サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/02(木) 12:56:46.68 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/06/02/276224.html

    1061447

    1061472

    メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツ『Sクラス カブリオレ』を発表、6月2日より注文の受付を開始した。納車開始は10月中旬以降の予定。

    Sクラス カブリオレは、2015年のフランクフルトモーターショーで発表され、1961年から1971年に販売された『W111』以来44年ぶりに復活したラグジュアリー4シーターオープンモデルとなる。「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、美しさと高級感だけではなく、安全性や快適性など、自動車に求められるあらゆる要素とオープンエアドライブを高次元で究めた。

    Sクラス カブリオレは、Sクラスクーペをベースにオープンボディ化。アルミニウムハイブリッドボディシェルなどを
    採用することで、クーペと同等のボディ剛性と軽量化を両立した。

    ソフトトップは3層構造で、閉じるとカブリオレの高級感を強調するとともにクーペのような静粛性の高い室内空間を作り出す。

    操作はセンターコンソールのスイッチで行い、50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。

    カラーは、ブラック、ダークブルー、ダークレッドの3色を用意する。

    ラインアップは、4.7リットルV8直噴ツインターボ搭載の「S550 カブリオレ」(2145万円)、5.5リットルV8直噴ツインターボの「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ」(2750万円)、6.0リットルV12ツインターボの「メルセデスAMG S65 カブリオレ」(3417万円)を設定。

    さらにSクラス カブリオレ発表と自動車生誕130周年を記念し、内外装に特別装備を採用した限定モデル(8台)「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ エディション 130」(3251万円)を設定し、7月6日までの期間限定で注文を受け付ける。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464839806/ 【メルセデスベンツ、44年ぶり復活の最上級4席オープンカー「Sクラス カブリオレ」を発表 2145万円から】の続きを読む

    1: ラダームーンサルト(庭)@\(^o^)/ 2016/06/01(水) 22:17:40.14 ID:KtBKMgkY0.net BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    20160517072024

    アニメ『ばくおん!!』公式サイト
    http://bakuon-anime.com/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1464787060/ 【『ばくおん』を見てバイク買おうと思ってるんだけど、どのメーカーがおすすめですか?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/01(水) 11:23:13.91 ID:CAP_USER.net
    http://clicccar.com/2016/06/01/375807/

    SUZUKI_002-20160601094812-618x414

    スズキの国内販売(速報値)によると、2016年4月の軽四輪車は3万9820台で、前年同月比89%、登録車は8404台で前年同月比175.2%となっています。4月の軽自動車の落ち込みは、ハスラー、ワゴンRなどの減少が響き、一方の登録車は、新型ソリオや新型イグニスなどの新車効果で4月として過去最高を記録。

    JC08モード燃費の計測時に必要な走行抵抗値の不正問題に揺れるスズキですが、本当に影響が出てくるのは5月でしょう。一部報道によると、5月31日の記者会見では、鈴木 修会長から軽自動車販売は18%減という数字も出たそうですが、11%減となった4月よりも減少幅が大きくなっていて、しかも新車攻勢は登録車だっただめ、今後も軽自動車の販売は減らしていくかもしれません。

    かし、スズキの説明では、実際の燃費に影響がないと国土交通省に報告。その根拠として、今回スズキが行っていたことについて

    「装置毎などの積上げによる走行抵抗値は、量産部品を用いた実測値であり、車両開発の段階において量産部品相当の部品を組み付けた試作車において惰行法による検証も行っていることから、申請した数値自体は間違いのないものと考えております」 と説明。

    また、社内調査による関係資料の確認及び関係者の聞き取り調査により、「燃費を不正に操作しようとした意図はなかったことを確認しております」としていますが、この点は国土交通省による調査などが必要ないか少し引っかかるところ。

    さらに、「14車種(OEM供給車種を含めると計26車種)の燃費最良車について、実際に惰行法により測定した走行抵抗値により燃費測定を行ったところ、全てカタログ表記の燃費値を上回っていることを社内試験にて確認しております」 としています。

    カタログの燃費値を上回っているならば、惰行法の計測を最初からそうしていれば、と思ってしまいますが、今回の不正では、テストコースの風などの影響以外にも「リーマンショック後に再開した新車開発や軽自動車用新型エンジンの開発などへの対応のため、審査時に必要な惰行法の測定に十分な人員が配置できなかった」 とも説明し、また社内のチェック体制が働いていなかったことも認めていますから、鈴木会長が謝罪したように、法令違反への認識が甘かったという説明に集約されそうです。

    燃費不正問題は、国交省の対応にも批判が集まっていますが、法令違反なのは事実で、スズキによる「(三菱と違い)意図的に燃費をつり上げる不正がなかったから」 だけでは、一般ユーザーへの説明不足なのは明らかで、今後も丁寧なフォローがないと販売への影響が続くかもしれません。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464747793/ 【スズキ車の走行抵抗を法令通り測ったら「カタログ燃費より良かった」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/31(火) 13:11:03.22 ID:CAP_USER.net
    https://newswitch.jp/p/4844

    PHV

    新型プリウスPHV(写真は米国モデル)

    「プリウスPHV」の全面改良モデルの日本仕様を、6月に初披露すると発表した。6月15―17日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される展示会「スマートコミュニティJapan2016」(日刊工業新聞社主催)に出展する。

     新型プリウスPHVは日本では2016年秋の発売予定。日本仕様はルーフに搭載した太陽光発電パネルで発電する電気を駆動用バッテリーに充電するシステムのほか、急速充電機能も備える。

     新型プリウスPHVは15年末発売のハイブリッド車(HV)「プリウス」4代目モデルをベースとしながら、フロントやリアのデザインを大きく変えた。リチウムイオン電池の総エネルギー量を拡大し、電気自動車(EV)モードでの走行距離は従来比約2・3倍の60キロメートル以上と延長。11・6インチ大型ディスプレイナビゲーションシステムも搭載する。

     展示会では実験キットや燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の模型を使って燃料電池が発電する仕組みを体験できる実験教室を開催。走行車両から得られる「ビッグデータ」を活用した現行サービスや今後の可能性も紹介する。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464667863/ 【トヨタ、新型プリウスPHVの日本仕様を初披露 世界初のソーラー充電システムを採用】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ