サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 日産

    1: 名無し募集中。。。 2019/10/19(土) 19:17:50.36 0
    スカイライン ブルーバード フェアレディZ・・・
    どれも記録にも記憶にも残る名車揃い
    異論は認めない

    _89701482_89701481

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1571480270/ 【国産車で「名車」と呼ばれる車は9割方日産車である】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/10/01(火) 21:37:11.99 ID:qKxceGQZ9
    日産自動車は2019年10月1日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)における出展概要を発表した。

    日産ブースの目玉は「ニッサン インテリジェント モビリティー」の将来を示すというコンセプトカー「ニッサンIMk」だ。東京モーターショーが世界初公開の場となる同車は、電気自動車(EV)のシティーコミューターであり、都市部の洗練された景観から日本らしい伝統的な街並みにまで自然に溶け込めるデザインを採用したという新時代の小型EVだ。

    新たなEVプラットフォームと低重心パッケージに載るボディーは軽自動車規格に収まるコンパクトサイズ。EVならではの力強くスムーズな走りと高い静粛性を実現しており、ストップ&ゴーや車線変更の多い街中から傾斜路まで、あらゆるシーンにおいて高い走行性能を発揮するという。また、「プロパイロット2.0」を進化させた次世代の運転支援技術を搭載。運転支援の範囲を高速道路から主要幹線道路にまで拡大し、ドライバーをサポートする。さらに、クルマが無人の状態で自ら駐車スペースを探して自動で駐車し、必要な時にドライバーがスマートフォンで呼ぶと迎えに来てくれるバレーパーキング機能なども備えている。

    2019.10.01
    https://www.webcg.net/articles/-/41593

    ニッサンIMk
    img_f5b660332dd313cc83fc0b4e4be512ba157623

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569933431/ 【日産が軽自動車規格に収まるコンパクトEVのコンセプトカーを世界初公開】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 19/10/02(水)07:37:31 ID:ylw
    ええ車なんか?
    ワイは車のことはほとんど分かってないんやけど

    10B07016_01_880x660

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569969451/ 【嫁が日産のジュークって車をかわいいって理由で買ってきたんやけど】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/09/24(火) 20:40:13.01 ID:pw6FgetC9
    ■日産「マーチ」も生産終了へ! いったいなぜ?

    日産の販売店によると「『マーチ』の生産終了が近づいています」とのことです。2019年12月に終了する「キューブ」に続いて、マーチまで生産を終えるのでしょうか。

    マーチとキューブでは、クルマの位置付けがかなり違います。キューブは国内向けの背の高いコンパクトカーで、発売されたのは2008年です。

    対する現行マーチは、2010年に発売され設計が少し新しく、タイで生産される輸入車になります。現時点ではタイのほかに中国やインドでも販売される、いわゆるグローバルカーです。キューブとは事情が異なるといえます。

    一方で、日本国内においてマーチの売れ行きが低迷していることも確かです。現行型は2010年に発売され、2012年(2011年は東日本大震災で販売が大幅に滞りました)の登録台数は、1か月平均で3300台でした。直近の2019年1月から6月の平均は、980台まで下がっています。

    これに比べると先代マーチは好調に売れて、発売された2002年の登録台数は、1か月平均で1万1600台に達しました。初代ホンダ「フィット」や9代目トヨタ「カローラ」に次ぐ売れ行きです。現在の日産「ノート」が2019年1月から6月の1か月平均で1万1400台を販売していることを考えると、当時のマーチは相当な人気車でした。

    先代マーチに比べると、現行型は発売時点から売れ行きが鈍く、時間の経過によってさらに下降したことになります。

    販売が低調な理由は、まず外観や内装の質に不満があったことでしょう。先代型に比べると、ボンネットとフェンダー、後席を倒したときのシートと荷室など、パネル間の隙間が大きくなりました。インパネの素材もいまひとつです。乗り心地は硬くなり、先代型のゆったりとしたリラックス感覚が乏しくなりました。

    都内の日産販売店では、すでにマーチの新規注文はできなくなっているといいます。販売スタッフは次のように説明します。

    「マーチは、新規でのオーダーは出来ない状況です。都内の販売店では、まだ在庫車があり、それらのグレードや色であれば手配できます」

    以下ソース先で

    9/24(火) 14:08
    くるまのニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00180076-kurumans-bus_all&p=1

    Nissan_March_K13_1.2X_V_Selection

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1569325213/ 【日産マーチって生産終了しちゃうの???】の続きを読む

    1: デボンレックス(東京都) [CN] 2019/09/17(火) 22:59:31.09 ID:m/9BUpF80 BE:878978753-PLT(12121)
    20190917-00000008-kobenext-000-3-view

    カーステレオはAMのみ 往年の刑事ドラマ思わせるレトロパトカー、年度内で見納め

    兵庫県相生市、上郡町の治安を守る県警相生署(相生市陸本町)にレトロな外観のパトカーがある。角張ったデザインは往年の刑事ドラマを思わせるが、現役で活躍するれっきとした警察車両。署員の手入れの甲斐あって、今日も管轄する市町を疾走する。

    相生署によると、1997年式の日産自動車セドリック。もともと同県が使っていた車両で県警に払い下げられた。
    車両前方に取り付けられたフェンダーミラー。ドアの窓はハンドルをくるくる回して上下する。ギアはミッション、カーステレオはAMのみ。
    鍵は直接鍵穴に差し込む。エアコンの風は弱く、真夏はあまり用をなさない。歳月を感じさせるが、走行に支障はないのか。

     「問題ありません。出発前には毎回、点検しています」と相生署の澤田賢介交通課長は胸を張る。交通安全教室などで用いられることが多く、ワゴンタイプの後部荷室にはパイロンが積まれている。交通安全教室では「懐かしい車やな」と年配参加者の受けもいいという。

     県警によると、97年式以前の車両は年々、少なくなっており、相生署のセドリックも本年度中に廃車になる予定。レトロなパトカーが見られるのも今のうちです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000008-kobenext-l28

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1568728771/ 【AMラジオのみ、5MT、フェンダーミラー、ドアはぐるぐる回す97年式セドリックパトカーが引退】の続きを読む

    1: ちーたろlove&peace ★ 2019/09/13(金) 16:08:18.08 ID:5olGTAXx9
    800x-1
    【リコール対象なるか】日産SUV 自動ブレーキ急作動でけが人も 米当局が調査開始
    2019年9月13日 12時21分

    アメリカの道路交通安全局は、日産自動車がアメリカで販売したSUV=多目的スポーツ車について、自動ブレーキが急作動したという苦情が130件近くに上り、けが人が出た事例もあるとして、調査を開始したことを明らかにしました。

    アメリカ運輸省の道路交通安全局が調査を始めたのは、日産自動車のSUV=多目的スポーツ車の「ローグ」の、2017年から2018年のモデル、55万台です。

    道路交通安全局が公表した通知によりますと、「ローグ」の非常用の自動ブレーキが、前方に障害物がないにもかかわらず、急作動したという苦情が129件報告されたとしています。

    このうち、関連する衝突事故が3件、けが人が出た事例も3件あったとしています。

    また、通知では、すでに日産にこの問題を伝え、日産側も顧客への対応をとっているとしていますが、安全性が確認できるまでには至っていない、としています。

    このため、道路交通安全局は、自動ブレーキの問題を分析するとともに、リコールの対象になるかどうかなど調査を進めることにしています。

    これについて日産は「顧客に対して、ブレーキシステムのソフトウェアを更新する通知を始めた。今後も当局に協力していく」とコメントしています

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190913/k10012080191000.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1568358498/ 【【悲報】日産SUVの自動ブレーキ急作動でけが人…当局が調査へ】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/09/09(月) 08:01:28.82 ID:ZOd9lNIp9
     日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が辞意を固めたのは、不正報酬問題の発覚で社内外からの批判が強まって求心力が低下し、引き続き経営のかじ取りを担っていくことが難しいと判断したからだ。西川氏には以前から、前会長、カルロス・ゴーン被告の事件を防げなかったことや、業績を悪化させた責任が指摘されてきた。日産は6月下旬に西川氏のトップ続投を前提とした新しい経営体制を固めたばかりで、社内の混乱は不可避の情勢だ。

     4日夜に西川氏の不正報酬が発覚したが、日産社内からは「(6月発売の月刊誌『文芸春秋』の報道で)すでに出ていた話で、今さら大騒ぎすることはない」(関係者)と、早期の問題収束を見通す声も出ていた。社内調査結果を報告する9日の取締役会でも、辞任までは求めない情勢だった。

     しかし、ゴーン被告による会社の「私物化」を指弾してきた西川氏自身の不正だけに、問題発覚後に噴出した批判は予想以上に厳しかったようだ。西川氏は5日朝に不正報酬を釈明した際、他の複数の役員にも同様の行為があったと明らかにした上で「ゴーン体制時代の仕組みの一つだ」と強調。自身の不正さえも、ゴーン被告の責任に転嫁した姿勢は潔くなかった。

     社外取締役からは「西川氏の問題は法律違反ではなく、ゴーン被告の犯罪とは全く違う」という指摘もあったが、一般の消費者にとってはいずれも報酬に関する不正に変わりはない。車という高額な商品を販売する自動車メーカーにとって、ブランドイメージが極めて重要なことも、西川氏の決断の背景にありそうだ。

     後任の選定は難航が予想される。日産は6月下旬の株主総会で社外取締役が過半数を占める体制に移行したため、現在の取締役の中から選ぶのは容易でない。元経産官僚の豊田正和氏が委員長を務める指名委員会で議論していくが、執行役員を昇格させたり、外部から招聘(しょうへい)することを決めるには時間がかかりそうだ。

     このため、西川氏が来年6月の定時株主総会まで続ける可能性もあるが、退任の決まっているトップが続投しても求心力を取り戻すのは難しい。来春頃に始まるゴーン被告の裁判でも、ゴーン被告側が西川氏批判を繰り広げる見通しで、トップにとどまれば経営への影響は避けられない。ポスト西川体制に向け、日産の前途は多難だ。(高橋寛次)

    2019.9.9 07:07| 産経新聞
    https://www.sankei.com/economy/news/190909/ecn1909090002-n1.html

    ecn1909090002-p1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1567983688/ 【不正報酬問題の発覚で日産西川社長が辞意を固めた模様】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/06(金) 22:45:48.679 ID:xqDp3af+0
    A8JDgPW

    ロシアのアルカーシャ
    VR38DETTっていうR35GTRのエンジン積んで1200馬力
    タイヤはtoyotireのR888RD(公道走行可) で駆動方式はFR
    ABSはキャンセル
    アルカーシャ選手はドリフトで現状世界トップクラスと言われてる最強

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1567777548/ 【【ドリフト】世界最強の1200馬力の日産スカイライン凄すぎワロタ】の続きを読む

    このページのトップヘ