サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 日産

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/17(火) 21:22:14.658 ID:naDgk2ir0
    DpTBA5h

    見た目の存在感やカッコ良さやお前らの中でのこの車の国産スポーツカーとしての存在感があるのか聞きたい
    32はあるのは当たり前だし分かってる…
    じゃあ34ってどうなん?
    個人的には無骨なデザインと硬派な雰囲気で
    32より好きだから凄く気になる

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1508242934/ 【日産スカイラインGT-R(R34)って国産車の中でも存在感ある?】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/13(金) 21:16:36.659 ID:1QXL5AuL0
    日本人の誇り

    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/13(金) 21:18:16.488 ID:1QXL5AuL0
    NYW3yY0

    R35 GTR
    ニュルブルクリンク7分8秒

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507896996/ 【日産GTRとかいう日本の名車】の続きを読む

    1:
     焦点は実際の安全性に問題があるかどうかだ。西川広人社長は2日の記者会見で、「検査そのものは確実に行われており、安心・安全に使っていただける」と強調していた。

     品質ではなく、あくまで「手続き」に問題があったとの主張だ。

     顧客に安心してもらいたいという思いをにじませたが、すんなり受け入れてもらえるかは未知数だ。むしろ、無資格検査による大規模リコールを実施する日産が「問題ない」と強調することで、逆に反感を招く恐れもある。

     西川社長は会見で頭を深々と下げることはなく、「謝罪会見」とは一線を画した。日産の一連の対応について、ナカニシ自動車産業リサーチの中西孝樹代表は「ルールはルール。安全の象徴でもある型式認証制度から逸脱した行為で、謙虚さが必要」と指摘する。

    20171004-00000077-mai-000-4-view

    http://www.sankei.com/economy/news/171006/ecn1710060029-n1.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1507349575/ 【日産「みなさん、安全性や品質には問題ありません!」】の続きを読む

    1:
    日産自動車で、国内で車両を組み立てる全工場でのずさんな運営が明るみに出た。

    本来は社内で検査員と認められた従業員が完成車を検査する必要があるが、守られていなかった。
    新車登録前の6万台の検査がやり直しとなり、ユーザーに渡った100万台規模も対象の可能性がある。

    法令軽視の批判は免れず、ブランドイメージや業績への悪影響は避けられない。

    自動車メーカーは、工場で車を生産する最終段階で「完成検査」を行う。本来は国が行う検査を、工場で代行しているような形だ。
    完成検査を受けた証明が、安全に路上を走る車としての「お墨付き」となる。その後、販売店に出荷され、ナンバーを付けてユーザーに引き渡される。

    国が定めた要項では、各社が知識や技能を考慮し、自社で認めた正規の「完成検査員」が検査するよう求めている。

    しかし日産では、認定されていない「補助検査員」が検査していた。全工場で正規の検査員は約300人で、補助検査員は約20人。

    この補助検査員が、正規の検査員が行う業務を行っていた。

    認定を受けた検査員かどうかは、バッジの有無で判別できる。補助検査員は作業に習熟しているが、レベルには個人差があるという。

    日産の社内調査では、補助検査員が検査をすることが問題だという認識もない従業員もいた。

    安全性が重視される自動車の生産現場で、法令を守る認識が欠けていた。

    この状態がどれだけ続いていたかについて、日産は「調査中」としており、長期にわたって常態化していた可能性がある。

    問題があったのは、追浜工場(神奈川県)、栃木工場(栃木県)、日産九州(福岡県)、日産車体(神奈川県)、同社傘下のオートワークス京都(京都府)、日産車体九州(福岡県)で、国内の車両組み立ての全6工場だ。9月18日、国土交通省の立ち入り検査で発覚し、日産は同省の指摘まで把握していなかった。

    20170929-00000111-asahi-000-9-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000111-asahi-soci

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1506698087/ 【日産自動車が認定されてない検査員が完成検査を行っていた事が発覚】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/24(日) 23:41:00.298 ID:RVMkA2w/0.net
    車オタ「で、デザインがー!EVはそもそも環境負荷ガー!!」

    完 全 論 破

    smart

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1506264060/ 【日産「リーフ発売!電気自動車買ってね!」車オタ「電気自動車はゴミ!バッテリーの劣化ガー!」日産「バッテリーは16万キロ保障」】の続きを読む

    1:
    かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。

    シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。

    そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そのお披露目の舞台が、東京モーターショーというわけだ。今回独自に入手した情報をもとに、レスポンスの兄弟サイトSpyder7では、シルビア次期型の予想CGを作成した。

    スポーティ&スペシャリティをコンセプトに、直線と曲面を融合させたデザインを特徴とし、日産Vモーショングリルを大型化、スカート部にはカーボンを使用している想定とした。コンセプトカーらしく屋根は大胆な全面グラスルーフとし、フェンダーやフロント吸気口もワイドに迫力感を出した。ヘッドライトは、「S15型」最終モデルからインスピレーションを得た薄くシャープなデザインとしている。

    「S16型」(仮)となる次期型パワーユニットは、日産の高級車ブランド「インフィニティ」が2016年のパリモーターショーで公開した、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が有力だ。

    2018年から量産車へ搭載していくとされ、インフィニティのクロスオーバーSUV『QX50』新型へ採用されると見られている。

    2リットル直列4気筒ガソリンターボであるこの新エンジンは、大パワー&高トルクとともに低燃費も実現。環境にも特化した高性能エンジンだ。まさに次世代のシルビアにうってつけのエンジンといえるだろう。

    1226205

    http://response.jp/article/2017/09/25/300180.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1506309408/ 【日産「シルビア」15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載】の続きを読む

    1:
    日産自動車が10月2日に売り出す電気自動車(EV)の新型「リーフ」が9月6日の発表以来の約2週間で、月間の販売目標を大きく上回る4千台超の予約を集めている。19日、西川広人社長が明らかにした。

    先代のリーフは累計28万台超と世界で最も売れたEVだが、2016年度の販売は国内で平均月1千台、世界で約4千台で、日産の販売全体の1%にも満たない。新型リーフは、EVで先行した日産がリードを守れるかのカギを握っており、日産は国内では月3千台ほどを売る目標を立てていた。

    EVには、ドイツ勢など海外メーカーも急速に力を入れるようになっている。西川氏はこの日、神奈川県横須賀市の追浜工場でリーフの本格的な生産開始を記念して開かれた式典に参加。「競争も厳しくなるが、EVの世界が広がっていくのは我々の想定した通りで、歓迎だ」と述べた。

    日産はこの式典で、1933年の創業以来、世界生産の累計が1億5千万台に達したと発表した。新興国市場の成長で台数の伸びのペースは上がっている。累計1億台を達成した06年からの11年間でつくった車のうち、8割を海外生産が占めた。(青山直篤)

    AS20170919003702_comm


    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M4GRDK9MULFA017.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505910932/ 【日産新型「リーフ」が予約好調 月間目標大きく上回る4千台超】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/17(日) 12:48:08.911 ID:QOW8yps1a.net
    小学生の頭でも嘘って判るから
    軽い方が速いに決まってる
    物理法則は無視出来ない

    smart

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1505620088/ 【日産GT-R「1700kgの重い車重は弱点ではない。重さを生かしてより速いのだ」これ大嘘じゃん?】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/16(土) 09:20:09.46 0.net
    あと日産と合併したプリンス自動車もな
    トヨタ車は人々の記憶に残らないが日産車は人々の記憶にしっかりと残る
    以下に日産が優れているかの現われ

    main

    引用元 http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1505521209/ 【国産車で「名車」と呼ばれている車は圧倒的に日産車が多い】の続きを読む

    1:
    ここまでの事故でも修理はできるから諦める必要なしというメッセージ

     9月10日、静岡県の富士スピードウェイで開催された「R’s Meeting 2017」。このイベントは、世界最大級の日産GT-R(スカイラインGT-Rも含む)の祭典で、通算10回、今年で8年連続で開催となる。会場となったイベント広場には、パーツメーカーやチューニングショップがブースを展開。過去最大数84コマという各ブースには、GT-Rのデモカーや注目のパーツが並べられていた。

     そんな中でR32型スカイラインGT-Rの「事故車」を2台展示しているブースを発見! いったい何を目的にしているのだろうか?

    DSC9781-680x454

     2台の事故車を展示しているのは、神奈川県の板金塗装店「カナザワ ボディー リペア」。白いGT-Rは、左フロントセクションを大破。フレームが曲がってホイールも押されて後退してしまっている。さらにエンジンルームを見ると、ラジエータファンが押されてエンジン本体と接してしまっている部分もある。

     ところが、平成元年に登場したR32型スカイラインGT-Rのように古いクルマは、日産が製造を中止してしまっているパーツも多々。もちろん、市中在庫もほとんど無い状態なのである。

     とくにヘッドライトや第1メンバーは、製廃されているから修理しようにもパーツが手に入らない状態。
    ちなみにもう1台は、リヤセクションを大破している。

    DSC9788-680x454

     修理不可能のように2台をなぜ「カナザワ ボディー リペア」は展示したのだろうか?

     代表の金沢氏が行ったトークショーで、「なかなか他人の事故車をジロジロみることはできないでしょうから、今日はじっくりと見てください。そして、事故が起きると、どのようなところが壊れるのか。事故を起こさないでほしいという願いも込めて展示しました。また、ここまでの事故でも修理はできるので、決して諦めず修理という選択肢をもってほしいことも知っていただきたいと思います」と語る。

     メーカーからの部品供給が終わってしまっているのに、どのように直すのか? それはカナザワ ボディー リペアがストックするパーツなどを利用することになるのだろうが、このトークショーで金沢氏が本当に伝えたかったのは「目的をもって修理をする」ということだと言う。

     ここで重要なのは、どんな修理をしてほしいのかハッキリ言うことだという。たとえば、後々大がかりな塗装修理をするなら、今は費用をかけずに軽く直す。または、長く乗り続けるためにシッカリと予算をかけて完全修理をしてもらう。これを「目的を持って修理をする」ということなのだ。

    https://mainichi.jp/articles/20170911/ctp/00m/020/001000c

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505114531/ 【日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ