サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/08/06(木) 19:53:48.63 0
    1596205682005

    Hondaは、モデルチェンジし2020年8月21日(金)に発表予定の新型「CBR600RR」に関する情報を、本日、ホームページで先行公開しました。
    新型「CBR600RR」は、高性能な水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒599ccエンジンを搭載し、最新の電子制御技術や空力性能技術を採用するなど、総合性能を高めたスーパースポーツモデルです。
    市販車によるプロダクションレースのベースモデルとしての高いポテンシャルを日常においても楽しんでいただけるよう、ジャストサイズのスーパースポーツモデルとして開発されました。
    今回のモデルチェンジでは、従来モデルからの特徴である、高出力かつ扱いやすい出力特性と俊敏なハンドリングにさらに磨きを掛け、サーキット走行での優れた動力性能とワインディングなど公道での扱いやすさを高次元で両立させ、“操る喜び”をより追求しています。
    新型「CBR600RR」の先行公開ホームページのアドレスは以下のとおりです。
    https://www.honda.co.jp/CBR600RR/

    引用元 https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1596711228/ 【ホンダ新型「CBR600RR」をホームページで先行公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/16(木) 22:09:38.663 ID:7qx1HH+v0

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1594904978/ 【【朗報】ホンダさんのこのバイクが超かっこいいwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/23(月) 15:39:12.64 ID:CAP_USER
    11_o
    CT125・ハンターカブ

     本田技研工業は3月23日、ワールドプレミアとなる2輪車のコンセプトモデルを、3月27日に公開するWebサイト「Hondaバーチャルモーターサイクルショー」に出展すると発表した。

     Hondaバーチャルモーターサイクルショーは、「第36回 大阪モーターサイクルショー2020」「第47回 東京モーターサイクルショー」の開催中止に伴い、両モーターサイクルショーで公開を予定していた「Hondaブース」「Dream Networkブース」、2輪出展車両29台を紹介するWebサイト。

     同Webサイトで発表を予定しているワールドプレミアモデルは、参考出品・コンセプトモデルと位置付けられる「FUNモデル」とアナウンスされている。

     そのほかにも参考出品モデルとして「スーパーカブ110・スペシャルver.」、市販予定車として新色が設定された「CBR250RR」を出展。「CT125・ハンターカブ」などの市販車も出展される。

     出展台数や車種については変更になる場合があるとしている。

    □Hondaバーチャルモーターサイクルショーの主な出展車両
    ●参考出品・コンセプトモデル
    ワールドプレミアのFUNモデル

    ●参考出品
    スーパーカブ110・スペシャルver.

    ●市販予定車
    「CBR250RR」<新色設定>

    01_o (1)
    新色設定された「CBR250RR」

    ●市販車
    「CB1300 SUPER FOUR SP」
    「CB1100 RS」
    「CB400 SUPER FOUR」
    「CB650R(カスタマイズパーツ装着車)」
    「CB250R」
    「CBR1000RR-R FIREBLADE SP」
    「CBR1000RR-R FIREBLADE」
    「CBR650R」
    「CBR400R」
    「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(純正用品装着車)」
    「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(純正用品装着車)」
    「CRF1100L Africa Twin<s>」
    「ADV150」
    「Rebel 500」
    「Rebel 250」
    「Rebel 250 S Edition」
    「Rebel 250 S Edition(純正用品装着車)」
    「CT125・ハンターカブ」
    「モンキー125」
    「スーパーカブ C125」
    「クロスカブ110」

    12_o
    CT125・ハンターカブ

    02_o (1)
    CB1300 SUPER FOUR SP

    03_o (1)
    CB1100 RS

    04_o
    CB400 SUPER FOUR

    05_o
    CBR1000RR-R FIREBLADE SP

    06_o
    CBR1000RR-R FIREBLADE

    07_o
    CRF1100L Africa Twin<s>

    08_o
    ADV150

    09_o
    Rebel 250

    10_o
    Rebel 250 S Edition

    □関連リンク
    Honda バーチャルモーターサイクルショー
    https://www.honda.co.jp/motorcycleshow/
    本田技研工業株式会社
    https://www.honda.co.jp/
    ニュースリリース
    https://www.honda.co.jp/news/2020/2200323.html
    第36回 大阪モーターサイクルショー2020
    https://www.motorcycleshow.jp/
    第47回 東京モーターサイクルショー
    https://www.motorcycleshow.org/

    2020年3月23日 13:36
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242318.html

    引用元 https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1584945552/ 【【朗報】新型コロナウィルスの影響でモーターショーが中止となる中、ホンダが「バーチャルモーターサイクルショー」を開催wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/03/20(金) 14:57:10.16 ID:CAP_USER
    03_o

    新型レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」(グローイングレッド)

     本田技研工業は、125ccクラスの新型レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」を6月26日に発売する。アウトドアレジャーの用途に適した装備を採用した第二種原動機付自転車となり、価格は44万円。

     CT125・ハンターカブは、スーパーカブC125のフレームをベースにして、リアフレームの延長、ヘッドパイプまわりの補強、ピボットプレートの追加など、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図った。

     また、165mmの最低地上高を確保して、路面の凹凸がある不整地などの走行状況での車体取り扱い性を高めるとともに、アップマフラーやアンダーガードも採用した。

     最高出力6.5kW(8.8PS)/7000rpm、最大トルク11Nm(1.1kgfm)/4500rpmを発生する空冷4ストロークの単気筒OHC 124cm3エンジンを搭載。トランスミッションは常時噛合式4段リターンで、左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用する。市街地での頻繁な発進停止や、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など、低中速域での力強さを重視した出力特性とした。

     スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとしている。

     カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和する「グローイングレッド」「マットフレスコブラウン」の2色を設定した。

     そのほか、容量5.3Lのフューエルタンクを採用して長距離ツーリングなどでの安心感を高めるとともに、さまざまな荷物の積載に便利な大型リアキャリア、2人乗りに対応するピリオンステップを装備。全灯火器にLEDを採用したほか、エンジン始動が簡単なセルフ式スターターに加えてキック式スターターも装備している。

    □関連リンク
    本田技研工業株式会社
    https://www.honda.co.jp/
    ニュースリリース
    https://www.honda.co.jp/news/2020/2200320-ct125.html

    2020年3月20日 13:56
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242174.html

    引用元 https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1584683830/ 【ホンダ「ハンターカブ」復活!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/03/17(火) 21:32:24.042 ID:KuKTkZEz0
    聞きたいこと

    ・最初のバイクにモンキー125ってどう?何も問題ない?
    ・安定性が悪いって聞いたんだけどどんぐらい悪い?
    ・なんか他のバイク(250cc以下)と比較して致命的に劣る点はある?(250cc以下ってしたのは購入を考えてたバイクが250ccまでだったから。125では高速に乗れないのは知ってます。)

    その他何かあったら教えて

    20180423-00084345-roupeiro-000-7-view

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1584448344/ 【ホンダのモンキー125欲しいんだけどアドバイスください】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アタザナビル(SB-iPhone) [ニダ] 2020/03/08(日) 05:40:24 BE:659060378-2BP ID:WBDuBpis0●.net
    ホンダ…

    売上規模で四輪の5分の1にも満たない
    二輪が営業利益を2,916億円稼いで営業利益率が13.9%。
    19年1~3月期に限ってみると四輪は530億円の営業赤字。
    ホンダの経営の屋台骨は二輪が支えているのが現状だ。

    売上高の7割を占める主力の四輪部門の営業利益は
    43.9%減の2,096億円。
    営業利益率は1.9%で日産よりも低い。

    https://bungeishunju.com/n/n7128eb8e2b7c?cdr=true&gs=ede454079f73

    引用元 【なんでホンダの車を買わないの? 自動車部門は530億円の赤字 バイク部門が支えている】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ケレス(兵庫県) [US] 2019/12/29(日) 18:54:10.86 ID:erFz/LY50● BE:842343564-2BP(2000)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191229-00010000-mcyclist-bus_all&p=1

    20191229-00010000-mcyclist-000-3-view


    125ccのクルーザーという珍しい存在でもある「CBF125T」
    維持費も安く、十分交通の流れに乗れ、昨今注目が高まっている「125ccクラス」こと原付二種のバイク。そんな中でも、新車が10万円台で買える「ホンダ車」があるんです。
    ちなみに110ccのスーパーカブ110の新車価格は約28万円。
    なぜそんなに安いのかというと、中国のホンダの現地法人が現地生産・現地販売を行っているモデルでを輸入したものだからなんです。
    「中国生産」というと色眼鏡で見がちですが、今やiPhoneも中国で生産されている時代……実際どうなのよ?ということで、新車価格16万9000円の「ホンダCBF125T」に乗って触ってチェックしてみました。

    125ccでもちゃんとクルーザーの乗り味が!

    CBF125Tを生産するのは中国の「新大州本田」(ホンダと新大州・天津本田の合弁企業)
    CBF125Tはホンダと、中国のバイクメーカーである新大洲・天津本田との合弁会社である新大洲本田で製造されるモデルで、エンジンは空冷OHC2バルブ単気筒。マニュアルミッションで、4段リターン変速を装備するクルーザータイプのモデル。
    以前は中国現地で「CB125T」の名称で販売されていたが(昔、日本で販売されていた2気筒エンジンの「CB125T」とは全くの別物)、燃料供給方式をキャブレターからFIに変更して、ヨーロッパが現在施行している排ガス基準「ユーロ4」に適合させている。同時に、最高出力は8.2馬力から8.6馬力へと向上している。
    また、燃料タンクはCB125Tから形状が少し変わって容量9.5Lから10.8Lへ。CB125T比で車重は1kg増しになっている

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577613250/ 【アク禁にされそうなホンダのバイク…125ccのクルーザー「CBF125T」wwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/12(日) 20:05:54.191 ID:MhDeZrsu0
    スーフォアかヤマハのXSR辺りと悩んでる

    image-02

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1578827154/ 【ホンダのCB650Rってバイクどうよ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: クロアシネコ(東京都) [LU] 2020/01/04(土) 17:59:46.94 ID:uFavBdUg0● BE:121394521-2BP(3112)
    big_1973612_201911050959590000001

    2020年のホンダの新たなスーパースポーツフラッグシップ・CBR1000RR-Rは、6軸のIMU(慣性計測装置)を活用しながら電子制御機構を強化し、電脳面を大幅にアップデート。
    前稿まで詳しく解説してきたRR-Rの突き抜けた性能をどうコントロールして最大の成果を引き出すか。電制に課せられた役割は決して小さくないだろう。

    6軸IMUを活用して電子制御機構を高度化

    現代のスーパースポーツは、電子制御の進化が性能アップのカギとなる。CBR1000RR-Rも、その点に抜かりはない。 

    まずボッシュ製のIMU(慣性計測装置)は、これまでの5軸から6軸タイプに進化した。これをパワーユニットやABS、SP仕様に使われる電子制御サスのコントロールに活かす。

    トラクションコントロールシステムのHSTC(ホンダセレクタブルトルクコントロール)には、後輪のスリップをコントロールする従来の機能に加えて、後輪がスピンしはじめた直後のスリップ率を制御する機能が追加された。
    これによりHSTCはライダーが予測できるバイクの挙動になるよう、急激なスリップ率の上昇もコントロールできる。HSTCは9段階+オフに設定可能だ。

    サーキット走行にも対応するスーパースポーツモデル専用ABSは従来型にも標準装備されていたが、
    RR-Rではこの介入が公道走行も視野に入れた「スポーツ」と、より本格的なサーキット走行に対応する「トラック」から選択できるように。
    これまでと同様にIMUのデータを制御に活用するが、IMU自体もバージョンアップしており、制御は全体的に高度化されている。

    標準のライディングモードは3タイプ。ライダーが任意で、パワーを5段階、エンブレの効き具合を3段階、ウイリー制御を3段階+オフに切り替えることが可能だ。
    さらに、トラクションコントロールは9段階+オフ、ABSは2タイプ、レース対応のスタートモードは回転数を3段階から選べるなど、極めて充実した内容となっている。
    なお、ライディングモードなどの変更は、新設計された左手側の4方向スイッチで実施。その左側にはモードスイッチを備える。


    次稿では、CBR1000RR-Rの主要装備について、STDとSPの違いの比較を中心に紹介する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00010001-webym-ind

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578128386/ 【令和最新モデル ホンダCBR1000RR-Rの電子制御システムを解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2019/12/19(木) 20:15:57.49 ID:3bZ9T3mJ0● BE:844481327-PLT(13345)
    ホンダ、法人用電動二輪「ベンリィイー」来年4月発売

    ホンダは19日、ビジネス用の電動二輪車「ベンリィe:(イー)」の販売を来年4月、法人向けで開始すると発表した。
    着脱式バッテリーを採用しており、電動二輪普及とバッテリー網構築の双方の足掛かりとしたい考え。

    大きな荷台といった従来のガソリン車のベンリィの利点を引き続きつつ、乗車中は自らの足でするしかなかったバックを補助する「後進アシスト機能」を付け、ビジネス用ならではの利便性を高めた。

    バッテリーは着脱式で交換、充電できる「ホンダモバイルパワーパック」(1個48ボルト、重さ約10キロ)を2個使用。
    家庭用電源で充電できてほかの対応機器でも使える規格となっている。

    二輪事業担当の安部典明常務執行役員は「航続距離や充電時間といった電動車の不便さを交換式バッテリーによって改善した。一般のお客さまに買っていただくにはインフラが必要だ」と説明。
    また「社会インフラ整備で提携している日本郵便とは電動車を互いに前向きに検討している」とも語り、法人から広げていく意味合いを語った。

    ベンリィイーは原付1種(50cc以下)免許で乗れる「I」と原付2種(125cc以下)免許が必要でパワーがより強い「II」があり、いずれも73万7千円(バッテリー2個込み)。
    来年3月、専用の商談申し込みサイトを立ち上げる。

    https://www.sankei.com/economy/news/191219/ecn1912190017-n1.html

    ecn1912190017-p1

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576754157/ 【ホンダ、電動バイク「ベンリィイー」発売】の続きを読む

    このページのトップヘ