1:
timthumb

ホンダ・シビック・タイプRプロトタイプ、国内試乗

文・ジム・ホルダー 

あらかじめ言っておくが、このレビューでは結論は出せない。多くの開発費と時間を費やして誕生したクルマを、垣間見える片鱗だけで判断するのはわれわれの流儀ではない。

はじめて走るサーキットで、様子をみながら、わずか2ラップ走っただけでは、自身が本当にちゃんとした走りができたのかどうかを判断することもむずかしい。

旋回時のスピードが速すぎるとリアが出る。旋回時にアクセルを開けすぎると、おもしろいほどにリアは出るが、唐突ではない。

それにしてもこのグリップ。旋回時に頑張っても、アクセルに置いた足はそのままでよい。タイヤやステアリングは、もがくが、心配することはない。

そして、絶え間なく続く、ステアリングからのフィードバック。足元で起こっていることが、手に取るようにわかる。

すごいのは、私の横に座る事になった、気の毒なエンジニアである。勢いよく繰り出し、ハードなブレーキングや全開加速を繰り返し、試乗車をこれでもかと酷使しても、顔色ひとつ変えることもなかった。

反対に、彼は笑顔を見せたかと思えば、たまに笑ったりもしたが、ちょっとミスしたな、と思った時に、メモを取っていた。果たして私の成績はどうだったのか、結果を知るのが怖い。もう呼ばれないかもしれない。

彼がメモを整然ととることができたのは、よくできた、スポーツシートのおかげでもあるだろう。試乗を終えたドライバー達は、口を揃えて、このタイプRに乗ることは苦行ではなく快楽であると自信をもって語った。

ロールやグリップ、スタビリティに妥協があったのかどうかを確かめるためには、わたし程度の技量では無理である。日本人のジャーナリストと呼ばれるひとは、いつもこの程度の時間でクルマの善し悪しを見極めているのだろうか? だとしたらすごい。

https://www.autocar.jp/firstdrives/2017/06/12/224278/

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497250196/

スポンサードリンク

2:
なんという雉だ

4:
ズバっと切られてて草生える

5:
運転する場所がないからな

6:
もっと走らなきゃわかんねーだろと言ってる

7:
皮肉か

8:
これみる限り新型はオーバーステア寄りのセッティングなのか?FK2は何が何でもリアを出させないセッティングだったが。

9:
親方がサイドブレーキのテクニックみせてくれるんでないの?

11:
???「センパイ!オレぢゃね~っすから。念為」

13:
嫌味だなw

14:
褒め殺しに聞こえる

17:
ホンモノの評論家は開発前から善し悪しが分かる

19:
まあ、外車は壊れやすいから三ヶ月は乗らないとわからないよな

20:
日本でもそこそこ走って判断しているよ。
ディーラーでの試乗程度で記事を書く人なんてまずいない。
半日以上乗りまわして記事を書く人が殆ど。
比較試乗や実燃費レポートなどもあるのでキチンと距離は走ってる。

22:
正直なところサーキットで限界走行されても
その性能なんて何の役にも立たないんだよな。
60km/h前後でどれだけ快適に走れるかって方が
重要なのよ。

23:
評論なんて誰でも出来る簡単なお仕事、それが的を得てるとかあまり関係ない

26:
完成原稿は乗る前にトヨタから渡されてるけどね

27:
アウディの1600kgが軽くて
日産の1600kgが重い

そう書けば良いんやから楽なモンやで

28:
乗る前から書く雉の内容の方向性は大体決まっていて、結論ありきだからな

29:
発売されてない車がカー・オブ・ザ・イヤー取ったりな。

30:
本物ならメーカー名だけで良し悪しを判断できる

31:
ん?じゃあどうすりゃ満足なの。何十年も乗り込んで結論だせってか?
そういうのは現実的じゃないかなぁ・・・少し乗っただけで判断つくことも多々あるのは事実
結局アメリカの車買ってもらえないからってイラついてるんだろうねこの人

35:
評論家「値段を見ればわかるだろ」

39:
3万キロ走行くらいでキーキー、カタカタいうのは困る。

40:
日本だとレビューじゃなくてインプレだもんな

43:
そこらの出版社に勤めてた人とかがやってるもんな
せめてレースくらいやってたとかでもないしな

49:
>>43
レーサー目線で書かれても一般人には全く無意味なレビューなんだけどなぁ

44:
アメリカだってチョロっと乗っただけで評論してんじゃん
こいつ上から目線だけど欧米だろうと日本だろうと自動車評論家と言われる人種はどれも同じ穴の狢

48:
乗らなくてもわかりますよ
メーカーから資料もらえますからね

52:
うどんが主食とかいうぐるなびの評論家が賄賂もらってるのバレて逃亡したけど
自動車評論家はクリーンだなあ~

53:
答えがあることに皮肉を言うのは効果的だが
答えが無いことに皮肉を言っても「お前が無能なだけじゃねw?」で終わりだよ。

56:
ニュー速の奴らなんか、乗ってないのに評論出来るからな。

57:
彼らは評論家じゃないよ
持ち上げ屋

59:
徳大寺は前年絶賛してた車を翌年ボロカスに言ってた。
年間通して乗ってみての、それも評論なのかw

60:
ドイツ車だと乗る前から八割ぐらい書き終わってる評論家ばっかやん

61:
日本の評論家はかなり偏ってる人が多い。雑誌に記事を書くのが職業だから常に自分の評価が
落ちない書き方になる。自動車に限らないだろが音楽にしろ映画にしろ「?」の人が多い。
出来上がった自分のスタンスを維持するためにあら探しをしたり、同業者より優位に立つため
つまらないことを大げさに語ったりする。「凄い!」は皮肉だと思うよw

66:
本物の評論家はエビ・カニで決まるんだよ!

67:
世界一有名な自動車評論家のジェレミー・クラークソンの自動車レビューは8割がたその車と関係ない話をしてる

70:
ジェレミー「・・・今まで乗ったクルマの中で、これが、最高だ。」

83:
最初から気に入らない部分をボロカスに書く人は多少マシかもね

84:
日本車重い:もっと軽量化しろ     外車重い:剛性感がある
日本車軽い:剛性不足          外車軽い:剛性十分
日本車高い:ボッタ栗           外車高い:妥当
日本車安い:安物             外車安い:バーゲンプライス
日本車ハイパワー:無駄         外車ハイパワー:刺激的
日本車ローパワー:物足りない     外車ローパワー:必要十分
日本車派手デザイン:恥ずかしい    外車派手デザイン:素晴らしい
日本車地味デザイン:華が無い     外車地味デザイン:シンプルイズベスト
日本車低燃費:エゴ            外車低燃費:エコ
日本車高燃費:こんな時代に全く…  外車高燃費:気にしない
日本車頑丈:それだけが取柄      外車頑丈:完璧
日本車故障:ポンコツ           外車故障:それも愛嬌
日本車オーバーステア:危険な車   外車オーバーステア:楽しい車
日本車アンダーステア:退屈な車   外車アンダーステア:安心な車
日本車パクリ:ポリシー無いの?    外車パクリ:こっちが先でしょ?
日本車脚硬い:乗り心地悪い      外車脚硬い:スポーティ
日本車脚柔かい:フニャフニャ     外車脚柔かい:乗り心地良い
日本車排気音大:うるさい        外車排気音大:やる気にさせる
日本車排気音小:歩行者危ない    外車排気音小:優れた静粛性
日本車高評価:メーカーの犬      外車高評価:当然
日本車低評価:当然           外車低評価:車音痴にはわからない

91:
>>84
このコピペいつ見ても笑えるな

107:
>>91
でも、ちょっと前までは本当にこのコピペ通りだったんだよな。
VWがやらかしてからは随分と変わったけど。

85:
日本市場で勝てないと今度は評論家が悪いと言い出す始末
欧州メーカーは羽振りが良く高級ホテルや飯付きだからデタラメな事を書く
これも通用しなくなってきたんだな
いい加減、走りの良さや安定性とか言うならセンサー開発して数値化しろよ

86:
仕方ないだろ 金貰ってステマしてるだけなんだから