サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 日産

    1:
    ここまでの事故でも修理はできるから諦める必要なしというメッセージ

     9月10日、静岡県の富士スピードウェイで開催された「R’s Meeting 2017」。このイベントは、世界最大級の日産GT-R(スカイラインGT-Rも含む)の祭典で、通算10回、今年で8年連続で開催となる。会場となったイベント広場には、パーツメーカーやチューニングショップがブースを展開。過去最大数84コマという各ブースには、GT-Rのデモカーや注目のパーツが並べられていた。

     そんな中でR32型スカイラインGT-Rの「事故車」を2台展示しているブースを発見! いったい何を目的にしているのだろうか?

    DSC9781-680x454

     2台の事故車を展示しているのは、神奈川県の板金塗装店「カナザワ ボディー リペア」。白いGT-Rは、左フロントセクションを大破。フレームが曲がってホイールも押されて後退してしまっている。さらにエンジンルームを見ると、ラジエータファンが押されてエンジン本体と接してしまっている部分もある。

     ところが、平成元年に登場したR32型スカイラインGT-Rのように古いクルマは、日産が製造を中止してしまっているパーツも多々。もちろん、市中在庫もほとんど無い状態なのである。

     とくにヘッドライトや第1メンバーは、製廃されているから修理しようにもパーツが手に入らない状態。
    ちなみにもう1台は、リヤセクションを大破している。

    DSC9788-680x454

     修理不可能のように2台をなぜ「カナザワ ボディー リペア」は展示したのだろうか?

     代表の金沢氏が行ったトークショーで、「なかなか他人の事故車をジロジロみることはできないでしょうから、今日はじっくりと見てください。そして、事故が起きると、どのようなところが壊れるのか。事故を起こさないでほしいという願いも込めて展示しました。また、ここまでの事故でも修理はできるので、決して諦めず修理という選択肢をもってほしいことも知っていただきたいと思います」と語る。

     メーカーからの部品供給が終わってしまっているのに、どのように直すのか? それはカナザワ ボディー リペアがストックするパーツなどを利用することになるのだろうが、このトークショーで金沢氏が本当に伝えたかったのは「目的をもって修理をする」ということだと言う。

     ここで重要なのは、どんな修理をしてほしいのかハッキリ言うことだという。たとえば、後々大がかりな塗装修理をするなら、今は費用をかけずに軽く直す。または、長く乗り続けるためにシッカリと予算をかけて完全修理をしてもらう。これを「目的を持って修理をする」ということなのだ。

    https://mainichi.jp/articles/20170911/ctp/00m/020/001000c

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505114531/ 【日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?】の続きを読む

    1:
    日産自動車は6日、2010年の発売以来、初めて全面改良した電気自動車(EV)「リーフ」を公開した。

    フル充電で走れる航続距離を初代の2倍の400キロへ伸ばし、価格は従来と同水準に抑えた。EVの開発競争が世界的に激しさを増す中、より幅広い普及を目指す。

    日本での発売は10月2日。来年1月以降、米国や欧州など世界60以上の市場で売り出す。

    リーフは17年7月までに世界で約28万台を販売する、最も売れたEV。ただ、航続距離の短さや、電池のコストを反映した価格の高さなどがネックだった。

    価格は三つのグレードで消費税込み315万360円~399万600円。15年に一部改良した航続距離280キロのモデルに比べ、約2万8千~13万5千円安くした。

    http://www.asahi.com/articles/ASK9554GRK95ULFA00T.html

    AS20170906000990_comm (1)

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504665463/ 【日産が新型リーフを公開!…一回の充電で400キロ走行可能】の続きを読む

    1:
    日産、SUVテイストの「ノート」派生モデル「クロスギア」を今秋発売 - Car Watch
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1078762.html
    ダークメタリックのスタイリングガードやアーチガーニッシュを装着
    01_s (4)

     日産自動車は9月1日、コンパクト5ドアハッチバック車「ノート」に存在感のある内外装を与えてアクティブ感を強調したSUVテイストの派生モデル「クロスギア」を今秋に発売すると発表した。

     ノート クロスギアではダークメタリックのスタイリングガードをフロント、サイド、リアに追加するほか、ルーフ上にルーフモールを装備。足まわりにもダークメタリックホイールアーチガーニッシュやグロスブラック15インチアルミホイールなどを装着し、インテリアでは専用シートクロスを採用。内外装のイメージを大きく変更するモデルとなっている。

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504271959/ 【日産「ノート」のSUVテイストの派生モデル「クロスギア」が今秋発売】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/20(日) 14:18:10.40 ID:XKU8Z0/J0.net
    名前思い出せないけど今なら100万台ぐらい売れるだろ

    なんか丸っこくて薄い黄緑?みたいな色の車

    nissan-figaro-02

    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1503206290/ 【昔日産にオシャレでかわいくて美味しそうな車があったじゃん、あれをハイブリッドにして売ればよくね?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/18(金) 15:44:36.093 ID:qsp8YghZ0.net
    https://youtu.be/8OMqWk_3Qa4


    ELGRAND_250HS_WH_UC

    販売台数はアルファードの6分の1
    ヴェルファイアやアルファード連合だと10分の1

    先代より品が出てきたのが裏目に出た?
    俺はアルファードよりエルグランド派なんだが

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1503038676/ 【日産自動車「エルグランドが売れねぇ…」】の続きを読む

    1:
     日産自動車は、車が自動的に故障のリスクや部品交換の必要性を判断し、ドライバーのスマートフォンに通知するサービスを2018年にも始める。

     車が不具合を起こす前に修理などの対応を取りやすくなり、安全性が高まる効果が期待できる。傘下の三菱自動車も将来同様のサービスを行う計画だ。

     エンジンなど車の基幹部品はコンピューターで制御されており、走行状況などから車に異常があるか「自己診断」することができる。診断結果は従来、車を販売店に持ち込まないとわからなかった。日産と三菱自はカーナビなどを通じて車をインターネットにつなぐことで、ドライバーのスマホと日産などのメーカー側に直接情報を伝える仕組みを導入する。一部車種の新車で先行導入し、対象を順次拡大していく。

    person-using-white-phone-t-136412103159103901-161213150923

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170813-OYT1T50122.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1502682782/ 【【日産・三菱】故障リスクを車が判断、スマホ通知】の続きを読む

    1:
    約130年前、ドイツ人ベンツとダイムラーが生み出したエンジン車。不動と思われたその地位がいま、電気自動車(EV)の本格的な挑戦を受けている。自動車産業の勢力図を塗りかえようとする国やメーカーの動きが背景にある。

     7月上旬、神奈川県厚木市にある日産自動車の研究施設に中国の万鋼(ワンカン)科学技術相がいた。約10年にわたって独アウディで働いたEVのプロ。日産のEV開発の動向を視察し、幹部に「中国もハイブリッド車(HV)はめざさない。EVで先に行く」と語った。

     いあわせた日産関係者は「中国も日産と同じ。HVではトヨタが強すぎた。HVは飛び越すのだ」。

     これまで、日米欧の自動車大手を支えた競争力の源泉はエンジンだった。中国など新興国が追いつけない車の心臓部。そこにモーターや電池を組みあわせ、制御するのがHVだ。部品メーカーを巻き込む「擦り合わせ」の結晶で、トヨタ自動車が他社を圧倒する。

     2000年代半ば。日産会長のカルロス・ゴーン氏は賭けにでた。「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」

    AS20170812002584_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASK856J7LK7GULFA026.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502619989/ 【EV時代へ賭けた「敗者」 日産・ゴーン会長「トヨタが支配するHVに投資してもムダ。EVだ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/11(金) 00:33:03.99 ID:OsH7mwmi0.net
    トヨタは糞デカグリル
    日産は安っぽいVモーション

    serena_esquire

    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1502379183/ 【【悲報】最近のトヨタと日産、全車にダサいグリルを統一してしまう】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/05(土) 20:18:45.732 ID:luXaHwMV0.net
    caQ6MhS


    こいつは月曜出社出来るのだろうか

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1501931925/ 【日産の期間工として働いていた車オタク(31)が未発表の新型車をツイッターに載せてしまった件】の続きを読む

    このページのトップヘ