サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > スバル

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/14(金) 21:37:04.418 ID:obOxGaJY0
    400万以下だしさすがだわ
    どこかのガラガラディーゼルや超音波みたいなハイブリッドとは格が違う

    levorg20GT-S14411-900x507

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1560515824/ 【今だに2000cc300馬力のステーションワゴン売ってるメーカーwwwwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/13(木) 19:53:22.661 ID:1zD5rYKTa
    トヨタのやつこれまでコケにしやがってマジ許さねぇからな


    p1

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1560423202/ 【トヨタがプリウスでやらかした今スバルが覇権をつかむ時だな】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 2019/06/06(木) 19:09:55.41 ID:WKJHLotj9
    トヨタとスバル 電動SUVを共同開発へ 2020年代前半販売を
    2019年6月6日 17時19分電気自動車

    世界の自動車メーカーの間で電気自動車の開発競争が激しくなる中「トヨタ自動車」と「SUBARU」は、SUV=多目的スポーツ車の電気自動車を共同で開発することで合意し、2020年代前半までの販売を目指すことになりました。
    発表によりますとトヨタとSUBARUは電気自動車専用の車台を開発した上で、SUV=多目的スポーツ車の電気自動車を共同で開発することで合意しました。

    トヨタがハイブリッド車などで培ってきた電動化の技術とSUBARUが得意とする全輪駆動の技術を組み合わせることで競争力のある電気自動車を開発したいとしていて、2020年代前半までにSUVの人気が高まっているアメリカ市場などへの投入を目指すとしています。

    両社は共同開発によって電気自動車の開発期間の短縮やコストの低減も図りたい考えで、将来的にはセダンなどほかの車種の開発も検討することにしています。

    世界の自動車メーカーの間の開発競争が激しくなる中、トヨタは2020年代前半までに10車種以上の電気自動車を販売する計画を示していて、電気自動車の開発を今後一段と加速させる方針です。

    K10011943251_1906061714_1906061719_01_02

    NHK NEWSWEB
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190606/k10011943251000.html

    トヨタ・スバルがEV共同開発 SUVタイプのEVが両ブランドから誕生
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-00010006-kurumans-bus_all

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559815795/ 【【全固体電池くるか?】トヨタとスバル、SUVタイプのEVを共同開発へ…2020年代前半の販売を目指す】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/31(金) 17:40:12.445 ID:lZxTLM4Ua
    CVTになったしオタク受けしない車になった

    K0000914961

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1559292012/ 【インプレッサとかいうオタク向けからファミリー向けになった車】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/05/14(火) 21:11:16.62 ID:PSfCS5c99
    スバルは2019年5月14日、スポーツセダン「WRX S4/STI」の改良モデルを発表した。同年6月27日に販売を開始する。

    今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40km/hから30km/hに変更するとともに、すべてのドアがロックされていない状態においては、アクセスキーを持っていなくてもトランクを開けられるよう仕様変更されている。

    今回の主な変更点は以下の通り。

    ・ボディーカラーをダークグレーメタリックから新色マグネタイトグレーメタリックに変更
    ・WRX S4 STI Sport EyeSightのフロントグリルにメッキモールを追加
    ・WRX S4 2.0GT-S EyeSightの18インチアルミホイールの色をダークガンメタリックからブラックに変更
    ・WRX STI全車のフロントフォグランプカバーを新デザインに変更
    ・WRX STIタイプSに19インチ切削光輝アルミホイールを採用
    ・ハイビームアシストが作動する車速を変更(40km/h→30km/h)
    ・トランクの開閉方法を変更

    ラインナップと価格は以下の通り。

    ・WRX S4 2.0GT EyeSight:336万9600円
    ・WRX S4 2.0GT-S EyeSight:373万6800円
    ・WRX S4 STI Sport EyeSight:409万3200円
    ・WRX STI:386万6400円
    ・WRX STIタイプS:406万0800円

    (webCG)

    2019.05.14
    https://www.webcg.net/articles/-/40889

    WRX STI
    img_d5d495f8d7c2b20480b92aac1efa06ef260298

    img_dd7a205397c1cd1f593e9a099765256c262391


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557835876/ 【スバルが「WRX S4/STI」の改良モデルを発表】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/09(木) 19:55:29.785 ID:vMWthanqd
    いや、オフ会するような車じゃないよねwww

    maxresdefault (22)

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1557399329/ 【スバルのインプレッサG4乗りたちがオフ会しててクソワロタwwwwwww】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/05/08(水) 21:14:35.73 ID:Ll5totPr9
    スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。

    今回の改良では、ハイビームアシストが作動する車速を従来の40Km/hから30km/hに変更し、ボディーカラーに新色のマグネタイトグレー・メタリックを導入。さらに特別仕様車も新設定している。

    特別仕様車は、「1.6/2.0STI Sport EyeSight」をベースとした「ブラックセレクション」と「1.6GT-S EyeSight」をベースとした「アドバンテージライン」の2モデルで、主な装備は以下の通り。

    【1.6/2.0STI Sport EyeSightブラックセレクション】
    ・225/45R18タイヤ&18インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
    ・ブラックカラードドアミラー&カラードドアハンドル
    ・ウルトラスエード/本革シート(ブラック、レッドステッチ/アクセスキー対応運転席シートポジションメモリー機能付)
    ・スライド機構付きコンソールリッド(ブラック+レッドステッチ)
    ・ドアトリム/ドアアームレスト(ブラック+レッドステッチ)
    ・フロントコンソール(ブラック、レザー調素材巻き+レッドステッチ)
    ・レカロフロントシート+運転席8ウェイパワーシート(メーカー装着オプション)

    【1.6GT-S EyeSightアドバンテージライン】
    ・アイサイトセイフティプラス(運転支援)[スバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付き)]
    ・アイサイトセイフティプラス(視界拡張)[フロント&サイドビューモニター/スマートリアビューミラー]
    ・18インチアルミホイール(ブラック塗装)&225/45R18タイヤ
    ・ブラックカラードドアミラー(フットランプ付き)
    ・ブラックカラードドアハンドル
    ・「LEVORG」リアオーナメント(ラスターブラック)
    ・「シンメトリカルAWD」リアオーナメント(ラスターブラック)
    ・ブルードレープ調+クロームメッキインパネ加飾パネル
    ・ウルトラスエード/本革シート(ブルーアクセント、ブルーステッチ)
    ・専用ボディー色:クールグレーカーキ

    特別仕様車を含むラインナップと価格は以下の通り。
    ・1.6GT EyeSight:286万2000円
    ・1.6GT EyeSightスマートエディション:294万8400円
    ・1.6GT EyeSight Vスポーツ:307万8000円
    ・1.6GT-S EyeSight:307万8000円
    ・1.6STI Sport EyeSight:356万4000円
    ・2.0GT-S EyeSight:361万8000円
    ・2.0STI Sport EyeSight:405万円
    ・1.6STI Sport EyeSightブラックセレクション:356万4000円
    ・2.0STI Sport EyeSightブラックセレクション:405万円
    ・1.6GT-S EyeSightアドバンテージライン:334万8000円

    (webCG)

    2019.05.08
    https://www.webcg.net/articles/-/40860

    レヴォーグ
    img_7fdb4b4aedcc1c819244451232674bf3224291

    img_c4698699b97f308ad93e2c722614af9e210733

    img_2ab2bf0d6e2c696b48f504cafc6c635b258671

    新色のマグネタイトグレー・メタリック
    02_l

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557317675/ 【スバルが「レヴォーグ」がマイナーチェンジ…特別仕様車2モデルも】の続きを読む

    このページのトップヘ