20140615aa

今月5日に台湾の高速で日産GT-Rが接触事故を起こし台湾当局が詳しく調べた所、このGT-Rはフェラーリ458・スパイダーとの激しいバトルを行い危険な運転をしていた結果、事故を起こしていた事が判明しました。

スポンサードリンク



後続車が撮影していたドライブレコーダーの映像を見ると、まず物凄い速度で走行する日産GT-Rと白のフェラーリ458スパイダーが確認できます。そして車線に強引に入ってきたフェラーリを避けようとしたGT-Rがコントロールを失い、結果セダンに接触してしまいました。幸いなことにこの事故で怪我人は出なかったようです。

台湾当局がナンバーを元に、事故を誘発し走り去ったフェラーリの所有者を特定したところ、運転していたのはなんと台湾の大手デジタルカメラメーカー「普立爾」(プレミア)の前会長・黄震智氏(64)であることが判明、さらにGT-Rの運転手も60代であることが報道されました。

20140615a

黄震智氏は大のフェラーリ愛好家として知られ、台湾でのディーラーの役員も勤めていたそうですが、あわや大惨事となりかねなかった今回の事故に、社会的にも地位のある「いい年」した大人が…と、現地でも呆れられているようです。