サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > スバル

    1: 風吹けば名無し 2019/12/05(木) 02:39:23.58 ID:wip7zSHI0
    通ぶりたい自動車オタクが絶賛してたやん
    SUBARU

    History-of-the-Mazda-Logo-630x420

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1575481163/ 【スバル、マツダとかいういつの間にかオタクから嫌われた自動車メーカーwww】の続きを読む

    4HA12bQJIGJagsLe

    【【動画】アクセルワイヤーが切れたスバル360の驚きの対処方法】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/15(火) 20:09:31.576 ID:o6s3skx50
    パドルシフト付ターボで荷物詰めれてアイサイトの機能ほぼ入って安全

    yk_subarulevorg01

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1571137771/ 【煽り抜きでマジでレヴォーグって攻守最強の車じゃね?】の続きを読む

    1: 白戸家一家(兵庫県) [CH] 2019/10/09(水) 23:50:48.20 ID:uh5GIQ860● BE:423476805-2BP(4000)
    現行型レヴォーグは2013年の東京モーターショーでデビューしたモデル。

    あれから6年が経過するタイミングとなっており、スバルから次期レヴォーグを予告するティザー画像一枚が公開された。

    levorg-prototype01-300x144

    10月23日の東京モーターショー2019プレスデーでのプロトタイプ世界初公開が予告されている。

    2018年のジュネーヴモーターショーでは、レヴォーグのデザインスタディモデルとして、VIZIV TOURER CONCEPTが発表されていた。

    VIZIV-TOURER-CONCEPT_04-20180401085250

    その特徴的なリアフェンダーの膨らみは、幾分トーンダウンを受けながらも次期レヴォーグに反映される部分となる。
    シャープとなったリアコンビネーションランプ、あるいはリアクォーターウィンドウの形状もVIZIV TOURER CONCEPTで示されたイメージに近い。
    サイドパネルは前方からのキャラクターラインとリアフェンダーからのキャラクターラインが上下2段引かれ、これらがリアドア部分で平行に重なることで表情が作られている。
    このあたりは現行型レヴォーグの要素が引き継がれた部分と考える。

    東京モーターショー2019では、6年前同様にスバルのメインステージにレヴォーグがセッティングされることになるだろう。
    予想発売時期としては2020年5月以降が考えられる。

    https://car-research.jp/subaru/levorg-14.html

    https://www.youtube.com/watch?v=Q-L2cFlRv4Q


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570632648/ 【スバル新型レヴォーグ(の一部)を御覧くださいwwwwww】の続きを読む

    1: はやはや君(東京都) [US] 2019/10/07(月) 07:16:52.47 ID:4ThKE6/X0 BE:306759112-BRZ(11000)
    big_main10000584_20170717110927000000

     技術力で高い評価を受けるSUBARU(スバル)の代名詞となっている水平対向エンジンのうち、 主力であり続けた「EJ20型」が令和元年度をもって生産を終了し、30年の歴史に幕を閉じる。
    平成元年発売の「レガシィ」に初搭載されたことになぞらえ、「後世に残る遺産」として称える声もある。
    そんなスバル車を愛するスバリストたちの懸念は、トヨタ自動車の関連会社になった後の“トヨタ化”にある。

     「代表的な搭載車種はこれだ、とは言いづらい」。スバルの広報担当者はこう話す。
    元年から20年ごろに発売されたスバル車にはほぼすべてに、EJ20型が搭載されていたためだ。

     あえて挙げるなら、やはり初搭載されたレガシィだろう。平成の幕が開けた元年2月、当時は「富士重工業」だったスバルが発売したレガシィは、その発売以前から話題を呼んでいた。
    試作車が同年1月、10万キロ連続走行における平均時速223.345キロという、FIA(国際自動車連盟)公認の世界速度記録を樹立したからだ。

     記録達成の舞台は、寒暖差が激しい米アリゾナ州の砂漠地帯にあるテストコース。
    タイヤなどを交換しつつ、昼夜問わず19日間、21人のドライバーが乗り継いで、1万周以上を走り切った。
    これにより、レガシィは高い性能と信頼性を実証してのデビューとなったが、それを支えたのがEJ20型だったのだ。
    記録は17年まで破られなかった。

     水平対向エンジンは、他のエンジンとはピストンの動きが大きく異なるのが特徴だ。
    車づくりではエンジンの振動をいかに抑えるかがポイントの一つだが、直列型などではピストンが上下や斜め方向に動くのに対し、水平対向は水平方向に左右対称で動く。このため振動を打ち消し合い、揺れが格段に少なくなるのだ。

     こうしてスムーズでぶれがない回転が生まれるほか、エンジンの高さが低くなって車体が低重心に設計できるようになった。
    エンジン自体も軽量でコンパクトになり、走りの安定性とハンドリング性を向上させることができるという。



    平成の名エンジン「EJ20型」生産終了 スバリストの“トヨタ化”懸念に社長は……
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/07/news051.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570400212/ 【30年の歴史があるスバルの水平方向エンジン、「EJ20型」の生産がついに終了】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/09/27(金) 22:25:44.66 ID:qy9AAmCO9
    トヨタ自動車は27日、資本業務提携しているSUBARU(スバル)への出資比率を現状の約16・8%から20%に引き上げると発表した。出資先の業績が決算に一部反映される持ち分法適用の関連会社とし、スバルは事実上トヨタグループ入りする。自動運転など次世代の技術開発で国内外の競争は激化しており、両社は提携関係を一段と深める。

     グループのダイハツ工業と日野自動車を含むトヨタの2018年の世界販売台数に、スバルの106万台を加えると計1165万台となり、独フォルクスワーゲン(1083万台)、仏ルノー・日産・三菱の3社連合(1075万台)を抜き、首位に浮上する。

    photo


    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201909/sp/0012739415.shtml

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569590744/ 【スバルがトヨタからの出資比率20%でついにグループ入り、トヨタは販売台数で世界首位にwwwwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/27(金) 05:18:04.793 ID:eLGSpqZJ0
    歪んで廃車になったらまた買って下さいって事か

    ogpimg_s

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1569529084/ 【フォレスターってCMでオフロードに特攻してるけど所詮モノコック車だろ?大丈夫なのかよ】の続きを読む

    このページのトップヘ