img_9cee1c2bf2fffa2e0a6ef2c94ba97c9751746

BMWの2輪車部門BMW Motorrad(モトラッド)が、4月18日に新型の大型ツーリングバイク「R nineT」を発売します。

スポンサードリンク

R nineTはBMWモトラッド創業90周年を記念して開発された、排気量1169ccの水平対向2気筒エンジンを搭載した大型ツーリングバイクで、最高出力 81kW(110ps)/7,750rpm、最大トルク 119Nm/6,000rpm、価格は190万円(税金、諸費用除く)。

最大の特徴は、ユーザーが改造することを想定して設計されている点で、例えば、シートレールの後部が着脱可能となっているため、タンデムシート仕様やシングルシート仕様にも対応が出来たり、アクセサリーのアルミ製リヤシートカウルを装着すれば、カフェレーサーを想わせるスタイルにも対応出来るといった具合です。純正オプション部品も多数用意している他に、サードパーティのパーツメーカーにも改造部品やアクセサリの開発を促しています。

bmw-r-ninet-05 bmw-r-ninet-07 bmw-r-ninet-06

また、中嶋 志朗、富樫 秀哉、高嶺 剛、黒須 嘉一郎といった、日本を代表する4人のカスタム・ビルダーがR nineTの独自カスタムを手掛けるプロジェクト「BMW R nineTカスタム・プロジェクト」も開始しており、夏頃には4人が手がけたR nineTのカスタムマシンが公開される予定です。

BMW R nineTカスタム・プロジェクト
http://www.r9t.jp/
mainimage01