サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ダイハツ

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [TR] 2019/02/13(水) 21:09:28.37 ID:dX5mAP0e0● BE:423476805-2BP(4000)
    ダイハツから新型コンパクトSUVが2019年夏に発売される見通しとなっている。

    コンセプトカーのDN TREC
    171009_newmodel-bego-01



    既にこれを予告するコンセプトモデルが東京モーターショー2017で発表されていたが、この時点では、ダイハツは市販化について明確な回答をしていなかった。
    その後、開発が進められ市販化が確実視される段階となっている。
    このクラスのコンパクトSUVは、2016年まで販売されていたダイハツ・ビーゴと、その姉妹モデルのトヨタ・ラッシュがある。
    しばらくラインアップに穴を開けていたが、これらを後継するモデルとなる。
    ダイハツ生産とトヨタへのOEM供給の関係も継続され、両ブランドからの販売となる見込み。

    https://car-research.jp/tag/be-go

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1550059768/ 【ダイハツ ビーゴ(トヨタ ラッシュ)後継SUVが2019年夏発売予定】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2019/01/23(水) 21:24:12.28 ID:vfhZySDo0● BE:423476805-2BP(4000)
    今月開催された東京オートサロン2019では、コペンGRスポーツコンセプトも注目のモデルであった。
    ダイハツからはオレンジボディ、TOYOTA GAZOO RACINGからはホワイトボディのダブル出品で話題となった。
    GAZOO RACINGでは、スポーツ性能やカスタマイズ度合いにより、上からGRMN、GR、GRスポーツの3段階を設定してきた。今回のコペンは、一番下位のGRスポーツとなる。
    コペンGR SPORTとしての市販化が前提となっている。
    https://car-research.jp/tag/copen

    002_l

    https://www.youtube.com/watch?v=gkU1ZMqxejk


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548246252/ 【コペンGR SPORT、2019年内発売の可能性、ダイハツ&GAZOO RACING合作】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/12/19(水) 20:17:55.27 ID:CAP_USER9
    ダイハツ工業は2018年12月19日、スポーツタイプの軽乗用車「コペン クーペ」を200台限定で販売すると発表した。

    ■好評を博したコンセプトカーを市販化

    コペン クーペは、軽オープンスポーツカー「コペン セロ」をベースに、リトラクタブルハードトップに代えて固定式ハードトップを装着した2ドアクーペである。2016年の東京オートサロンに出展した「コペン セロ クーペコンセプト」が好評を得たことから市販化が決定したというもので、コンセプトカーと同様の、ルーフからトランク、リアエンドまでが一体となったファストバックスタイルが特徴となっている。

    ルーフは軽量で丈夫なCFRP製で、ガラスハッチからの荷物の出し入れが可能。MOMO製のステアリングホイールや、フロントスーパーLSD(MT仕様のみ)、BBS製の鍛造アルミホイールなどを標準装備する。またフロントウィンドウには、くもりにくい防曇(ぼうどん)コート付きガラス「eXeview」を採用している。グレードは単一ながら4つの異なる仕様をラインナップする予定で、数量限定モデルとしてシリアルナンバーが付与される。

    価格は、MT仕様が250万5600円、CVT仕様が248万4000円。販売に際しては、まず東京オートサロン2019(開催期間:2019年1月11日~13日)に市販予定車として出展するとともに、特設ウェブサイトにて2019年1月11日から2月11日までの期間限定で購入者を募集。応募者が200人を超える場合は抽選を実施するとしている。商談・受注は同年2月下旬以降、生産・納車時期は2019年4月以降となる予定だ。

    なお、コペン クーペ発売を機に、カタログモデルのコペンについてもHKSとのコラボレーションによるスポーツマフラーやサスペンションキットをディーラーオプションとして新設するとしている。(webCG)

    2018.12.19
    https://www.webcg.net/articles/-/40046

    コペン クーペ
    img_007f4dc3179d57f676fc7377e08b42dc303593

    img_5b1be2bb5ce5013f6582b899cfc89c25301685

    img_c8a4774a10d456e66bd6ed65712a0b33298689


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545218275/ 【ダイハツさん、屋根が開かない「コペン クーペ」を発表してしまうwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/15(土) 03:24:20.962 ID:xlqB5xMKa
    https://video.twimg.com/ext_tw_video/1073174050510229504/pu/vid/1280x720/4UzH27hcwgGQnjjC.mp4

    ****@コペンエクスプレイLA400
    @******** 
    市営駐車場にて底を接触したらエアバッグ 展開。コペンスタイリスト曰く今までも多々、事例はあったらしい。だがメーカー、ディーラー共に正常だと主張し修理費25万wコペンユーザーは注意

    コペンのエアバッグが作動

    2018年12月13日(木) 20時14分05秒
    リツイート: 7,382お気に入り: 6,193

    引用元
    【動画】ダイハツのコペン、2cmほどの段差でエアバッグ発動の車だった。修理費25万→ダイハツ「異常なしw」
    http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1544811860/ 【ダイハツ・コペンのエアバッグが僅かな段差で作動してしまう動画が話題に…】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/12/05(水) 19:07:55.73 ID:CAP_USER9
    ダイハツ工業は2018年12月5日、ペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付け安全装置「つくつく防止」の販売を開始した。

    このつくつく防止は、後付けでソナーセンサーやコントローラー、インジケーター等を装着することで、誤操作による重大事故を減少させるという目的で開発されたもの。すでに使用している車両に対して装備できるのが最大のメリットといえる。

    ダイハツは2012年に軽自動車で初めて、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を導入し、現在は第3世代となる「スマートアシストIII」にまで発展している。徐々に搭載車種の拡大を行い累計販売台数200万台を超えているが、今も使用されているダイハツ車の約8割はスマートアシスト非搭載車であるという。

    つくつく防止では、車両前後に取り付けたセンサーが前後方3m以内にある障害物を検知し、ドライバーがアクセルを強く速く踏み込んだ場合に、システムが「ペダルの踏み間違い」と判断。室内に取り付けたインジケーターとブザーによって警告を行うとともに、コントローラーが燃料供給をカットしエンジンの出力を絞り、急発進を抑制する仕組みになっている。同時にソナーセンサーで前後の死角にある障害物を検知し警告する「パーキングセンサー機能」も備えている。

    2007年12月に販売を開始した2代目「タント」(L375型/L385型)を対応車種第1弾とし、順次対応車種を増やしていくという。

    価格は、3万4560円。標準取り付け費込みの場合は5万9508円となる。(webCG)

    2018.12.05
    https://www.webcg.net/articles/-/39962

    img_0f488f0182a7d048ec0715c8166fca5a307928

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544004475/ 【ダイハツ、後付けのペダル踏み間違え急発進抑制安全装置を発売】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 19:38:11.88 ID:eWfKW6GD0
    DA_S065_F002_M002_1_L
    ミライースの特徴

    安い(新車で80万円以下から)
    自動ブレーキ装備(アイサイトと同等レベルで歩行者にも対応)
    デザインよし
    車体重量が驚異の650kg(スイスイ走れる)
    超低燃費。カタログ燃費34km/L、実燃費でも余裕の20km/L越え
    乗り心地それなり
    シートヒーター等付いた最上級グレードでも120万円


    これもう歴史に残るレベルのコスパやろ・・・・

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1539686291/ 【【悲報】日本の新車市場さん、ミライースよりコスパのいい車が存在しない模様】の続きを読む

    このページのトップヘ