1:
韓国の自動車メーカー、現代自動車(ヒュンダイ)の高級車ブランド、ジェネシス(Genesis)は、4月に行われたニューヨークモーターショーで燃料電池車のコンセプトカー「GV80」を発表した。

コンセプトカーではあったが、競合各社に目指すべき方向を示すような車だった。燃料電池を大型SUVに搭載したのだ。

現在、アメリカの燃料電池車市場をリードしているのは、トヨタとホンダだ。だが、売り上げは伸びていない。燃料電池車には、水素ステーションの整備という莫大なインフラ投資が必要だが、アメリカでその投資を行っているのは、カリフォルニア州のみだからだ。

また両社の燃料電池車、トヨタ「ミライ」とホンダ「クラリティ」 はどちらも小型セダンだが、 アメリカではSUVの人気が上昇している。燃料電池をSUVに搭載することは、カリフォルニアのみならず、(環境への意識が高い)アメリカ北東部での燃料電池車の普及を目指す両社にとって、需要を喚起する最良の手段になるかもしれない。

ヒュンダイはGV80の仕様を発表していない。ちなみに同社がカリフォルニア州でリース販売している燃料電池車「ツーソン」の航続距離は265マイル(約426km)。

58ff91237522cacd008b62b3-w960

車のタイプだけが燃料電池車の普及のハードルではないことは明らかだ。自動車メーカーはインフラの整備を行うとともに、より広い普及に向けて消費者に技術をアピールしていく必要がある。

ヒュンダイがSUVに燃料電池を搭載したことは、正しい選択と言える。
自動車メーカーは、電気自動車で同じ戦略を取ろうとしている。SUVタイプの電気自動車はまだない。メルセデスとBMWの2社は、まさにSUVタイプの電気自動車を2020年までに導入しようとしている。
トヨタはユーザーのニーズに対応するために、SUVタイプの燃料電池車を検討していると述べている。

ヒュンダイのGV80は実用化されないかもしれない。だが、高級SUVが普及への大きな一手となることを燃料電池車に関わる者に示した。
https://www.businessinsider.jp/post-33527

引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495392798/

スポンサードリンク

3:
ついに車も韓国に負けちゃうの?

6:
>>3
SUVを作れという話、センセーショナルなタイトルにしただけ

5:
コンセプトカーと実際に売ってる車比べるなよwww
そんなの勝てるわけねぇwwwww

7:
EVは都市向けだよな
SUVが燃料電池車に合ってるっていうのは理に適う

9:
せめて実際に走らせることが出来てから例として取り上げろよ

11:
>ヒュンダイのGV80は実用化されないかもしれない

市販車とコンセプトカーを直接比較するとか馬鹿にも程がある
頭湧いてるなこいつ

13:
トヨタがなんでセダンにしたかってSUVにすると
信じられんムチャをしやがるやつがいるからだろ

22:
ヒュンダイの技術真似たら爆発するだろ(笑)、いいジョークだわ
ほんと、日本になりたいんだなあ、哀れ

25:
なぜトヨタが燃料電池車の技術を特許フリーにしたかを

考えてから記事を書きなさいね。

28:
アメリカでは月500ドルで距離乗り放題のリースなんだな
https://www.hyundaiusa.com/tucsonfuelcell/index.aspx
これ、日本でやれば乗りたい人いるだろ?
ヒュンダイのバスを輸入してる会社とかで営業車に使えば
かなり宣伝になると思うけど

61:
>>28
距離無制限、しかもディーラーの人が無料でピックアップして
水素を補給しておいてくれるってのは魅力的だけど、とはいえ
3年間で180万円以上が掛るし見た目も非FCVと大差無いんだろ?
i8みたいなスポーツカーならリースしてみたいけど、普通のSUVや
セダンじゃなぁ……

29:
ホンダよりヒュンダイのほうが生産台数多いんだけどな

46:
>>29
ヒュンダイ単体とだとホンダのが多いだろ。しかも最近のヒュンダイは販売落してるから絶好調なホンダに今年はさらに差をつけられそう

35:
また始まった

36:
その前にディーラー増やせば?
販売とメンテどうするんだ?

71:
>>36
ディーラーも何も日本市場から撤退してるでしょ、売れてしまった(www)クルマのメンテは悪縁の三菱ディーラーで仕方なくやっている。三菱のモータープールに稀にソナタとかGSとか停まっててどんな奴のクルマと聞くと民団の幹部とか言ってて笑ってしまう。

38:
仕様さえ発表してないコンセプトカーにどう負けるというのか

41:
>>1
セダンに組み込むことができたら、いろんな車種に展開できるからセダンで商品化した。
ホンダもトヨタもFCV開発黎明期はSUVで開発してた。

43:
>>1
実用化されないんかいw
なんちゅーオチや

48:
SUVがFCVにあっているというのは事実、ヒュンダイの方が現実的な考えだ。
何故かと言うと、SUVは車高を高くできるから嵩張る水素タンクの収納が容易になる。
それに比べてミライやクラリティは無理にセダンに詰め込んだため、水素タンクが車内やトランクのスペースを圧迫して非常に狭くなっている。
特にトランクルームの狭さは顕著だ。

49:
>>48
まあでもSUV天国な米国でもツーソンFCVの4月販売成績はこんなもん
1.ミライ    106台
 2.クラリティ   34台
 3.ツーソン     5台

65:
>>49
そら企業の格と信頼性が段違いだからな

ヒュンダイのこのコンセプトカーは話にならないとして

トヨタがSUVで燃料電池とプラグインを本気で作れば、売れるかもな

50:
国産メーカーも燃料電池の試作車はほとんどSUVだよ
つまり発展途上の燃料電池技術だとSUVサイズのボディにしか乗せられないの

51:
>>1
まさか、トヨタがSUVであるRAV4をベースにFCVの開発やっていたのに
最初の市販車を普通のセダンにこだわった理由も知らずに自動車評論
やってるの?

58:
>>1
トヨタが燃料電池車の特許を公開したんじゃなかったっけ?
それで韓国も作れるようになったんだろ

69:
>>58
それ、韓国人がFCVは韓国が一番長く研究開発していると主張してる並みに
間違った認識。
燃料電池自体はオットーサイクルよりも前に誕生していて、宇宙開発関連で
実用化された。ただ、自動車に積めるような固体高分子系燃料電池は
カナダのバラード社が開発に成功したことから実用化の目処が立ち始める
訳で、トヨタやホンダも最初はバラード社のFCスタックを使っていたはず。

トヨタが無償公開した特許はFCスタックの製造、システム制御、高圧水素
タンクの三つが大きな柱だが、それぞれ注目されるのは白金の使用量を
1/3に減らしたFCスタックの構造原理、シミュレーター構築が出来るレベルの
システム制御情報、そして樹脂化で大幅に軽量化した高圧水素タンクの構造。
裏を返せば、高いFCスタックや重い水素タンクを許容してシステム制御をトヨタの
特許に触れない方向性で構築すればFCVを作ること自体は決して難しくなく、
販売価格を高くして利益率を下げれば車両を製造販売できる理屈。

64:
コンセプトカーまでは日本もぶっ飛んだの出すよなコンセプトカーまでは