サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/06(月) 22:05:13.34 ID:???0
    米フォードモーターが開発したコンセプトカーは「C-MAX Solar Energi Concept」と名付けられた。同社のヒット商品である5人乗りプラグインハイブリッド車「C-MAX Energi plug-in hybrid」をベースに、車体の屋根全面に新開発の太陽光発電ユニットを搭載したコンセプトカーだ(図1)。1月7日から米国ラスベガスで開催される「2014 International CES」で初めて公開する。

    フォードによると、太陽光発電ユニットを搭載したプラグインハイブリッド車でも従来のモデルと同等の性能を発揮する。航続距離は620マイル(約1000キロメートル)に達し、バッテリーに貯めた電力だけでも21マイル(約34キロメートル)の走行が可能である。

    バッテリーの容量は8kWhで、太陽光発電ユニットからの電力を貯蔵することができる。米国内の標準的な走行パターンのうち75%までは太陽光だけで走ることが可能になる見込みだ。これにより年間のCO2排出量を最大4トンも削減できて、一般家庭で4カ月分のCO2排出量を節約することができる。

    屋根に搭載する太陽光発電ユニットは米サンパワーが供給するほか、太陽光を集約して発電効率を高める技術を米ジョージア工科大学が開発した(図2)。集光のために灯台などで使われているフレネルレンズを採用して、通常の8倍の効果を得られる点が特徴だ。さらに太陽光の向きを追跡する機能を搭載して、日中に長時間にわたる発電を可能にする。

    電気自動車の燃費に相当する“電費”は100MPGeになる(1ガロンのガソリンと等価な電力で100マイル=約160キロメートルを走行可能)。各メーカーが販売中の電気自動車やハイブリッド車とほぼ同等の性能で、トヨタ自動車の「プリウスPHV」が95MPGeの電費を発揮する。(以下略)

    http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1401/06/news055.html
    図1 「C-MAX Solar Energi Concept」の外観。出典:米Ford Motor
    ford_ev2_sj

    図2 屋根全面に太陽光発電ユニットを搭載。出典:米Ford Motor
    ford_ev3_sj

    【【フォード】太陽光で走るプラグインハイブリッド車が登場、屋根全面に発電パネルを搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/06(月) 21:08:33.82 ID:ER4yw1wfO
    ばくおんのアニメ化

    【若者にバイクブームを起こす方法を考える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 13:18:40.99 ID:qnl6ydxb0
    これってどう思う
    51fsvoVz60L
    ※【トライエース】軽量9.6KgTRIACEシマノ24速クロスバイクS120フラットロードバイク
    価格 39,800円

    予算は8万前後まででオススメとかあったら教えてくれ

    【クロスバイクを買おうと思うんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/05(日) 02:34:31.74 ID:oMTwM7100
    モンキーかゴリラ買おうかと思ってる
    Z2がすごい好きでZ2買うお金ないから
    Z2仕様にして乗ろうと思ってるんだが
    どっちのがいいんだ?
    ちなみに、単車は初めてな
    免許とっても原チャリしか持ってない

    kawasaki_z2

    【バイク詳しいやつ来てくれよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/01/03(金) 08:11:10.31 ID:???
    10151048_201012
    日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」が、1月中にも累計販売台数10万台に到達する見通しとなった。2010年12月の発売から3年2カ月での大台到達は、トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」が10万台に到達した4年9カ月(1997年12月~2002年8月)を大幅に上回るペースとなる。直近の1年間で半数の約5万台を販売しており、特に米国で販売を大きく伸ばした。

    販売が加速したのは、車両価格を大幅に値下げした廉価版モデルを投入するとともに、軽量化などにより1回の充電で走行できる「航続距離」を従来の200キロメートルから228キロメートルに伸ばしたためだ。特に米国で販売が急速に伸びており、サンフランシスコ、ロサンゼルスといった西海岸で売れ行きが好調。米国はEVへの優遇策を拡充しており、国による補助金に加え、州からの支援が得られるケースもあるほか、充電施設も積極的に増やしている。日産車でリーフが最も売れている州もある。

    日産は当初、16年度までに仏ルノーと合わせてEVを累計150万台販売する方針を打ち出していたが、販売の伸びが想定を大きく下回ったため、昨年末にこれを20年度に延期した経緯がある。リーフの10万台到達は、EV普及に向け弾みとなるが、なお目標達成には年間20万台程度を販売し続けなければならない。一層の技術革新に加え、充電インフラの整備加速が必要となりそうだ。

    ソースは
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/140103/bsa1401030501001-n1.htm
    日産自動車 http://www.nissan.co.jp/
    株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7201

    【日産リーフ、販売10万台へ 米で好調 「プリウス」上回るペース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 ◆konjacjuhE @おまコンニャクρ ★ 2014/01/04(土) 12:21:39.24 ID:???
    20140103110808
     メルセデスベンツ・ベトナム(MBV)は、ベトナムで組み立てたSクラス高級車両「S 500L」を初めて出荷した。メルセデスベンツがSクラスの生産を開始してから約40年経過しているが、ドイツ国外で生産されるのはこれが初となる。

     MBVは昨年7月、ホーチミン市ゴーバップ区に静電粉体塗装工場を竣工している。同工場では世界最先端の静電粉体塗装技術「Zircobond」を導入しており、ベトナムで組み立てられるSクラス車両の塗装は同工場で行われている。

     MBVのミヒャエル・ベーレンス社長は、「ベトナムに世界最先端の技術を導入した工場を設置し、Sクラス車両を組み立て出荷するということは、我々メルセデスベンツがここベ トナムで長期的に投資をしていくというメッセージ。今後も消費者のニーズを汲み取り、国内市場シェアを着実に伸ばして市場をリードしていきたい」と語った。

     なお、「S 500L」のベトナムにおける販売価格は、46億3900万ドン(約2300万円)となっている。

    ソース:メルセデスベンツ、ベトナムでSクラス高級車を組立て出荷―初のドイツ外生産
    http://www.vefr.net/news/commodities/140103110905.html

    【メルセデスベンツ、ベトナムでSクラス高級車を組立て出荷―初のドイツ外生産】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2 フェイスクラッシャー(熊本県) 2014/01/04(土) 19:02:53.84 ID:NWO1kljB0
    行く先は完全な球

    1555101


    【なんで車モデルチェンジするたびに丸くなって行くんだよ!スクエアな四角が良いんだろうが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 張り手(チベット自治区) 2014/01/04(土) 21:38:43.53 ID:HsJHIsI60
    http://labaq.com/archives/51814302.html

    2014年01月04日 21:17
    なんじゃこりゃー!? 「ロシアで車の警報ブザーが一晩中鳴ると、こうなる」

    320baacf

    9e6bc2d3

    639d6ef0

    f6a6ae96

    ded080f4

    fe3b9143

    16193033

    5011cb09

    【ロシアで車の警報ブザーが一晩中鳴るとこうなる】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ