サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ホンダ

    1: きつねうどん ★ 2019/09/26(木) 18:25:01.24 ID:CAP_USER
    ホンダが誇るスーパカブ系における究極のアウトドアマシンだった“ハンターカブ”ことCT110が生産終了となってから7年、最新スーパーカブC125をベースとしたハンターカブコンセプトの「CT125」が第46回 東京モーターショー2019(10月23日開幕)で初公開される。

    “ハンターカブ”の名に恥じないタフ装備で、実車の発売も遠くない?
    草むらや泥濘地、なんなら水の中でも……。アップマフラーや、それと同じくらいの高さの大型キャリアに配置された吸気ダクト、懐かしいパターンのブロックタイヤなど、アウトドアの厳しい環境でもタフに走り抜けるための装備が、とにかくカッコいい!

    001-27


    HONDA CT125 Concept Model[東京モーターショー2019で世界初公開]

    ホンダが東京モーターショー2019で世界初公開するコンセプトモデル・CT125は、“ハンターカブ”の愛称で知られる往年のCT110を、現代の技術で復刻するもの。これをつくり上げたのは、スーパーカブC125やモンキー125の開発で知られる、ホンダがタイに開設したデザインR&Dセンターだ。CT125のベースとなっているのは、上質な運転感覚や高品質なディテールで人気となっているスーパーカブC125――。

    ……ここで思い出してほしい。モンキー125やスーパーカブC125が登場したとき、最初に「デザインスタディのためのコンセプトモデル」などとして公開され、それから長い時を待たずして市販化に漕ぎつけていることを。

    ホンダの「東京モーターショー出展モデル事前撮影会」に出席した我々取材班は、CT125のあまりのカッコよさ、かわいさに、すっかり魅了されてしまった。多分に希望も含んでいるが、これを発売しないなんてあり得ない! ディテールの完成度も高いことから、我々は2020年の発売を予想……いや、熱烈希望しますホンダさん!

    000a-3

    ベースとなっているのはホンダ スーパーカブC125だ。写真は北米で発表された2020年モデル。この赤もステキ!

    そもそもハンターカブって何?
    残念ながらヤングマシン創刊よりもだいぶ昔なので公式資料も写真も残っていないが、1961年にアメリカ向けに開発されたC100Tという、初代スーパーカブC100ベースのトレールバイクが先祖のようだ。釣りや狩猟、農作業などに使われて大ヒット。同じく北米で1963年にはC105Hという54ccの後継機種が登場した。これが日本でもハンターカブC105Hの名で発売され、ハンターカブの名が誕生している。1964年に北米発売された90ccのCT200は、ホンダ公式にて「スーパーカブの持つポテンシャルを生かしたトレールモデルで、豊かな自然が多いアメリカ市場を考慮、大型ハンドル、キャリアなど装備充実のハンター向けモデル」とされる。アップマフラーやガード類による悪路対応や2枚のドリブンスプロケットを装備して、タフな走りを披露した。

    001a-2


    [1964]HONDA TRAIL 90 CT200(HONDA HUNTER CUB CT200)■空冷4ストローク単気筒OHV2バルブ 86.7cc 6.5ps/8000rpm 0.65kg-m/6000rpm 車重82kg ※写真左上はハンターカブC105H[1963]■54cc 5ps/9500rpm ●発売当時価格:6万円

    つづき
    https://young-machine.com/2019/09/26/45137/

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1569489901/ 【ハンターカブ復活か! 東京モーターショーでコンセプトモデル「CT125」が世界初公開される】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/08/24(土) 09:36:57.42 ID:tpAw2L7Oa
    「HondaGO」は、『若者』にバイクの魅力を伝える取り組みとなっています。
     
     今回から開始する「HondaGO BIKE STAND」はホテルやキャンプ場などで50cc車両を無料で貸し出すもので、旅先での乗車体験を通じてバイクの楽しさを実感できる環境を提供するものとなっています。

    2190819_003H

    https://bike-news.jp/post/143470

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566607017/ 【HONDA「バイク年寄りしか乗らんやんけ!せや!」】の続きを読む

    1: 窓際政策秘書改め窓際被告 ★ 2019/06/12(水) 18:29:34.49 ID:ygSu8UV59
    英ホンダ、改造芝刈り機で世界最速を達成

     ホンダの英国法人は高性能バイクのエンジンを移植するなどした改造芝刈り機がギネスワールドレコーズ社の世界最速認定を受けたと発表した。
    時速0マイルから100マイル(時速0キロメートルから160キロメートル)に達するまでの時間はわずか6.29秒で世界最速の加速性能という。

     記録を達成したのは2018年夏に現地でお披露目された改造芝刈り機「ミーン モウアーV2」。

     欧州で販売する乗用芝刈り機「HF2622」に高性能バイク「CBR1000RR」の4気筒エンジンを積み、高速走行に耐えられるように車体などを改造した特別仕様車。重量は約140キログラムで最大189馬力を引き出す。

    日本経済新聞(2019/6/12 15:58)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45995640S9A610C1XA0000/

    乗用芝刈り機に高性能バイクのエンジンを積むなどした
    https___imgix-proxy.n8s.jp_DSXMZO4599562012062019XA0001-PB1-3

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560331774/ 【英ホンダ、CBR1000RRのエンジンを積んだ改造芝刈り機「ミーン モウアーV2」で世界最速を達成www】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/06/05(水) 22:31:31.88 ID:Es8xUs2f9
    https://www.asahi.com/articles/ASM654QW4M65ULFA01D.html

    「ナナハン」秘密プロジェクトの隠語だった 誕生50年
    有料会員限定記事
    森田岳穂
    2019年6月5日16時59分

     排気量750ccの大型バイクを指す「ナナハン」の語源となった「ホンダドリームCB750FOUR」が発売されて今年で50年。マンガや映画など数々の作品にも登場し、ナナハンブームを巻き起こした伝説のモデルだ。今も大事に乗り続ける熱狂的なファンも多い。

     CB750が発売されたのは1969年。当時のホンダのプレスリリースには勇ましい言葉が並ぶ。日本のオートバイはそれまで排気量650ccが最大で、そこへ登場した並列4気筒、750cc、最高速度200キロ超の高性能バイクは、多くのファンを驚かせ、熱狂させた。

     ホンダの広報を務める高山正之さん(63)もその一人だ。「怖いくらい巨大で、衝撃だった。当時はより速い、より大きいものへの憧れが強い時代。兄のCB750を借りて高校に通うと、とても注目を浴びました」と話す。

     ホンダが日本で初めて750ccを開発したのは、米国市場のてこ入れのためだった。米国では米ハーレーダビッドソンや独BMWといった排気量が大きいオートバイが人気で、ホンダは苦戦していた。互角に戦えるオートバイを作ろうと68年、CB750の開発が始まった。
     ホンダの社史によると、外部に…

    img00-6

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559741491/ 【「ナナハン」の語源となったホンダドリームCB750FOURが誕生して50年・・・】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/02/26(火) 20:53:26.85 ID:/ZI5Wov/9
     ホンダは小型バイク「スーパーカブ」シリーズに、街乗り用の「スーパーカブ・ストリート」を追加して、26日に受注を始めた。「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色があり、排気量は50ccと110ccの2タイプ。計2千台限定で、6月30日まで受注する。50ccは消費税込み24万3千円、110ccは同28万6200円。

    img00-31


    2019年2月26日18時14分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASM2V42RVM2VULFA00C.html?iref=comtop_8_07

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551182006/ 【街乗り用の「スーパーカブ・ストリート」…限定2千台】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2019/02/09(土) 19:30:22.82 ID:CAP_USER
    2190129-400x_003-690x460


    アドベンチャーイメージを強調したエクステリアへ

     オン・オフ兼用のクロスオーバー・モデル『ホンダ400X』は2013年に登場した「ニューCBシリーズ」の1台。扱いやすく軽快でスポーティな走行を楽しめる、CBシリーズ共通の水冷4ストローク/DOHC4バルブ直列2気筒400ccエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるモデルとして好評を博したモデルだ。

     専用の17リットル 燃料タンクを採用することで、航続距離をアップ。ライダーの自由度を高める専用のダブルシートや、ライダーへの走行風を軽減するウインドスクリーンを採用している。

     これまで小変更を重ねてきていたが、今回は開発キーワードに「冒険心を呼び起こす、正常進化Cross Over」を掲げ、よりアドベンチャーイメージを強調したエクステリアへと一新。フロントタイヤサイズを17インチから19インチに2インチのサイズアップを果たし、フラットダートでの走破性も向上させた。また、ウインドスクリーンの高さを延長。走破性だけでなく高速巡行時の快適性も高められており、各部の熟成も図られた。

     また、アシストスリッパークラッチを新採用したことで、クラッチレバーの操作荷重を低減。ロングツーリングでの疲労軽減にも配慮されている。

     車体カラーは、マットバリスティックブラックメタリックとグランプリレッドの2色で、メーカー希望小売価格は(税込み)81万1080円。全国のHonda Dream店で3月22日(金)から発売がスタートする。

    https://www.automesseweb.jp/2019/02/09/96086

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1549708222/ 【ホンダが新型400Xを発表! 外装を一新して19インチのフロントタイヤを採用】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/01/21(月) 21:13:20.79 ID:iNNcvuNR9
     本田技研工業は、コンパクトなフルカウルを装備したロードスポーツモデル「CBR650R」を3月15日に発売する。価格は103万6800円~106万9200円。

     CBR650Rは、従来モデルの「CBR650F」をベースに開発。車体、足まわり、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングを一新。名称も従来の「CBR650F」から「CBR650R」へ変更した。

     パワーユニットは最高出力70kW(95PS)/12000rpm、最大トルク64Nm(6.5kgf・m)/8500rpmを発生する水冷4ストロークの直列4気筒DOHC 648ccエンジンを搭載。扱いやすいトルク特性としながら従来モデルに対して高回転域の出力を向上。トランスミッションは常時噛合式6段リターンを採用する。

     燃費性能は60km/h定地走行テスト値で31.5km/L<2名乗車時>、WMTCモード値で21.3km/L(クラス3-2<1名乗車時>)。

     車体・足まわりは、フレームの構成部品や製法を変更するなど剛性バランスを見直すとともに、軽量化やマスの集中化を図ったほか、新たに倒立フロントフォークや軽量化した新デザインのアルミホイールを装備する。また、ライダーの疲労軽減や安心感のある走りに寄与する、アシストスリッパークラッチやHSTC(Honda セレクタブル トルク コントロール)を新採用。

     スタイリングについては、新デザインのコンパクトなフルカウルを装備、ヘッドライト、テールランプなど全灯火器類にLEDを採用した。

     カラーリングは「グランプリレッド」「マットバリスティックブラックメタリック」の2タイプを用意する。

    Car Watch,編集部:椿山和雄


    1/21(月) 19:14配信 Impress Watch
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000136-impress-ind

    20190121-00000136-impress-000-1-view

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548072800/ 【ホンダ、フルカウルを装備するロードスポーツモデル「CBR650R」を発売】の続きを読む

    このページのトップヘ