サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/11/10(月)13:46:19 ID:rdbaLXOyQ
    11月5日。トヨタは平成26年9月中間連結決算発表で、通期(27年3月期)業績予想を上方修正した。円安進行などを受け、最終利益を当初の減益予想から一転、2200億円多い2兆円(見込み)に引き上げると発表した。

    日本の製造業が最終利益2兆円という大台に到達するのは初めて。売上高も当初予想よりも8千億円増の26兆5千億円と7年ぶりに過去最高を更新する見通しだ。

    自動車業界の頂点に立ち、「最強の製造業」とまで称されるトヨタが叩き出した好業績だが、決算発表に出席した同社幹部に浮かれた様子はみじんも感じられない。

    中略

    トヨタの発表前日(現地3日)、米国から同じく自動車業界のニュースが発信された。米司法省と米環境保護局(EPA)は、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が米国で販売した約120万台の燃費性能を過大表示した問題で、両社が民事制裁金1億(約114億円)を支払うことで和解したと発表したのだ。

    1億ドルは大気浄化法違反の民事制裁金としては過去最高額という。

    EPAによると、現代自と起亜の合計で約120万台の車両について、カタログ燃費を過大に表示していたという。燃費表示“水増し”による改竄(かいざん)問題である。EPAは「現代自と起亜自動車は燃費性能を算出する際に、多くのテストから平均値を出す代わりに好ましい結果を抜き出したようだ」と指摘している。

    実は現代自による燃費水増し問題は、和解が成立した今回の米国にとどまらない。
    今年3月には別の主力車種で同様の燃費の過大表示が発覚、「燃費に誇張があった」と謝罪している。

    BN-FI549_1103hy_G_20141103102340

    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141108/ecn1411081724003-n1.htm

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415594779/ 【米国がキレた韓国車の燃費「水増し」 現代自がトヨタ追い抜く日は来るのか?】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/11/12(水)17:27:29 ID:???
    ヤマハ発動機は、新型250ccスポーツバイク『YZF-R25』を12月15日から発売する。

    価格は55万6200円。YZF-R25は、2013年の東京モーターショーでワールドプレミアされたコンセプトモデルの市販版。

    250ccクラス最高レベルのエンジン出力(36ps)を誇り、“毎日乗れるスーパーバイク”がコンセプトである。

    786852


    http://response.jp/article/2014/11/12/237173.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415780849/ 【ヤマハの新型250ccスポーツバイク 「YZF-R25」発売】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/12(水) 19:26:22.33 ID:???.net
    http://news.mynavi.jp/news/2014/11/12/339/

     スズキは12日、同社の軽乗用車「ハスラー」が、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)主催による「2015年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞したと発表した。

     RJC カー オブ ザ イヤーは、2013年11月1日から2014年10月31日までに発表された国産車を対象とし、RJC会員の投票によって選出。
    スズキ車が同賞を受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)、「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年 / 2010年)に続く5度目となる。

     RJCによる受賞理由は、
    「ライトな感覚の軽自動車SUVとして新しいジャンルを開拓した。
     動力性能ばかりではなくボディカラーなど色に対する配慮も行き届いている。
     しかも街乗りにも充分な快適性を備えている。
     広い意味でユーザーに夢を与えてくれるクルマである。
     家族でも、一人でも、ペアでも楽しめる。
     その懐の深さと新鮮さを高く評価した」
    とのこと。

     ハスラーは、軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた、新しいジャンルの軽乗用車として2014年1月に発売。広い室内空間と日常での使いやすさに加え、起伏のある路面を走行する機会が多い人に向けた「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発されている。
    発売から10月末までの届出台数は8万6,918台。

    画像:「ハスラー X」
    20141113as


    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1415787982/ 【スズキ「ハスラー」が「2015年次 RJC カーオブザイヤー」を受賞】の続きを読む

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 13:35:27.86 ID:???*.net
    車の往来の激しい浦添市の国道58号勢理客交差点で11日午前10時50分ごろ、信号待ちをしていたミニバンの下に体長20センチほどの子猫が入り込み、 周囲の人や消防隊に無事救出される一幕があった。

    ミニバンを運転していた赤嶺秀夫さん(58)=豊見城市=は「何かのご縁。招き猫になってくれるかも」と、子猫を笑顔で引き取った。 赤嶺さんが同交差点で信号待ちをしていたところ、子猫が車のタイヤの前に座り込んでいるのを発見。

    信号が変わり、赤嶺さんが車を発進させようとしたところ、隣のトラックの運転手が飛び降り、赤嶺さんに知らせた。ミニバンは子猫に触れるか触れないかのところで停車。赤嶺さんたちがのぞき込むと、子猫はタイヤ裏に逃げ込んだ。

    交通量の多い交差点の真ん中だが、そのまま車を動かせばネコを巻き込んでしまう。周囲の人が通報し、浦添消防の消防車が到着した。消防隊員が確認すると、子猫は車体下部の部品の隙間に入り込んでおり、細心の注意を払いながらミニバンを安全な場所に移動。

    子猫は爪を立てて車にしがみついていたが、隊員が車の下に潜り込み、5分ほどで救出された。
    障がい者支援施設の代表を務める赤嶺さんは「利用者がかわいがっていた近所の猫がいなくなったところで、みんな喜ぶと思う」とにっこり。命拾いした子猫は、偶然巡り合った飼い主に迎えられることになった。

    img5462b52006a4e

    http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-234419-storytopic-1.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1415766927/ 【ミニバン車体下部の部品の隙間に入りこんだ 子ネコを消防隊が無事救出】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/11(火)21:30:33 ID:z76AVDkrL
    fzr250r_1990
    結局FZRを契約(?)してきたぜ!

    あー納車が楽しみだ

    関連記事 【250cc】オススメのバイク教えて
    http://cysoku.com/archives/16625878.html

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1415709033/ 【オススメのバイク教えての>>1ですが】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ