サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1 リキラリアット(千葉県) 2014/02/13(木) 20:13:02.66 ID:4sDF+wWR0
    日産 新型車デイズ ルークス、デイズルークスハイウェイスター発売

    日産自動車は2月13日、スーパーハイトワゴンクラスの新型軽自動車であるデイズ ルークス「DAYZ ROOX」デイズ ルークス ハイウェイスター「DAYZ ROOX Highway STAR」を発売したと発表しました。

    日産と三菱自動車工業が設立した軽自動車事業会社「NMKV」の第2弾モデルとなるデイズ ルークス・デイズ ルークス ハイウェイスター。
    デイズシリーズの第2弾として2013年に開催されていた東京モーターショー2013においての一般公開されており、車両価格をと発売が待たれていました。気になる燃費は最大で26.0キロとなっています。


    新型車デイズ ルークス ライダー 価格

    rider-1

    ・ハイウェイスター X FF: 168万2100円/
    ・ハイウェイスター X Gパッケージ FF/4WD: 175万2450円/187万50円
    ・ハイウェイスター ターボ FF/4WD: 189万2100円/200万9700円

    http://www.j-sd.net/nissan-roox/

    【車体価格200万円オーバー!新型軽自動車 日産デイズ ・ルークス・ライダー】の続きを読む

    1 やるっきゃ希志あいのφ ★ 2014/02/12(水) 15:48:11.38 ID:???
    0140212at54_p
    トヨタ自動車は12日、電子回路に不具合があるとして、
    ハイブリッド車の「プリウス」約99万7000台のリコール
    (回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
    海外販売分の約90万台でも同様の措置を取る。
    事故は確認されていないという。

    ソースは
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2014021200599
    ■トヨタ自動車 http://www.toyota.co.jp/
     2月12日届出 プリウス(ZVW30)のリコールについて (2009年から2014年2月生産車の一部)
     http://toyota.jp/recall/2014/0212.html

    【プリウス99万台リコール 海外でも90万台】の続きを読む

    1 ダイビングエルボードロップ(兵庫県) 2014/02/10(月) 23:10:14.78 ID:L9KvJQeB0
    ★トヨタ自、2017年末までに豪州生産撤退へ
    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA1904220140210
    2014年 02月 10日 18:00 JST
    [メルボルン/東京 10日 ロイター]
    トヨタ自動車は10日、オーストラリアでの車両・エンジン生産から2017年末までに撤退すると発表した。

    オーストラリアでの生産・販売を行っているTMCA(Toyota Motor Corporation Australia)の安田政秀社長は声明で、「われわれは事業変革のためにできる限りのことを行ったが、現実にはわれわれがコントロールできない要素があまりに多く、オーストラリアでの自動車生産は割に合わない」との見解を示した。

    トヨタによると、2017年の生産中止で工場の従業員約2500人が影響を受けるという。

    豪州では、米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターも昨年、生産撤退計画を発表。豪ドル高とコスト高で同国の生産拠点としてのメリットが失われているからだ。

    GMとフォードの発表を受け、部品調達先が被る打撃からトヨタも追随するという懸念が広がっていた。トヨタの撤退により、豪州で生産する世界的な自動車メーカーは皆無となる。

    オーストラリアのマクファーレン産業相は記者団に対し、「オーストラリアの産業は重大な時期を迎えた」と述べた。

    同相はトヨタが支援を要請したかについて聞かれ、「労使関係の対応の難しさについて不満を示していたが、われわれには何の要請もしていない」とした。

    政府のデータによると、豪州の自動車産業は部品や機械設備を含め関連企業が約150社あり、4万5000人以上が車両と部品の製造に直接従事している。

    同国の自動車生産は2004年の40万台余りから2012年には20万台強と半減した。
    最近の豪ドル高で輸入車の競争力が増し、現地生産の自動車が打撃を受けていた。

    toyotalogo2


    【トヨタ、2017年末までに豪州生産撤退へ 通貨高コスト高で…従業員2500人・関連企業4万5000人以上に影響】の続きを読む

    1 ナガタロックII(catv?) 2014/02/10(月) 19:49:22.41 ID:l5TgzMXG0
     ホンダは10日、主力の小型車「フィット」と新型多目的スポーツ車(SUV)「ヴェゼル」のハイブリッド車(HV)に不具合があるため、10日付でリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たと発表した。対象となるのは、2013年7月から14年2月に生産した両車種で、合計8万1353台。

     自動変速機やエンジンを制御するプログラムの不良で、発進のもたつきや走行ができなくなる恐れがあるという。内訳は「フィット ハイブリッド」が7万929台、「ヴェゼル ハイブリッド」が1万424台。フィットについては13年10月と13年12月にもリコールを発表しており、今回が3度目。

     対策を施した新しい制御プログラムを21日以降、提供し始める。寄居工場や鈴鹿製作所で生産する対象車は対策プログラムへの変更が完了するまで出荷を停止する。販売店にある対象車も顧客への引き渡しを対策プログラムへの変更完了までとどめる。

     ホンダは13年9月に新型「フィット」のHV、12月に「ヴェゼル」の販売を始めていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    658550
    【ホンダがHV8万台リコール フィットとヴェゼル 自慢のDCTに3度目のプログラム不良】の続きを読む

    1 そーきそば ◆EPu6enAv3A @そーきそばΦ ★ 2014/02/10(月) 17:28:55.00 ID:???0
    2898283780_45caa0151a
    若者のバイク離れなどで長らく低迷してきた国内の二輪車市場に復調の兆しがみえてきた。新興国の工場で生産された低価格の「世界戦略車」の売れ行きが好調なことに加え、若い頃バイクに乗っていた中高年の「リターンライダー」も増加。
    2013年の販売台数は前年比4.1%増の46万463台と、過去5年では最高となった。最大手のホンダは今年、近年では最多水準となる年間20種以上の新モデルを国内に投入し、メーンユーザーである若年層の需要掘り起こしに全力を挙げる。

     「14年は二輪車のあるライフスタイルを提案できる新価値商品を提案し、市場活性化に向け積極的に取り組みたい」。ホンダモーターサイクルジャパンの井内正晴社長は3日の新型車発表会でこう強調した。

     その先駆けが20日に発売する新型原付スクーター「Dunk(ダンク)」だ。同社が50ccスクーターの新型モデルを発売するのは02年以来12年ぶり。軽量化して環境性能を高めた新開発のエンジンを採用。スマートフォン
    (高機能携帯電話)が充電できるソケットや飲み物のペットボトルが入るラックを備え、男子高校生の通学用や若者の通勤用に的を絞った。

     国内二輪市場はピークだった1982年(約328万台)の約7分の1にまで落ち込んでいる。市場の約半分を占める排気量50cc以下の原付1種の2013年の販売台数は前年比3.0%減の23万8786台と、減少に歯止めがかからない。保護者の反対や電動アシスト自転車の普及により、高校生など若者層のバイク離れが続いているためだ。

    SankeiBiz 2月8日(土)8時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140207-00000017-fsi-bus_all
    (続)

    【中高年ライダー急増、二輪復調の兆し 「若者のバイク離れに歯止めかけたい」】の続きを読む

    1 アトミックドロップ(岡山県) 2014/02/09(日) 19:23:12.32 ID:N4/rq70d0
    昨日の大雪で作った『雪だるニャ』だそうで… 知らない人のチャリだそうで…
    持ち主のリアクションが気になるそうで… ww
    BgAOnsRCQAAPwg7

    https://twitter.com/syasin_man/status/432361639275282432

    【【画像】 自分の自転車がこんなことになってたら、お前らどうする?(´・ω・`)】の続きを読む

    1 足4の字固め(芋) 2014/02/09(日) 21:40:38.48 ID:mQJIEADNP
    insight-300x162

    インサイトの販売がまもなく終了しそうである。
    現行インサイトは2009年にデビューした2代目モデル。ハイブリッドカーとして販売が好調なトヨタ・プリウスの対抗としてホンダが販売してきた。
    インサイトの販売台数は発売当初からプリウスに押され気味で、特に最近では国内の月間販売台数が500台を下回る月も多く、すっかりマイナー車種となっている状況だ。

    そんなインサイトだが、既に生産終了のスケジュールが組まれており、在庫車の販売を以って販売が終了する見込みとなった。
    さらに次期モデルの開発の動きも見えないことから、現行の2代目モデルでインサイトの車名がカタログ落ちすることになりそうである。
    既に大幅値引きセールを実施しているディーラーがあるようで、在庫処分セールが始まっている。
    insight-exclusive-back-300x234

    インサイトは燃費性能だけでなく、居住性、コストパフォーマンスなど多くの面において、ライバルのプリウスを凌ぐことができず販売は苦戦した。

    インサイトの実質的な後継車種はフィットベースのコンパクトなハイブリッドセダンインサイトは初代モデルから続くトライアングルモノフォルムと呼ばれるボディ形状が採用されてきた。空気抵抗の小さそうな、流線型のボディは燃費性能の良さを印象付けるものだが、後席の頭上空間が狭くなるというデメリットもあった。

    insight20140210 ←wwwwwwww

    【ホンダのハイブリッドカー、インサイトの販売が終了の見込み インサイトブランド自体が終了】の続きを読む

    1 ドラゴンスリーパー(catv?) 2014/02/09(日) 10:35:42.77 ID:uNQiL/wy0
    ヤマハ発動機は、クロスプレーン・コンセプトに基づいて開発した水冷・4ストローク・直列3気筒・846ccダウンドラフト吸気FIエンジンを搭載した「MT-09」と、ABS標準装備した「MT-09A」を4月10日から発売すると発表した。

    「MT-09」と「MT-09A」は「Synchronized Performance Bike」をコンセプトに開発されている。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする「意のままに操れる悦び」を目指して開発した。

    クロスプレーン・コンセプトに基づき開発されたリニアな特性を備える3気筒エンジンは、バルブ挟み角を26.5度(吸気13度+排気13.5度)と狭く設定されている。
    これによりコンパクトな燃焼室を形成し、素早い燃焼による高トルクを引き出す。

    燃料供給には、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を採用。軽量アルミ鍛造ピストン、振動低減を図るバランサー、トルク特性に貢献する不等長吸気ファンネルなどとの
    相乗効果で高い走行性と低燃費を両立する。ライダーの好みや走行状況に応じて制御マップを3種から選択できるD-MODEを採用した。

    排気系は、エキゾーストパイプと3段膨張構造サイレンサーを一体成形した3into1タイプ。排気効率、消音効果だけでなく、マス集中化による軽快なハンドリングに貢献する。
    エキゾーストパイプには、変色や錆、汚れ付着の抑止効果のあるナノ膜コーティング処理を施した。

    剛性バランスに優れ、個性的なボディを形作る軽量アルミダイキャスト製フレームを採用した。軽量で強度バランスに優れたアルミ製テーパーハンドルを採用した。
    前後約400mmのメインシートは、タンデム側との段差が少なく自由度のある乗車姿勢を可能としている。シート前端は、マン・マシン一体感を演出するため、グリップ性とフィット感に優れるフロステッドパターンの表皮を採用する。

    マスフォワードシルエットによる自由に操れる軽快感、どんな方向にも動きやすい「塊」を連想させるマス集中感など、ネイキッドとスーパーモタードをハイブリッドさせた異種交配造形のデザインに仕上げた。

    販売計画は年間1500台。価格はMT-09が84万9960円、MT-09Aが89万9640円。
    http://response.jp/article/2014/02/06/216652.html
    657098

    657099

    657100

    【ヤマハ発動機「MT-09」を発売…ネイキッドとモタードの異種交配造形で「意のままに操れる悦び」を実現】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ