サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: リサとギャスパール ★ 2016/04/19(火) 16:25:51.12 ID:CAP_USER*.net
     平成27年度の国内新車販売台数は、東日本大震災のあった23年度以来4年ぶりの500万台割れとなり、低迷が鮮明になった。

    特に失速が大きかったのが軽自動車メーカー。新車販売トップ10位のうち6車種を軽自動車が占めたが、昨年4月の軽自動車税増税が響き台数は軒並み減少した。

    その半面、元気だったのが軽の割合が低いトヨタとマツダ。各社が前年度に比べふた桁前後のマイナスに陥る中、この2社だけがプラスを記録し、気を吐いた。

    20160418-00000504-san-000-view

    ■トヨタはホンダの2倍以上
     トヨタは小型ハイブリッド車(HV)「アクア」が4年連続で首位を守った。
    ただ、アクアの台数は前年度比15.8%減の19万2399台にとどまり、代わりに伸びたのが、昨年12月に新型車を発売した主力HV「プリウス」(3位)や、昨年3月に一部改良した「カローラ」(7位)。トップ10位に最多の3車種が食い込んだ。

     高級車ブランド「レクサス」を含む全体の販売台数は1.5%増の約148万8000台を確保し、2位のホンダの約70万4000台に2倍以上の差を付けた。 他メーカーが落ち込む中、軽の比率が低いことで王者の強さが際立った。

     トヨタと並び国内勢で販売を伸ばしたのがマツダだ。小型車「デミオ」や小型SUV「CX-3」の新型車がそろって販売を拡大。24年に投入した主力SUV「CX-5」も人気が衰えず3.5%減と小幅な落ち込みにとどめ、全体では3.4%増と国内勢トップの伸びを記録している。

     なかでもガソリンより安い軽油を使用するクリーンディーゼルモデルが販売を牽引しており、登録車販売の5割以上を占めている。

    昨年5月に発売した2人乗りスポーツ車「ロードスター」の4代目は、「2015-16日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞して好調さを印象づけた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160418-00000504-san-bus_all
    産経新聞 4月19日(火)10時25分配信

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1461050751/ 【新車販売4年ぶりに500万台割れ!各社総崩れの中、プラスに転じたのはトヨタとマツダ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/18(月)21:57:29 ID:Qqx
    調べてみたらカタナ400もZX12Rも50万くらいするンゴねえ……

    とりあえず教習所行こうと思うんやが、難しいんか?


    ObKnYoi

    SdXaGHV


    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1460984249/ 【ワイ大学生、ばくおんを見てバイクが欲しくなる】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/18(月) 15:41:19.214 ID:vBJFisAR0.net
    ノーマルは中の機構が騒音対策とかを目的に作られてるからそれが壊れてるとかで速くなるらしい
    当然オイル汚れは落ちるけどどうなの?

    maxresdefault

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1460961679/ 【バイクとか車のマフラー焼きすると抜けが良くなって速くなるって本当?】の続きを読む

    1: いちごパンツちゃん ★ 2016/04/18(月) 19:02:10.14 ID:CAP_USER*.net
    ポルシェのフラッグシップSUV「カイエン」の次世代型がドイツ某市街地に姿を見せました。

    次期型にはアウディ「Q7」同様の「MLB Evo」プラットフォームが採用され、 初代から350kg近い軽量化が進むと言われています。

    エクステリア・デザインは不明ですが、情報によれば、現行モデルのスポーティーなデザインから、個性の強いデザインになるとも噂されています。

    パワートレインは911同様にダウンサイジングされるV型6気筒ターボ及び、V型8気筒ターボ他、PHEVモデルも可能性が高いようです。

    まだ初期段階の次期カイエン、ワールドプレミアは2018年以降となりそうです。

    http://news.infoseek.co.jp/article/clicccar_366603/

    1037967

    1037969

    1037973


    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460973730/ 【ポルシェ「カイエン」次世代型、市街地テストをキャッチ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/11(月)20:45:50 ID:Mff
    我は36歳なり。1980年生まれ、申年なり。
    16歳になれば国家が50㏄から400㏄までの原動機付自転車及び、
    自動二輪車の運転免許を取得する事を認めているわけであるが。

    何故、教育機関というものは二輪車全般の運転免許取得を妨害するのであろうか?

    かつて有った、3無い運動の存在も知っているが、国民の権利を妨害する運動だったのではないか?
    教育機関は交通安全教育を行うことを怠り、他山の石的視点で思考停止していたのではないか?

    この様な、法の下に認められた権利を、全国的に不当に拒否した活動は、二輪車製造業界から不正当な威力業務妨害であったとして、訴えられてもおかしくはないのではないか?

    おまいらの、忌憚なき意見をココに載せていけ。

    school

    引用元 http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bike/1460375150/ 【バイク禁止の学校において、16歳の正当な権利を主張できるか?】の続きを読む

    1: サソリ固め(東京都)@\(^o^)/ 2016/04/17(日) 22:38:49.01 ID:+GNKeMcU0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    【新車のツボ122】マツダ・デミオ15MB試乗レポート
    マニアに密かな人気の「隠れデミオ」

     マツダ・デミオといえば、クルマ好きにも積極的に選ばれるコンパクトカーだ。
    その理由は「室内空間やトランクは少しせまいけど、素直にカッコよくて、走りにキレもある」 といったところか。そんなデミオでは”安価な軽快な1.3リッターガソリン”と”高性能でスポーティな1.5リッターディーゼル”という2種のエンジンが基本的な柱である。

     ……のだが、昨年秋、デミオにひっそりと1.5リッターガソリン車が追加された。
    その名は”15MB”といい、グレードはその1種だけ。150万円強という価格も、デミオでは2番目に安い!

     1.5リッターは多様なカテゴリーに参加しやすいちょうどいい排気量。
    エンジン本体は兄貴分のアクセラなどにも使われる実用タイプなのだが、デミオ15MBでは専用のハイオク仕様として、ちょっとだけ元気にチューンしている。
    マニュアル変速機もこのクラスでは贅沢な6速。
    さらに15MBの車重は1.3リッター車より軽いくらいなのだが、ブレーキも重いディーゼル車用の大径タイプがつく。

     クルマのような量産工業製品は選択肢を増やすほど、シロウトが考える以上にコストがかさんで、結果的には高額にならざるをえない。だから、四の五のいう前に、こんなマニアなデミオを世に出してくれたことだけで、マツダに敬礼したい気分である。

     それにしても、こういうクルマを目ざとく見つけて、迷うことなく街乗り用に乗って楽しむなんて、世の中にはやっぱりツボを分かった人たちがいるんだなあ。

    http://sportiva.shueisha.co.jp/series/newcar/2016/04/17/12215mb___split/

    kuruma122-1-thumb-500x375-124843

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460900329/
    【マツダがクルマ好きに積極的に選ばれる理由】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/09(土)01:50:27 ID:dAA
    要は、満タンいれて走れる距離ができるだけ長いやつね。
    アメリカンは苦手なんで申し訳ないがNG
    750前後が理想だが、401cc以上なら基本どれでもいい。
    現状、候補としてはGPZ900Rが出てるけど、何分古いからねぇ。
    そういうわけで、宜しく。

    5717

    引用元 http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bike/1460134227/ 【タンク容量がデカくて燃費のいい大型バイクおしえて】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ