サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: セントーン(東日本)@\(^o^)/ 2016/05/04(水) 23:40:23.08 ID:0ZwnPUh40.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    1050911

    日産自動車を代表するスポーツカー、『GT-R』。同車と日独の高性能車の加速競争映像が、ネット上で公開されている。

    これは4月21日、英国BBC放送の人気自動車番組、『Top Gear』が公式サイトを通じて配信したもの。日産GT-R、レクサス『RC F』、BMW 『M4クーペ』の3台が、直線での加速性能を競っている。

    日産GT-Rは、3.8リットルV型6気筒ガソリンツインターボを搭載。最大出力550ps、最大トルク64.4kgmを発生する。

    レクサスRC Fは、自然吸気の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力477ps、最大トルク54kgmを引き出す。

    BMW M4クーペは、直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載。最大出力431ps、最大トルク56.1kgmを発生する。

    http://response.jp/article/2016/05/04/274642.html

    対決動画
    https://youtu.be/SwXkM4QSLb8


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462372823/ 【日産 GT-Rは神 レクサス RC FとBMW M4 と加速競争】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/05(木)12:22:07 ID:hqF
    ワオ「ネットで色々言われてるけど問題ないって言う意見もあるしイケるやろwwwwwwwww」

    はい、私が馬鹿でした。

    7685


    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1462418527/ 【バイクに自動車用のエンジンオイル入れた結果wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: いちごパンツちゃん ★ 2016/05/05(木) 19:30:43.57 ID:CAP_USER*.net
    ホンダが昨冬に新型車として投入した「ジェイド」。3列シートで最大6人乗車を可能にしながらも、全高をタワーパーキング対応ギリギリといわれる1550mmよりもさらに低い1530mmに抑えたスタイリッシュなミニバンだ。

    3・4代目「オデッセイ」(2003~2013年)と「ストリーム」(2000~2014年)の実質的な後継車といっていい存在で、個人的には最も「ホンダらしい」1台だと思っている。
    現行オデッセイやステップワゴンなどの背の高いミニバンに対して「その居住スペース、本当に必要?」という反骨精神も見えるパッケージングは、ミニバンと言うより「3列シートのハッチバック」と表現したほうがいいかもしれない。

    ■ 月販目標を一度もクリアしていない

    そんなジェイドだが、残念なことに売れていない。
    月販目標台数3000台を2015年2月の発売以来一度も達成していないのだ。
    それどころか、直近の販売台数は600~800台と、登場からわずか1年あまりとまだ目新しさが薄れていないはずにも関わらず3ケタクラブの常連になってしまっている。

    ジェイドは、背の低さと居住性を両立させるために、低床プラットフォームを超える「超高密度低床プラットフォーム」を新たに採用。 薄型の燃料タンクや排気システムなど、メカニズムは「より薄く」「よりコンパクト」にレイアウトしている。走りの部分もかなりこだわりを持っており、リアサスはホンダのセンタータンクレイアウトのモデル定番のトーションビーム式ではなく、低床・低重心化のためにダブルウィッシュボーン式を採用。
    それも居住性のためにわざわざアッパーアームを湾曲させた専用品だ。
    ボディも走りのレベルが高いと定評のある4代目オデッセイから振り20%、曲げ70%のボディ剛性アップも行なわれている。

    実際に乗ると、ハンドリングは1.5トン近い重量にも関わらずミニバンによくあるモッサリした感じではなく、スポーティハッチのようなキビキビ系。確かにスポーティなハンドリングを備えているが、やりすぎていないのがいい。 そう、ホンダの昔のクルマで例えるならば、EKシビック(6代目)のタイプRではなく、スポーツモデルの「SiR」的な感じだ。

    以下ソース
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160505-00116472-toyo-bus_all

    英語で「翡翠(ひすい)」を意味するホンダ「ジェイド」
    20160505-00116472-toyo-000-7-view

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1462444243/ 【ホンダ「ジェイド」がさっぱり売れない理由…月販目標を一度もクリアできず】の続きを読む

    1: スパイダージャーマン(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/05/05(木) 17:58:57.58 ID:YXwcD6CZ0.net BE:532994879-PLT(13559) ポイント特典
    ホンダの大型バイク「CRF1000L アフリカツイン」発売1週間で受注は驚きの…

     ホンダの大型バイク「CRF1000L アフリカツイン」が人気を呼んでいる。
    旧モデルは世界有数の過酷なレース「パリ・ダカール・ラリー(パリダカ、現ダカール・ラリー)」を連覇したバイクの市販車で、同名の新型モデルとして約17年ぶりに復活した。オフロードでの高い走行性能など伝統を継承しつつ最新技術を駆使。発売約1週間で受注が年間計画の1000台を超え、低迷する国内市場で異例の好発進となった。

    K0000855450

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000510-san-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462438737/ 【ホンダの大型バイク「アフリカツイン」発売1週間での受注は年間計画1000台を超える超絶好発進!!】の続きを読む

    1: マスク剥ぎ(空)@\(^o^)/ 投稿日:2016/05/04(水) 09:42:18.68 ID:eV3WdyRd0.n
    ボストンのスタートアップGeoOrbitalが、手持ちの自転車の前輪と交換に取り付ける駆動輪、GeoOrbital Wheelを発表しました。タイヤサイズ26インチもしくは700c(28/29インチ)の自転車に取り付け、ホイールリムを内側から駆動する仕組みを採用します。SpaceXおよびフォードに務めた経験をもつクリエイターが開発したというGeoOrbital Wheelは、工具を使わず簡単に着脱できるのが特徴。動力部分はホイールリム内部を3点で支持する構造になっており、そのうちひとつがリムを内側から駆動する構造になっています。

    ホイール内側に配置したリチウムイオンバッテリーもまた簡単に着脱が可能。最高32km/hで走行可能で、フル充電時の航続距離は最大で80kmにも達します。またおまけ機能としてUSBチャージャーも備えます。 

    タイヤは内部にフォームを充填したノーパンク仕様になっており、もし釘などを踏んだとしても自転車をかついで帰ってくるような事態にはなりません。 

    デメリットをあげるならば、それは自転車の重量が増すところ。

    通常の自転車なら前輪の重さは3kgに満たないぐらいと思われるものの、GeoOrbital Wheelに取り替えれば駆動力を備えるぶん、フロントだけで2~5kgの重量増となるはずです。

    http://japanese.engadget.com/2016/05/03/1-geoorbital-wheel-32km-h-80km/ 

    GeoOrbital_on_Bike_4_web


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462322538/ 【自転車の前輪ホイールを交換するだけでOK 電動アシストホイールが登場】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ