サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: キャプテンシステムρφ ★@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 15:51:18.32 ID:???0.net
    土曜日、シアトルで高齢女性の乗る車を強奪しようとした十代の男ら。
    しかし彼らは知らなかったのです。
    マニュアルシフトの方法を。

    被害にあったナンシーさん(70歳)によると、
    泥棒と称する男が銃を突きつけ車を奪おうとしたと言います。

    男らはナンシーさんからキーを奪って車に乗り込みました。
    そしていざ逃走しようとするも車は全く動かなかったのです…
    「ギアは5速に入ったままだったの」とナンシーさんは言います。

    結局、泥棒たちは自分の足で走ることを余儀なくされました。

    米国で販売された車のうち、マニュアルトランスミッションの車は10%以下とされています。
    警察は指紋など有力な証拠を採取したとのことです。

    http://www.huffingtonpost.com/2014/06/25/teens-steel-car-cant-drive-stick_n_5530996.html?utm_hp_ref=weird-news

    manual_shift

    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403765478/ 【【米国】車を奪おうとした少年ら、マニュアルシフトがわからず自分の足で逃走】の続きを読む

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/26(木) 17:48:45.24 ID:???0.net
    光岡自動車、初のハイブリッド車も設定される新型セダン「Ryugi(リューギ)」を発表!

    20140627m 

    ミツオカらしいクラシックな外観が特徴の「Ryugi」は、「ある物事に対するその人なりの、やり方、スタイル」 という意味の「流儀」を車名の由来とするという。同社のコンパクト・セダン「ビュート」と、フルサイズ・セダン「ガリュー」の中間に位置するミディアムクラスのセダンだ。

    豊かな曲線で形作られたフロントマスクには、クロームメッキされた縦型グリルと丸型ヘッドライトを装備。
    同様にメッキ加工が施された前後バンパー部に厚みを持たせることで「ミディアムクラスとゆえども、堂々たる存在感を主張」していると光岡自動車は言う。グリル上面に付けられたエンブレムは七宝焼きだ。
    パワートレインはトヨタ製「1NZ-FE」型1.5リッター直列4気筒と5速MTまたはCVTを搭載する前輪駆動モデルのほか、同エンジンにトランスミッションがCVTのみとなる4輪駆動モデル、そしてトヨタの1.5リッター直列4気筒「1NZ-FXE」型アトキンソンサイクル・エンジンと「1LM」型電気モーターを組み合わせたハイブリッド・システムを搭載するモデルも 用意されている(トヨタのハイブリッド車でお馴染みのバッジが、フロント・フェンダーに付けられる)。

    20140627m2

    写真ではなかなかの迫力を感じさせるボディのサイズは、全長4,510mm × 全幅1,695mm × 全高1,460mm。
    ベースになった(と思われる)トヨタの「カローラ アクシオ」に比べると150mm長い。
    全幅と全高、そして2,600mmのホイールベースは変わらず。車両重量は10kgほど重くなっている。

    価格はベーシック・グレードの「15ST」2WD・5MTが221万4,000円から、シートヒーター付き「ハイブリッド」の311万400円まで(いずれも消費税込み)。
    ベース車よりも80万〜100万円ほど高い...なんて話は無粋だろう。
    カローラ アクシオと比較して買うクルマでもないはずだから。製作は全て職人達による手作業で行われるという。内装には全3色の本革シートもオプションで用意されている。
    20140627m3

    光岡自動車はこのRyugiについて、「伝統的な様式美を守り、個性的でありなからも先進の技術によって環境への配慮を両立。伝統と先進か、微妙なフレントて他には無い深い味わいを醸し出し、独特な存在感か独創的な世界観を構築します。それはまさに私たちなりの流儀」と説明している。
    巷に溢れたハイブリッド車とは一味違うクルマに乗りたい...と思われる方、以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

    http://jp.autoblog.com/2014/06/25/mitsuoka-ryugi-hybrid-revealed/

    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403772525/ 【光岡自動車、初のハイブリッドセダン「Ryugi」を発表】の続きを読む

    1: テキサスクローバーホールド(空)@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 23:53:00.34 ID:ita4q8Nci.net BE:422186189-DIA(112111) ポイント特典

    現在KICKSTARTERでクラウドファンディング中。
    140617jayrobike-03

    140617jayrobike-02

    140617jyrobike-04

    140617jayrobike-01

    http://www.gizmodo.jp/2014/06/post_14821.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403707980/ 【USBで充電する倒れない子供用自転車】の続きを読む

    1: DARIUS ★@\(^o^)/ 2014/06/23(月) 17:05:08.84 ID:???0.net
     ホンダ、日産自動車、マツダは23日、助手席のエアバッグに不具合があるとして、25車種計約80万8500台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
    海外販売分を含めると約292万台が対象になり、各国で同様の措置を取る。
     同じ部品を使うトヨタ自動車の車で1月、エアバッグが作動した際に火災が発生。
    同社がリコールしたことを受け、ホンダなども対応を検討していた。
     対象車はホンダが「フィット」などと海外法人が製造した約66万8500台。
    日産が「キューブ」などといすゞ自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給する「コモ」の12万8130台、マツダが「アテンザ」など1万1832台。
    いずれも自動車部品メーカー「タカタ」のエアバッグを搭載している。
     国交省によると、エアバッグを膨らませるガス発生剤の製造過程に問題があり、作動した際に設計よりも強いガス圧がかかって装置が壊れ、破片が飛んだり、出火したりすることがある。 

    ホンダ、日産、マツダもリコール=エアバッグ不具合が波及―国内外で292万台対象 (時事通信) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140623-00000072-jij-soci

    20140624-takata

    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1403510708/ 【タカタ製エアバッグの不具合でホンダ・日産・マツダがリコール…全世界で約292万台対象】の続きを読む

    1: 奈良公園◆FxO0M6uUCk 2014/06/25(水)11:25:20 ID:xv6Qx84rx
    以前お勧めされた箕面の滝に自転車で行ってくるよ
    スタートは大東市だよ
    今準備中

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1403663120/ 【【サイクリング画像】今から自転車で箕面の滝行く】の続きを読む

    1: バズソーキック(catv?)@\(^o^)/ 2014/06/25(水) 15:01:35.75 ID:4Vmi1FU10.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    K10054776811_1406250459_1406250512_01

    トヨタ自動車は次世代のエコカー、「燃料電池車」の将来の販売競争に先手を打つため、一般向けの販売を700万円程度の価格で今年度内に始める方針を固めました。

    燃料電池車は、車に充填(じゅうてん)した水素と空気中の酸素を反応させて発生した電力でモーターを回して走る車で、走行中に二酸化炭素を排出しないことから、次世代のエコカーの本命とも言われています。
    関係者によりますと、この燃料電池車について、トヨタは一般向けの販売を700万円程度の価格で今年度内に始める方針を固めました。
    トヨタは12年前からリースに乗り出していましたが、毎月のリース価格が当時120万円かかっていたため、納入先は官公庁などに限られていました。
    そこで、高価な部品の使用量を減らしても性能が落ちないようにするなど、コストダウンを進めたほか、量産体制も整えるといった価格の引き下げに向けた開発を加速させていました。
    トヨタは早ければ年内に発売することも検討しており、ほかのメーカーに先駆けることで、将来、世界の自動車市場で主流となる可能性があるとみている燃料電池車を巡る販売競争をリードしたい考えです。
    このほか、ホンダは来年に、日産自動車は3年後に燃料電池車の一般向けの販売に乗り出す計画ですが、普及に向けては水素を車に充填する施設の数をどこまで増やせるかなどが課題となります。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140625/k10015477681000.html

    レス引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1403676095/ 【トヨタ 世界初の一般向け燃料電池車を年内販売へ】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ