サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ホンダ

    1: ばーど ★ 2018/01/12(金) 14:48:44.41 ID:CAP_USER9
    ホンダが全面改良して発売する「ゴールドウイング」
    origin_1

     ホンダは12日、旗艦バイク「ゴールドウイング」を17年ぶりに全面改良し、4月2日に発売すると発表した。国内の二輪車市場は縮小が続いている。車体の軽量化などで扱いやすくして顧客の裾野拡大を狙う。

     ゴールドウイングは1975年に米国で初代が発売されて以降、70を超える国・地域で売られた。累計生産台数は約79万5千台に達する。

     6代目となる新型車は排気量1800ccのエンジンを搭載し、エンジンの設計を見直すことなどにより、従来モデルから約40キロ軽量化。前輪のサスペンションを改良し、乗り心地を向上させたほか、燃費性能も高めた。

    https://this.kiji.is/324409377664779361

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515736124/ 【ホンダ「ゴールドウイング」を17年ぶりに改良…6気筒1800ccエンジン搭載+軽量化】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/01/04(木) 21:36:23.78 ID:CAP_USER9
    http://toyokeizai.net/articles/-/202893?display=b

    アジアのラストリゾート(最後の楽園)と呼ばれるインド。人口も産業も急成長が続いている。そんなインドは世界最大のバイク市場で、交通手段はまだ自動車よりもバイクが主だ。年間販売台数は2000万台に迫ろうとしており、2位の中国(約700万台)を大きく引き離す。

    2017年12月中旬の平日、ニューデリー市内のバイク販売店では、職場や学校の昼休みにふらっとバイクを見に来る人が目立つ。皆、友達や家族と連れ立って来る。この店の店長によれば、1日平均45人もの客が来て、その場で商談を始め、12~13台ほど売れていく日もあるという。日本では見ることのない光景だ。

    この巨大市場でトップシェアを握るのが、地場の老舗バイクメーカーであるヒーロー・モトコープ社(以下ヒーロー社)だ。自転車販売店だった前身企業から数えると、創業から60年以上の歴史を持つインドの大企業である。自転車の販売網を生かし、またがるタイプのオートバイを中心にインド国内の新車販売の約4割を占めている。

    インドシェア1位目指し、ホンダが猛追

    そんな中でトップの座を奪おうと勢いづいているのが、ホンダだ。アジア諸国では50%強という驚異的なシェアを誇る同社は、アジア通貨危機を契機にインドネシアやベトナム、タイなど東南アジア諸国で躍進。「ホンダ」という言葉自体が「バイク」を意味する国もあるほど、ホンダのバイクが深く浸透した。2017年度はインドでも600万台(うち輸出31万台)の販売を見込んでおり、現在シェアは約3割弱だ。

    もともとヒーロー社とホンダは1984年から、開発・生産・販売について26年間合弁事業を行っていた。外国メーカーであるホンダが、ヒーロー社の販売網の恩恵を受けつつ、技術供与を行ってきた。しかし2010年、開発などの方向性の違いから合弁を解消。結果的に、ホンダはインドの国内シェアでヒーロー社に水をあけられてしまった。販売網はヒーロー社が6000店だったのに対し、ホンダは800店と圧倒的な差があった。

    しかしホンダはこの5年で大きく巻き返した。2012年ごろに2割以下だったシェアは、今3割が見えるところまで来ており、ヒーロー社の牙城を着実に崩し始めている。複数のディーラーを経営する家族などと契約して支店を増やす戦略を進め、現在は5600店(ホンダの専属ディーラーは950店)体制となった。都市部などでは、ヒーローと互角に戦える地域もある。
    (リンク先に続きあり)

    img_ed13b70840009e5b7af389df7b1881e1190991


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515069383/ 【ホンダのスクーターがインドで爆走する理由】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2017/11/21(火) 21:57:30.86 ID:CAP_USER9.net
    ホンダのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社であるホンダ・マニュファクチュアリング・ナイジェリアが、2017年11月17日10:00に、新型二輪車「Ace110」の発表会を開催した。

    発表会にはナイジェリア自動車産業政策総責任者のJelani(ジェラニ)総裁も出席。

    「Ace110」は、ビジネスユーザー中心に好評の上級モデル「Ace125」のイメージを踏襲し、品質と徹底したコスト削減を両立。22万ナイラ(約7万円※)と手頃な価格が実現した。

    販売台数は1年目は8万台、2年目は11万台を計画し、本日より同国内で販売を開始。

    「Ace110」のエンジンには「CG110」で実績のある耐久性や燃費に優れた110ccエンジンを採用、CG110比で容量を45%UPした燃料タンクにより一度の給油で長距離走行を可能としている。

    さらに快適性を向上したシートや耐久性に優れた前後サスペンションの採用など、顧客の満足感と利便性を向上。

    アフリカにおける最大市場のナイジェリアに、「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という、ホンダの想いを具現化したこの「Ace110」を投入し、さらなる販売拡大を目指す。

    ソース モーターファン
    画像 発売が発表されたAce110

    big_main10001801_20171121143355000000

    引用元 http://ai.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511269050/ 【ホンダが7万円の110ccバイク「Ace110」をナイジェリアで発売】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2017/11/07(火) 21:51:54.80 ID:CAP_USER9
    本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2017年11月6日(現地時間)、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2017(ミラノ国際モーターサイクルショー、一般公開は11月9日~12日)の出展内容を発表した。

    今回のミラノショーで、ホンダは欧州市場で展開する2018年モデルを展示する。

    ◆◆◆そのうち世界初公開となるのは、日本国内でも発売予定の以下3モデルである◆◆◆

    ■CB1000R
    img_cb0175600581d24dc461e2e0680740d7197863


    ■CB300R
    img_76e83b6a9d9256c6a40c79b44e0ae75c141000

    ■CB125R 
    img_eed723d2d74eda37c2f79d34b0cafd97144301

    ■CRF1000L アフリカツイン アドベンチャースポーツ
    img_f10aa86a3ef184c78f6542e8aeb9cd5f247839



    2017.11.07
    http://www.webcg.net/articles/-/37575

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510059114/ 【ホンダ、新型バイク3モデルをミラノで公開】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/10/26(木) 08:10:23.81 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKBT61NSKBTUEHF02V.html
     ホンダは25日、東京モーターショーの報道公開で、参考出展車として「モンキー125」を披露した。惜しまれながら今年8月で生産が終了した原付きバイク「モンキー」の後継車の位置づけで、来場者の反応をみながら生産を検討するという。

     「モンキーはホンダの遊び心。生産中止のままでよいはずはない」(広報)と狙いを話す。排ガス規制の強化で50ccでの生産は終了した。そこで、同社の125ccの「グロム」をベースにし、車体は一回り大きくなりながらも、モンキーらしさを追求した。

     全長よりも高いと思わせる縦横のバランスや、シートが車体の一番上にあるように見える配置で、タンクも小さくした。一方で、ディスクブレーキや倒立サスペンションを採用し「排気量が大きくスピードも出るので、より走りを楽しめるようにした」と、デザイン室チームリーダーの立石康さん(49)は話す。

    AS20171025004992_comm

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508973023/ 【ホンダ モンキー125ccで復活?「反応見て判断」】の続きを読む

    1: 復讐の鬼 ★ 2017/10/23(月) 20:56:54.71 ID:CAP_USER9
    本田技研工業(ホンダ)は、ライダーがバランスを保たなくても自立する二輪車「Honda Riding Assist-e」を、第45回東京モーターショー2017(10月27日~11月5日、東京ビッグサイト)に出展する。

    1月に米ラスベガスで開催された「CES 2017」で披露したモデルを改良し、車体はよりコンパクトに仕上げた。

     ホンダがヒューマノイドロボット「ASIMO」などの研究で培ったバランス制御技術を応用した二輪車。渋滞や信号での発進・停止時など、低速走行時でもマシン自体がバランスを保ち、ライダーの負担を軽減するという。

     動力を駆動部に伝える機構(パワートレイン)には、環境への負荷が小さい電動モーターを採用。同社が目指す、化石燃料に頼らない社会(カーボンフリー)を具現化するモデルという。

    ecn1710190047-p1

    http://www.sankei.com/economy/news/171019/ecn1710190047-n1.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1508759814/ 【“倒れないバイク”再び ホンダが改良版を出展】の続きを読む

    1:
    スーパーカブ50
    pic41

    スーパーカブ110
    pic42

    国内排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良した新型車を11月10日に売り出すのを機に熊本で生産する。

    排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。

    今回の改良では排ガスに含まれる有害物質を低減。前照灯には長寿命の発光ダイオード(LED)を採用し、デザインも現在の角張った形から丸形に変えてイメージを刷新する。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1506660772/ 【ホンダ新型スーパーカブ発表】の続きを読む

    1:
    6 (1)


    ホンダが、ロングセラー二輪車「スーパーカブ」の生産を中国から熊本製作所(熊本県大津町)に戻すことが26日、分かった。コスト削減のため2012年から生産を中国に移していたが、当時と比べて為替が円安に推移していることを受け国内回帰を決断。ブランドイメージの向上を図る狙いもあるとみられる。

    排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良するのを機に熊本で生産する。新型車は11月10日発売で、排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。(共同)

    https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/020/025000c

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506467560/ 【スーパーカブが国内(熊本)生産に!】の続きを読む

    1:
    ライダーの高齢化の波に襲われるオートバイ業界は、ミレニアル世代をターゲットに初心者ライダー向けバイクに活路を見いだしている。 比較的小型かつ軽量で、価格も手頃なバイクに、あらゆるメーカーがこぞって参入している。

     ホンダが昨年11月に発表した、新型「レブル500」もこうしたバイクの一つだ。

    2017_Rebel500_03

     レブルが発表されるやいなや、その魅力にとりつかれたフェド・パチェコ氏(27)は、もともとオートバイ好きではあったが購入して本格的なライダーになるまでの道のりは長かった。

    中略

     米国のオートバイ販売台数は2006年に71万6268台でピークを付けた直後、減少し始めた。株式市場で強気相場が続く現在でも、 バイク店の客足は鈍いままだ。16年の販売台数は37万1403台と、10年前の半分程度の水準となっている。

    また、バイク市場は高齢化による時限爆弾も抱えている。03年には米国のバイクのライダーに占める50歳以上の割合は約4分の1だったが、14年までに半分近くになった。突然、何が何でも新たなライダーを獲得しなければならなくなったバイクメーカーは、ミレニアル世代に大きな期待をかけている。

     そしてホンダが、パチェコ氏をあれほど夢中にさせた「レブル」を発売した。
    同氏にとって、運転を習うために乗っていたハーレーダビッドソンよりもホンダの方がしっくりきた。「悪趣味どころか、上品だと感じた」と説明。

    「そして、私のような人に向けて宣伝しているのがはっきり分かった」と述べた。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170720/mcb1707200500012-n1.htm

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500721042/ 【ホンダ新型レブル500「ハーレーよりしっくり」…各社が初心者、若者向けで巻き返し】の続きを読む

    このページのトップヘ