サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [DE] 2019/04/15(月) 12:24:17.31 ID:B8Tkv8OO0● BE:842343564-2BP(2000)
    政府が「走行税」の導入を検討 NHKの記事が物議!増税ラッシュに国民からは不満も 「二重課税だ」「一本化しろ」
    https://johosokuhou.com/2019/04/12/13767/

    NHKが取り上げた「走行税」の記事が物議を醸しています。NHKの記事によると、政府与党は自動車税の根本的な見直しを検討しており、1つの案として走行税の導入を去年から考えているとのことです。

    走行税とは車で走った距離に応じて税負担を変更する制度で、海外だとガソリンスタンドなどを通して走行する距離を1000キロ単位で事前に申請し、距離に応じた税金を納める仕組みとなっています。
    基本的な料金は1000キロで5000円位となり、導入が決定すれば、日本も海外と同じようなシステムになりそうです。

    このNHKの記事は4月12日の人気記事ランキングでトップに浮上し、SNSを中心に批判の声が相次いでいます。
    国民からはガソリン税や消費増税、自動車税で事実上の二重課税になっているとして、「走行税の前に一本化しろ」「二重課税を解消するべき」などと税制度の見直しを求める意見が多かったです。

    1dee2153-s


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555298657/ 【政府「走行税」導入検討の報道に不満爆発!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [GB] 2019/04/14(日) 15:22:24.44 ID:sQIKYzN+0● BE:423476805-2BP(4000)
    X_A6R
    ※現行モデル

    スズキの軽自動車、ハスラーがフルモデルチェンジを受けて2代目モデルへ。
    2020年前半の発売が予想される。

    ハスラーシリーズは、先代ワゴンRのプラットフォームをベースにクロスオーバーSUVタイプの内外装が与えられたモデルで、2013年の東京モーターショーでの初公開であった。
    増産体制が敷かれワゴンRを超えるセールスとなり、スズキとしても想定外の人気車種に成長した。
    ベースとなったワゴンRのほうは、2017年のフルモデルチェンジで新しくなっている。
    ハーテクトと呼ばれる軽量プラットフォームの採用、R06A型エンジンとハイブリッドシステムのブラッシュアップ、これらによるJC08モード燃費の改善が次期ハスラーにも導入されることになるだろう。
    2019年10月の東京モーターショーで、市販型あるいはプロトタイプとしての参考出品が期待される。
    https://car-research.jp/tag/hustler

    https://www.youtube.com/watch?v=O6e4QLliVoc


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555222944/ 【スズキ・ハスラーのフルモデルチェンジは2020年か?】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ