サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 閃光妖術(栃木県)@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 21:10:41.48 ID:GwWaMNGj0.net BE:206953911-DIA(121401) ポイント特典
    320ccエンジン搭載の「YZF-R3 ABS」が国内投入!

    ヤマハは320ccの水冷直列2気筒エンジンを搭載したグローバルモデル「YZF-R3 ABS」を4月20日から国内で新発売する。「YZF-R3 ABS」は、「YZF-R25」をベースに排気量をアップし、日常域での扱いやすさはそのままに、より優れた走行性能が楽しめるモデルとして開発。

    YZF-R シリーズの DNA を受け継ぐ精悍なスタイリングや320ccエンジンによる高揚感あるフィーリング。爽快な走行フィーリングを支える軽量フレームとロングリアアーム、快適なライディングポジションなどが特徴となっている。 なお、本モデルではブレーキ操作をサポートするABSを標準装備として安全性を高めている点も見逃せないポイントだ。

    気になるスペックだが、すでに昨年末から国内発売されている「YZF-R25」との大きな違いはエンジンである。
    R25のユニットをベースにボアを拡大し、68.0×44.1mmのボア・ストローク、11.2:1の圧縮比から31kW(42PS)/10,750rpmの最高出力、30N・m(3.0kgf・m)/9000rpmの最大トルクを発揮。ベースとなった「YZF-R25」は27kW(36PS)/12000rpmの最高出力、23N・m(2.3kgf・m)/10000の最大トルクという値と比較しても、 ピークパワーは6psアップ、トルクでも約3割増しと大幅にパフォーマンスを底上げしているのが分かる。

    またA/Cファンネル長、エキゾーストパイプ長、スロットルボディ(ISCセッティング)、ECUのセッティング等もR3専用に最適化。軽量ボディとの組合せとも相まって、高速域でのゆとりある加速力、高速巡航時の安定性・低振動化などに貢献している。

    一方、車体関係はフレームや前後サスなどの足回りを含めてR25と共通で、車体のディメンションやシート高なども同スペックとなっている。つまり、R3をひと口に言えば、R25の車体に320ccのエンジンを積んだモデルということ。走りの性能ではすでに高い評価を得ているR25のスケールアップモデルということで、R3のポテンシャルも大いに期待できそうだ。

    なお、メーカー希望小売価格は631,800円(消費税込み)。製造はヤマハのグループ会社 PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行い、日本での年間販売計画1,000台となっている。

    150223_29

    http://news.webike.net/topicsDetail.do?news_id=443

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425125441/ 【320ccのヤマハYZF-R3 日本で発売へ】の続きを読む

    1: ジャンピングDDT(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 19:10:17.37 ID:ZlH6fsga0.net BE:586999347-PLT(15001) ポイント特典
    ▼冷え込みが厳しかった先日朝、別府市内の50代公務員男性が出勤しようと車に向かうと、フロントガラスの結露が凍っていた。くもり止めをかけ、車内で氷が溶けるのを待っていると、暖を取りたい子ネコがボンネットに乗ってきた。「溶けるまではいいか」と男性。

    ところが10分ほどたって氷が溶けても子ネコは動こうとしない。

    幸せそうな子ネコの姿を見ていると男性も動けない。「さすがに遅刻してしまう」と思った男性。車を出て「大分まで連れて行くぞー」と語りかけた。

    すると言葉が通じたのか、子ネコは走り去った。「寒い中でも温かい気持ちになったよ」と男性。

    619_medium

    http://minijikenbo.com/ontime/detail/619

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425031817/ 【暖気中の車のボンネットから離れない猫に、50代男性が「大分まで連れて行くぞー」と強迫する事件が発生】の続きを読む

    1: 男色ドライバー(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 21:14:49.07 ID:ADiDOujK0.net BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
    そこの君、うちのハイエースでお茶しない?-- 車内を快適ルームに変えられる回転シート登場

    トヨタ自動車のミニバン「ハイエース」の車内をリビングルームに変えられる「チルト・スイベルシート」が3月1日に発売される。現行200系ハイエースの純正フロントシートを180°回転させる装置だ。

    輸入車・自動車関連用品販売のホワイトハウスが取り扱う。同社は軽自動車~ワンボックス車をキャンピングカーに改造する事業を手掛けており、ハイエースも対象にしてきた。今回はそのハイエースの可能性を大きく広げる製品としてチルト・スイベルシートを開発したという。

    これまでハイエースの1列目フロントシートは構造上、回転させることは不可能と思われていたが、さまざまな機構を組み合わせてこの課題を乗り越え、車内空間を100%活用できるようにしたという。

    オーナーの好みに合わせて多様なレイアウトが可能になるそう。なお、チルト・スイベルシートは、現行の200系ハイエースであればキャンピングカーに改造した車両だけでなく通常車両にも取り付けられる。街で見かけた人を誘って、ハイエースの中でお茶を飲みたい、という用途にも役立つかもしれない。

    車検を通すための安全基準も満たしているそう。ただし、1列目が3人乗りになっているグレードには装着できない。

    希望小売価格は運転席用、助手席用がそれぞれ7万5,000円(税別)。

    hiace1

    hiace2

    hiace3

    hiace4

    http://ennori.jp/2699/toyota-hiace-swivel-sheet

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425039289/ 【都会の駐車場にハイエースを置いてひっそりと暮らしたい】の続きを読む

    1: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/ 2015/02/27(金) 20:32:12.02 ID:5WFoTiEj0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
    二輪車メーカーのヤマハ発動機は27日、2019年にも欧州で四輪車を発売する方針だ。関係筋によると、まずは小型車需要や環境意識の高い欧州に投入する。専用工場を建設して生産する。

    四輪車工場の建設には一般的に数百億円規模かかるとされるが、生産場所や投資額はまだ確定していない。

    ヤマハ発は13年11月の東京モーターショーで、小型四輪車の試作車「MOTIV(モティフ)」を公開。
    2020年までに製品化して四輪車事業に参入する方針をすでに表明している。同社は2人乗りで排気量1000ccのガソリン車と電気自動車の開発を進めている。販売は欧州を皮切りに、日本、アジアでの展開も視野に検討している。

    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0LV01L20150227

    試作車の「MOTIV」 
    MOTIV_img

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425036732/ 【ヤマハ発動機の四輪車、2019年に欧州で発売へ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 16:15:04.81 ID:MCiz5x4g.net
    大排気量高燃費低出力のクソエンジンの振動が酷すぎて長距離も辛い
    装備も古いしツーリング向きですらない
    すぐ壊れるし、安いメッキはすぐ錆びて剥がれ落ちる

    なんで????
     
    1-harley-davidson-road-king--201403_600x0w

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424330104/ 【ハーレーとかいうバイクはクッソ高いくせにエンジンはOHVとかいう骨董品、走行性能最悪なのになんで人気なの?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ