サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    1: シャチ ★ 2015/10/31(土) 21:21:23.12 ID:???*.net
    佐賀新聞 10月30日(金)18時17分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151030-00010004-saga-l41

    起伏のある道路を車で高速走行して事故を起こし同乗者にけがをさせたとして、武雄署は29日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、西松浦郡有田町のパート従業員の女性(20)を佐賀地検武雄支部に書類送検した。わざと車体を浮かせ、下半身が浮いたようなスリルを味わう遊びをしていたとみられ、昨年5月の同法施行後、同様の危険運転での摘発は県内で初めて。

     同署によると、女性は5月25日午後8時45分ごろ、武雄市橘町の市道で、高校時代の同級生の女性2人を後部座席に乗せた乗用車を80キロ以上の速度で走行。橋が架かり起伏のある部分で車体が浮いた際に制御困難となり、電柱に衝突した。同乗者の1人が骨盤骨折で3カ月のけがなど3人とも重軽傷を負った。

     事故現場はクリークに架かる橋の起伏が連続する道路で、3人は速度を上げて走ると車体が浮くことを口コミで知って訪れ、別の同乗者も事故の前に同様の運転を数回繰り返したという。

     女性は「浮くのを楽しもうと思った」などと話している。同法は制御困難なスピードで走行してけがを負わせるのを罰則対象とし、同署は事故の状況や運転の危険性などから容疑を裏付けた。

    20151030-00010004-saga-000-4-view

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446294083/ 【道路の起伏を早いスピードで走ると車体が浮いてスリル味わえる…危険走行の20歳女性を書類送検】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/29(木) 13:05:49.35 ID:???.net
    http://rocketnews24.com/2015/10/28/656752/

    ecoo1

    2015年3月頃にネット上で注目を集めたバイクがある。その車両「zecOO(ゼクウ)」は、デザイナー根津孝太氏とオートスタッフ末広が手を組み、ほぼハンドメイドで製造販売を行っているモデルである。
    その見た目が大友克洋氏の漫画『アキラ』に登場するバイクに似ていることから、アキラバイクを彷彿させると話題になった。

    そのzecOOが、東京モーターショー2015にも登場した。実物を見るとやっぱりカッコイイ!! 
    しかもシートメーカーの「TSテック」と手を組み、車体に新しい仕掛けが施されているようだ。その仕掛けとは?

    ・自動運転車両
    今回のモーターショーの大きな特徴のひとつに、「自動運転車両」がある。来るべき未来、自動運転車両が一般的になることを見越して、各社がさまざまなコンセプト車両を発表しているのだ。

    もしも車が運転をしてくれるとしたら、ドライブはどういったものになるのだろうか? およそ想像もつかないことだが、いずれ本当にそんな未来が来るかもしれない。

    ・感情を理解するシート
    TSテック社は、自動運転車が実際に登場したことを見据え、車内空間をより快適にしてくれるシートを提案している。
    「『感情を理解する』シート」をブースで参考出展しているのだ。これは運転者の脳波を読み取ってシートの色を変化させたり、同乗者とより会話しやすいシートアレンジに変化したりするというものだ。

    運転の心配がなくなれば、車内環境が果たす役割は今までとはまったく違うものになるだろう。
    当然シートの役割もまた変わってくる。より快適な座り心地と居心地の良さが求められることになるのではないだろうか。

    ・zecOOのために開発されたシート
    そんな一歩先を行く同社と、zecOOを生み出した根津孝太氏「znug design」が手を組み、今までにないバイクシートを開発した。バイクが急加速すると、自然と体がのけぞってしまう。
    そこでそののけぞりを軽減するために、シート後部が自動でせり上がる工夫が施されているのだ。

    ecoo2

    一見地味な機能だが、zecOOにこそマッチする、独特なシートではないだろうか。それにしても、カッコイイバイクだ。
    いつか何もない真っすぐな道をひたすらに走ってみたい。そのためにはまず免許を取らないと……。

    ▼これが電気バイク「zecOO」
    ecoo4

    ecoo5

    ecoo6

    ecoo7

    ▼TSテックと共同開発したシートは、加速時に身体がのけぞらないように……
    ecoo8


    ▼シート後部がせり上がるようになっている
    ecoo9

    ecoo10

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1446091549/ 【漫画に登場するバイクのようなデザイン…電動バイク「zecOO」が東京モーターショーに登場】の続きを読む

    1: アンクルホールド(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 22:27:37.68 ID:chAOa+Om0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
    トヨタが第44回モーターショーで出展したクルマは、4世代目に突入したハイブリッド車「プリウス」をはじめとして2台目の燃料電池車(FCV)「FCV PLUS」のような“頭が良くて健康的な優良児”ばかりではない。
     ライトウエイト・スポーツの「S-FR」である。明らかにされたスペックは少々簡素過ぎるが、言わんとしているコンセプトは明確だ。
    「小さくて、軽く」が基本で、「エントリーカー」として「気楽に運転を愉しむ」クルマということ。

     少ない情報のなかでボディサイズは、全長×全幅×全高3990×1695×1320mm、ホイールベース2480mmだ。
    マツダ・ロードスターの3915×1735×1235mm、ホイールベース2310mmと比較するとボディサイズが想像しやすいはずだ。

     パワートレーンには触れていないが、フロントエンジン+リアドライブ、長めのホイールベースなので、いわゆるフロントミッドシップのFR方式のレイアウトを採用するのは間違いない。トランスミッションは6速マニュアルだ。
    4年前のモーターショーで展示した「トヨタ86」の発表でも同じようなメッセージが伝えられたが、「86」よりも、ずっと小さくて軽そうだ。

     搭載エンジンの情報はないが、1.5ないし1.6リッター程度のキャパシティの直列4気筒ならフロントミッドに搭載可能と思える。
    ショー会場の関係者がそっと漏らした「パワーウエイトレシオ6kg/ps」あたりが目標値というから、車重1tを切るほどの重量なら160ps以上必要となる。
     「FRのエントリースポーツ」として親しみやすさを訴求はするが、トヨタが培ってきたFRスポーツのノウハウは注入されるはずで、乗り心地が硬いスポーツではなく、しなやかに動く足回りを目指すとも。つまり、「86」と同じようなユーザーごとのカスタマイズを想定したクルマ作りとなりそうな予感がする。

    これで車両価格が200万円を切るなら、有望なコンパクトスポーツとして成立する可能性が高い。

    20151031-00000186-economic-000-1-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000186-economic-ind

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446298057/ 【東京モーターショー出展のトヨタ小型FR「S-FR」160ps以上で200万円以下で登場?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/31(土) 10:28:55.79 ID:???.net
    http://response.jp/article/2015/10/31/263269.html

    968567

    968568

    ついに『スーパーカブ』も電動化だ。ホンダブースに登場したコンセプトモデル『EV-Cub Concept』は、初代スーパーカブから続く「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承した近距離移動用パーソナルコミューター。

    「環境にやさしく」「世界中の人々に愛され、生活に役立つ」存在でありたいという想いとともに、初代スーパーカブの「扱いやすく経済的な二輪車」という考えを継承している。
    重量部品であるバッテリーを車体中央の低位置に配置し、優れた乗降性を確保するとともに、マスの集中化と低重心化を図り、取り回しやすさを追求。充電は、レッグシールド内側に配置されたプラグにより、家庭用コンセントで充電可能という気軽さ。

    また、バッテリー自体も着脱可能とすることで、より幅広いシチュエーションにも配慮し、カラーリングはクリーンなイメージと質感の高さを併せ持ったパールホワイトとした。
    さらに、『Super Cub Concept』も参考出品。EV-CubConceptが近距離移動を想定したコミューターであるのに対し、コチラは1チャージあたりの航続距離がより長い低燃費エンジンを搭載。

    初代スーパーカブの「やさしい曲面基調のスタイリング」をモチーフとしながら、よりシンプルに洗練させ、一目でスーパーカブと伝わるデザインとした。
    車体はHonda独自の使い勝手の良さを追求したレイアウトを継承。
    カラーリングは、キャンディーブルーメタリックとライトブルーパールの組み合わせとすることで初代スーパーカブを想起させながら、より深みと高級感のある色調としている。
    ホンダの八郷隆弘社長は「販売を前提に開発している」とプレスカンファレンスで述べた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1446254935/ 【ホンダ、電動スーパーカブを初公開】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/30(金) 22:40:27.81 ID:???.net
    http://jp.autoblog.com/2015/10/30/tesla-autopilot-approved-international/

    テスラCEOのイーロン・マスク氏は、自動運転システム「オートパイロット」の最新機能を提供するにあたって、各国の規制当局から認可が下り次第、米国以外の国でもこの機能を使えるようにすると言及していた。
    そして同氏は10月23日に、日本を除き申請を行った全ての国で認可を受けたことをTwitterで公表。
    これで世界各国にいるテスラのオーナーが、高速道路で少しだけ「モデルS」にドライブを任せることが可能になった。

    それに合わせて、もうすぐオートパイロットが1.01バージョンにアップデートされることも発表。
    このバージョンでは、フリート・ラーニング(ネットワークでつながったテスラの全車両から、リアルタイムでデータを受信し、学習して自らの機能を高める)の改善、荒れた路面でのレーン逸脱防止機能の強化、カーブでのスピード調節、よりスムーズな制御が実現するという。


    「オートパイロット1.01をまもなく配信。カーブでのスピード調節、スムーズな制御、荒れた路面での逸脱防止機能、フリート・ラーニング機能がアップデート!」
    ? Elon Musk (@elonmusk) October 23, 2015

    なお、半自動運転機能の「Autosteer(オートステア)」については、未だベータ版でテストしている状況だ。

    テスラは、同機能が作動中でもドライバーはステアリングから手を離さないよう注意を促している。もし、運転中にこの機能が混乱をきたしたり、ナビゲートできない道路に入ったりした場合は、ドライバーが運転を替わるように通知されるという。

    オートパイロットのアップデートで提供されるフリート・ラーニング機能は、色あせた道路標識などで起きるシステムエラーなどに対処するものだ。モデルSのドライバーが問題のある区間を走行すると、 この機能により標識や走行車線のマッピングが行われる。 

    qe8FCJC_s

    ※アニメーション画像
    http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/c595075d55a8fe33760ed25190f0eec/202855646/tesladrive1_v2.gif

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1446212427/ 【テスラの自動運転システム「オートパイロット」、日本を除く世界各国で認可】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/28(月)22:51:37 ID:nZs
    Daytona675
    街中で軽トラが通りかかると思わず振り返る
    daytona675_02

    VTR1000F
    道の駅に入るとハーレー集団とドゥカティ集団が振り返る
    76103110654

    引用元 http://anago.open2ch.net/test/read.cgi/bike/1443448297/ 【バイクの車種別あるある挙げていこうぜ】の続きを読む

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2015/10/24(土)20:59:26 ID:LY4
    >国内メーカー、事故減へ「自動運転車」開発にしのぎ 高齢者の需要見込み

     国内の自動車メーカー各社は自動運転車の開発にしのぎを削っている。
    車による交通事故を減らせるほか、高齢者の移動手段として需要が高まることを見込んだ戦略だ。

     警察庁が自動運転に関する法律上の課題の検討を始めたことに関し、メーカーからは「安全性を確保しながら、技術の発展と商品投入の促進につながる議論を期待したい」(日産自動車幹部)との声が上がった。

    (後略)

    国内メーカー、事故減へ「自動運転車」開発にしのぎ 高齢者の需要見込み
    http://www.sankei.com/economy/news/151023/ecn1510230036-n1.html
    2015.10.23 22:42 産経新聞

    BWwSTiACQAE-gRa

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445687966/ 【国内メーカー、事故減へ「自動運転車」開発にしのぎ 高齢者の需要見込み】の続きを読む

    おすすめ記事

    このページのトップヘ