サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1:
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49529?page=5


    honda-cars-logo-emblem

    ホンダが買収のターゲットに?
     トヨタは日産と異なり、グループ内にアイシン精機、曙ブレーキ工業、デンソーなど技術力の高い部品メーカーを多数抱えている。

    デンソーのようにトヨタグループとしては独立性の高い企業もあるが、それでも日産と比較するとトヨタは垂直統合モデルとしての色彩が非常に濃い。

     この厚い技術基盤がトヨタの競争力の源泉であったことは間違いないが、今後、EVという「軽い」技術が普及した場合、これがトヨタの足かせになる可能性が十分にある。

    逆にいえば、日産としては、産業構造が転換するかもしれない今のタイミングこそが、トヨタに追い付く最後のチャンスともいえる。

     このような視点で自動車業界を眺めて見ると、再編劇の主役となりそうなのがホンダである。

    日産はゴーン氏の決断により、良くも悪くも勝負に出ている。一方、スズキのような弱小メーカーは大手との提携で生き残りを図るしか道はなく、選択肢は限られている。

     スズキがトヨタと提携したのは自然な流れであり、両者はいずれ資本関係を持ち、最終的にスズキはトヨタグループの一員となるだろう。

    一方、どの場所にも属していないのがホンダであり、ホンダは今後、資本提携のターゲットになる可能性が十分にある。

     もっとも、ホンダに秋波を送るのは完成車メーカーとは限らない。グローバルに見た場合、独ボッシュなど大手部品メーカーが完成車市場に乗り出してくる可能性や、インテルのようなIT企業の動きも見逃せない。

    インテルは今年3月、高度な自動運転技術を持つイスラエルのモービルアイ社買収を発表するなど自動運転時代に向けて着々と布石を打っている。

     10年後には自動車産業におけるプレイヤーの顔ぶれは大きく変わっているかもしれない。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490580471/ 【ホンダが買収の標的に?EV化で激変する自動車業界】の続きを読む

    1:
    https://zuuonline.com/archives/144257
    bmwc


    BMWが初の電動スクーター「BMW C evolution(シー・エヴォリューション)」を2017年5月12日に発売する。
    最大の特徴は走行距離160km、最高速度129km/hというスペック。
    国内メーカーの電動バイクが走行距離50km未満、最高速度50km前後のものが多く差は歴然だ。


    大容量バッテリーと独自のテクノロジーで走行距離を160kmに
    「BMW C evolution」は欧米では2014年に発売された。販売台数は1500台ほどだが、スペインでは警察のバイクにも採用されている。
    日本上陸のバージョンは、旧型を大幅に進化させたものだ。
    電動スクーターなどの最大の課題は走行距離をいかに伸ばすかだ。そのためには、バッテリー容量を大きくする必要がある。
    「BMW C evolution」に搭載されている大容量空冷リチウムイオン高電圧バッテリーは94アンペア(Ah)あり、電気自動車の「BMW i3」で採用されたテクノロジーにより160kmまでの走行を可能にした。

    充電はEV充電スタンドまたは普通充電用200Vコンセントを使用し、3.5時間で80%までできるようになった。

    国産スクーターのバッテリー容量は20Ah以下のものが多く、「BMW C evolution」に搭載されているバッテリーがいかに大容量か分かる。

    希望小売価格は消費税税込み148万7500円。ちなみにガソリン使用のBMWスクーター「C650スポーツ」が114万5000円(消費税税込)、700ccのBMWバイク「F700GS」(ガソリン仕様)が125万000円(消費税税込)だ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490527922/ 【BMW、時速130キロ出せる大型電動スクーターを日本導入へ】の続きを読む

    1:
    「運転支援システム『アイサイト』を軸に究極の運転支援の実現を目指す。この延長線上にあるのが自動運転だ」。 
     
    取締役専務執行役員の武藤直人は富士重工業が目指す自動運転技術開発の考え方をこう表現する。

    米グーグルなど自動運転車の開発を進めるメーカーの中には、ドライバーが運転に関与しない無人自動運転車の実用化を目指す企業もある。公道での無人自動運転車の走行実験を認める各国の動きも活発化してきた。

    だが富士重は「無人運転が可能なくらいの技術レベルまで高めてはいくが、ドライバーの不在を想定した自動運転車は目指さない」。

    武藤はこう強調する。

    ドライバーに“安心と愉(たの)しさ”を提供するスバル車にドライバー不在の自動運転はそぐわないからだ。

    自動運転技術の高度化を巡っては日系メーカーでは日産自動車がミニバン「セレナ」にイスラエル・モービルアイの画像処理技術を使い、渋滞時の自動走行を実現。

    海外競合なども経営資源を集中させ開発を進めている。

    これに対し武藤は「アイサイトはまだまだ進化する。自信がある」と断言する。
    アイサイト自体の性能向上はもちろん他のセンサーも使用し、対象物の認識精度を一段と高める。

    16年4月には日本IBMと組み、アイサイトが取得した走行データを効率良く管理できるインフラを構築。
    開発を円滑に進める土台もできた。
    20年には高速道路で車線変更できる自動運転技術の実現を目指す。

    820x540qm246tupkaaV

    http://newswitch.jp/p/8441

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490557515/ 【スバルはなぜ「無人自動運転」を目指さないのか】の続きを読む

    1:
    1168266

    ホンダの国内2輪車販売を担うホンダモーターサイクルジャパンの加藤千明社長は東京モーターサイクルショー2017会場でインタビューに応じ、2018年4月に実施する販売網再編について現状の体制に危機感があることを明かした。



    加藤社長は新たな販売系列について「ホンダ ドリームは黒を基調とした外観に、誇りと感動を想起させる立体感のあるシルバーのウイングマークへと一新する。ホンダ コミューターはお客様にわかりやすく親近感のある赤いウイングマークを全面に2018年4月移行、順次変えていく」と解説。

    ただその一方で「お金をかければ店舗はきれいになる。ただお金をかけてきれいにして『新しいドリーム店でございます』というだけではお客様にはご満足頂けない。要は量を追うということではないと思う。これまで2輪車販売はいつもいつも量を追いかけてシェアばかり言っていて、結果的に失ったものが多いのではないか」と指摘する。

    というのも「お客様がどんどん変化していく中で、我々の2輪の商売がそれをきちんとアクセプトして付いてきているかというと、やはりちょっと遅れてしまっている。もっとはっきりいうと、自転車の方が販売店として進んでいる。アサヒやイオン自転車など、販売網として見た時に2輪業界よりも先を行っている」との危機感が加藤社長にあるからだ。

    続きはソースで
    http://response.jp/article/2017/03/26/292617.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490539323/ 【ホンダ、バイク販売店の現状に危機感 「自転車店のほうが進んでいる」】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/26(日) 10:15:52.084 ID:s4LMMSZz0.net
    セダン→クラウン系、マークX、レクサス、ベンツ
    ミニバン→ヴォクシー、ヴェルファイア、オデッセイ
    SUV→ハリアー、レクサス

    この辺りで中古有りで400万までで買える奴ある?
    利便性ってそれぞれどうなん?
    用途はプライベートとレジャー
    月300キロくらい
    今は古いクラウン乗ってる
    オススメあれば教えてくれ

    001_o

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1490490952/ 【セダン、ミニバン、SUV、どれがオススメ?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ