サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ダイハツ

    1: かかと落とし(芋)@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 08:14:16.28 ID:7HSHVeP/0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    ダイハツの軽トラ、ハイゼットが15年ぶりのモデルチェンジを9月に行うそうです!エンジンを刷新して燃費がリッター約20kmに改善するとのこと。

    ついにやりましたか、軽トラのモデルチェンジ。スズキの軽トラ・キャリィも去年8月にモデルチェンジしてるので、ダイハツもそろそろやっとくかって感じなんですかね。

    とはいえ、軽トラってのは燃費を求められるクルマじゃないと思うので、エンジンの改良ってなかなか微妙なところだと思うんですよ。
    乗用車とは求められる特性も違うと思うんで、乗用軽とは全く違うエンジンを作らないといけない。

    一方で、軽トラってのは売上が堅いクルマだと思うんですよね。商売に使うクルマだから、商売人とか農家の人とかの人数に連動して需要が動くわけです。
    そんで、そういう人の人数なんて急に増えたり減ったりしないだろうから、改良をしようとしまいと売上は堅い。個人的にはそう思います。だからダイハツにとっては改良のモチベーションって薄いと思うんですよ。

    その意味では、そんなに売上に貢献するわけでもないのに改良を施してくれたダイハツはエライ。そう思います。あ、でもそれを言うなら先に改良したスズキのほうがもっとエライな。

    ともかく燃費が2割アップってことで、大きな改良だと思います。ダイハツはエライ。そしてこれからも頑張れ!!
    http://used-move.com/2014/08/9033/
    20140814a
    ※現行ハイゼットトラック

    レス引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1407453256/ 【ダイハツの軽トラ・ハイゼットが15年ぶりのモデルチェンジ】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/06/19(木)15:15:03 ID:rsAwmLlq4
    ダイハツ工業は6月19日、軽オープンスポーツカーの新型「コペン(COPEN)」を発売した。
    ボディータイプはスポーツカーらしい躍動感や流麗さを表現する「コペン ローブ」、フェンダーなどのカラーリングを変えた2トーンボディーでアクティブテイストを強調する「コペン X(クロス)モデル」の2種類となるが、今回はコペン ローブを先行してリリース。

    コペン Xモデルは2014年秋の発売開始を予定している。
    コペン ローブの価格はCVT(7速モード付き)車が179万8200円、5速MT車が181万9800円。

    なお、同社ではこの新型コペンの発売に合わせ、購入者が“自分らしさ”を表現するためのサポート活動となる新たな取り組み「コペンファクトリー」「コペンサイト」「ローカルベース」をスタートさせる。

    詳細はソースで
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20140619_654038.html

    コペン ローブ
    20140619Copen01


    コペン Xモデル
    20140619Copen0x


    レス引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403158503/ 【新型コペン ローブ販売開始…丸目デザインも来年登場!】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/06/02(月)09:50:52 ID:cKMV76ZeA
    現在、軽自動車の最高燃費はスズキが昨年12月に発売したアルトエコの「35.0km/L」。

    対するダイハツは昨年8月に発売したミラ・イースの33.4km/L。

    これまで火花を散らしてきた「燃費バトル」の歴史を振り返ってみると…

    2011年09月 ダイハツ ミラ・イース 30.0km/Lを達成
    2011年12月 スズキ アルト・エコ   30.2km/Lを達成
    2013年03月 スズキ アルト・エコ   33.0km/Lを達成
    2013年08月 ダイハツ ミラ・イース 33.4km/Lを達成
    2013年12月 スズキ アルト・エコ   35.0km/Lを達成

    と、まるでネットオークションの入札を思わせるような履歴を辿ってきましたが、これまでの経緯からしてダイハツがこのまま指をくわえて見ているとも思えません。

    日経新聞によれば、今年に入って沈黙を守っていたダイハツが「ある画期的な方法」で40km/Lの厚い燃費の壁を突破したようで、福岡県の研究拠点で新技術の実用化に目処を付けたといいます。

    続きはソースで
    http://yukan-news.ameba.jp/20140601-118/

    o12000635daihatsu_mira_e-s


    レス引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401670252/ 【ダイハツが画期的技術で燃費リッター40km超えに挑む】の続きを読む

    1 ジャンピングパワーボム(やわらか銀行) 2014/01/14(火) 07:58:25.44 ID:YJFwXG20P
    軽自動車増税の前に!2014年発売予定の『おすすめ軽自動車』トップ3

    o12800819am_tm1310007h

    ダイハツ・コペン
    先ごろ閉幕した東京モーターショーで次期モデルを示唆するコンセプトカー「KOPEN future included Rmz」
    「KOPEN future included Xmz」を展示されていましたが、次期コペンはデザイン、着せ替えボディともほぼこのカタチでの登場となりそうです。いまのところ8月発売が有力とされていますが、現行モデルのユーザーだけでなく新たな層からも注目されそうな1台です。

    日産デイズルークス/三菱ekスペースタントやNボックスに対抗するため日産・三菱設立の軽自動車事業会社「NMKV」から2月に販売される予定の日産デイズルークス/三菱ekスペース。すでにウェブサイトで外観や装備の一部が公開されていますが、広い室内とともにスーパーUVカットガラスやロールサンシェード、軽自動車初搭載となるリアシーリングファンなどの装備で女性のヒキが良さそうなモデルです。

    ホンダS660コペンとともに東京モーターショーでコンセプトモデルが来場者から大きく注目されたホンダの軽オープン。来年末に市販されそうですが、モーターショー時からデザインはわりと変わる可能性があると言われています。車名とともに市販時にどのようなカタチで登場するか、2014年で一番注目される軽自動車になりそうです。

    全文はソースで
    http://news.ameba.jp/20131227-369/

    【2人乗りスポーツカータイプの軽自動車あるけど、あれって軽トラよりも恥ずかしいって思うの俺だけ?】の続きを読む

    1 中年'sリフト(catv?) 2013/12/13(金) 23:20:57.12 ID:WAlyQy2G0
    ダイハツが東京モーターショー13に出展した『コペン』は、樹脂の外板意匠をカバーケースのように自由に着せ替える新しい使い方と、骨格構造がもたらす走りの進化を具現化したクルマだという。

    ダイハツ工業デザイン部主査の和田広文さんは、外板意匠を交換できることについて、「これまでサードパーティの方はバンパーやチンスポイラーなどのみの販売や交換であったが、コペンの場合は、ボディ全部を専用に作ることが出来るので、ぜひどんどん新しいデザインでチャレンジしてほしい」と話す。

    また、ダイハツとしても、「ボディ骨格と樹脂外板という新しいチャレンジを、会社を挙げてやっていくことで、『ミラ』や『ムーヴ』など将来のクルマにつながっていく、壮大な夢なのだ」という。

    和田さんは、「走る楽しさ、所有する楽しさ、クルマを買う楽しさが近年薄れ気味のような気がする」と述べ、2014年にコペンが発売されることで、「こういった思いが再び取り戻せるのではないかと期待する。メーカーとしても、契約から納車までのワクワク感を演出するために、何らかの仕掛けを考えていきたい」という。

    さらに、初代コペンは工場を工房のイメージで製造していたことから、「単にラインで製造するのではなく、今回もそういう仕掛けはやりたい」と語った。

    20131213113622_971_

    20131213113630_662_

    20131213113636_545_


    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=35505/

    【(・∀・)ダイハツコペン…走る楽しさから所有する喜び、納車までのワクワク感を演出】の続きを読む

    このページのトップヘ