サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 三菱

    1: 自治郎 ★ 2018/04/19(木) 20:39:32.73 ID:CAP_USER9
    三菱自動車は2018年4月19日、電気自動車「i-MiEV(アイミーブ)」に一部改良を実施し、販売を開始した。

    今回の改良では、フロントとリアのバンパーのデザインを変更。これに伴い、全長が従来の3395mmから3480mmへと拡大したため、軽自動車から登録車へと区分が変更されている。フロントバンパーにはフォグランプが標準装備される。

    このほかエクステリアでは、ボディーカラーに「スターリングシルバーメタリック」と「スターリングシルバーメタリック/ホワイトパール」(2トーン)の2種類の有料色(7万5600円)を新規設定し、全5色展開としたほか、モノトーン車の前後ドアサッシュにブラックアウトテープを採用した。

    グレード展開も見直され、駆動用バッテリーの総電力量10.5kWhの「M」を廃止し、同16.0kWhの「X」のみの設定とした。さらに、駆動用バッテリーの温度が高い状態で急速充電をした場合、充電時間が長くなることを知らせる機能も追加した。

    価格は294万8400円。

    また同日より、ボディーカラーとラッピングカラーを組み合わせて自分好みのi-MiEVに仕立てられる「MYアイミーブデザインラッピング」にも新デザインが設定された。2トーンスタイルの「マスク」とストライプラインの「レーサーストライプ」の2種類のデザインからなる、全5パターンが新たに用意される。

    ラッピングは新車購入ユーザーだけでなく、中古車購入ユーザーや既存のオーナーも利用できる。(webCG)

    2018.04.19
    http://www.webcg.net/articles/-/38666

    i-MiEV X
    img_a43fb4959c5f02b632b223ba612db09896277

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524137972/ 【【悲報】三菱i-MiEVが軽自動車→普通車になる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/12(月) 00:42:04.37 ID:+SO5EosN0
    1_l
    軽の電気自動車のアイミーヴ
    クロカン用ミニバンのデリカD5
    プラグインハイブリッドSUVのアウトランダーPHEV

    これしか売れないのがおかしい
    1) トヨタ 157万7062台
    2) ホンダ 72万4834台
    3) スズキ 66万5871台
    4) ダイハツ 63万856台
    5) 日産 59万1000台
    6) マツダ 20万9689台
    7) スバル 17万6737台
    8) 三菱 9万1621台

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520782924/ 【三菱自動車って魅力的な車多いよな?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(スイス) [DE] 2018/03/04(日) 05:00:09.08 ID:Fhs31YZC0● BE:423476805-2BP(4000)
    img_6b16c526a38a64363b923498bb6aa42c41464

    三菱自動車は2018年3月1日にエクリプスクロスを発売した。
    国内仕様のパワートレインは新開発の1.5L ダウンサイジングターボエンジンとなる。さらにPHEVモデルの導入が検討されているが、発売時期は未定。
    車両価格は2WD車が253万2600円~287万9280円に設定され、4WD車は21万6000円高となる。昨今のSUVトレンドの中にありながら、人気は今一つ。三菱ブランド力の低下もあるだろう。月間販売目標は1000台と控えめな数字が示されている。

    https://car-research.jp/tag/eclipse-cross

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520107209/ 【三菱自動車エクリプスクロスの月販目標はわずか1000台、PHEV追加の可能性】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/03/01(木) 21:03:17.78 ID:CAP_USER9
    三菱自動車は2018年3月1日、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」の販売を開始した。

    ■三菱の未来を担う次世代製品群の第1弾

    エクリプス クロスは、クーペを思わせるスタイリングと新しいコネクティビティー機能、三菱独自の四輪制御技術がもたらす高い走行性能(4WD車)などが特徴として挙げられる、コンパクトなクロスオーバーSUVである。三菱の次世代製品群の第1弾となるモデルで、同社の日本販売車種としては、2014年に発売された「eKスペース」以来、実に4年ぶりの新型車となる。

    生産を担うのは愛知県の岡崎製作所で、三菱の世界戦略車としてすでに2017年秋より欧州向け、オセアニア・アセアン地域向け、北米向けの出荷が順次開始されており、最終的には世界約80カ国への展開が計画されている。一方、日本では2017年12月22日に予約受け付けが開始されており、2018年2月末時点で、月間販売目標の5カ月分に当たる約5000台の受注を得ているという。

    パワープラントは1.5リッター直4ターボエンジンとCVTの組み合わせで、駆動方式にはFFと4WDを用意。装備の充実度に応じて3つのグレードがラインナップされている。

    価格は以下の通り。

    ・M(FF):253万2600円
    ・M(4WD):274万8600円
    ・G(FF):270万6480円
    ・G(4WD):292万2480円
    ・Gプラスパッケージ(FF):287万9280円
    ・Gプラスパッケージ(4WD):309万5280円


    2018.03.01
    http://www.webcg.net/articles/-/38338

    エクリプス クロス
    img_426d51d58aa92784985d7f95f16c820c103224

    img_029f2ff26efab679067d28e23b388cd2101918

    img_08ab8ef0d97c2cea898753d9b17e5b4c101011

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519905797/ 【三菱、新型SUVの「エクリプス クロス」を発売】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 06:52:45.16 ID:NkGj6PTA0
    不思議や
    あの三菱財閥やぞ

    img_6b16c526a38a64363b923498bb6aa42c41464

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519854765/ 【三菱自動車とか言うブランド力もあってカッコイイ車も多いのに売れないメーカーwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/02/20(火) 16:21:52.751 ID:uwsSrR+9d
    かっこいい
    CCC2469b-720x540

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1519111312/ 【三菱のエクリプスクロス買いたいんだけど、新発売モデルの車買うのってどうなの?】の続きを読む

    このページのトップヘ