工業のパジェロ(PAJERO)はスペイン語圏では「Montero」の車名で発売されている。前者はスラングで別の意味に取られかねないためだ。またマツダのラピュタ(Laputa)もスペイン語で「娼婦」を意味するという。

    報道では、日本企業が外国語由来の製品名を愛用するのは、西側諸国で中国の漢字に詩趣が感じられるとしてタトゥーなどに好まれるのと同じ理屈だと指摘している。(翻訳・編集/NY)

    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81007

    【【スラング】スズキの新型軽自動車「ハスラー(HUSTLER)」がアメリカの成人男性雑誌と同じと話題に】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ