サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: かかと落とし(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/01/29(木) 18:32:23.96 ID:l6c1nHrw0.net BE:809145981-BRZ(10000)
    a1b4219f19db88644f8882cac7f

    スペインで行われたイベントでマツダの常務執行役員の藤原 清志氏が2017年の東京モーターショーでロータリーエンジンを搭載した新型車を公開する考えだと発言した。

    2017年はロータリーエンジンを搭載した車として世界で初めて市販された「コスモスポーツ」が生誕してから50週年となる記念すべき年だ。新型車の名前が「RX-7」となることとエンジンのスペックが300ps程度ということも明らかにした。

    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/3621

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422523943/ 【2017年の東京モーターショーでRX-7の新型車公開をマツダ役員が明かす】の続きを読む

    1: リキラリアット(芋)@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 20:33:03.87 ID:G6bmlFKN0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    2015_civic_r_01
    ※2014年10月のパリサロンで公開された欧州向けシビック タイプRコンセプト

    ホンダは3月3日に開幕するジュネーブモーターショーで、欧州向け新型「シビック タイプR」を世界初公開すると発表した。新型シビック タイプRは、シビック 5ドアモデルをベースに、2リッターターボエンジンを初搭載するとのこと。

    これまでシビック タイプRは、高回転型のNAエンジンを搭載してきた。今回初めて2リッター直4 直噴ターボエンジンを搭載。開発にあたっては「歴代最高のタイプR」を目指したという。

    またジュネーブショーでは、新型「NSX」や燃料電池自動車のコンセプトモデル「FCVコンセプト」、欧州向けの新型「ジャズ」(日本名フィット)や新型「HR-V」(日本名ヴェゼル)などの出展も予定されている。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20150128-10217660-carview/

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422444783/ 【ホンダ、シビックタイプRをジュネーブモーターショーで世界初公開】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2015/01/27(火) 19:57:01.99 ID:???.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000058-economic-ind

     自動車も二輪車も若者離れで売れないという声を、ここ数年、散々聞かされてきた。はたしてそうなのだろうか?
     2014年11月まで1年間の、国内メーカーの二輪車生産台数を調べてみると、全メーカー合計で65万6068台(前年同比109.62%)。
    アベノミクスは失敗との声が叫ばれるなか、生産台数は着実に伸びていることがわかった(自動車工業会調べ)。

     さらにメーカーごとの生産台数を見てみると、ヤマハ発動機の23万5919台、続くスズキの17万296台、ホンダの15万5251台、カワサキの9万3589台と、二輪車全体ではヤマハが圧倒的な差を付けているのだ。

     では、原付き市場はどうなのだろう?
     生産台数を見てみると、全メーカー合計で8万5050台(前年同期比104.93%)と、若干ではあるが上向き傾向にあった。
    メーカーごとでは、台数の多い順に、スズキが5万2388台(前年同期比105.05%)、ホンダが2万5314台(前年同期比109.68%)ヤマハ発動機が6335台(前年同期比100.5%)となり、二輪車全体の生産台数がトップのヤマハが、原付きではなんと最下位になっているのだ。
    ちなみにカワサキは原付きを生産していない。

     原付きのラインナップは、スズキ17車種、ホンダ15車種、ヤマハ8車種となり、これは原付きの生産台数順と同じ並びになっている。
    各メーカーの特徴としては、スズキは税込み15万円以下のエントリーモデルをメインに販売し、ホンダは15万円以下のモデルは1台のみで、30万円近いエイプ50やモンキーといった、ロードスポーツ、ファミリー/レジャーなど、様々な種類のタイプ販売している。
    それに対してヤマハは15万以下のモデルは出しておらず、スクーターでも20万円前後と高級志向のモデルを販売する。
    このラインナップの数や志向性の違いが生産台数に結びついていると考えられる。

     原付きのカテゴリーにおいてはスズキが圧倒的に強く、ヤマハの8倍ほどの台数を生産しているが、その理由の一つとして、スズキは普段の足として使える、エントリーモデルのスクーターを数多く出していることがあるだろう。
    それに対してヤマハのラインナップを見ると、女性ライダーを意識したり、オシャレで個性的なモデルが目立つ。
    その中の一つが「Vino(ビーノ)」シリーズだ。

    color01_001zoom

     今回、女の子らしいスタイルを好む女性に向けた「Vino Girl」と、ボーイッシュでアクティブな女性に向けた「Vino Boy」の2つを2015年モデルの「Vino XC50D」として2月14日に発売する。
    レトロポップなカラーを基調とし、女性をターゲットにしているとはいえ、オシャレな男性にもマッチングする。
    また、フロントバスケットを標準装備した「ビーノ モルフェXC50H」も同時に発売する。

     さらに30年以上ものロングセラーでもあり、スタンダードモデルとして人気の「ジョグCE50」シリーズに、新色「ライトイエローイッシュグレーメタリック9」(ゴールド)など、全5色を設定した、2015年モデルも同時に発売。価格も16万円台からと購入しやすい価格設定となっている。

    また、排気量は125ccになるが、“SHOW OFF SPORTY”と“URBAN SPORTY”系カラーを選べる「シグナス-X XC125SR」の2015年モデルも同時に発売する。
     

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1422356221/ 【二輪生産台数トップのヤマハ、原付きでも巻き返しなるか?】の続きを読む

    1: キャプチュード(愛知県)@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 20:25:13.91 ID:Z0Way+VI0●.net BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    仏ヴァレオはサイドミラーの機能をカメラで代替し、空力抵抗を改善してCO2排出量を1キロメートル走行当たり最大で約1・3グラム削減する技術について、日本市場へ提案を始めた。カメラが撮影した動画をほぼ同時に車内のモニターに映し出し、ドライバーはミラーを見るよりも少ない視線移動で車の左右の状況を確認できる。ヴァレオは欧州車大手との取引が多いが、運転支援技術への関心が高い日本でも存在感を高めていく方針。

    試作機(写真)はサイドミラー下にカメラを取り付け、カメラとモニター間の画像通信速度を運転に支障のないレベルまで速めた。ミラー代替としてのカメラ利用が認められる2016―17年度の実用化を目指す。

    カメラの視野角は70度、モニターに映る範囲は奥行きに不自然がないように40度に調整した。ミラーの範囲は20―30度のため、広範囲を視認できる。この技術は将来、新しいヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)と一体化してコックピットのデザインを大きく変えると予想される。

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420150128beao.html

    nkx20150128beao

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422444313/ 【2016年にはサイドミラーにカメラの使用が許可されるらしい】の続きを読む

    1: ドラゴンスープレックス(芋)@\(^o^)/ 2015/01/27(火) 22:19:47.66 ID:i8C9Jvma0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    ロータス、新マシン E23ハイブリッド の画像公開…メルセデスのパワーユニット搭載

    20150127075721ca9bd_550

    F1世界選手権に参戦するロータスF1チームは26日、2015年の新型マシン『E23 ハイブリッド』の画像を公開した。

    ホームページ上に登場したE23 ハイブリッドはデジタル画像で、実車のお披露目は2月1日のヘレス合同テストになるものと見られている。昨年は、フロントノーズの先端を二股にして「二本牙」のようなデザインを採用して話題となったが、公開されたマシンはオーソドックスなノーズに変更されている。

    これまでルノーエンジンを使用してきたが、規定が大幅に変わった大苦戦。予選ではQ1突破が精一杯で、決勝での最高位はグロージャンの8位。
    チーム全体でわずか10ポイントしか獲得できず、コンストラクターズランキングは8位。今年は新たにメルセデスのパワーユニット使用が決まっており、昨年苦戦した分も挽回が期待される。ドライバーは昨年と変わらずロマン・グロージャンとパストール・マルドナードのコンビだ。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20150127-10217578-carview/

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1422364787/ 【市販車のエンジンを自分で作れないロータス、F1もメルセデス製エンジン搭載】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ