サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > スズキ

    1:
    swift2-768x512

    『120kgの軽量化』。その衝撃的なインパクトをもって、新型スイフトが発売されたのは2016年12月。いまから約半年前のことだ。思えば2014年12月に発売されたアルトも先代比60kgの軽量化を実現してデビューした。この軽量化幅は、他メーカーと比べてもちょっと異例。なぜ、スズキだけがこれほどの軽量化を実現できるのか? そして、軽量化のネックはないのか?

    0dea9b101317bbd9c1e0519facd761e7-768x480
    【表】国産&輸入コンパクトカーの車重 ※【T】の記載があるものはターボエンジン

    『衝突安全のスバル』に対して『軽さのスズキ』
    「プラットフォームの更新などで得た技術的なゲイン(=利得)を、軽さに使うのか、衝突安全に使うのか、ということだろう」

    「スズキの場合は、そのゲインの多くを軽さに使っている。いっぽう、衝突安全性能に多く使っているのがスバル」

    このように分析するのは、メカニズムに詳しい自動車評論家の鈴木直也氏だ。そして、スズキがライバル車に対して大幅に軽いのは、メーカーとしての考え方や事情も絡んでいるからだという。

    「スズキのメインマーケットはインドなどの新興国市場で、いっぽうスバルのメインマーケットはアメリカ。多くの国産メーカーはスバル同様、先進国市場を重視しなくてはならない」

    「先進国では『衝突安全試験で五つ星を獲りました』ということに意味があるけれど、新興国では『軽くて燃費がいい』ことのほうにより意味がある」

    『最新の技術で得たものを軽さにつぎ込む』。スズキ流のコンセプトが、他社にはない軽さを実現した背景にあるといえるだろう。

    「スイフトの車重は870kgで、初代インサイトの850kg。アルミボディで作られた2シータークーペと遜色ない軽さを、一般的な5ドアハッチバックで実現しているところにスイフトと最近の軽量化技術の凄さを感じる」

    https://bestcarweb.jp/archives/29168

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1502794568/ 【スイフトは120kg減!! なぜスズキだけ圧倒的に軽量化できるのか?】の続きを読む

    1:
    スズキが3日発表した2017年4~6月期決算は、売上高が前年同期比15・3%増の8693億円、営業利益が43・8%増の850億円、純利益が72・4%増の654億円と、いずれも第1四半期として過去最高だった。

    利幅の大きい多目的スポーツ車(SUV)が好調だった。

    四輪車の世界販売も9・7%増の74万1千台で過去最高を更新。欧州ではSUV「SX4 S―CROSS」などが好調で販売台数が19・8%増え、乗用車市場のシェア5割を占めるインドでも14・3%増えた。

    欧州では、スズキのSUV「ビターラ(日本名エスクード)」にディーゼルエンジンを供給するフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)に排ガス不正疑惑が浮上している。
    この日の会見で、スズキの長尾正彦常務は「一義的にはFCAに対応して頂きたい」と述べた。

    日本でも、燃費不正問題で冷え込んでいた軽自動車が持ち直した。近年力を入れている軽以外の車も、小型車「ソリオ」や「スイフト」が堅調で、利益水準を押し上げた。

    欧州などで売れ行きが好調なスズキのSUV「SX4 S―CROSS」
    AS20170803003769_comm



    http://www.asahi.com/articles/ASK8356RNK83ULFA01F.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501797856/ 【スズキ、純利益72%増 SUV好調で過去最高を更新 SX4 S-CROSSなど】の続きを読む

    1:
    スズキは2017年7月24日、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)において、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開すると発表した。

    スイフトスポーツは初代の発売以来、スズキのスポーティーなイメージをけん引してきたモデルである。
    今回の新型では、「世界中のスポーツドライブファンにさらなる刺激を与えるクルマに進化した」とうたわれる。

    新型スイフトスポーツの詳細については、9月12日に行われる、フランクフルト国際モーターショーの記者発表会で明らかにされる予定。

    http://www.webcg.net/articles/-/36784


    img_2d18486a7eee44d5341f04462cbaaba177101

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1500925858/ 【スズキ、新型「スイフトスポーツ」を世界初公開】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/14(金) 19:29:57.454 ID:BG2rCgWS0.net
    そうなの?


    zmv

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1500028197/ 【スズキの新車買ったんだが車好きな先輩に「スズキは故障多いぞ!」って馬鹿にされたんだが】の続きを読む

    1:
    スズキは2017年7月12日、コンパクトカー「スイフト」に電動走行も可能なフルハイブリッドシステムを搭載したモデルを追加し、販売を開始した。

    ■スズキ独自の軽量・小型・高効率なハイブリッド機構

    今回スイフトに採用されたハイブリッドシステムは、「オートギヤシフト(AGS)」と呼ばれるシングルクラッチ式ATに、発電も可能な駆動用モーターを組み合わせたスズキ独自のもので、2016年11月に登場した「ソリオ」のフルハイブリッドモデルから導入が進められている。これまでにも、スイフトにはマイルドハイブリッド機構が搭載されるグレードは設定されていたが、フルハイブリッドシステムの採用については今回が初となる。

    組み合わされるエンジンは1.2リッターのガソリン自然吸気で、状況に応じて駆動用モーターが走行をアシスト。クリープ状態や約60km/h以下での一定速走行時には、エンジンを止めての電動走行も可能となっており、1tを切る車重とも相まって、JC08モード計測で32.0km/リッターという燃費を実現している。また、100Vの高電圧リチウムイオンバッテリーについては荷室床下に搭載。スイフトのボディーサイズや室内空間はそのままにフルハイブリッド化をかなえているという。

    また、搭載に際してはスイフトの持つスポーティーなキャラクターに合わせ、クラッチの切り離し時間を短縮するようAGSの変速制御をチューニング。シフトパドル操作時にはさらに切り離し時間を短くし、スピーディーな変速とスポーティーなシフトフィールを実現している。

    走行モードは「標準モード」と「エコモード」の2種類で、後者では停車からの発進時などでより頻繁にEV走行を行い、燃料消費を抑制するという。

    内外装の違いによる差別化も図っており、クロームメッキの加飾付きフロントグリルや、ブルーの加飾を施したシフトノブ、ブルーイルミネーションのメーターを採用。エンジン回転計の内側には、モーターの作動状態を表示するモーターパワーメーターが搭載される。

    グレードは「ハイブリッドSL」と「ハイブリッドSG」の2種類。前者には自動緊急ブレーキや誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能、シフトパドルなどが搭載される。

    価格は以下の通り。

    ・ハイブリッドSL:194万9400円
    ・ハイブリッドSG:166万8600円

    2017.07.12
    http://www.webcg.net/articles/-/36735

    画像
    img_a8ad1792ce8112297fffb1d64594e334103228

    img_3b40df108f338a022cf982f536322a45108819

    img_1f8a0e7f0ba7208d59eb42f9231e5575109506



    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499854899/ 【「スズキ・スイフト」に燃費32.0km/リッターのハイブリッドモデルが登場】の続きを読む

    1:
    オランダの検察当局は10日、スズキが排ガス規制を逃れるために違法なソフトウエアを搭載していた疑いがあるとして調査すると発表した。

    現地メディアが報じた。

    多目的スポーツ車(SUV)「ビターラ(日本名エスクード)」が対象で、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の「ジープ グランドチェロキー」も同様の疑いで調べる。

     オランダ陸運局が10車種以上を対象に路上走行試験をしたところ、この2車種から多量の窒素酸化物(NOx)が排出されたという。

    エンジンを保護するために排ガスを操作するソフトウエアを、本来の目的とは別に規制を逃れるため不正に使った疑いが持たれている。

     オランダ陸運局によると、欧州で4万2千台のビターラが販売されたという。

     FCAについては今年1月に米環境保護局(EPA)が同社の一部ディーゼル車が法定基準を超える排ガスを出していた恐れがあると発表、 5月には米司法省が米連邦地裁に提訴していた。FCAは不正を否定している。

    Suzuki-Vitara-1

    日本経済新聞2017/7/11 9:56
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDZ11H0U_R10C17A7EAF000/

    引用元 http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499738718/ 【スズキ ビターラ(日本名エスクード)に排ガス不正の疑い…オランダ政府が調査へ】の続きを読む

    このページのトップヘ