サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: ノチラ ★ 2017/12/04(月) 13:30:22.84 ID:CAP_USER
    日本を含む数カ国で行われた調査から、電気自動車(EV)を所有するコストは従来のガソリン車やディーゼル車よりもトータルで低くなるという結果が明らかにされています。

    この調査はリーズ大学のKate Palmer氏らによる研究チームが実施したもの。新車を購入してから4年間の所有コストを、ハイブリッド型ではないEV、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、ガソリン車、そしてディーゼル車の5車種に分けて試算したところ、EVが最もトータルコストが低くなるという結果が明らかになっています。また、その傾向は調査が実施された日本、イギリス、アメリカ(テキサス州、カリフォルニア州)の全ての地域において同じ結果になっていたことも明らかにされています。

    試算では、年間1万km~1万5000kmを走行する車両をモデルとして、補助金を含む車両価格を4年で割った費用、税金、メンテナンス費用、保険費用、燃料代および電気代を調査。その結果明らかになった1年間あたりの所有コストをGuardianがまとめたのが以下のグラフで、一番左にあるPure Electric(完全EV)が最もコストが低くなっていることがわかります。EVの場合は車両価格(水色)が占める割合が高いのですが、メンテナンス費(黄色)用の少なさに加えて電気代(灰色)が非常に安く済むためにトータル費用が抑えられるという結果になっています。

    snap10758_m


    一方のガソリン車およびディーゼル車は、車両価格は低いものの、燃料代(濃いオレンジ色)が多くかかるためにトータルのコストを押し上げる結果となっています。また、グラフではプラグインハイブリッド車が最もコストが高くなっていますが、これはイギリスにおける補助金制度が原因でもあるとのこと。イギリスの場合、EVに対する補助金が最も多く、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車は比較して少ない補助金しか支給されません。そのため、車両価格の高いプラグインハイブリッド車のコストが総じて高くなってしまうとのこと。補助金制度の異なる日本では、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車は同程度のコスト水準に落ち着くとのことです。

    また、EVおよびハイブリッド系車両のメンテナンス費用が低いのは、ガソリンエンジンなどの内燃機関を持たないために機構がシンプルで、故障が発生しても修理費用が安くて済む点に加え、意外にも「ブレーキパッドの交換費用が少ない」という点にもある模様。減速時にモーターを発電機として利用する「回生発電」を行うEVやハイブリッド車は、ブレーキパッドの減りが少ないために交換費用が抑えられるという試算結果が示されています。

    2017年時点では、補助金が多く支給されるEVがトータルで優位に立っているのですが、今後はEVの普及が進めば補助金がカットされることも考えられるので、そのメリットは減少する可能性も。しかし、主にバッテリーのコストが車両価格を持ち上げているEVも、量産が進むことで部品の単価が下がり、車両価格が下落することで、補助金の減少はほぼ相殺されるとも考えられているとのことです。

    なお、この調査ではあくまで金銭面でのコストについて調査されており、二酸化炭素排出量といった環境に対する要素は含まれていない点は留意しておく必要があります。特に、大量の電力を作り出す際に排出される二酸化炭素の総収支や、大量のリチウムイオン電池を生産する際の環境負荷については完全に別の話題であり、それらの面をトータルに考えて初めて本当の「EVの総コスト」がはじき出されることを理解しておくことが重要です。

    ちなみに、イギリスで売れているEVトップ5は以下のとおりとなっているそうです。

    1位:ニッサン・リーフ 2万2250台
    2位:BMW・i3 8800台
    3位:テスラ・モデル S 6283台
    4位:ルノー・Zoe 6227台 (日本未発売)
    5位:ニッサン・e-NV200 2742台

    http://gigazine.net/news/20171204-electric-car-cheaper-than-petrol-diesel/

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512361822/ 【EVはすでにガソリン車を所有するよりも年間コストが低くなっているという調査結果】の続きを読む

    1: ランチ ★ [US] 2017/12/04(月) 22:38:51.85 ID:CAP_USER9
    018 (1)

    寒い、さむい、さむい~ッ!! いよいよ冬がやって参りました。さらに今週は寒波襲来とあって絶望的。とくにバイク乗りにとっては、絶望に絶望をかけあわせたツライ季節である。着こもうが手袋をしようが、すき間から風が入るし、寒いんだよぉぉぉぉ!

    そんなあなたにオススメしたいのがコレだ! 中国で売られている「バイク用防寒着」である。質実剛健という表現がピッタリのガチなやつ。これさえ着れば防寒着の下は春のよう、冬将軍なんかどこ吹く風だというスグレモノなのだ。

    ・中国のバイク防寒着が天才的
    なにがどうスグレモノなのか! それは画像をご覧いただければイッパツだが、あえて言葉で説明すると、

    「体ごとバイクの前面をすっぽり覆うふとん」

    のようなものだ。

    走る姿は、マジふとん。というかコタツ! 前からの風を防ぐばかりでなく、ハンドル部分までしっかり覆われており、これなら素手で握っても大丈夫そう! これは天才的だ!

    中国のバイク防寒着は2013年にも紹介したが、その後さらなる進化をとげ、表面はPVC加工で雨風雪にさらに強く! 中は裏起毛でフンワリ暖か。そして、夜間走行に嬉しい反射板に便利な内ポケット。フランス羽毛を使ったものまで登場しているぞ。

    ・ただし、絶望的にダサい
    もういいことずくめだが、ひとつだけ注意点がある。それは非常にダサいということだ。「ダサいを極めたらこうなった」と言いたくなるほどのダサさである。


    全文はソース
    https://rocketnews24.com/2017/12/04/989947/

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1512394731/ 【中国の「バイク用防寒着」が絶望的にダサいが天才的…さらなる進化を遂げた!!!】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/04(月) 13:34:14.889 ID:74x/Upuwa
    これって単なる懐古厨なのか?
    y32セドグロシーマ
    r32~34スカイライン
    ステージア、LEGACY、FD、プラド、クラウンステーションワゴン、150マジェスタ、UCF20セルシオ、、、

    file

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1512362054/ 【90年代の車デザインが好きなんだが】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/04(月) 13:09:17.48 ID:CAP_USER9
    西日本高速のスタッドレスタイヤの自動識別システム
    20171204-OYT1I50009-L


    西日本高速道路は今冬、走行中の車のタイヤを高感度カメラで撮影し、スタッドレスタイヤかどうかを自動識別するシステムを全国で初めて導入する。

     冬用タイヤの装着規制をかけた際に係員が車を止めて確認する必要がなくなり、渋滞発生を防ぐ効果が期待できる。

     車のタイヤを強力な発光ダイオード(LED)ライトで照らして撮影し、溝の深さや形からコンピューターがスタッドレスかどうかを判別する。情報は画像と音で誘導員に瞬時に伝えられ、装着していればそのまま通過させる。

     舞鶴若狭自動車道の西紀サービスエリア(SA)下り(兵庫県篠山市)など4路線5か所で試験的に導入する。将来的には設置場所を増やしていく考えだ。

     高速道路では降雪時など必要な場合、冬用タイヤを装着していない車を走らせない規制がかけられる。ただ、係員が目視で確認するため、冬の渋滞の要因の一つとなっている。西日本高速道路の試算では、通過に約30分かかっていたのが、このシステムを使えば5分に短縮できるという。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171204-OYT1T50038.html?from=y10

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512360557/ 【高速道路で車止めずに高感度カメラでスタッドレスタイヤを瞬時に判別】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ