サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ランボルギーニ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/06/28(日) 11:06:31.93 ID:T+UoBfc10
    dotup.org2186483

    ランボルギーニ ヴィジョングランツーリスモGT

    1980年代のキッズのぼくがかんがえたさいきょうのみらいのクルマ
    って感じだな

    引用元 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1593309991/ 【【画像】ランボルギーニのコンセプトカーがぶっ飛んでてワロタwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/06/16(火) 06:23:16.673 ID:eSDdeYgra
    aFsZSxn

    5byD9TC

    すげえこれ

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1592256196/ 【【悲報】ランボルギーニさん、ミニ四駆みたいになるwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/04/17(金) 13:14:43.98 ID:Znfs4GqUp
    チョイスが渋い
    wXwveLe

    BU06daU

    引用元 https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587096883/ 【【悲報】米人気ラッパーさん、ランボルギーニの痛車にこのキャラをチョイスしてしまうwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ランボルギーニのマスク

    【【画像】ランボルギーニが製造を開始したマスクがくそカッコいいと話題にwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ランサルセ(調整中) [US] 2019/11/15(金) 06:38:43.44 ID:O4/Y85Rp0● BE:842343564-2BP(2000)

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1573767523/ 【珍走と化したランボルギーニ軍団がお下品すぎて泣けてくる動画・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 牛丼 ★ 2019/10/24(木) 19:50:59.18 ID:GaaZttWJ9
     ロンドンで見つかったボロボロの「ランボルギーニ」に1億円以上の価値がある理由
    日本では週刊少年ジャンプで1975年から1979年までに連載された「サーキットの狼」に登場したスーパーカー、そしてスーパーカーブームを巻き起こした立役者の1台

     10月24日、イギリス・ロンドンで行なわれるクラシックカーオークション会社「RM Sotheby`s(サザビーズ)」が主催する『ロンドンオークション』に、1台のくたびれたランボルギーニ・ミウラP400Sが出品される。

     ボディの塗装はお世辞にも美しいとは言えない状態。エンジンルームや室内にもホコリが被り、新車時に放っていたであろうオーラは明らかに薄まってしまった印象だ。まったくクルマに興味のない人だったら、写真を見ても古びた車高の低いクルマが倉庫に放置されているようにしか思えないのかもしれない。

     ところが、今回出品されるミウラP400Sの予想落札価格を見ると、このような車両状態ですら、1億1207万5848円から1億4009万4810円と高値が付くと予想。新車のようにレストアしないまでも、不動車ならばエンジンを完調にするだけでも、1000万円から1500万円ほどかかるといわれている。

     余談だが、スーパーカーの王様ともいえる存在の1974年にデビューを果たしたランボルギーニ・カウンタックLP400(新車価格:約2000万円~2200万円)の現在の相場は、9000万円から1億5000万円。そのライバル、1973年に登場したフェラーリ365GTB4/BB(新車価格:約2050万~2100万円)の相場は4000万円から5000万円といった具合だ。

     ミウラは、1966年から1973年まで生産され、P400、P400S、P400SVの3グレードが存在する。その中でも「中期型」と呼ばれるミウラP400Sは、シリーズ中もっとも生産台数が少なく、わずか140台しか生産されていない。

     当時、ランボルギーニは日本に正規輸入されておらず、新車価格は自動車雑誌やスーパーカーカードなどには「1200万円」と記載されていた。これは往時の日本の最高級GTカー、1966年に登場したトヨタ2000GT(238万円)のじつに約5倍。つまり、現在の物価に換算すれば1億円近く。とんでもなく高額なクルマだったのである

     そもそもミウラそのものが高額であることに、希少価値に加わり、2013年頃まで6000万円から8000万円という価格で流通していたミウラP400Sは、2014年に開催されたRMサザビーズが主催するアメリカのモントレーオークションで、極上コンディションの同車が126万5000ドル(約1億2811万円)の最高落札額を付けてからというもの、フルレストアが行われたモデルなら約3億円の値がついたこともある。

     当時、スタイルの美しさや、370馬力(P400S)の4リッターV12エンジンが放つ超弩級の性能(公称最高速度280km/h)に憧れを抱いたファンも多かったはず。

     その当時の子供たちにミウラの印象を聞けば「仲間の一人や二人に必ずといっていいほど自動車の洋書を持っている人がいて、巻頭のミウラのグラビアを見て、ヨーロッパにはなんて凄いクルマがあるんだ! と驚き、興奮した」と、絶大なインパクトを与えた。それもそのはず。日本では、まだマイカーがカローラやサニーが当たり前という時代だったからだ。

     しかし、コンディションが良好ではないにもかかわらず、1億円もの値が付く理由はなんなのか?

    続き
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191023-00010004-amweb-bus_all

    20191023-00010004-amweb-000-2-view


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1571914259/ 【ボロなのに1億円以上の価値があるというランボルギーニ・ミウラをご覧くださいwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/09/22(日) 02:32:33.30 ID:EqFZM67Va
    友達の実家に置いてあって驚愕したんやが

    70095720833019070400500

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569087153/ 【ランボルギーニ2台持ちってどんな仕事してると思う?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/04(水) 15:00:49.92 ID:CAP_USER
    1449650

    1449660

    1449661

    1449655

    ランボルギーニ・シアン
    (その他画像は元ソースでご覧ください)
    https://response.jp/article/img/2019/09/04/326099/1449650.html

    ランボルギーニは9月3日、ドイツで9月10日に開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor Show)において、ブランド初のハイブリッドスーパーカーの『シアン』(Lamborghini Sian)を初公開すると発表した。

    車名のシアンとは、イタリアのボロネーゼ地方の方言で、閃光または稲妻を意味する。シアンは、ランボルギーニの市販車で、最初の電動モデルであることを示唆している。

    □ランボルギーニ史上最強の819hp
    シアンのミッドシップには、『アヴェンタドールSVJ』用の6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンをチューニングして搭載する。チタン製吸気バルブを採用するなどして、最大出力は785hp/8500rpmに引き上げられた。

    48Vのモーターは、ギアボックスに組み込まれ、最大出力34hpを発生する。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、ランボルギーニの市販車として、史上最強の819hpのパワーを引き出す。これにより、0~100km/h加速は、史上最速のランボルギーニとなる2.8秒以下、最高速は350km/h以上のパフォーマンスを可能にする。

    電気エネルギーの蓄電には、リチウムイオン電池ではなく、スーパーキャパシタを使用する。『アヴェンタドール』で最初に実用化されたスーパーキャパシタだが、シアンでは10倍の電力を蓄電できる設計とした。ランボルギーニによると、同じ重量のバッテリーよりも出力は3倍強力で、同じ電力を生成するバッテリーよりも3倍軽量という。スーパーキャパシタは、コックピットとエンジンの間の隔壁に配置され、前後の重量配分に配慮している。

    シアンには、高度な回生ブレーキシステムが搭載されている。車両がブレーキをかけるたびに、スーパーキャパシタにエネルギーが蓄電される。蓄えられたエネルギーは、すぐに利用可能なパワーブーストとなり、ドライバーは130km/h以下の領域において、加速時にトルクを増加させることができる。ランボルギーニによると、加速は10%以上速くなるという。具体的には、30~60km/hの加速は、アヴェンタドールSVJ に対して0.2秒短縮。70~120km/hの加速は、アヴェンタドールSVJ に対して1.2秒短縮している。

    □名車カウンタックに触発されたデザイン
    外観は、優れた空力ソリューションと組み合わせた未来的なデザインを追求した。名車『カウンタック』からインスピレーションを得た「ガンディーニライン」を採用する。シルエットには、特長的なエアロウィングなどの新機能を導入した。ドアに設けられた「NACA」吸気口には、ランボルギーニの「Y」デザインを表現する。エンジンカバーは、ガラス製だ。カーボンファイバー製リップスポイラーを備えたフロントには、2017年に発表されたEVコンセプトカー、『テルツォミッレニオ』用に設計されたY字型ヘッドライトが装備される。

    リアには、カウンタックに触発されたテールライトをはじめ、六角形デザインを取り入れている。リアウィングは格納されており、パフォーマンスを向上させるために、走行中にのみポップアップする。

    □限定63台はすでに完売
    シアンには、ランボルギーニの新素材開発における最新の成果を反映した。リアのアクティブ冷却ベーンは、ランボルギーニの特許技術だ。ランボルギーニによると、冷却ベーンは排気システムの熱に反応して回転し、軽量な冷却ソリューションを可能にするという。

    インテリアは、ポルトローナ・フラウのレザーに、3Dプリントされたパーツを世界で初めて組み込んだ。ランボルギーニのカスタマイズプログラムの「Ad Personam」によって、顧客の個性を反映させるパーソナライズが可能だ。

    シアンは、ランボルギーニが創業した1963年にちなんで、限定63台を生産する予定だ。すでに完売している。

    2019年9月4日(水)12時30分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/09/04/326099.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567576849/ 【【悲報】ランボルギーニさん、いまさらハイブリッド車「シアン」を販売してしまうwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/05(月) 23:10:13.539 ID:tyZdDjpo0
    uhxs5IZ

    cZSs6g3

    72dPcXl

    SdCOzLB

    U1msQMM

    rXas51Z

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1565014213/ 【【郎報】いくらなんでもランボルギーニがかっこよすぎる件wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2019/05/29(水) 14:18:59.39 0
    車買うならランボルギーニがいいな

    Lamborghini_PhillipIsland_QTOGFpY

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1559107139/ 【ランボルギーニ乗りてえ・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ