サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > フォルクスワーゲン

    1: 風吹けば名無し 2018/06/12(火) 15:43:24.69 ID:4pbi+FKH0
    これはトヨタ最強ですわ

    フォルクスワーゲン(アルテオン)
    0F1nXyJ

    LTR5wMT

    tud6iaJ

    トヨタ(クラウン)
    LAJjLWb

    oXh3xAJ

    XDG7hMn

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528785804/ 【日本が誇るトヨタとドイツが誇るフォルクスワーゲンの高級車を比べた結果www】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茸) [ニダ] 2018/05/28(月) 12:48:07.19 ID:Jo7beWR+0 BE:422186189-PLT(12015)
    1296632


    ドイツに本拠を置くメミンガーは、メミンガー『ロードスター2.7』を発表した。

    メミンガーは、ドイツの国民車として知られる初代フォルクスワーゲン『ビートル』のレストアを得意とする会社。今回メミンガーが発表したロードスター2.7は、初代ビートルのオープン版をフルレストアしたモデル。レストアの域を超えて、カスタマイズによる性能アップを果たしている。

    オリジナルの初代ビートルは、リアエンジン車。しかし、このロードスター2.7では、ホイールベースを延長して、ミッドシップレイアウトに変更した。これに合わせて、前後フェンダーを大きくワイド化し、迫力のスタイリングを追求する。

    ボディサイズは、全長4037mm、全幅1725mm、全高1245mm、ホイールベース2444mm。
    タイヤは、フロント225/45R18、リア255/40R18サイズを装着した。

    ミッドシップに搭載されるのは、排気量2717ccの空冷水平対向4気筒ガソリンエンジン。
    最大出力210ps、最大トルク25.2kgmを発生する。1トンを切る軽量ボディとの組み合わせにより、スポーティな走行性能を発揮する、としている。

    https://response.jp/article/2018/04/17/308643.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1527479287/ 【ワーゲンのビートルってほぼポルシェじゃね?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [AU] 2018/04/08(日) 16:58:28.33 ID:CKS+3xId0● BE:299336179-PLT(13500)
    VWゴルフといえばなんとなく「世界のスタンダード」といったイメージも強いと思う。しかし日本には「永遠のスタンダード」だったカローラがあるではないか。とはいってもなかなかVWゴルフのような強い存在感を打ち出せないし、海外も含めてカローラを比較対象として使うことはほとんどない。

     なぜカローラはゴルフになれないのだろうか。カローラにもゴルフにも愛車として乗っていた自動車ライター、永田恵一氏がその謎に迫ります。

    ゴルフIIIは“我慢“を強いる、カローラは“楽“でいられる

     まずゴルフ、というよりゴルフIIIの話である。ゴルフIIIは日本の使用環境、特に都市型の使い方では音がうるさい、ATの出来が悪い、ハンドルが重い、インテリアは質実剛健としか言いようがないなど、弱点をいくらでも挙げられるくらいで、見方によってはひどいクルマともいえる。

     しかし高速道路やワインディングロードに行くと、お世辞にも静かとは言えないながら乾いたエンジン音を響かせる。そしてハンドルに絶大な安心感ある正確なインフォメーションを伝え、ハンドル操作に対し文字どおり1ミリ単位のように忠実にクルマが動いてくれる。とにかく「走りたい!」と思わせてくれるほど運転していて楽しかった。

     またよく言われることだが、シートの出来もいいので燃料切れまで走り続けられそうな気になるほどのシロモノだった。当時は「アウトバーンや制限速度100km/hの一般道のある国で生まれたクルマは凄いもんだ」と痛感した。

     対するランクスは亡き徳大寺先生がよくトヨタ車のドライブフィールを「クルマを運転しているのを忘れるような」と表現されていたのを思い出す。
    すべての操作系が軽く、静かで燃費もいい。さらに各部のクオリティや信頼性&耐久性は高いし、壊れても修理代は安いと、とにかく楽と言えば楽なクルマだった。

     この原稿を依頼してくれたベストカーWeb編集部のSさんは、レンタカーなどで現行のカローラフィールダーに乗ると「これでいいじゃん」と思ったという。その意見には筆者も100%同意する。

     しかしカローラのよさはクルマ好きにとっては諸刃の剣で、筆者はランクスに乗っている時に常々思っていたことがある。「これに乗っていたらクルマに対する興味、関心がなくなってしまいそう」という恐怖感だ。

     現在のゴルフと海外向けまで含めたカローラファミリーの間には、昔ほどの差はない。お互いの存在が近づきつつも、「ドイツの厳しい使用環境にも耐えるゴルフ」と「世界中の人に快適な移動手段を提供するカローラ」というどちらも明確なポリシーを持っている。

     だが、ゴルフのほうがそのポリシーに強さや趣味性を感じてしまうこともあって、カローラには「日本を代表するクルマ」といったイメージが薄いのではないだろうか。

    20180408-00010000-bestcar-001-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180408-00010000-bestcar-bus_all&p=2

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523174308/ 【世界で一番売れてるはずのトヨタカローラはなぜVWゴルフになれないのか?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/04/06(金) 13:06:22.82 ID:11Ldotjo0
    日本が誇るトヨタ
    ドイツが誇るフォルクスワーゲン

    VWvsToyota-20170131124945259

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522987582/ 【トヨタとフォルクスワーゲンってどっちが車として優れてるんや?】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2018/03/31(土) 21:02:34.86 ID:CAP_USER
    [29日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>が全米で保管しているディーゼル車が、約30万台にのぼっていることが明らかになった。裁判所への提出文書によると、同社は2月半ばまでに約35万台のディーゼル車を買い戻し、74億ドル以上を支払った。

    全米での保管場所は、デトロイト郊外の閉鎖されたサッカー場やミネソタの製紙工場跡など37カ所にのぼる。

    VWの広報担当者は「保管は暫定的措置で、車の機能と質を長期的に保持するため定期的にメンテナンス作業を行っている。規制当局が排ガス関連の修理を承認すれば、転売されるか輸出されるだろう」と述べた。

    同社は排ガス不正問題への対応として、約50万台を対象に2019年末まで買い戻しを継続し、250億ドル以上を投じる予定。

    昨年末時点では、33万5000台を買い戻し、1万3000台を転売、約2万8000台を廃車にした。保管台数は29万4000台だった。

    UxeB6sF


    https://jp.reuters.com/article/volkswagen-emissions-storage-idJPKBN1H61RV

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1522497754/ 【独VW、米国で買い戻したディーゼル車の保管台数が約30万台に】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/03/22(木) 14:54:03.88 ID:jpU+gp2V0● BE:423476805-2BP(4000)
    Volkswagen-I-D-Crozz-2017-Francfort-1

    フォルクスワーゲンは今月開催されたジュネーブモーターショー2018で、I.D. VIZZIONを公開した。

    ボディサイズは全長5110mmとなっている。かつてのフェートンを後継するフラグシップサルーンとしてのラインアップが期待され、2022年の市販化が予告された。

    インテリアは独立した4座が備わり、4人乗車での快適なツアラー性能が期待される。ステアリングが完全に無くなっているのも特徴である。

    EVパワートレインは前後2基のモーターによる4WD方式を採用で、最高出力は225kW、最高速度は180km/hに達する。111kWhのリチウムイオンバッテリー搭載により、最大で650kmの航続を可能とする。

    https://car-research.jp/vw

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521698043/ 【フォルクスワーゲンが自動運転EV高級セダンを2022年発売予告】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/21(水) 23:01:18.94 ID:tcwKVB7ea
    ポロ TSI トレンドライン 209万
    ポロ TSI コンフォートライン 229万
    ポロ TSI ハイライン 265万

    うーん

    001l

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1521640878/ 【【悲報】フォルクスワーゲン ポロ 最低でも200万円】の続きを読む

    このページのトップヘ