サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ヒュンダイ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: マヌルネコ(愛知県) [ヌコ] 2021/01/08(金) 19:50:26.96 ID:7OTfbvqc0 BE:318771671-2BP(5500)
    hyundai

    現代自、アップルとEVで協業検討 「協議の初期段階」
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM082B80Y1A100C2000000
    【ソウル=細川幸太郎】韓国現代自動車は8日、電気自動車(EV)分野で米アップルと協業を検討しているとのコメントを発表した。


    現代自のコメントを受けて、8日の韓国株式市場で同社株は前日終値比で一時24%上昇。グループ会社の起亜自動車も14%、部品メーカーの現代モービスも30%近く高騰する場面もあった。

    現代自は販売台数で世界5位の自動車メーカー。2020年10月に会長に就任した鄭義宣(チョン・ウィソン)氏主導でEVシフトを進めている。
    今後5年間でEV12車種を発売し、25年には年間56万台を販売する計画を掲げている。高級車ブランド「ジェネシス」でもEVを展開し、幅広い製品ラインアップをそろえるとしている。

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610103026/ 【【悲報】ヒュンダイがアップルの自動運転EV製造で協議中との声明→株価24%急騰→しかし・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: カロン(愛知県) [JP] 2020/12/20(日) 22:36:09.23 ID:Aqv7ND0T0 BE:318771671-2BP(5500)
    日経は「現代自動車は日本市場再進出のために、2019年からリサーチを開始し、必要な認証取得をした」とし「EVやFCVなどの先端イメージを前面に出し市場を攻略する」とした。
    日経は現代自動車が2019年基準、世界の自動車販売台数719万台(韓国KIA車を含む)で世界5位を記録し、水素自動車市場では75%のシェアで日本のトヨタを大きく上回っているとした。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1fdec8c7abae4fb748211c9a4b3aacfaf8687194

    LeuK78T

    Cokq8zm


    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1608471369/ 【【悲報】ヒュンダイさん、水素自動車で世界シェア75%を獲得していた・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2020/12/16(水) 12:41:20.60 0
    今年1~9月に全世界で販売された水素燃料自動車の台数において、韓国のヒュンダイ自動車が1位を記録したことが分かった。ヒュンダイは2位のトヨタの4倍以上の販売台数を記録した。

    韓国各紙は14日、SNEリサーチの調べを基に、1~9月の世界各国に登録された水素自動車のうち、ヒュンダイ自動車の水素燃料電池車は4917台となり前年同期(3048台)に比べ61.3%増加したと報じた。
    今年の市場シェアは73.8%にのぼる。

    同じ期間に日本のトヨタは767台の販売台数を記録し、前年同期比では61.8%のマイナス成長だった。市場シェアも昨年29.1%から11.5%に急減した。3位のホンダは187台の販売台数となり、前年同期比で27.2%減少した。(市場シェアは2.8%)

    トヨタの「ミライ」(MIRAI)は、第一世代モデルの老化や、最多販売地域である米国において、新型コロナウイルス感染症による工場停止が響いたようだ。一方、ヒュンダイは主力モデルである「ネッソ」(NEXO)の販売量が61.1%急増するなど好調だった。

    1~9月の世界各国に登録された水素燃料電池車の総販売台数は6600台で、前年同期比で小幅減少した。ただし、第3四半期(7~9月)のグローバル水素燃料電池車の販売台数は2600台に近いレベルで、前年同期比27.2%増えている。

    「ミライ」は9日に2代目モデルを発売しており、挽回も予想される。

    20180730101742619887


    https://korea-elec.jp/posts/20121406/

    引用元 https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1608090080/ 【【悲報】ヒュンダイの水素自動車がトヨタの4倍以上売れてしまう…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/03(火) 13:15:03.52 ID:Mr5XmgGXM
    今日のニュース
    2代目ミライは、水素をフル充填じゅうてんした際の航続距離を、初代の3割増となる850キロに伸ばした。

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20201102-OYT1T50225/

    2018年1月のニュース
    ヒュンダイNEXO 水素燃料電池の新型モデル 800km航続可能
    https://www.autocar.jp/post/259697

    2: 風吹けば名無し 2020/11/03(火) 13:15:33.35 ID:Mr5XmgGXM
    01_IKE_1021_087
    新型ミライのデザイン

    9: 風吹けば名無し 2020/11/03(火) 13:18:38.52 ID:Mr5XmgGXM
    NEXO_180109_001
    ヒュンダイnexoのデザイン

    引用元 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1604376903/ 【【悲報】トヨタの新型燃料電池車ミライ、3年前のヒュンダイ車と同じスペックだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 19:16:31.00 ID:G+mOjC3f0
    ええんか?


    2: 風吹けば名無し 2020/10/27(火) 19:16:41.65 ID:G+mOjC3f0
    82u3t5p

    1YKEEq5

    xoudgHB


    引用元 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603793791/ 【【悲報】ヒュンダイ車、トヨタをさらに拗らせたようなデザインになってしまうwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: しんちゃん(静岡県) [IT] 2020/10/17(土) 17:44:27.86 ID:ZLLIdpI+0● BE:789862737-2BP(2000)
    米国高級車市場で日本レクサスがBMW、メルセデスベンツなど、ドイツのブランドを抜いて販売1位に上がった。

    9日、ブルームバーグ通信とオートモーティブニュースなどによると、レクサスの今年の第3四半期の米国販売台数は7万5千285台。
    これは昨年同期比2.0%増のレベルでは、高級車ブランドの中で唯一の7万台を超えた。
    レクサスの次はメルセデス・ベンツ(6万9千631台)、BMW(6万9千570台)、テスラ(6万4千台)などである。

    現代車のジェネシスは、第3四半期売上高は3千745台で高級車ブランドの中で最も少なかった。

    前年同期比23.6%減少し、アルファロメオ(5000 56代)にも押された。減少率はインフィニティ(-30.2%)、ジャガー(-23.6%)、ランドローバー(-22.5%)と似ていた。
    ジェネシスの販売減少は、新しいモデルのG80とGV 80の発売が遅れた影響もあると思われる。
    今年の累積販売台数は、ベンツが19万6千838台で最も多く、次いでテスラ(19万6千台)、レクサス(18万2千87台)、BMW(17万9千982台)の順である。
    ベンツ(-12.2%)とレクサス(-13.1%)よりBWM(-24.1%)の前年同期比の販売減少率がはるかに大きかった。テスラは21.4%増加した。
    ジェネシスの販売は前年同期比24.3%準1万1千285台、やはり最も少なかった。

    2021-genesis-g80-front-in-motion-2-1585538694


    2020/10/9
    https://n.news.naver.com/article/215/0000906711

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1602924267/ 【【悲報】 米国自動車耐久品質調査で1位だったはずのジェネシスさん、売れてなかった模様・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: トウシバ犬(神奈川県) [JP] 2020/10/05(月) 20:42:07.05 ID:vXOwHWmO0● BE:329614872-2BP(2500)
    808a08c4

    c246c0f3


    大邱(テグ)の某マンションの地下駐車場で、充電コードに繋がれていた電気自動車から火災が発生し、乗用車1台が全焼した。

    大邱消防安全本部などによれば4日の午前2時47分頃、達城郡(ラルソングン)瑜伽邑(ユガウプ)の某マンションの地下駐車場で、電気自動車の充電装置から火災が発生した。この火災で充電中の『コナ(現代自動車)』が燃えて、10数分後に鎮火した。大邱・達城消防署は車両23台と消防署員55人を投入し、午前3時4分に火災を鎮圧した。

    この火災による人命被害はなかった。しかし、一部の住民が避難する騒動が起きた。

    消防の関係者は、「出動すると、すでに車はかなり燃えた状態のため、精密鑑識が必要だ」と明らかにした。火災当時、車に充電コードが繋がれてはいたが、充電は完了した状態だったことが分かった。

    これに先立って先月26日には、済州道(チェジュド)の某マンションの駐車場で、充電中だったコナの電気自動車から火災が起きている。

    https://www.mk.co.kr/news/society/view/2020/10/1013950/

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1601898127/ 【日本再上陸予定の現代さん、本国で電気自動車の発火事故が相次ぐ・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/25(金) 06:35:40.695 ID:Tc+qLwD+a
    ヒュンダイ Nexo
    HRyBHeV

    ulu358a

    i0WzYlL

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1600983340/ 【【朗報】ヒュンダイさんマジで日本に再上陸するwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: エファビレンツ(SB-Android) [US] 2020/09/11(金) 08:43:24.29 ID:wv+aaeQx0● BE:969416932-2BP(2000)
    2020年9月10日、韓国・carguyによると、米国で勢いを増している韓国・現代(ヒュンダイ)自動車の大型SUV「パリセード」に「悪臭がする」との苦情が相次いでいる。

    記事によると、「パリセード」は今年1~8月、北米で5万2086台を売り上げた。北米の大型(韓国基準)SUV販売数で13位に入り、昨年の22位から大幅に上昇したという。

    ところが最近、米国の購入者から「車内からニンニクや腐った野菜の臭いがする」という不満が相次いで寄せられているという。
    これを受け現代自動車は先月27日に「悪臭問題について現在調査中」との立場を発表した。

    悪臭は気温の高い日によりきつくなり、ほとんどがヘッドレストとシートの連結部分から発生している。一部の購入者は「ヘッドレストとシートを交換したが、状況は変わらない」と主張しているという。

    原因はまだ明らかになっていないが、記事は悪臭の代表的な2つの原因として「ナッパレザーが熱を受けて変形した際に出る臭い」と「防炎剤の臭い」を挙げている。

    専門家らは「防炎剤の使用過多」を指摘している。生産過程でシートに防炎剤を必要以上に塗ると高温で物質変化が発生し、腐った臭いが発生することがあるのだという。

    現代自動車は過去にも、DM型サンタフェとアクセントのシートから「イカの臭いがする」との苦情が相次ぎ、物議を醸していた。

    20200910-035764619


    https://www.recordchina.co.jp/b834601-s0-c30-d0058.html

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1599781404/ 【【悲報】現代自動車のSUVに「車内からニンニクの臭いがする」との苦情が相次ぐ…過去にも「シートがイカ臭い」wwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: キサントモナス(東京都) [UA] 2020/08/16(日) 20:13:56.91 ID:PbK8LGoC0● BE:295723299-2BP(2000)
    ヒュンダイの日本再進出…韓国国民の信用ゼロだから行った空しい衝突実験の顛末
    8/15(土) 17:00
    デイリー新潮

    国内シェア約80% そこに愛はあるのか? 

     2020年6月15日、ヒュンダイ(現代)・ジャパンは乗用車で日本再進出を示唆した。2010年の撤退からの再チャレンジで、最初に投入されるのは水素自動車「ネクソ」。同様の日本車、トヨタ・ミライやホンダ・クラリティを大きくしのぐ800kmもの航続距離を達成するという。一方、韓国国内の自動車市場においてヒュンダイ自動車は、傘下の起亜自動車と合わせて80%以上という圧倒的な市場占有率を誇っている。ヒュンダイと起亜。海の向こうの日本人から見て、この2社に対する韓国人の愛情は格別ではないかと考えがちだが、実際はそうでもない。むしろニュースやネット上では多種多様な不満や不具合の告発、クレームについての記事も多く目にする。

     ヒュンダイ自動車は建設業(現代建設)で成功を収めた実業家・鄭周永(チョン・ジュヨン)が1967年に設立した自動車メーカーである。鄭周永は建設、自動車のほかにも造船、海運、重工業、電子工業、流通、金融など様々な分野に進出し、一代にして現代財閥を作り上げた人物であり、韓国では立志伝中の人物として尊敬を集めている。ヒュンダイ自動車は、そんな人物が設立し、いち早く独自モデルの開発や海外進出を成し遂げ、国家にも大きく貢献した自動車メーカーだ。

     しかしその一方で、母国であるはずの韓国内における品質やサービス体制の評判は決してよくはない。ただしこれは、ヒュンダイ及び起亜が悪いというよりは、ある市場を一企業が寡占してしまった場合に起きうる消費者の不利益についてのモデルケースととらえるべきであろう。

     とはいえ、ライバル3社、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双龍(サンヨン)自動車(インドのマヒンドラ傘下)については、工場閉鎖などのリストラ実施や親会社である外国企業との不仲など、経営面での不安が表面化しており、積極的にこれらメーカーの車を選ぶには、やや頼りない感が否めない。韓国の消費者にとって国産車は、もはや実質的にヒュンダイか起亜の二択しかないという状況なのである。

     韓国人のヒュンダイと起亜に対する不満は大きく分けて2つある。1点目は、品質とクレーム対応についてのものである。高価な新車を買ったのに不具合があり、さらにメーカー側が満足いく対応しなかったというものである。2つの事例を紹介しよう。

    ネクソ


    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a76580fd34dc86858c9de8bc8f1b16e752a45f79

    寝糞禁止

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1597576436/ 【【悲報】ヒュンダイさん、日本再上陸第一弾の車にとんでもないものをチョイスしてしまう・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ