サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/16(月) 21:08:21.07 ID:IbdacN0n0
    ca-qe1_s
    どれ買えばいいんだ?
    できるだけ安く済ませたい
    非金属で頼む
    あとこういうのって何年くらい使えるもんなの?
    使用頻度は年に1回か二回あるかないか


    【車のチェーン買いたいんだが】の続きを読む

    1 そーきそばΦ ★ 2013/12/16(月) 23:01:06.69 ID:???0
    004_o_s
    低燃費のガソリン車として日本や欧州市場で投入され始めた直接燃料噴射式のガソリン乗用車が排出する微小粒子状物質(PM2.5)の数が、従来のガソリン車の10倍以上であることが、国立環境研究所の調査でわかった。日本では粒子数の排出規制値はないが、欧州で2017年9月に導入予定の規制値を超えていた。詳細な排出実態調査が求められそうだ。

     直噴ガソリン車はハイブリッド車と同等の燃費性能を示し、人気を呼んでいる。12年に日本メーカーから発売された新型エンジンの約4割に採用されている。

     研究グループは、国内と欧州メーカーの直噴ガソリン乗用車各1台(排気量1.2リットル程度)について、直径5.6ナノ(ナノは10億分の1)メートル~560ナノメートルの微粒子の排出状況を調査した。

     国産車の微粒子の数は従来のガソリン車の10倍以上で、欧州車は国産車の約5倍だった。粒子の主成分は大半がススで、主な原因はガソリン燃料と考えられるという。「ススを減らす対策などが排出粒子の削減に重要」と指摘している。

     日本では粒子重量の規制値はあるが、粒子数の規制値はない。欧州は14年に重量に加え、粒子数の規制値を導入。17年には粒子数の規制値を強化する。

    ソース 日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1604M_W3A211C1CR8000/

    【【悲報】直噴ガソリンエンジン車、PM2.5排出量は従来車の10倍以上である事が判明】の続きを読む

    1 ドラゴンスリーパー(岡山県) 2013/12/16(月) 13:55:42.08 ID:aKNokiBH0
    BbifDBQCEAIf_mA

    痛車のステージアが煽ってきたから煽り返してあげたよん。
    そしたら目の前でクラッシュー。in16号。ごめんね

    ざまあ

    でしょー?おたくがしゃしゃるとあーなっちゃうんだよ?

    https://twitter.com/gd3_m/status/412254240359198720
    https://twitter.com/gd3_m/status/412255432162295808
    https://twitter.com/gd3_m/status/412257425945673728
    ※アカウント削除済み

    http://twittaku.info/view.php?id=412254240359198720
    ※ツイッ拓
    【ツイッター民が痛車を煽り返して事故誘発か?「ざまあ」「おたくがしゃしゃるとあーなっちゃうんだよ」】の続きを読む

    1 やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/10(火) 13:49:17.09 ID:???
    ソースはナリナリドットコム
    http://www.narinari.com/Nd/20131224052.html

    店や博物館まで開くほどバイク愛に溢れた米国のある男性は先日、妻から「ハーレーダビッドソンと私、どっちか選べ」と迫られた。しかし、即断できなかった彼は、見知らぬ第三者に夫婦の運命を委ねることにしたそうだ。

    2013-12-10-101323_s

    英紙デイリー・ミラーや英ニュースサイトのオレンジニュースなどによると、この男性は米バージニア州チャールズシティに住む、ボブ・ホワイトさん。オートバイの修理会社だけでなく、中古バイクの博物館まで開いてしまうほどバイク好きな彼は、最近、妻との間に大きな問題を抱えてしまった。彼が所有していた大切なバイク、ハーレーダビッドソン・スポーツスターを巡り、妻が「ハーレーと私、どっちを処分するか」決めろと迫られたのだ。

    もちろんホワイトさんにとって、妻が大切な存在であることは間違いない。しかしハーレーもまた、彼にはとてもとても大事な物だったようだ。そして答えを見出せなかった彼は、米国のコミュニティサイト・クレイグスリストに、“買い手”に結論を求める売り出し広告を掲載した。ハーレーと妻の両方を収めた写真を載せ、購入希望者に「選んでください」とどちらを買うか委ねたのだ。

    広告には、ハーレーと同じように妻についての説明もしっかり記載。自身のハーレーを2006年製で「素晴らしい状態」と紹介したかと思えば、“1959年モデル”とされた妻もまた「素晴らしい状態」と記したまでは良かったが、終始買い手にアピールする言葉が並ぶハーレーの説明に対し、妻にだけは最後に「意地悪」とマイナスな一言が……。大事な宝物を売れと迫られた恨みか、それともやはり妻を手放したくなかったのか、ともあれ彼はハーレーも妻も売却目標額を「5,900ドル(約60万円)」に設定し、下取りも応じるとして買い手を募ったそうだ。

    2013-12-10-101330_s

    ただ、この広告は12月はじめに掲載されメディアの注目を集めたが、現在(12月9日時点)はクレイグスリストから削除されていて、ハーレーも含めて取引が成立したのかは不明。話題になって思いのほか多くの人に「ユーモラスな広告」を見られてしまったホワイトさんは、その時になって初めて、きちんと妻の質問に対する答えが見出せたのかもしれない。

    -以上です-

    【妻に「ハーレーか私、どっちか選べ」と迫られた夫が”どちらか売ります”と広告を出す】の続きを読む

    1 中年'sリフト(catv?) 2013/12/13(金) 23:20:57.12 ID:WAlyQy2G0
    ダイハツが東京モーターショー13に出展した『コペン』は、樹脂の外板意匠をカバーケースのように自由に着せ替える新しい使い方と、骨格構造がもたらす走りの進化を具現化したクルマだという。

    ダイハツ工業デザイン部主査の和田広文さんは、外板意匠を交換できることについて、「これまでサードパーティの方はバンパーやチンスポイラーなどのみの販売や交換であったが、コペンの場合は、ボディ全部を専用に作ることが出来るので、ぜひどんどん新しいデザインでチャレンジしてほしい」と話す。

    また、ダイハツとしても、「ボディ骨格と樹脂外板という新しいチャレンジを、会社を挙げてやっていくことで、『ミラ』や『ムーヴ』など将来のクルマにつながっていく、壮大な夢なのだ」という。

    和田さんは、「走る楽しさ、所有する楽しさ、クルマを買う楽しさが近年薄れ気味のような気がする」と述べ、2014年にコペンが発売されることで、「こういった思いが再び取り戻せるのではないかと期待する。メーカーとしても、契約から納車までのワクワク感を演出するために、何らかの仕掛けを考えていきたい」という。

    さらに、初代コペンは工場を工房のイメージで製造していたことから、「単にラインで製造するのではなく、今回もそういう仕掛けはやりたい」と語った。

    20131213113622_971_

    20131213113630_662_

    20131213113636_545_


    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=35505/

    【(・∀・)ダイハツコペン…走る楽しさから所有する喜び、納車までのワクワク感を演出】の続きを読む

    1 トラースキック(岡山県) 2013/12/13(金) 19:07:24.86 ID:TcQrTkIn0
    画像
    001l

    002l

    003l

    004l
    005l

    006l

    007l

    008l

    009l

    010l

    011l

    012l

    013l

    014l

    015l

    016l


    名古屋モーターショーが開幕! 東京を超えるブランド数で初日から大盛況に!
    http://news.mynavi.jp/articles/2013/12/13/motorshow/index.html

    【【名古屋モーターショー】 おまえら、この画像を見ても車欲しいとか思わないの?】の続きを読む

    1 ときめきメモリアル(千葉県) 2013/12/12(木) 22:00:40.73 ID:wZSnuXXG0
    637437
    ホンダが2013年秋、欧州市場へ投入した『CR-V』の「アース・ドリーム・ディーゼル」搭載車。同車が英国で、優れた燃費性能を実証した。

    このディーセルには、ホンダの新世代環境技術、「アース・ドリーム・テクノロジー」を反映。「i-DTEC」と命名された 1.6リットル直列4気筒ターボディーゼルは、最大出力120ps、最大トルク30.6kgmを発生する。

    1.6リットル i-DTECは、クラス世界最軽量を目指して徹底した軽量化と、ガソリンエンジン並みの低フリクションを追求。加速性能、ハンドリング、燃費性能を高い次元で両立する。また、欧州で重視されるCO2排出量は、119g/kmに抑えた。

    今回、ホンダの英国法人、ホンダUKは、英国で開催される恒例のエコラン大会、「MPGマラソン」と同じルートと条件で、CR-Vの1.6リットル i-DTEC搭載車を820km走行。そして12月11日、「27.56km/リットルという優れた燃費を記録した」と発表した。

    この数値は、カタログ値の22.23km/リットルを、24%も上回るもの。ホンダUKのLee Wheelerマネージャーは、「再びアース・ドリーム・テクノロジーがリアルワールドでの燃費を証明した。今回の走行条件は、多くのドライバーの日常と同じだ」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2013/12/12/212877.html

    【欧州ホンダCR-V ディーゼル 実燃費は脅威の27.56km/l】の続きを読む

    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/14(土) 15:15:05.52 ID:???0
    2828-6
    ★米では売れすぎて品不足の富士重工、新興市場を目指す

    スバル・ブランドの乗用車を製造する富士重工業は、主要市場の日本国内と米国で供給不足解消に努力しているが、一方でロシア、中国、それに東南アジアの新興諸国での販売増を目指している。

    同社の吉永泰之社長はウォール・ストリート・ジャーナルとのインタビューで、スバル車は寒冷な気候のロシア――同社の市場シェアは1%未満――に適しており、世界最大の自動車市場である中国には大幅な販売増の可能性があると述べた。

    同社長は「小さいながらも柱が立ってきている。中規模の柱を中国が立てて、大きな柱が日本と米国になれば良いと思っている」とし、またロシア市場については、「もっと可能性があると思う。製品の特徴から見ても」と語った。

    富士重工はタイ、インドネシア、マレーシアといった東南アジア諸国での販売も増やす計画だ。同社はマレーシアには完成車の輸出だけでなく、現地組み立てのための部品も供給している。

    同社は、「アウトバック」や「フォレスター」など特徴のある小型SUV(スポーツ用多目的車)でニッチ市場を開拓してきた。同社の4WD車は米国北部のドライバーの間で信頼を得ており、同国での販売は過去最高の6年連続プラスになりそうだ。

    同社は日本市場の縮小に対処するため、この5年間に米国で断固とした販売促進策をスタートさせ、今では米市場は同社の世界販売台数のほぼ半分を占めるに至った。全体の4分の1は日本で販売し、中国は6%、ロシアは2%、東南アジアは1%にも満たない。(以下略)

    http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702303747904579255090848321428.html

    【【スバル】米では売れすぎて品不足の富士重工、ロシア、中国、東南アジアなど新興市場を目指す】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ