サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1:
    「二輪車ツーリングプラン」は、高速道路史上初めての二輪車専用周遊パスだ。5月30日の発表以来、国土交通省、高速道路会社、二輪車関係団体が議論を重ねて発売は近い。
    プランは2日間エリアな乗降自由の2500円。エリアは首都圏を4つの地域に分けて「東名・中央プラン」「関越・上信越・東北プラン」「東北・常磐プラン」「東関東・館山プラン」が用意されている。

    -- 中略 --

    2500円というプラン価格設定は、ETC通常料金比率の半額を目安にしている。例えば、「東名・中央プラン」では、高井戸~河口湖~富士吉田~須走。一般道から再び御殿場~東京というルートで有料道路総走行距離195.7kmで通常のETC料金は5270円。これが2500円のプランになっている。

    一方で、伊豆スカイラインなどを目指し、東京~沼津、箱根口~東京を選択した場合は、有料道路総走行距離170.7kmで同4160円になる。また、「東北・常磐プラン」ではエリア内に北関東道「真岡」が含まれていて、ツインリンクもてぎにも近い。有効期限が2日間あるため、ライダーの選択するルートによってお得感には差が出る。エリア内の使い勝手はいい。

    「利用すると総額表示は出るが、事後にETCカード番号で利用を追いかけて総額請求をしないで、『ETC企画割引』として2500円を請求する」(前出・伊勢田氏)

    プランは事前予約制だ。
    利用日を指定して前日までに予約する。PCやスマホで実施主体である東日本高速や中日本高速のウェブサイトに入り、発売中の企画商品から「二輪車限定ツーリングプラン」を選択する。そこで名前やETCカード番号、ナンバープレート情報などを入力して登録を完了することが必要だ。雨天などでツーリングを中止した場合、予約期間にプランのエリア内走行がなければ請求はされないが、短距離でもエリア内を走行するとプラン料金2500円が請求される。

    1197606

    1197607

    1197608

    1197609

    1197610

    https://response.jp/article/2017/06/19/296296.html

    http://media2.c-nexco.co.jp/images/news/4077/1263980f68e47fa3f69783c80b6f4971.pdf

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498131054/ 【■バイク■首都圏4エリア高速乗り放題プランキターーーーー!!!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/20(火) 18:41:17.920 ID:D/n6H0iV0.net
    ジープラングラーカッコいいし走破性高いらしいけど燃費がヤバいし狭い所駐車する時めんどくさそうだから

    bk

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1497951677/ 【年に一回山に行くか行かないかくらいの人間がSUV買うのってデメリット多杉?】の続きを読む

    1:
    ステータス?って言うのはどっちが上なんですか(・・?
    どっちがモテますか?
    どっちがかっこいいですか?

    mercedesbenzsclass

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1498065603/ 【「12年落ち中古ベンツSクラス」か「新車の軽のフルオプション」のどちらかを買うか迷ってるんだけど】の続きを読む

    1:
    改正で日本車がカッコ良くなる!?
    6/22(木) 21:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00010005-autoconen-bus_all

    保安基準の改正で変わるクルマの外観デザイン

    20170622-00010005-autoconen-000-1-view

    2017年6月22日に保安基準の一部が改正され、自由度が少し広がった。その内容は車両の「回転部分の突出禁止規定の見直し」と「排気管の開口方向要件の廃止」というものだ。そこで国土交通省を取材した。

    まず「回転部分の突出禁止規定の見直し」だが、ここで述べている「回転部分」とは、ホイールとタイヤのことを示している。ホイールとタイヤがフェンダーからハミ出すことは従来と同じく禁止されるが、タイヤが収まるホイールアーチの後端部分に装着されたホイールガード(タイヤをカバーするように取り付けられる樹脂製の小さなパーツ)は必要がなくなる。

    最近は輸入車を中心に、ボディの後方を左右方向から絞り込んだデザインが増えており、ホイールガードを取り付ける車種も多い。

    日本車でもトヨタ C-HRは、ボディ後方の絞り込みが大きいので、通称「ホイールガード要件」を満たす目的でホイールアーチの後端に魚の背ビレのような突起を装着したという。ボディ形状にもよるが、今後はこういったデザイン処理を施したり、ホイールガードを取り付ける必要が薄れるわけだ。

    国土交通省によると「ホイールガード要件」を見直した理由は、国際協調に基づいている。
    日本は1958年に「国連の車両・装置等の型式認定相互承認協定」に加盟し、1999年には「国連の車両等の世界技術規則協定」にも加盟している。海外で販売されるクルマや輸入車と足並みをそろえることも視野に入れ、「回転部分の突出禁止規定の見直し」を行った。

    ホイールガードは車種によって無理に取り付けた印象が伴い、見栄えが良くない。C-HRの背ビレを思わせる突起も同様だ。「回転部分の突出禁止規定の見直し」が図られたことで、その車種本来のデザインに仕上げることができる。
    フェンダーのホイールアーチからタイヤが大きくハミ出すような危険を伴うデザインは、従来と同様に違法だが、主にリアビューの魅力は高まるだろう。

    またホイールガードの装着には手間を含めてコストを要するため、少額ではあるがコストダウンにも繋がる。

    「排気管の開口方向要件の廃止」も行われた。従来のマフラーは、後ろ向きと下向きに限られ(上向きは必然性が乏しい)、左向きと右向きは不可とされていた。

    マフラーを上から見た時の角度(傾き方)も、車両の前後方向に対して30度以下に制限されていた。

    これが今回の改正を経て開口方向の要件が廃止されたので、左右に向けることも可能になった。

    国土交通省によると、最近は排出ガス規制の影響もあってクルマの排出ガスがクリーンになっており、マフラーを左側に向けて装着しても歩行者に迷惑をかけるような不都合はなくなったから廃止したという。

    つまり安全や公害の観点から、横向きを規制する根拠が消滅したので、マフラーの開口方向を定める必要がなくなった。

    なお上記2点の改正は、2017年6月22日以降、自動車の製造された日を問わず運用される。少し対応が遅かった印象も受けるが、クルマのデザインの多様化、環境性能の向上に即した改正といえるだろう。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498171275/ 【車の保安基準が改悪。左向きマフラーがokになる。車カス「歩行者に向かって排ガスぶっかけるぞ!」】の続きを読む

    1:
    maxresdefault

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170622-00000026-ann-soci

    ロックミュージシャンの矢沢永吉さん(67)の運転する車が、東京・港区でタクシーと接触事故を起こしました。けが人はいませんでした。

     21日午後1時50分ごろ、港区南麻布3丁目の交差点で、矢沢さんが運転する車がバックした際、後ろにいたタクシーと接触しました。タクシーには乗客はおらず、矢沢さんとタクシーの運転手にけがはありませんでした。警視庁によりますと、事故現場は道幅が狭くなっていて、矢沢さんが対向車に道を譲ろうとした際、後ろを確認せずにバックしたとみられています。警視庁は物損事故として事故原因を調べています。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498109321/ 【矢沢永吉でも対向車に道を譲るなんてするんだ。。。それに比べてE.YAZAWAステッカーの車カス率…】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ