サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/15(金) 11:19:58.44 ID:CAP_USER.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN15H1S_V10C16A7000000/

    「コンシューマーリポート」は14日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズに対し、長時間の手放し運転を可能にする運転支援機能「自動運転モード」を使えないようにするよう求めた。「自動運転モード」の作動中に死亡事故が起き、安全性への懸念が強まっているため。運転者の油断を誘いかねない「自動運転」というサービス名の変更も併せて求めた。

     コンシューマーリポートは、手放し運転できないようにする機能更新のほか、消費者への機能の限界についての正確な告知も求めた。加えて、基本的な運転の責任が運転者側にある運転支援サービスに対し「自動運転」という名称をつけるのは消費者に自動車が運転してくれるかのような誤解を与えているとし、過大なマーケティングだと警告した。

     これに対し、テスラ側は「自動運転モードは通常の運転より安全で、今後も走行データを集め技術の改善を続けていく」と反論し、現時点ではサービスを停止しない方針をあきらかにした。イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「欧州の規制当局は『自動運転モード』の安全性に懸念はないとしている」とツイッターに投稿するなど、強気の立場を保っている。

     テスラの車両については、複数の事故に関し米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)の調査が入っており、テスラに詳細なデータの提供を求めている。

    tesla-autopilot-2

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1468549198/ 【テスラに「自動運転モード」停止要請 米誌、機能の限界告知も】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/05(火)22:08:06 ID:4uS
    小樽から夕張あたりを経由して網走まで1日で行くって無謀かな?
    皆北海道だと1日にどれぐらいの距離走るの?

    hokkaido_map

    引用元 http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bike/1467724086/ 【初めて北海道ツーリングに行く予定なんだが】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/16(土) 10:17:35.29 ID:CAP_USER.net
    http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160709/cpb1607091713002-n1.htm

    105857977_116

    都会のコインパーキングは、買い物客にも外回りのビジネスマンにもありがたい存在だ。だが、このコインパーキングをめぐって、トラブルが多いのも事実。大半が料金に関するものだが、大阪で問題となったのは、料金踏み倒しを防ぐための「フラップ板」だった。

    出庫の際も上がったままで、「後部バンパーが外れてしまった」というのだ。しかも物損被害に遭ったのは「超」のつく高級車で、 最低でも1000万円は下らない。所有者は修理費用約150万円を求めて大阪地裁に提訴した。フラップ板はなぜ、超高級車を止めたのか。

    それはラーメンチェーン店に併設された無人のコインパーキングで起きた。

    現場は一般的なフラップ式駐車場。所定位置に車を止めると、地面に設置されたフラップ板が自動的に上昇、精算機で料金を払うと下降する仕組みだ。

    ロールス・ロイスと並ぶ英国の超高級車、ベントレーを運転する男性は、入り口真正面のスペースにバックで車を止めた。

    いや、「止めた」というと語弊があるかもしれない。まさにこの点が、これから起きるトラブルの発端となるからだ。

    男性は知人と待ち合わせをしていた。知人が来るまで時間がかかるようであれば駐車するつもりだった。ただ、それがはっきりしないために、後輪がフラップ板を超えないぎりぎりの位置で待っていたという。つまり、フラップ板を越えていたのは車の後部バンパーだけだったわけだ。

    知人から「すぐ帰る」と伝えられ、まもなく男性は車を前進させた。後輪がフラップ板を越えていない以上、上がっているはずがないという認識だった。

    ところが、フラップ板は作動していた。車の前進によってベントレーの後部バンパーに食い込み、バンパーは外れてしまった。

    バンパー一つとはいえ、何せ超高級車である。かかった修理費用は約150万円に上ったという。男性側は損害賠償を求め、コインパーキングの運営会社を相手取って大阪地裁に訴訟を起こした。

    男性側もフラップ板が上がったことがおかしい、とは言っていない。問題としたのは運営会社の説明・告知義務だった。

    男性側は「車両が通過していなくても、センサーの反応によってはフラップ板が上がる可能性があったのに、コインパーキングにそうした告知はなかった」と訴えた。

    果たして6月に言い渡された地裁判決は、男性側の主張を認めず、請求を棄却した。

    現場について「無人のフラップ式駐車場であることは一見して明らか」とした上で、運営会社側は有料駐車場であることを看板で表示し、車室の位置も白線で明確に表示している、と指摘した。

    センサーが車を検知した後、フラップ板が上昇するまでの時間は初期設定では2分だったが、運営会社側は3分に設定して余裕を持たせていた。

    判決は「駐車位置を決めるまでに必要な時間を超えて車室内に滞留すれば、フラップ板が上昇する可能性があると十分認識が可能。 設定の3分間は駐車位置を決めるまでに必要な時間として十分である」と述べ、わざわざ告知する義務はなかったと結論づけた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1468631855/ 【「ベントレーのバンパー外れたやろ!」超高級車オーナー激怒…悪いのはどちら?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/07/15(金)12:52:02 ID:9P0
    はようバイク欲しいのうあんちゃん
    Mykel-Neotec
    ※イメージ画像変えました

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1468554722/ 【バイクないけどインカム付きシステムヘルメットのかっこよさは異常】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/14(木) 15:13:44.34 ID:CAP_USER.net
    http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1607/14/news092.html

    l_sp_160714mazda_02

    l_sp_160714mazda_03

    l_sp_160714mazda_04

    交通標識認識機能
    085_o

     マツダは2016年7月14日、主力車種「アクセラ」を大幅改良し、同日から販売を始めると発表した。これまでクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」は排気量2.2l(リットル)の「SKYACTIV-D 2.2」だけだったが、車格相応となる排気量1.5lの「SKYACTIV-D 1.5」 搭載モデルを新たにラインアップした。SKYACTIV-D 1.5搭載モデルの税込み価格は230万3640~268万9200円で、排気量1.5lガソリンエンジン搭載モデルと、SKYACTIV-D 2.2搭載モデルの間で設定されている。

     さらに、ディーゼルエンジン特有のノック音をさらに低減する「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」や、「人馬一体」の走行性能を高める新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」などを採用した。

    「i-ACTIVSENSE」に交通標識認識機能
     運転支援システムである「i-ACTIVSENSE」についても大幅な改良が図られている。まず、新機能として加わったのが速度標識の見落としを防ぎ安全運転をサポートする「交通標識認識システム(TSR)」である。走行中に前方を検知する車載カメラで速度標識を認識し、制限速度をヘッドアップディスプレイ「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」に表示し、制限速度超過をディスプレイ内のグラフィック点滅で通知する。ブザー警告の設定も可能だ。また、進入禁止標識、一時停止標識も判読できるという。

     また車両前方を検知して衝突被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」を「アドバンスト スマート・シティ・ブレーキ・サポート」に進化させた。センサーを赤外線レーダーから前方検知カメラに変更し、検知対象を車両のみから車両+歩行者に広げた。作動速度域も時速約4~30kmだったところを、車両検知で時速約4~80km、歩行者検知で時速10~80kmまで拡大できている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1468476824/ 【マツダ、主力車種「アクセラ」を大幅改良 クリーンディーゼルを充実、ノック音もさらに低減へ】の続きを読む

    1: 野良ハムスター ★ 2016/07/15(金) 10:45:39.71 ID:CAP_USER9.net
    報道によると、ホーキング博士は米国シリコンバレーで行われる自動車に搭載したAI実験が成功すれば、人類にとっての終焉を意味すると警告。AIを搭載したロボットは人類と比べてより速いペースで進化する可能性があり、人類はロボットが何をしたいのかを予測できないと主張した。

    博士は6月末に米国CNN放送のトーク番組「ラリーキングNOW」に出演した際にも「AIの発展が(人類にとって)必ず友好的であるとは思わない」と指摘。「ロボットが自ら進化できるという重大なステップに達した時、彼らがわれわれ人類のような目標を持っているかどうかを確認することができない」と、AIによる反乱の可能性を警告した。

    ホーキング博士は過去にもAI技術の危険性について言及している。2014年、英BBCの取材に対して、博士は「AIを完全に開発したら、それは人類の終焉を意味する」と発言した。

    t_gqfgbwnzvxdhxqmxlcpq


    http://www.epochtimes.jp/2016/07/25897.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1468547139/ 【ホーキング博士、自動車へのAI搭載で「人類は滅びる」と警告】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ