サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1 アイアンフィンガーフロムヘル(千葉県) 2013/12/18(水) 17:11:18.82 ID:DmkQj+Nw0
    2015 Mitsubishi Eclipse R/SD Concept is a Realistic-Looking Design Study
    http://www.carscoops.com/2013/12/2015-mitsubishi-eclipse-rsd-concept-is.html

    2015-Mitsubishi-R-Eclipse-Study-4
    【【画像・動画あり】三菱が新型エクリプスを発表】の続きを読む

    1 不知火(catv?) 2013/12/17(火) 19:12:09.85 ID:rR0r2Uvo0
    969538E3E418DE3E4E7
    米GE Honda Aero Enginesは、現地時間2013年12月13日、ビジネスジェット機「HondaJet(ホンダジェット)」などに搭載予定のターボファン・エンジン「HF120」が米国連邦航空局(FAA)の型式認定を取得したことを明らかにした。

     型式認定に向けた試験では、計13基のエンジンを用いた広範囲な飛行テストや地上テストを実施してきた。試験のサイクル数と時間は、それぞれ1万4000サイクル、9000時間を超えるという。

     GE Honda Aero Enginesは、米General Electric(GE)グループとホンダグループ(米Honda Aero)が折半出資した航空機エンジンの開発会社。GE Honda Aero Enginesは、2009年に型式認定に向けた試験を開始し、2010年にはHF120を搭載した量産型HondaJetの初飛行に成功していた。今後はGEの工場で量産ラインを立ち上げ、2014年には米Honda Aeroの工場に生産を移管するという。

    (日経ものづくり 高野敦)

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1602S_W3A211C1000000/

    【「ホンダジェット」搭載予定エンジン(GE製)、米FAAが認定】の続きを読む

    1 大梃子φ ★ 2013/12/18(水) 11:13:39.04 ID:???0
    ranto20131218
    ブラジルで日産ボイコット運動 サッカー・サポーターら
    2013年12月18日10時10分

    【リオデジャネイロ=柴田真宏】
     ブラジルで、名門サッカークラブ「バスコ・ダ・ガマ」のサポーターが、日産に対するボイコット運動を呼びかける事態が起きている。地元メディアが17日、伝えた。

     きっかけは8日にあったブラジル全国選手権のバスコ・ダ・ガマとアトレチコ・パラナエンセの試合。サポーター同士が乱闘になって試合が1時間以上中断、4人が病院に運ばれた。

     これを受けてバスコのスポンサーだった日産が16日、「暴力は企業の価値観として受け入れられない」と、スポンサーを降りることを表明したところ、バスコのサポーターが反発。「全国のバスコサポーターは、日産の車を買うことはできない」とインターネット上でボイコットを呼びかけているという。

    http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312180017.html

    【【サカ恨み】ブラジルでバスコ・ダ・ガマサポーターが日産自動車ボイコット運動】の続きを読む

    1 ジャストフェイスロック(やわらか銀行) 2013/12/17(火) 20:11:30.87 ID:fuToXCeK0
    Kia-k5-500h-hybrid
    現代・起亜車、ハイブリッド総力戦…トヨタ攻勢に応戦

    現代(ヒョンデ)・起亜車がハイブリッドカーを市場に相次いで投入している。今月に入って4車種の新車を発売した。起亜車は16日、自社の準大型乗用車であるK7のハイブリッドモデル「K7ハイブリッド700h」(以下700h)を発売した。前日に発売された現代車のグレンジャーハイブリッドに続き現代・起亜車史上2つ目の準大型乗用ハイブリッド車だ。

    700hはハイブリッド専用セタ2 2.4MPIエンジンと35キロワットの電気モーターを装着して合計最高出力204馬力、最大トルク21kg・mの性能を持つ。燃費は標準小型車よりも高い16.0Km/Lだ。ガソリン価格が1リットルあたり1900ウォンで年2万キロを走行すると仮定した場合、K7の3.0ガソリンモデルに比べ年間128万ウォン(約12万5000円)のガソリン代を節約できると起亜車は説明した。3440万ウォンと3595万ウォンの2等級で発売された。

    中型車K5ハイブリッドの様式変更モデル「K5ハイブリッド500h」(以下500h)も共に発売された。最高出力150馬力、最大トルク18.3kg・mのハイブリッド専用ヌウ2.0MPIエンジンと35キロワットの電気モーター、16.8km/Lの燃費など諸々の数値は既存モデルと同じだ。だが既存モデルよりも制動距離が3.6%改善され、前輪サスペンションの改善による安全性と乗車感の向上、騒音遮断性強化による静寂性の向上など多くの品質改善が実現した。価格も2893万~3210万ウォンで既存モデルより20万~30万ウォンの引き上げにとどめた。

    これに伴い現代・起亜車は4日にソナタハイブリッド2014年型を発売したのをはじめとして今月入ってから4車種のハイブリッドカーを市場に出すことになった。またフォルテ・アバンテハイブリッドを含めて準中型・中型・準大型にかけて6種に及ぶハイブリッドカーのラインナップをそろえることになった。起亜車はこの日発売した2車種に700hと500hという新しい名称を付けてネーミングのマーケティングにも乗り出した。

    (続く)

    【脅威の燃費16Km/Lを叩きだした韓国「現代・起亜」 自主開発のハイブリッドシステムでトヨタに応戦】の続きを読む

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 21:08:21.07 ID:IbdacN0n0
    ca-qe1_s
    どれ買えばいいんだ?
    できるだけ安く済ませたい
    非金属で頼む
    あとこういうのって何年くらい使えるもんなの?
    使用頻度は年に1回か二回あるかないか


    【車のチェーン買いたいんだが】の続きを読む

    1 そーきそばΦ ★ 2013/12/16(月) 23:01:06.69 ID:???0
    004_o_s
    低燃費のガソリン車として日本や欧州市場で投入され始めた直接燃料噴射式のガソリン乗用車が排出する微小粒子状物質(PM2.5)の数が、従来のガソリン車の10倍以上であることが、国立環境研究所の調査でわかった。日本では粒子数の排出規制値はないが、欧州で2017年9月に導入予定の規制値を超えていた。詳細な排出実態調査が求められそうだ。

     直噴ガソリン車はハイブリッド車と同等の燃費性能を示し、人気を呼んでいる。12年に日本メーカーから発売された新型エンジンの約4割に採用されている。

     研究グループは、国内と欧州メーカーの直噴ガソリン乗用車各1台(排気量1.2リットル程度)について、直径5.6ナノ(ナノは10億分の1)メートル~560ナノメートルの微粒子の排出状況を調査した。

     国産車の微粒子の数は従来のガソリン車の10倍以上で、欧州車は国産車の約5倍だった。粒子の主成分は大半がススで、主な原因はガソリン燃料と考えられるという。「ススを減らす対策などが排出粒子の削減に重要」と指摘している。

     日本では粒子重量の規制値はあるが、粒子数の規制値はない。欧州は14年に重量に加え、粒子数の規制値を導入。17年には粒子数の規制値を強化する。

    ソース 日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1604M_W3A211C1CR8000/

    【【悲報】直噴ガソリンエンジン車、PM2.5排出量は従来車の10倍以上である事が判明】の続きを読む

    1 ドラゴンスリーパー(岡山県) 2013/12/16(月) 13:55:42.08 ID:aKNokiBH0
    BbifDBQCEAIf_mA

    痛車のステージアが煽ってきたから煽り返してあげたよん。
    そしたら目の前でクラッシュー。in16号。ごめんね

    ざまあ

    でしょー?おたくがしゃしゃるとあーなっちゃうんだよ?

    https://twitter.com/gd3_m/status/412254240359198720
    https://twitter.com/gd3_m/status/412255432162295808
    https://twitter.com/gd3_m/status/412257425945673728
    ※アカウント削除済み

    http://twittaku.info/view.php?id=412254240359198720
    ※ツイッ拓
    【ツイッター民が痛車を煽り返して事故誘発か?「ざまあ」「おたくがしゃしゃるとあーなっちゃうんだよ」】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ