サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)21:56:34 ID:XsD
    2stでもいいができれば4stで排気量は250以下で頼む

    用途としては高校生で学校で免許は取れないからコースで走るだけ

    main

    引用元 http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bike/1450529794/ 【中古で安いオフロードバイク教えてくれ】の続きを読む

    1: スリーパーホールド(東日本)@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 18:07:53.68 ID:sVlWpR030.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    最近はカーナビではなく、スマホの地図アプリを利用する人が、急増中だ。なかでもグーグルマップのナビは人気がある。とにかく情報が早い。
    新しい道路もすぐに収録されているし、詳細な地図情報が網羅されている。所要時間もかなり正確だ。

    ところが、2015年12月19日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。

    たまにとんでもないルートを案内される...
    CWkA62yUsAAUSyb


    写真の看板には、「グーグルマップナビ使用の車、初めて通る車、この先橋がせまくて通れません」と注意している。看板の左横には、ごていねいに写真も付けられ、「あなたの車通れますか?」と呼びかけている。

    いったいこれはどういうことなのだろう?まさに「なんじゃこりゃ」......。

    沢田渚 @sawadanagisa
    @trksb_kake @moripico4545 基本横浜川崎は街道しか使わない方がいい。変な道はいるとマジで迷ったり通れなかったりする
    2015年12月19日 21:04 ・ Ota, Tokyo, 日本

    写真の看板には、「菊名・新横浜・湘南方面へは広い道(綱島街道)へ戻りましょう」と書かれているので、ここが神奈川県であると推察される。
    神奈川ばかりでなく東京都内でも、細い路地に入り込んだりすると、一方通行ばかりで迷子になりそうなことはしばしばだ。

    「グーグルあるある」大会は続く。
    CWkSmJeU8AAnNWL

    いし@名誉駅長28ヶ月目 @mk_ishi
    Googleマップナビは、この自転車が通ってく道を、自動車で通れってカーナビモードで言ってくるエクストリームナビ。

    いちがみ @ichigami
    Googleマップのナビさん、裏道を積極活用するのやめておくれ。
    2015年12月21日 08:52

    この切なる希望が、先生のもとに届くのはいつのことだろうか。

    http://j-town.net/tokyo/news/localnews/219008.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450775273/ 【「Googleマップ使用の車...この先橋が狭くて通れません」 路地に立てられた親切な看板が話題に】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/20(日)18:21:10 ID:5Q7
    馬力が30ps以上 
    リアタイヤが140サイズ以上
    エンジンむき出しでスカスカ隙間がなくバランスの良い車体
    ツインサス、左右二本だしマフラー
    センタースタンドあってもいい

    1020301_00_1997_05


    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1450603270/ 【お前らが250バイクに求めるもの】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/21(月) 11:17:26.55 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2015/12/21/266551.html

    994940

    カーセンサーは、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種「カーセンサー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダ『RX-8』(初代)を選出した。

    カーセンサー・オブ・ザ・イヤーは、2014年11月1日~2015年10月31日の1年間においてカーセンサーnet に掲載されたすべてのモデルが選考対象。期間中に掲載された総台数とユーザーからの問い合わせ総件数、1台当たりの問い合わせ集中率を独自のルールでポイント化し、ランキングを決定した。
    第2回となる今回は、RX-8がカーセンサー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。2012年の生産終了からそれほど時間が経過しておらず、依然として高年式のものも多数流通。またロータリーエンジン搭載というキャラクター、車両本体価格60万円以下の手が届きやすい価格帯の物件への人気など、複数の要素から、今回の栄冠へとつながった。

    2位以下は、マツダ『CX-5』、スバル『レガシィツーリングワゴン』(4代目)、トヨタ『ヴォクシー』(現行型)、トヨタ『ハリアー』(現行型)が続いた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450664246/ 【最も人気を集めた中古車は「マツダ RX-8(初代)」 カーセンサー・オブ・ザ・イヤー】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/12/21(月) 15:36:59.62 ID:CAP_USER.net
    ホンダが、2016年に発売する新型『NSX』。
    同車の米国価格が公表された。

    新型NSXは、軽量ボディのミッドシップに、新開発の直噴3.5リットル(3493cc) V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。このエンジンは最大出力500hp/6500-7500rpm、最大トルク56.1kgm/2000-6000rpmを発生する。

    高効率・高出力の3モーターハイブリッドシステム、「スポーツハイブリッド SH-AWD」を採用。
    フロントにモーターを2個、リアに9速デュアルクラッチトランスミッションと一体設計する形で1個、合計3個のモーターをレイアウトした。モーターの最大出力が73hp。システム全体で573hpのパワーを引き出す。

    さらに、新型NSXでは、前輪の左右を独立した2つのモーターを使い、四輪の駆動力を自在に制御するトルクベクタリングを可能にする電動式4WDハイブリッドとなるのが特徴。
    前後の重量配分は、42対58。アルミやカーボンファイバーなどの軽量素材の使用により、車両重量は1725kgに抑えられた。最高速は、およそ307km/h。

    12月18日、ホンダの高級車部門、アキュラは新型NSXの米国価格を公表。
    ベース価格は15万6000ドル(約1900万円)に設定された。
    受注は、2016年2月25日から開始と発表されている。

    995063

    995064

    995065

    995066

    http://response.jp/article/2015/12/21/266585.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450679819/ 【ホンダ NSX 新型、米国価格公表…日本円で約1900万円から】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ