サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/15(日)12:37:20 ID:q0k
    摩擦力は垂直抗力(=重量)と比例するって習ったぞ
    運動エネルギーも重さに比例するから、制動距離は変わらないはず
    freight-container27

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1423971440/ 【「荷物が重いほど車両の制動距離は長くなる」←嘘乙】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/17(火) 09:07:42.18 ID:ZzIBzWfD0.net
    なにがトゥルーレッドだよアホが
    sokukai160-2

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424131662/ 【車のボディカラーの名前って無駄にかっこよくしてるけど何が目的なの?】の続きを読む

    1: シロディール住民 ★ 2015/02/15(日) 20:14:40.05 ID:???.net
    20150215k0000e020134000p_size8

     ◇日本発・世界のヒット商品

     日産自動車のミニバン「NV200」は、米ニューヨーク市名物の黄色いタクシー「イエローキャブ」の次世代モデルに選ばれた。ミニバンの特徴である車内の広さに加え、現地のニーズにも対応して同市のコンペを勝ち抜いた。

     ニューヨーク市は2009年、排ガス中の二酸化炭素削減や渋滞の緩和を狙い、次世代タクシーの開発を公募した。同市はNV200の燃費の良さや、小型でも車内が広いことなどを評価。最終選考に残った米フォードなどを退けた。イエローキャブ約1万3000台が、13年から入れ替わり始めている。

     ミニバン特有の車内の広さや、乗降を助ける補助ステップ、景色を楽しむための透明な天井パネルなど、基本仕様は日本モデルと同じだ。

     しかし、日本向けはエンジン排気量が1.6リットルだが、イエローキャブでは2.0リットルに大型化し、力強い走りを好む米国の乗客に対応した。銃犯罪が多い米国の事情も考慮して、オプションで防弾ガラスも用意している。また、タクシーは一般の車よりも走行距離が長いため、日産が各タクシー会社に整備方法などを教える体制
    も整えている。

     ニューヨーク市では現在、トヨタのハイブリッド車「プリウス」など20車種以上がタクシーとして利用されている。同市が、NV200を独占的に採用することには、地元タクシー団体から不満も上がり裁判になったが、ニューヨーク州高裁は昨年6月、同市の判断を「合法的で適切」と認める判決を出した。

     日産はイエローキャブ向けをメキシコの工場で生産し、価格は2万9700ドル(約356万円)。北米日産の広報ダイレクター、トラビス・パーマンさんは「乗り心地など、評判はいい。毎日約60万人が利用するニューヨークのタクシーは、当社の商品力を世界中に披露する絶好の機会だ」と話している。【山口知】

     ◇ミニバンやワゴン主流に

     タクシーはセダンタイプが主流だったが、近年は車内の広さなどが好まれ、ミニバンやワゴンタイプの開発が進んでいる。日産は、1960年から法人向けタクシーとして販売してきたセダン「セドリック」の生産を終了。今年から国内でもNV200を発売し、法人タクシー向けの車両として一本化する。トヨタ自動車も、タクシー業界と協議しながら、ワゴンタイプのタクシー開発を進めている。

    http://mainichi.jp/select/news/20150215k0000e020136000c.html

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1423998880/ 【日産「NV300」快走イエローキャブモデル 車内広々、防弾ガラスも】の続きを読む

    1: Hi everyone! ★ 2015/02/14(土) 15:09:58.58 ID:???.net
    ニューヨーク(CNNMoney) 日産自動車の欧州法人は、特殊なコーティングを施した、暗闇で光る電気自動車「リーフ」を発表した。この発光するリーフには、日中に日光を吸収し、夜間に最大10時間青く光る特殊な塗料が塗られている。

     車用の夜光塗料はすでにさまざまな種類が売られており、これまでも多くの車に使用されてきたが、自動車メーカーが自ら夜光塗料を使用したのは日産が初めてだという。

     日産がリーフに使用した塗料はアルミン酸ストロンチウムという物質を含み、さまざまな有機材料を使って日産向けに特別に作られた。また生物学的に不活性で環境には無害だという。日産は塗料の効力は25年間持続するとしている。

     日産は、家庭でのソーラーパネル設置が政府の補助で普及すれば、事実上無料でリーフを充電することが可能になると言及。 今回、暗闇で光る車を開発したのはその流れを後押しする狙いがあるという。

     日産は以前にも、泥などの汚れがつかない塗料を施したリーフを発表し話題となっていた。

    ソース(CNN) http://www.cnn.co.jp/business/35060409.html

    nissan-leaf-glow-in-the-dark04

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1423894198/ 【夜光塗料で全体が光る日産リーフ】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ