1:
59d4abdc85600a55af30720f

 大胆にも「クリミア」と命名された、ピカピカの新型コンバーチブルは、見た目は、ポルシェ・ボクスターやロータスに似ているが、お値段はお笑いの、たった約120万円。実は、これはロシア国産車「ラーダ」をベースにしているのだが、誰も決してそうは思うまい。

 このロシア国産コンバーチブルには、VIP、平均、エコノミーの、3つの異なる価格帯がある。外国の類似のモデルとは違って、価格のカテゴリーごとに、基本デザインのバリエーションの範囲を越えた、機能的な差異がある。例えば、VIPモデルは、より重くて、より強力なエンジンを備えている。

 とはいえ、「より強力なエンジン」という売り言葉は、あまり真に受けないほうがいいかも。マスコミ報道によれば、この新型車の排気量1.6Lのエンジンは、ささやかな106馬力しかない。車の軽量さ(900kg未満)が、馬力不足を補いはするものの、この“スポーツカー”が100 km/hに達するまでには、8.5秒もかかる。

 で、今のところ、エンジニアたちは、このスポーツカーの需要を把握し、それに応じて価格帯とデザインを調整しようとしているが、マスコミのほうは、新型車の価格を11000㌦(約120万円)と見積もっている。

https://jp.rbth.com/science/79203-sportcar-crimea

引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1507289934/

スポンサードリンク

2:
軽より安いじゃん

5:
日本に工場作って生産してくれや

9:
日本で売るなら200万超えるんでしょ どーせ

12:
なぜ2色なんだ
黄色一色ならほしいな

13:
修理どうなるかだよな…

14:
やべ
超欲しい

18:
なかなかかわいくていいデザインだな
エンジンは非力でもいいでしょ
軽量ってだけで十分楽しいと思うよ
俺なら軽トラ買うけど

21:
ビートの顔を昔のオデッセイにしたような感じるだな。

22:
ウォッカで動きそう

25:
0-100が8.5秒じゃイライラするだけだろ

29:
ええやん、思ったより悪くない
汁が分厚いのも返って良い
まあ、エンジンはクソだけどな!

32:
めっちゃいいやんけ
エンジンさえよければビート再来

34:
安全性とか皆無でいいからCR-Xの再販してくれ

35:
事故ったら木っ端微塵になるんだろ

41:
>この“スポーツカー”が100 km/hに達するまでには、8.5秒もかかる。

まぁ、遅いっちゃ遅いけど、プリウスよりは速いし
なによりFRってのが良いな

42:
1.6Lで106馬力ww

43:
俺もロシアのトラック買いたかったけれど、排ガス規制でダメになったんだよ
何年か前なら買えたのに

50:
見た目はわりとええよ

51:
高速道路走ってると分解するんじゃね?