サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1:
    約130年前、ドイツ人ベンツとダイムラーが生み出したエンジン車。不動と思われたその地位がいま、電気自動車(EV)の本格的な挑戦を受けている。自動車産業の勢力図を塗りかえようとする国やメーカーの動きが背景にある。

     7月上旬、神奈川県厚木市にある日産自動車の研究施設に中国の万鋼(ワンカン)科学技術相がいた。約10年にわたって独アウディで働いたEVのプロ。日産のEV開発の動向を視察し、幹部に「中国もハイブリッド車(HV)はめざさない。EVで先に行く」と語った。

     いあわせた日産関係者は「中国も日産と同じ。HVではトヨタが強すぎた。HVは飛び越すのだ」。

     これまで、日米欧の自動車大手を支えた競争力の源泉はエンジンだった。中国など新興国が追いつけない車の心臓部。そこにモーターや電池を組みあわせ、制御するのがHVだ。部品メーカーを巻き込む「擦り合わせ」の結晶で、トヨタ自動車が他社を圧倒する。

     2000年代半ば。日産会長のカルロス・ゴーン氏は賭けにでた。「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」

    AS20170812002584_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASK856J7LK7GULFA026.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502619989/ 【EV時代へ賭けた「敗者」 日産・ゴーン会長「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」】の続きを読む

    1:
    2017.8.12 Sat 8:00
    フォードは、米空軍最強ステルス戦闘機「F-22ラプター」からインスピレーションを得てカスタマイズされた、「F-150ラプター」を公開した。

    ベースは勿論、フォードのピックアップトラック『F-150』だ。ドアやテールゲートには「F-22」のロゴを配置、戦闘機をイメージしたフロントグリルに、カーボンファイバー製フェンダー、専用ホイール、強化サスペンションや高性能ブレーキセットを装備している。

    パワートレインは、3.5リットルV型6気筒エコブースト・ツインターボエンジンを搭載、最高出力は545psを発揮する。

    レーダーから消えることはないが、かなりワイルドなエクステリアとなっており、エアダクトからミサイルでも発射しそうだ。動画では、「F-22ラプター」とシンクロする「F-150ラプター」が男ゴコロをくすぐる。

    http://response.jp/article/2017/08/12/298568.html

    1214080

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502621591/ 【ステルス機能はありませんが…フォード F-150、戦闘機「F-22ラプター」とコラボ】の続きを読む

    1:
    トヨタ スープラ 次期型 スクープ写真全 13 枚拡大写真BMWとの共同開発がおこなわれているトヨタ『スープラ』次期型。その最終プロトタイプを捕捉した。

    カモフラージュは重く、相変わらずディティールは不明だが、注目はヘッドライトだ。デイタイムランニングライトとして機能するフルLEDストリップライトを初めて装着しており、開発が最終段階に入っていることを匂わせる。

    BMW『Z4』次期型とプラットフォームを共有するスープラは、「80スープラ」のデザインを継承しつつ、「FT-1コンセプト」から意匠を得たグラマラスなボディが採用されるだろう。BMW Z4に設定されるであろうMTモデルが設定されないのは残念だが、ZF製8速ATにより、スムーズで快適なスポーツカーの走りを実現するはずだ。

    パワートレインは、最高出力200psを発揮する2リットル直列4気筒ターボ、及び最高出力340psを発揮する3リットル直列6気筒ターボをラインアップ。ハイブリッドモデルの設定はなさそうだ。

    価格は2リットルモデルが500万円~600万円、3リットルモデルが700万円~800万円程度と予想される。ワールドプレミアが噂される東京モーターショーまであと僅か。Spyder7では引き続き、その姿を追い続けている。

    http://response.jp/article/2017/08/13/298584.html

    1214146

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502620987/ 【トヨタ スープラ 次期型、これがいよいよ最終型か】の続きを読む

    1:
    トヨタ自動車は、マツダと共同で進める電気自動車(EV)の開発について、スバルなどの出資先や提携協議中のスズキに幅広く参加を要請していく方針だ。複数の関係者が明らかにした。世界各地で強まる環境規制を踏まえ、関係の深いメーカーと連携し先行企業を追う。

     トヨタは4日、マツダと資本提携し、EVを共同で開発すると発表した。軽自動車から小型トラックまで使えるEVの基本構造をつくる計画だ。

     トヨタ関係者によると、ここに100%子会社のダイハツ工業が加わる。さらに基本構造の応用や商品化の段階では、トヨタが50%余りを出資する日野自動車や17%を出資するスバルのほか、業務提携に向け協議中のスズキにも参加を呼びかける方針という。

    http://www.asahi.com/articles/ASK8B3HZPK8BOIPE00H.html

    AS20170810005247_comm



    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502498082/ 【スズキやスバルにも参加要請へ…トヨタのEV開発】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ