サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > スバル

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/08(金) 19:56:33.68 ID:CAP_USER
    SUBARU(スバル)の米国部門は2月7日、米国で開幕したシカゴモーターショー2019において、新型『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』に相当)を初公開した。

    現行レガシィは2014年2月、米国で開催されたシカゴモーターショー2014でワールドプレミアされた。現行の6世代目モデルは、走行性能や居住性、視界などの機能を向上。さらに、フラッグシップモデルに求められるデザインや質感を備えたミッドサイズスポーツセダンとして開発された。シカゴモーターショー2019で初公開された新型レガシィは7世代目モデルだ。5年ぶりにモデルチェンジを受けて登場した。

    レガシィらしさを保ちつつ新しさを表現したエクステリア
    エクステリアは、動きを感じさせるスリークなシルエットを描きつつ、厚みや立体感を持たせたボディパネルで、躍動感とたくましさを同時に表現した。フロントは、スポーティさを表現するフレームレスのヘキサゴングリルを装備。ワイドなロアグリルと逆Cシェイプに囲んだフォグランプベゼルを採用した。LEDヘッドライトを全車に標準装備する。

    フロントバンパー同様のワイドモチーフをリアにも導入。トランク内側部分まで発光するCシェイプを強調したテールランプとした。ボディサイドは、スムーズなシルエットと勢いのあるウィンドウグラフィックとの組み合わせにより、スピード感を表現。フェンダーの張り出しやホイールアーチのアクセントにより、力強さを演出する。ボディサイズは、全長4840mm、全幅1840mm、全高1500 mm、ホイールベース2750mmだ。

    インテリアは、上質で革新的なパーソナルな室内空間を目指した。質感の高いデザインと進化したパッケージングによるゆとりあるスペースに、高い機能を持つ先進装備を組み合わせる。拡大したフロントガラスと、インストゥルメントパネル中心部からドアパネルまで連続する長い線のモチーフにより、伸びやかで開放的な雰囲気を追求した。

    3面構成のインストゥルメントパネルの一部に、シートと同じカラーを採用することで、開放感も演出する。フロントガラスを前方に、フロントドアガラスを外側に広げることにより、クラストップレベルの視界を確保。先代比で伸びた全長を、後席と荷室に割り当てることで、後席スペースの快適性と、荷室の使い勝手を向上させている。トランクには、スーツケース4個が積載可能だ。

    11.6インチの縦型ディスプレイにインフォテインメントを集約
    新型には、最新の車載コネクティビティを採用する。11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムを装備した。大画面に集約したさまざまな情報を、スマートフォン同様の感覚で快適に操作できるようにした。

    Apple「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」に加えて、「SUBARU STARLINK」を拡充。新たに「SmartDeviceLink」に準拠したアプリに対応させており、スマートフォンのOSを問わず、多様なアプリが利用できる。緊急通報など従来からの安全機能に加え、Wi-Fiホットスポットやリモートエンジンスタートなどの機能で利便性を充実させたテレマティクスサービスを用意した。

    最新バージョンのアイサイトを全車に標準装備
    新型では、先進運転支援システムの「アイサイト」の最新版を全車に標準装備した。米国仕様としては初めて、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御(アイサイト・ツーリングアシスト)を採用。フロントガラスにLEDの光を投影し、アイサイト作動状態を直感的に知らせるアイサイトアシストモニターも導入する。

    また、ドライバーの居眠りや脇見運転検知に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整するドライバーモニタリングシステムも装備した。後退時自動ブレーキにより、車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減。後側方警戒支援システムにより、自車後側方から接近する車両を検知し、音と表示で警告する。フロントグリル下部に装備したカメラの画像により、車両前方の死角を減らすフロントビューモニターも装備している。
    以下ソース
    https://response.jp/article/2019/02/08/318925.html

    1383682

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549623393/ 【スバル新型「レガシィ」 世界初公開。最新アイサイト搭載】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [RU] 2019/02/08(金) 10:34:29.75 ID:xm6AIyLR0 BE:837857943-PLT(16930)
    4290b9569dd22f59f2b7e56b6b2ec2df

    4f7ac6cec8eb10fdb930e135c64201b0

    まるでジグソーパズルみたいだ。数年前からスバルがハイブリッド作りに挑んでいるけど、どこまで進められたか、日米での開発状況や市販モデルを同時に見なければ、そのパズルの全体像が見えない。でも、その真実を探ってみると、次期WRXのPHEV仕様に生まれ変わることがわかる。

    スバルが2013年にXVハイブリッド、いわゆるマイルドハイブリッド車を出している。言い換えれば、なんちゃってハイブリッドだった。逆に、ハイブリッドというより、「電動アシスト付きガソリンエンジン」と呼んだ方が正しいような気がする。同ハイブリッド車のメリットは、静かなEV走行ができるというより、 あくまでも燃費効果で、XVが登場した当時、20km/Lとガソリン仕様より30%ほど伸びていた。

    それはある意味で、「4WDの走りは楽しいけど、燃費がライバル車と比べてそれほど良くない」スバルにとって大きな進歩だった。
    水平対向エンジンと4WDシステムという独自の技術をずっと培ってきたスバルから見れば、XVのハイブリッドも独自で開発しなければならない。
    同車はハイブリッド第一弾というか、最初の実験だった。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/25366

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549589669/ 【次期スバルWRXはターボ付きPHEVにwwww】の続きを読む

    1: 孤高の旅人 ★ 2019/01/23(水) 05:17:06.30 ID:P2c7vK2A9
    img-index-outline
    スバル、国内生産止まる パワステに不具合で納車遅れも
    2019年1月23日03時02分
    https://www.asahi.com/articles/ASM1Q5FD6M1QULFA022.html?iref=comtop_8_03

     スバルが16日から、国内唯一の完成車工場である群馬製作所(群馬県太田市)の操業を停止していることがわかった。部品メーカーから調達している主要部品に不具合が見つかり、不具合の原因の調査が進まずに部品の供給が滞っているためという。影響はすでに1万台以上にのぼるとみられ、顧客への納車にも遅れが出ている。
     スバルが22日、朝日新聞の取材に対して明らかにした。ハンドル操作を助ける電動パワーステアリングに、今年に入って不具合が見つかった模様だ。群馬製作所は昼夜2交代の生産体制をとっており、16日夜から操業を停止した。日曜で休日だった20日を除き、22日まで生産は再開できておらず、23日も生産を止める。国内の完成車生産がすべて止まる事態に陥っており、本格的な操業再開のめどは立っていない模様だ。

     群馬製作所では、小型車「インプレッサ」、SUV(スポーツ用多目的車)「フォレスター」、トヨタ自動車ブランドの「86(ハチロク)」など9車種を生産している。不具合が見つかったパワステは生産車種の大半に使われているとみられ、スバル独自の性能基準を満たす代替品をすぐに調達するのは困難な模様だ。

     スバルは問題の部品について「現在原因を調査中で、詳細に関してはコメントできない」としている。


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548188226/ 【スバル、パワステ不具合で国内生産止まる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [CN] 2019/01/08(火) 22:35:30.41 ID:KFG549f40● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタ・86、スバル・BRZの次期モデルの開発が進められている。
    販売期間8年のタイミングとなる2020年に2代目モデルにフルモデルチェンジされる見込みである。
    次期モデルもトヨタとスバルの協業体制により開発製造が行われる。ボクサーエンジンも引き続き採用されるが、現行型のFA20型 2.0L NAから、次期型はFA24型 2.4L NAへと排気量アップされる可能性が高い。
    スバル北米アセントに搭載される2.4LターボエンジンをベースにNA化させた仕様が想定される。
    (画像は現行86)
    https://car-research.jp/tag/86

    carlineup_86_grade_3_01_pc_s

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1546954530/ 【次期86&BRZ開発中、FA24型2.4L NAエンジン搭載の可能性】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/31(月) 21:24:22.921 ID:CATVAwfnp
    雪国住みだから文句なしだと思うんだが

    K0001054805



    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1546259062/ 【フォレスターって車欲しいんだけどこの車のダメなところってどこかある?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/12/10(月) 10:28:13.94 ID:h7wCjYwH0 BE:837857943-PLT(16930)
    噂されている、スバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州エージェントから入手した。

    キーワードは、「VIZIVシリーズのフロントマスク」、「専用のスポーツグリル」そして「アウディR8を彷彿させる攻めたボディスタイル」だ。
    Spyder7スクープ班では、早速その情報を元に予想CGを制作した。

    期待するのは、ロー&ワイド感たっぷりのシルエットをまとった本格的ミッドシップスポーツだ。最大の特徴はサイドからリヤまで大胆にえぐったキャラクターラインで、リヤ周りにも立体感を持たせると共に、リヤのワイド感に効果を持たせる。フロントもシャープなイメージを待たせたグリル&吸気口。
    また、ヘッドライトライトも最新のVIZIVデザインの流れをより進化させた。

    もちろん、最大の注目はこのミッドシップスポーツが実現するかだ。スバルには、新型ホットハッチの開発情報もあり、独自にいくつもの新型車を開発するのはコスト的に無理があるだろう。そこで予想されるのが、トヨタとのタッグだ。北米トヨタは2021年までに19車種の新型車を市場へ投入すると発言しており、その中で『MR2』復活も有力とされている。タイミング的にはミッドシップ・プラットフォームを共有する可能性があるかも知れない。

    パワートレインは、『レヴォーグ』と共有する1.6リットル水平対向4気筒ターボエンジン+電気モーターのハイブリッドモデルで、最高出力は300psを超えると予想される。スバルは、今後ハイブリッドモデルを強化していくと見られており、有力な情報と言える。

    開発が順調に進めば、2020年から2021年が初公開のタイミングとなりそうだ。

    https://response.jp/article/2018/12/10/317016.html#cxrecs_s

    1366630

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544405293/ 【またスバル&トヨタがタッグ それが伝説の「MR2」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/12/09(日) 10:07:13.16 ID:r+/m0pMa0
    トヨタ←子会社のダイハツが製造
    日産←三菱と合同会社立ち上げて生産

    スバルとマツダが作らない理由ってなんや?


    img_b5bdc39743bed6d4777c297b7e4c3b06208048

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1544317633/ 【スバルとマツダが軽自動車を作らない理由www】の続きを読む

    このページのトップヘ