サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/11/07(水) 23:51:17.83 ID:yMGGpiXp0 BE:658442179-2BP(2500)
    川崎重工(カワサキ)は11月6日、イタリアで開幕した「ミラノモーターサイクルショー(EICMA)2018」において、『W800 STREET』と『W800 CAFE』をワールドプレミアした。
    カワサキは1966年、ブランド初の大排気量4ストロークマシンとして、『W1』を発表した。W1は発売当時、日本で最大の排気量と最大級の力を実現したビッグバイクだった。W1は、カワサキが大排気量モーターサイクルのメーカーとして第一歩を踏み出すきっかけとなったモデル。
    このW1が1973年に発売された『Z1』をはじめ、初代Ninjaの『GPz900R』、『ZZR1100』、『Ninja H2/H2R』といったカワサキを代表する4ストロークマシンの誕生につながった。EICMA2018でワールドプレミアされたW800 STREETとW800 CAFEは、50年にわたる「W」ブランドの伝統を受け継ぐレトロモデルとなる。
    空冷エンジンのほか、360度クランクの特性を生かした鼓動感のあるエキゾーストサウンド、レトロなダブルクレードルフレーム、18インチホイールの採用などにより、1960年代のビッグバイクが持つルックスとフィーリングを追求し、オリジナルのW1のイメージを表現した。
    W800 STREETには、ブラック塗装のエンジン、アップライトスタイルのハンドルバー、タックロールシートを装備した。W800 CAFEには、フロントカウル、ローポジションハンドル、シングルシート風デザインのカフェシートを装備し、カフェレーサースタイルを追求する。
    両モデルには、排気量773ccの空冷4ストロークエンジンを搭載する。低中速回転域における力強いトルクと、独特の鼓動感を追求した。
    また、O2センサーの追加や触媒容量の変更により、欧州の排出ガス規制のユーロ4規制に適合している。

    1356986

    1356985

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000001-rps-ent

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541602277/ 【W800 CAFE(カフェ)とW800 STREET(ストリート)がLEDライトで復活】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [SK] 2018/11/03(土) 19:35:44.22 ID:RMfvXOuL0 BE:323057825-PLT(12000)
    カワサキモータースジャパンが11月1日、Ninja ZX-6Rレース専用モデルを特別販売することを発表した。
    同モデルは受注生産となり、2019年2月から出荷開始される。

     レース専用モデルのニンジャZX-6Rは、国内ロードレースのST600クラスに参戦するユーザー支援の一環として販売される。
    レースに特化したモデルのため、ナンバー取得に必要な書類は一切発行されず、公道の走行は不可。
    また、ECUやサブハーネスが付属品となっている。

    レース専用モデルのニンジャZX-6Rは、11月1日に詳細が公開された公道仕様のニンジャZX-6Rと同じく水冷4ストローク4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。
    ただし排気量は異なっており、公道仕様のニンジャZX-6Rが636ccである一方、レース専用モデルは599cc。
    そのエンジン特性は、高回転域での優れた性能と中回転域での豊富なトルクを両立するとされている。

     最高出力と最大トルクが気になるところだが、こちらは非公開。
    参考までに公道仕様のニンジャZX-6Rを記しておくと、最高出力93kW(126PS)/13,500rpm、ラムエア加圧時97kW(132PS)/13,500rpm、最大トルクは11,000rpmで70N・mを発揮する。
    また、車両重量は公道仕様よりもレース専用モデルの方が6kg軽量だ。

     そんなレース専用モデルのニンジャZX-6Rは、滑らかかつダイレクトなスロットルレスポンスを備え、車体はマスの集中化と軽量化を追求。
    フロントフォークにはSHOWA製ビッグピストンフロントフォーク(BPF)が採用されており、高いコントロール性とコーナー進入時の安定性に寄与。
    また、ツインインジェクターを装備するフューエルインジェクションを搭載している。

     受注期間は第1次が2018年11月1~20日、第2次が11月21日~12月14日。
    出荷は第1次受注期間のものが2019年2月以降、第2次受注期間のものが2019年3月以降になる。

     メーカー希望小売価格は92万4,480円(税込み)。カラーはライムグリーンとなっている。

    big_main10006341_20181103082700000000
    なお、写真は先々代(2009~12年モデル)の公道仕様のニンジャZX-6Rであり、実際のモデルとは異なる場合があるとのこと

    カワサキ、 599ccのNinja ZX-6Rレース専用モデルの発売が決定!
    https://motor-fan.jp/article/10006341

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541241344/ 【カワサキNinja ZX-6Rレース専用モデルを発売決定!なお、公道は走行不可】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2018/09/19(水) 09:58:49.41 ID:CAP_USER9
    SNSなど使い女性や若者を開拓
     川崎重工業はITを活用した2輪車の顧客開拓に乗り出す。商品カタログ請求などで同社ホームページに登録した顧客データを分析し、興味に合致した情報をメールマガジンで提供する。会員制交流サイト(SNS)でもイベントやレースの情報を適時発信するなど、新たな顧客として若者や女性らの購買意欲の向上につなげる。

     子会社のカワサキモータースジャパン(KMJ、兵庫県明石市)が新顧客管理システムを導入し体制を整えた。同社は若者や女性顧客らの掘り起こしを狙った新店舗「カワサキプラザ」を拡充している。ITを利用した情報発信を採り入れることで、効果的に顧客層を広げる考えだ。

     川重グループのホームページのカタログ請求のほか、2輪車のユーザーが集まる「カワサキコーヒーブレイクミーティング」などのイベントのプレゼントキャンペーンでも、ウェブサイトで募った顧客の情報を生かす。カワサキプラザはこれまで初来店時や2輪車の試乗後のアンケートも紙で回収するなどしていたが、ウェブ上でできるようにシステムを移行中だ。

     メールマガジンは川重の2輪車関連イベント情報などを記載している。メールの開封状況やメールに記載したリンクのクリック状況、ホームページのアクセス履歴などの情報を集め分析する。さらに精度の高い興味に合致した製品やイベントの情報などを効率的に提供する。専用のアプリケーション(応用ソフト)のほか、SNSを活用。カワサキ・レーシング・チームの状況など親しみやすい情報発信で若者らにアプローチしていく。

     KMJの寺西猛社長は「これまで2輪車の販売店は、小規模で後継者にとっても魅力が少なかった。従来にない高品質な購買体験ができる店舗作りなどを進めていく」としている。


    9/19(水) 8:01配信 ニュースイッチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010001-newswitch-ind

    若い女性をターゲットにした商品展示「ブラックエレガンス」
    ブラックエレガンス

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537318729/ 【「男カワサキ」今は昔、川重が狙う新たなライダー】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/09/13(木) 20:27:44.66 0
    Z900RS
    世界の「カワサキ」復活へ、覚悟の原点回帰
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35224720R10C18A9XA0000/

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1536838064/ 【「Z900RS」のヒットでカワサキが7年ぶりに国内の大型二輪(排気量250cc超)販売で首位】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/08/17(金) 03:14:13.17 ID:CAP_USER9
    ◆川重、「ニンジャH2」19年モデル今冬投入 231馬力に向上

    川崎重工業は、排気量1000ccクラスのロードスポーツバイク「ニンジャH2」と「ニンジャH2カーボン」の2019年モデルを日本や欧米などの導入国で発売する。


    eP8C0AC


    日刊工業新聞 2018/8/16 05:00
    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00485021?twinews=20180816

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534443253/ 【カワサキ「ニンジャH2」 2019年モデル今冬投入 231馬力に向上】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/07/01(日) 11:31:41.09 0
    http://news.livedoor.com/article/detail/14944263/

    e7d17_1127_cc25624a_c4478c21

    優れた快適性と運動性能を併せ持ち、外見はNinjaの決闘を色濃く受け継いだシャープなデザインにより、スポーティなイメージが強調されている。
     エンジンは爽快な気分で楽しめるスムースなパワー特性を持ち、また高いコントロール性を実現。
    素早いスロットルレスポンス、エンジンの回転数が高まるほどに高まる吸気音が、乗り手に高揚感をもたらしてくれる。

     高いウインドプロテクション性能や、パニアケースを用意に脱着可能であるクリーンマウントパニアシステムの採用によって、様々なライディングシーンがカバーされ、洗練された走りが可能である。IMU(慣性計測装置)も搭載されている。

     スポーティなフォルムに卓越した走行性能に扱いやすさも加わり、Ninjaでツーリング、という新しいコラボレーションがこれまでにない乗用をもたらすだろう。

     車名(通称名)はNinja 1000、型式は2BL-ZXT00W。
    メーカー希望小売価格は、消費税込みで127万4,400円。

    カラーは、エメラルドブレイズドグリーン×メタリックマットグラファイトグレーと、メタリックスパークブラック×メタリックマットカーボングレーの2種類がある。

     その他の性能諸元は以下の通り。
    ■全長×全幅×全高: 2,100mm×790mm×1,185mm
    ■シート高: 815mm
    ■エンジン種類/弁方式: 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ
    ■総排気量: 1,043立方センチメートル
    ■始動方式: セルフスターター
    ■エンジンオイル容量: 4.0リットル
    ■ブレーキ形式: 前 デュアルディスク300mm、後 シングルディスク250mm

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1530412301/ 【カワサキ、「Ninja 1000」を8月1日に発売】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [BR] 2018/04/25(水) 10:05:20.98 ID:/fXMN1q80 BE:422186189-PLT(12015)
    川崎重工業は23日、高圧水素減圧弁(写真)を開発し、独ダイムラーが市販化を計画する
    新型燃料電池車(FCV)「メルセデス・ベンツGLC F―CELL」に採用された

    big_main10003945_20180424142542000000

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00470886

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1524618320/ 【川崎重工の高圧水素減圧弁がメルセデス・ベンツの新型FCVに採用される!】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2018/03/22(木) 19:21:35.94 ID:CAP_USER
    ついに、エストレヤが27年の歴史に幕
    こちら(https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/riders-club-450831/)でもご報告した通り、平成28年度の排ガス規制など、バイクを取り巻く環境の変化を受けて、数多くのバイクが生産中止になる。

    カワサキ・エストレヤもそんなバイクのひとつ。250cc単気筒ながら、妥協のないクラシカルなフォルムをまとい、タタタタッと切れのいいサウンドを響かせて走るエストレヤはついに生産中止になってしまい、現在購入できるのは、販売店などにある流通在庫だけだ。27年も生産していたわけだから、「若い頃に乗っていた!」と懐かしい方も多いのではないだろうか?

    その、エストレヤのファイナルエディションに、ライダースクラブの小川勤編集長が乗った。

    今の方がエストレヤを好きになった
    小川編集長は言う。

    「僕は‘92年のデビュー時より27年経過したいまの方がエストレヤが好きだ。年齢やキャリヤを重ねるほどにその魅力が滲みてくる……そんなバイクなのだ」

    魅力の秘密はそのロングストロークエンジンにある。

    たいていの250ccのバイクは少しでもパワーを出すために、ピストンのボア(直径のこと)を大きくして、ストロークを短くしてしまう。しかし、エストレヤのボア×ストークは、66×73mmとストロークの方が長い。当然パワーは出にくいが、エンジンの鼓動が感じやすく、トコトコと走る楽しみがある。

    「2,000rpmから単気筒らしい鼓動が感じられ、4,000rpm、6,000rpmと回っていく過程も気持ちが良く、回すほどに鼓動が跳躍する。その躍動感がクラシカルな佇まいにマッチし、現代の250ccではエストレヤだけともいえるノスタルジアを感じさせてくれるのだ」と、小川編集長は言う。

    ライテクに悩まずとも思いのままに走れる軽快さ
    003_D8A2890a

    https://www.ei-publishing.co.jp/articles/detail/riders-club-461214/

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1521714095/ 【カワサキ・エストレヤ27年の歴史に幕。ファイナルエディションに乗った】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/07(水) 18:40:11.23 ID:CAP_USER9
    川崎重工業が売り出した「Ninja(ニンジャ)250」
    big_150799_201712251659530000001

     川崎重工業はスポーツタイプの二輪車「Ninja(ニンジャ)250」(排気量250cc)を5年ぶりに全面改良して売り出した。新開発のエンジンで、最高出力が31馬力から37馬力に向上。LEDヘッドライトを採用したほか、新設計のフレームを使い、車体を約8kg軽くした。価格は消費税込みで62万9640円から。

     「ニンジャ250」シリーズは2008年に発売以来、今回の全面改良で3代目。

    2018年2月5日12時06分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL224KBVL22ULFA011.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517996411/ 【カワサキ 「ニンジャ」を全面改良、新開発のエンジン搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ