サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > フォルクスワーゲン

    1: チルナちゃん(秋田県) [KR] 2019/10/01(火) 16:49:55.43 ID:s5LXx4990 BE:365460454-PLT(15444)
    img_ff084247f0ffbf7b382191b588e68d56131405

    ドイツで30日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)に対し、ディーゼル車の排ガス不正問題で同社製の車の所有者約45万人が賠償金の支払いを求める集団訴訟の審理が始まった。

    戦後、同国最大の産業スキャンダルとなったこの問題をめぐる訴訟の裁判は、同日午前10時(日本時間午後5時)、同社の本社がある同国北部の都市ウォルフスブルク(Wolfsburg)から約30キロ離れたブラウンシュワイク(Brunswick)で始まった。

    2015年に発覚したいわゆる「ディーゼルゲート」事件を受け、約45万人という類を見ない規模の原告団が集団訴訟に踏み切った裁判は、骨の折れる数年がかりのものになるとみられている。

    https://www.afpbb.com/articles/-/3247196

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1569916195/ 【フォルクスワーゲンに対する集団訴訟開始…なんと45万人が賠償要求wwwwww】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/07/11(木) 13:20:52.84 ID:mVY92oQk9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00000029-kyodonews-bus_all

    ドイツ自動車大手のフォルクスワーゲン(VW)は10日、小型車「ビートル」の生産を終了したと発表した。
    ナチス・ドイツの国民車構想に基づいて1938年に初代が誕生して以来、約80年の歴史に幕を下ろした。

    メキシコの工場で生産された最後の1台は、メキシコ国内にあるVWの博物館に収蔵される。

    ビートルは「カブトムシ」を意味する。初代は2150万台が販売され、丸みを帯びた車体は日本人にも親しまれた。
    現行モデルは「ザ・ビートル」の車名で販売されており、日本では今年、販売を終える予定だ。


    メキシコの工場で行われたフォルクスワーゲン「ビートル」の生産終了セレモニー=10日、プエブラ
    20190711-00000029-kyodonews-000-view (1)

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562818852/ 【フォルクスワーゲン「ビートル」、ついに生産を終了・・・】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/06/07(金) 10:22:29.26 ID:CYCit2Qf0● BE:151915507-2BP(2000)

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559870549/ 【【キャンカー】フォルクスワーゲンのデカイキャンピングカーwwwwww】の続きを読む

    1: SQNY ★ 2019/06/01(土) 05:26:15.61 ID:CAP_USER
    【ペルーからNYへ】約束を果たすため、自作した木製フォルクスワーゲンで娘に会いに行くパパがカッコいい!

    動画:https://youtu.be/5WinD1OsHjs



    この木製の車、手作りなんです!

    ペルーから米ニューヨークへ、今まさに車で向かっているパパがいると話題になっている。

    しかも、その車とは自作した木製のフォルクスワーゲンだという。

    この車を製作したのは、ペルーで大工さんとして働くオルテガさんだ。

    ペルーで一般的に家具の材料として使用されるモヘナという木材を使い、木製の車の表面は、船のキャビンなどに使われる防水性の高いニスでコーディングしている。座席はレザーの代わりに、自身のルーツであるドミニカ共和国で見られる竹のような材料を使って作ったという。そして、もともとのモデルは2ドアだったのに対し、オルテガさんはアレンジを凝らして4ドアの車を製作したのである。

    なぜ、車を自作することになったのか、事の発端はおよそ4年前にまでさかのぼる。
    パパに誕生日を祝ってほしかった娘

    2015年、NY在住の当時13歳だった娘のエネリさんはこう話していた。

    15歳の誕生日には、パパが自作した木製の車で会いに来てくれることを願ってるわ。

    中南米では、15歳の誕生日は「キンセアニェーラ」と呼ばれ盛大にお祝いをされるのが一般的である。しかしエネリさんはそれを望まなかった。

    華やかなパーティーよりも、遠く離れて暮らす大工の父親が、自作した木製の車で会いに来て祝ってくれることを切望したのだ。
    失敗しても約束を果たすために再挑戦

    2017年、約束通りエネリさんの15歳の誕生日に合わせ、木製のシボレーを自作しNYへ向かったオルテガさん。しかし、コロンビアを通過中にエンジントラブルに見舞われ渡米を中断せざるをえなくなってしまったのだ。

    それでも娘との約束を果たすため、再度フォルクスワーゲンの製作に取りかかったという。

    毎週末製作に励み、やっと完成したのが動画に映る車である。オルテガさんは今年3月にこの車を運転し、現在エネリさんのもとへ向かっている真っ最中のようだ。

    エネリさんの17歳の誕生日は7月5日。約束より2年遅れてしまったが、娘のために頑張るパパはこの上なくカッコいい。父親との再会を待ちわびるエネリさんの喜ぶ顔が目に浮かぶようですね。

    ・Carpenter fulfils daughter's Quinceañera wish by spending TWO YEARS building her a VW Beetle out of WOOD - and is now driving it 20,000 miles from Peru to New York in time for her 17th birthday
    https://www.dailymail.co.uk/news/article-7050489/Dad-hits-road-handmade-Beetle-built-WOOD-daughter-drives-Peru-NYC.html

    13780636-705oad_accompanied_by_a_Be-a-4_1558533343830

    13734656-7050489-image-a-23_1558459311521

    13727854-705wood_that_he_purchas-a-1_1558533343735

    13776702-7ved_-a-3_1558533343828

    2019年5月31日 edamame
    https://edmm.jp/95665/

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1559334375/ 【パッパ「木で自作したビートルでペルーからNYの娘に会いに行ったろ」←予想以上のクオリティだったwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ