サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/10/22(木)14:46:03 ID:WKI
    周りの迷惑になるって分からないの?

    throwback-police-vs-drifting-bik

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1445492763/ 【車でもバイクでも法定速度を遥かに超えて走ってる奴らってなにかんがえてるの?】の続きを読む

    1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2015/10/24(土) 08:39:37.90 ID:???*.net BE:348439423-PLT(13557)
    全国軽自動車協会連合会が発表した9月の軽四輪車中古車販売台数は、前年同月比4.4%減の22万8966台と4か月ぶりに前年実績を下回った。

    車種別では乗用車が同4.4%減の17万5951台、貨物車が同4.4%減の5万3015台。
    貨物車のうち、バンが同4.6%減の2万7334台、トラックが同4.1%減の2万5681台だった。

    920902

    *+*+ Response +*+*
    http://response.jp/article/2015/10/24/262677.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445643577/ 【軽四輪車中古車販売、4.4%減の22万8966台で4か月ぶりのマイナス】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/20(火) 18:38:30.76 ID:???.net
    http://autoc-one.jp/honda/special-2407215/

    ホンダが小排気量ターボの本格導入を始めた!

    改めて説明するまでもなく、シビックはアメリカでの基幹車種となってます。
    2016年モデルから新型になるのだけれど、すでに驚くほど高い評価を受けている。
    燃料電池車と似た新世代のデザインもさることながら、話題は燃費が良くてトルクフルな小排気量ターボだ。
    シビックのカテゴリーの標準的な燃費は、例えばフォードの人気車種『フォーカス』で街中11.1km/L、高速道路15.4km/Lといったイメージ。アメリカ車としちゃ大いに頑張っている。これ以上良ければセールスポイントになると考えていいだろう。

    韓国、現代自動車の人気車種であるシビック級の『エラントラ』は街中11.5km/L、高速道路15.8km/L。
    このクラスにスカイアクティブ技術で殴り込んできたのが『マツダ3』(アクセラ)。
    何とハイブリッドを除けばダントツとなる街中12.4km/L、高速道路17.5km/Lという素晴らしい数値を実現している。

    しかし! 新型シビックの1.5リッターターボの数値を見て驚く。燃費自慢のスカイアクティブGを凌ぎ、街中13.7km/Lと高速道路17.9km/Lに達した。

    ホンダも「ここまで燃費が良くなればハイブリッドも不要」と判断したのだろう。新型シビックにはハイブリッドを設定していない。参考までに書いておくと『高速道路燃費』の数字はアメリカの一般道の実用燃費に限りなく近い。
    現行プリウスのデータで20.5km/Lです。アメリカの公表燃費は、実燃費に近い。新型シビックの燃費の良さがイメージ出来るかと。

    ホンダ US新型シビック
    すでにアメリカのメディアによる試乗レポートが出始めており、ほとんど絶賛状態。特に燃費が良く、それでいてアクセルを踏むと2.5リッター相当のトルクを出し、滑らかに回るエンジンの評価は高い。

    本来なら2リッター級エンジンを積むボディに1.5リッターを搭載すると、エンジンの存在感も薄くなり質感が上がってくるから面白い。
    どうやらホンダは海外の自動車メーカーと同じ小排気量ターボ路線を進むようだ。
    欧州ならアコード級のボディに1.5リッターを搭載するのもアリだし、フィット級であれば1リッター3気筒というのも面白い。

    日本でも遠くない時期に1リッター3気筒はラインナップされると思う。マツダと好対照の流れが興味深い。

    013_o

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1445333910/ 【米メディアが絶賛! ホンダが本格的にHVから小排気量ターボ路線へ】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2015/10/23(金) 18:01:51.86 ID:???*.net
    米オクラホマ州で、飲酒運転中に小型トラックから転落した母親に代わって3歳の男児が車を運転し、大事故を防ぐという出来事があった。

    警察は21日、この母親を子どもを生死に関わる危険にさらしたとし逮捕した。

    現場はオクラホマシティー近郊の高速道路。目撃者によると、女性が転落した後、トラックに乗っていた双子兄弟の1人が運転席に立ち、ハンドルを握った。トラックは4車線の道路を横切りながら3ブロックほど走行した後に、道路脇の土手に衝突して止まった。

    母親は、息子がシートベルトをはずしたので、それをかけようとしていたらトラックから落ちたと証言している。双子兄弟にけがはなかったという。

    truck23n-1-web

    ソース/ロイター
    http://jp.reuters.com/article/2015/10/23/us-odd-truck-idJPKCN0SH0A520151023

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445590911/ 【飲酒運転の母親が車から転落、3歳息子がハンドル握り事故回避】の続きを読む

    1: ニールキック(空)@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 13:37:06.00 ID:CdtOQnj60.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    ドイツのフォルクスワーゲンが、排ガス規制を逃れるために、ディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題で、日本国内で登録されている該当車種230台のうち、少なくとも36台に、実際に不正なソフトが、搭載されていたことがわかった。

    フォルクスワーゲンのディーゼル車をめぐっては、アメリカなどで、少なくとも、1,100万台で不正ソフトの搭載が確認されているが、日本国内では、これらと同じ型の車種が、並行輸入などで、およそ230台登録されている。

    石井国土交通相は、該当する車を確認した結果、少なくとも36台に不正ソフトが実際に搭載されていたと明らかにした。

    国交省は、今後、車検時の排ガス検査について、検査場での試験だけでなく、路上走行試験も追加する方針で、検討会を立ち上げる。

    xAGQEqe_s

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20151023-00000439-fnn-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445575026/ 【VW不正ソフト使用車、日本でも36台確認】の続きを読む

    1: レインメーカー(長野県)@\(^o^)/ 2015/10/22(木) 21:28:04.53 ID:RO2k8YfE0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月21日、市販燃料電池車、『MIRAI』(ミライ)を米国市場で発売した。

    MIRAIの米国発売日は、2015年10月21日。
    これは1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』において、主人公のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が、タイムスリップした未来の1日と同じ日に設定された。

    そして10月20日夜、米国トヨタ販売は、MIRAIの米国発売記念イベントをカリフォルニア州で開催。
    MIRAIの米国での最初のオーナーとなるおよそ300名に、MIRAIのキーが手渡された。

    MIRAIは米国ではまず、カリフォルニア州で発売。米国トヨタ販売によると、MIRAIの購入希望者は、カリフォルニア州だけで2000名以上に達しているという。

    米国トヨタ販売のビル・ファイ副社長は、「今まさに、MIRAIの米国到着と、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の30周年を祝福する」とコメントしている。

    トヨタ MIRAI、米国発売…購入希望者は2000名以上
    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20151022-10232398-carview/

    20151022-10232398-carview-000-1-view

    https://www.youtube.com/watch?v=xFyY7_hc-14


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445516884/ 【トヨタ MIRAI、米国発売…購入希望者は2000名以上】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ