サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > フォルクスワーゲン

    1: タイガードライバー(東京都)@\(^o^)/ [FR] 2016/11/01(火) 20:53:20.04 ID:rRJJjmOj0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    10月28日、フォルクスワーゲン(VW)は新型の7人乗りSUV「フォルクスワーゲン アトラス」の情報を公開した。
    この新型車は、11月に開かれるロサンゼルス・オートショーでワールドプレミアされる。

    搭載されるエンジンは238ps(175kW)の2.0リッター直列4気筒ターボと280ps(206kW)の3.6リッターV型6気筒で、ともにトランスミッションは8速ATとの組み合わせとなる。
    駆動系は前輪駆動が基本で、V6モデルには4輪駆動の4MOTIONも用意されているとのことだ。

    プラットフォームにはゴルフなどと同じMQBを採用しているが、ボディサイズはトゥアレグやカイエンよりもひとまわり大きく、全長5037×全幅1979×全高1768mmとかなり大柄だ。
    乗車定員は7名で、3列目シートは画期的な折りたたみ機構を備えているという。

    もちろん、アダプティブクルーズコントロール、前方衝突警告、自動緊急ブレーキ、追突警告機能付きブラインドスポットモニター、レーンアシスト、パークアシストといった最新のドライバーエイドシステムを搭載。

    加えてエンタテインメント系ではFenderプレミアムオーディオシステムを採用し、AppleのCarPlayやAndroid Autoにも対応しているとのことだ。

    なお、市販時期は2017年春の予定となっている。
    http://getnavi.jp/vehicles/81266/

    20161031_y-koba_LB1_01_R

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1478001200/ 【フォルクスワーゲン新型SUV『アトラス』発表…7人乗りの馬鹿でかいボディ】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(catv?)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 19:23:42.64 ID:Bda/z7vw0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    hkLsTZ

    中国メディア・今日頭条は14日、「修理できないフォルクスワーゲン、壊れないトヨタ 本当にそうなのか」とする記事を掲載した。

    記事は、「日本車がいいか、ドイツ車がいいか」は中国において常に議論になるトピックであるとしたうえで、巷では「修理できないフォルクスワーゲン、壊れないトヨタ」という言葉が広まっていると紹介した。

     そして「事実は本当にそうなのか」としたうえで、両社が製造する自動車の特徴を解説。

    フォルクスワーゲンは機械技術や運転性能の高さ、動力の強さを目指して研究が重ねられており、最新の技術が惜しみなく自動車づくりに注がれるとした。

    新技術を利用するゆえに安定性において問題が発生しやすいことから、「フォルクスワーゲンは修理できない」というイメージが定着したと説明している。

     かたやトヨタについては「伝統的な自然吸気エンジンを使い続け、技術も新しいものではない。
    それゆえ操作性や動力性能で劣るが、技術が成熟しているために安定性が大きく確保され、故障が少ない」と解説。

    このために「いつまで乗っていても壊れない」という「錯覚」を消費者に抱かせるのであると論じた。

     記事が紹介する「巷のうわさ」は、よく知らない人が聞けば「フォルクスワーゲンはダメ、トヨタがいい」という考えに至りがちなものと言える。

    トヨタにとって「長く乗っていても壊れない」という口コミは、大きなアドバンテージになっているはずだ。

    しかし実際は、それぞれに長所を持っているし、短所も抱えている。

    それぞれの消費者が自分の好みや必要性に合ったメーカーの自動車を選択するのが一番であることは、言うまでもない。

    よく言われる「VWは直せない、トヨタは壊れない」ってホント? =中国メディア
    http://news.searchina.net/id/1618946?page=1

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474626222/ 【「VWは直せない、トヨタは壊れない」ってホント?】の続きを読む

    1: 風船モコモコ ★ 2016/09/21(水) 19:49:28.61 ID:CAP_USER.net
     フォルクスワーゲン(VW)日本法人は21日、小型車「ザ・ビートル」を改良して売り出した。日本でも親しまれている丸いデザインはそのままに、外装色を8色、内装を4種類用意し、最大32通りの組み合わせから選べるようにした。

     曲線を強調した車体からついた「カブトムシ」という愛称が後に車名になったビートルは、1946年から販売されているVWを象徴する小型車。現行モデルは3代目で改良は4年ぶり。運転手のハンドルさばきなどから疲れ具合を検知し、音や表示で休憩を勧める機能などを充実させた。排気量1・2リットルモデルの価格は消費税込み234万9千円から、2リットルのスポーツタイプは345万9千円。

    AS20160921004277_comm

    以下ソース
    http://www.asahi.com/articles/ASJ9P4SJZJ9PULFA00Y.html?iref=comtop_latestnews_01

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1474454968/ 【「カブトムシ」8色から選べます VWがビートル改良】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/03(日) 17:08:04.86 ID:CAP_USER.net
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160701-00012698-forbes-bus_all

    20160701-00012698-forbes-000-1-view

    VWは数週間前、「2018年に世界最大の自動車メーカーになる」としていた同社の目標を撤回する方針を明らかにしたところだ。だが、奇妙なことに、その目標は2年近く前倒しで実現することになる可能性が出てきたのだ。

    VWが年末までに生産台数でトヨタを負かすことができる確率は、高いといえる。巻き返しを見せている中国市場と欧州市場で、VWの業績が好調なことが理由だ。一方のトヨタは、これらの市場を苦手としている。

    ユーロ安も、VWの輸出を後押ししている要因だ。

    米国では、VWグループの売上高は今年1~5月、前年同期比で6.2%減少した。

    しかし、同グループの世界全体での売上高に米国市場が占める割合はわずか5%と小さいことから、それほど大きな痛手にはなっていない。

    米国市場での業績悪化の原因は主に、ディーゼル車の販売を中止したことだ。これに関連してドイツ国内では、VWは当面、米市場でのガソリン車の販売も取りやめるのではないかとの見方が出ている。

    ただし、トヨタはこうしたVWの躍進も意に介していないもようだ。それよりも同社が気にかけているのは、世界全体が景気循環の後退期に入る可能性など別のことだ。同社は何年も前から生産工場の増設に後ろ向きで、メキシコと中国で新設を計画している小規模な工場も、10年以内に稼働することはなさそうだ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467533284/ 【VWがトヨタを抜いて世界一に? 排ガス不正問題も影響なく】の続きを読む

    1: リサとギャスパール ★ 2016/05/17(火) 19:29:56.46 ID:CAP_USER*.net
     ディーゼル車の排ガス規制逃れが発覚した独フォルクスワーゲン(VW)日本法人は17日、信頼を取り戻す一環として、主力3車種の価格を引き下げて売り出した。より多くのお客と接点を増やすためとするが、事実上の「おわびセール」と言えそうだ。

     新たな価格設定をしたのは、小型車「ポロ」(消費税込み199万円から)、ハッチバック車「ゴルフ」(249万9千円から)、 ステーションワゴン「ゴルフ ヴァリアント」(294万9千円から)。ポロは価格改定前は228万4千円が最も安かった。

     排ガス不正の発覚後、VWは昨年10月の日本での新車販売が前年同月よりほぼ半減。
    2015年度は輸入車販売首位の座を16年ぶりに独メルセデス・ベンツに奪われた。
    VW日本法人のティル・シェア社長は、「まずは顧客の満足度の向上が先決。それ以外のことは先の話だ」と述べた。

    AS20160517003240_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASJ5K546WJ5KULFA02B.html
    2016年5月17日19時14分

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1463480996/ 【フォルクスワーゲン、日本で「おわびセール」 】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/28(木) 09:56:16.510 ID:QqJXxhy00.net
    トヨタ、1-3月の世界販売で首位陥落、246万台-独VW下回る
    http://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-04-26/O67WXD6S972F01 

    shiny-clean-vw
     

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1461804976/ 【ワーゲン、不正にも負けず2016年現時点で新車販売台数世界一位に】の続きを読む

    1: ムーンサルトプレス(空)@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 12:03:41.80 ID:G+R7hnPq0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
     ドイツ紙ウェルト(電子版)は20日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題を巡って不正車両を所有する米顧客に対し、それぞれ5000ドル(約55万円)の補償金を支払うことで米当局と合意したもようだと報じた。

    2015VOLKSWAGEN

    http://www.nikkansports.com/m/general/news/1635142_m.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1461207821/ 【フォルクスワーゲン 不正対象車ユーザーに5000ドル支払いでアメリカ当局と合意か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/08(月) 11:13:40.33 ID:CAP_USER.net
    http://newswitch.jp/p/3528

    日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた1月の外国メーカー車の輸入車新規登録台数によると、フォルクスワーゲン(VW)は前年同月比20・4%減の2993台だった。前年同月実績と比べ5カ月連続で減少した。

    ディーゼルエンジン車の排出ガス不正問題の影響などで販売が伸び悩むが、減少幅は2015年12月(同39・2%減)よりも改善した。

     外国メーカー車全体の登録台数は同0・8%減の1万7045台。5カ月連続でマイナスとなった。
    登録車全体に占めるシェアは前年同月とほぼ同等の7・2%だった。

     首位はメルセデス・ベンツで同9・6%減の4120台。前年は「Cクラス」の新車効果で水準が高かったため4カ月連続のマイナスとなったが、11カ月連続で首位を守った。

     2位のVWは新車効果が一巡し、排ガス不正問題の影響も続く。ただテレビ広告を再開したほか、1月に発売した派生モデルの販売が好調に推移するなど、JAIAは「回復傾向にある」との見方を示した。

     16年は各社がクリーンディーゼル車やプラグインハイブリッド車の投入を予定するなど品ぞろえの拡充が見込まれ、外国メーカー車で「30万台規模の販売を期待している」(JAIA)という。

    vw

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454897620/ 【フォルクスワーゲンの販売が回復傾向】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/08(火) 13:46:52.14 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2015/12/08/265702.html

    排ガス不正問題を受けて、財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。
    同社が、傘下の高級車ブランドを売却する可能性が出てきた。

    これは12月4日、『ロイター』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「フォルクスワーゲングループが巨額の借入金を返済できなければ、傘下のベントレーかランボルギーニを手放す可能性がある」と伝えている。

    フォルクスワーゲングループに関しては、排ガス不正問題を受けて、大規模なリコール(回収・無償修理)を予定。さらに、各国当局から巨額の罰金が科せられる可能性もある。
    また、米国を中心に、フォルクスワーゲングループに対する集団訴訟も相次いでいる財務状況が悪化しているフォルクスワーゲングループ。同メディアによると、同社は最近、銀行13行から総額200億ユーロ(約2兆6000億円)を借入れ。期限の1年後に返済できなければ、ランボルギーニかベントレーを売却する可能性があるという。

    ブランドの買収によって、グループを拡大してきたフォルクスワーゲン。その成長戦略が、排ガス不正という一大スキャンダルによって、大きな転機を迎えているようだ。

    989441

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1449550012/ 【VWグループ、財務悪化で高級車ブランドのランボルギーニとベントレーを売却する可能性】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(dion軍)@\(^o^)/ 2015/12/02(水) 10:08:06.15 ID:puPcWKWH0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    530x298
     
    アメリカの先月の新車の販売台数は、ガソリンの値下がりなどを背景に全体の販売は増加しましたが、 排ガス規制の不正の影響でドイツのフォルクスワーゲンは前の年の実績を24.7%下回りました。

    民間の調査会社オートデータによりますと、先月のアメリカの新車の販売台数は、ガソリンの値下がりなどを背景に前の年の同じ月より1.4%増加し、131万9913台でした。これで1月から11月までの販売台数は1582万台余りになり、14年ぶりに年間で1700万台を超える可能性が高まっています。

    メーカー別では、アメリカの大手はGM=ゼネラル・モーターズが前の年より1.5%、フォードが0.3%、クライスラーが3.1%それぞれ増加しました。

    日本の大手はトヨタ自動車が3.4%、日産自動車が3.8%増えましたが、ホンダは5.2%減少しました。
    一方、ドイツのフォルクスワーゲンは24.7%減少し、主要な大手メーカーの中では最も大きく落ち込みました。
    フォルクスワーゲンはことし9月に排ガス規制の不正が発覚して以降、問題のディーゼル車を購入した人におよそ12万円の金券を配るなど顧客離れを食い止める対策を講じていますが、販売への影響が徐々に拡大しています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326591000.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1449018486/ 【VW、11月のアメリカでの新車販売台数24.7%ダウン】の続きを読む

    このページのトップヘ