サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

    1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/11/10(金) 19:18:51.24 ID:S42LLDx40● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    2018-kawasaki-ninja-h2-sx-05-1

    オートバイのパワー・ウェイト・レシオは、クルマとはまったく別次元の話だ。クルマで200馬力といえば、まあまあ速いという認識だが(例えば、ホンダ「シビック Si」 など)、オートバイで200馬力といったら狂気的な速さになる。今回、カワサキは最高出力200psを発生する新開発の998?水冷並列4気筒バランス型スーパーチャージド・エンジンを搭載した新型車「Ninja H2 SX」を発表。車重は256kgということだから、パワー・ウェイト・レシオは1.28kg/psになる。ブガッティ「シロン」でさえ1.33kg/psということを考えれば、その凄さが分かるだろう。

    http://jp.autoblog.com/2017/11/10/2018-kawasaki-ninja-h2-sx-201-hp-supercharged-motorcycle/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510309131/ 【カワサキ、200馬力のバイク「Ninja H2 SX」を発表!】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2017/09/16(土) 09:24:44.73 ID:CAP_USER.net
    昨年から話題になっていたカワサキ「Z900RS」だが、つい先頃ティザー動画も公開されるなど、いよいよその姿が明らかになってきた。

    正式発表は10月25日から開催される東京モーターショーで行われるとのことだが、手元にある情報からその実像を探ってみた。

    Z1を彷彿させる正統派スタイル

    ティザーの30秒ほどの短い映像からも、じっくり見直すといろいろな情報が読み取れる。冒頭のパーティで映し出させれるのはまさしくかつてのZ1(Z900)である。

    170915_02-680x389
    ▲ティザー動画より

    金髪を風になびかせて颯爽と走る女性ライダーの姿は新たな時代とエレガンスの象徴だ。つまり、現代の「Z」はもはや”男カワサキ”だけのものではないことを示唆している。

    ガードレール越しにチラッと現れるシルエットからは、往年のZ1を彷彿させる正統派ネイキッドの姿カタチが透けて見える。

    エンジンのシリンダーにはフィンが切ってあるが、大きなラジエターを装備しているのでエンジンは水冷のはず。滑らかなラインを描くフューエルタンクにはZ1でも人気だった火の玉カラーが再現されている。

    続くガソリンスタンドのシーンでは、クロームメッキのリムに収まる丸目1灯のヘッドライトや砲弾型2連メーター、薄型のZ1タイプミラー、別体式リザーバータンクなど旧Zの面影を残しつつも、灯火類はウインカーも含めてLED化されるなど現代的な装備であることをうかがわせる。

    フロントフォークも径の太さと構造からおそらく倒立タイプ、ということはリヤサスもおそらく今風のモノショックだろう。

    ベースは現行型Z900か!?

    170915_01
    ▲Z900

    そこで気になるのがZ900RSのベースとなるマシン。順当に考えれば、Z900RSのベースは輸出モデルの2017年型Z900と考えていいだろう。

    そのZ900とは2016年のEICMA・ミラノショーで発表されたブランニューモデルのこと。「凄み」をキーワードに、エキサイティングな乗り味と斬新なスタイリングを求めたZシリーズの最新版である。

    https://news.webike.net/2017/09/15/114215/

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1505521484/ 【カワサキから新型「Z900RS」が登場 往年の名車Z1を現代の技術で再現か!?】の続きを読む

    1:
    6YiDJnI

     ロシア最大級の産業総合博覧会「イノプロム」が10日、中部エカテリンブルクで開幕した。今年の出展の中心を担うパートナー国となった日本の企業が多くブースを構えるジャパン・パビリオンを、世耕弘成経済産業相とロシアのプーチン大統領が視察した。

     プーチン氏は立ち寄った川崎重工業のブースで村山滋会長から時速400キロを出せるオートバイの説明を受けると、「昔、川崎のバイクに乗っていた。でもそんなにスピードを出す必要はない」とにこやかに応じた。ほかにトヨタ自動車や、工作機械大手オークマなどのブースでも足を止めた。

    http://www.sankei.com/photo/daily/news/170710/dly1707100023-n1.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499688002/ 【プーチン大統領「昔、カワサキのバイクに乗っていた」 川崎重工会長に語る】の続きを読む

    1:
    16EX250LGFA_LIM_rhl

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170703-00000069-jij-soci
     川崎重工業は3日、「ニンジャ250R」などオートバイ3車種の燃料ポンプに不具合があるとして、2008年1月~16年12月に製造された計2万9063台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

     海外で販売された対象車は6万6000台余りで、同様の措置を取る。

     国交省によると、他2車種は「KLX250」「D―TRACKERX」。燃料ポンプの部品が早期に摩耗し、
    エンジンがかからなくなる恐れがある。国内で12件のトラブルが報告されている。 

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499062324/ 【カワサキ、「ニンジャ250R」「KLX250」「D―TRACKERX」にリコール】の続きを読む

    1:
    男ならカワサキに乗れ-。ライダーが1度は耳にするこの言葉通り、骨太なイメージを持つ川崎重工業の二輪車事業が大きく変化している。

    昨年から国内販売店網の再編に乗り出し、同社の二輪車ブランド、カワサキを扱う専売店を増やして顧客の間口を拡大。

    店内にはおしゃれなライダー用衣類やオリジナルブレンドのコーヒーなどを用意し、バイク好きのみが集うイメージから脱して幅広いファンの獲得を目指している。

     昨年11月2日夜、東京・南青山にあるイベントスペースで、カワサキを専売する「プラザ」店の刷新を祝うパーティーが開かれた。 川崎重工子会社、カワサキモータースジャパンの寺西猛社長は、「カワサキのお店は“濃い”利用者が多くて入りづらそう、という印象を変えたいと思った」と話した。

     寺西氏が語るようにカワサキはホンダなど競合メーカーと比べて熱狂的なファンが多い。排気量750ccの「ZII(ゼッツー)」と通称で呼ばれる代表車種は簡素ながら流れるような車体デザインや、渋い色使いが人気を呼んだ。昭和40~50年代の販売だが、ある中古車販売サイトではいまだに約150万~450万円と新車を上回る額で取引されている。

     男らしいイメージから不良マンガにも頻繁に登場し、伝説の不良が型破りの教師として活躍する作品『GTO』の主人公、鬼塚英吉の愛車としても知られる。

     ほかにも、「男ならカワサキに乗れ」の由来となる宣伝コピーがついた「ゼファー」など名車は数知れない。主婦らに人気だった50cc以下の原付きスクーターをつくらず、大排気量が中心のラインアップも骨太な印象をより強くした。

    全文 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170103-00000517-san-bus_all

    20170103-00000517-san-000-1-view

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483457213/ 【カワサキがイメチェン、おしゃれなイメージで幅広いファンの獲得目指す】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/11/20(日) 18:56:22.159 ID:1La4i+8g0HAPPY.net
    カエルみたい

    カワサキ ライムグリーン
     

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1479635782/ 【カワサキのバイクのイメージカラーのライムグリーンってダサくね?】の続きを読む

    1: ファイヤーバードスプラッシュ(兵庫県)@\(^o^)/ 2016/10/01(土) 07:02:56.23 ID:pS4rdENf0●.net BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
    https://news.webike.net/2016/09/30/70437/

    WSBKチャンピオンデカールを採用した特別限定モデル

    カワサキは、「Z125 PRO KRT Edition」を11月1日から発売することを発表した。スーパーネイキッドZシリーズの中で最も軽くコンパクトな車体を持つZ125 PROが、ニューカラーに身を包み限定500台で発売される。

    デザインコンセプトとなったのは、カワサキのファクトリーマシンNinja ZX-10R。スーパーバイク世界選手権で戦うマシンと同イメージのカラーリングだ。特にフューエルタンク下部には、スーパーバイク世界選手権チャンピオンデカールが採用されており、Kawasaki Racing Teamのジョナサン・レイ選手のサインがデザインされている。

    倒立フォークやオフセットレイダウンリヤサスペンション、そして前後のペタルブレーキディスクなどパフォーマンスを重視した本格装備に加え、高回転域までスムーズに吹け上がる空冷4ストローク単気筒エンジンは機敏な走りと優れた燃費性能を実現している。

    Zの名前に相応しいアグレッシブな外観は、シャープでスポーティな走りを連想させ、ギヤポジションインジケーターや大容量7.4Lフューエルタンク、タンデム走行に適した段付きシートは高い利便性と快適性を確保。街乗りやツーリング等幅広い分野で走る喜びを提供する。

    RiNymn5


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1475272976/ 【カワサキ、「Z125 PRO KRT Edition」を発表…11月1日から限定500台で発売】の続きを読む

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 09:19:22.94 ID:kabOAkrl0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    カワサキモータースジャパンは、600台限定のフルカウルスポーツ『Ninja 250 ABS KRT(カワサキレーシングチーム)ウインターテストエディション』を11月1日より発売する。

    限定モデルは、ラジアルタイヤを装備しリヤのタイヤ幅は150mmにワイド化。迫力のリヤビューとグリップ性能を獲得しパフォーマンスの向上に貢献している。

    デザインは、KRTが冬季テスト走行に使用したモデルと同イメージのカラーリングを採用。スモークハイスクリーンを装備し精悍なルックスと優れた防風性能を発揮する。

    加えてリヤタイヤのホッピングやスリップの抑制が可能なレース由来のテクノロジー「アシスト&スリッパークラッチ」を搭載。KRTの名に相応しい走行性能と外観を併せ持つ特別な1台となっている。

    8501515B3016092402700

    http://response.jp/article/2016/09/21/282196.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474589962/ 【カワサキ Ninja 250、リアタイヤをワイド化した600台限定の特別仕様車を販売】の続きを読む

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 09:20:45.68 ID:kabOAkrl0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    ハリウッドでも活躍、カワサキのバイク-元川重常務、百合草三佐雄さん

     人気の米ドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」やハリウッド大作の劇中、日本製バイクが活躍していることをどれほどの人が知っているだろうか?

     「カリフォルニア・ハイウェイパトロール(CHP)で採用されていたポリスバイクはカワサキ製。ロス五輪で聖火ランナーを先導したのもロス市警(LAPD)が採用したカワサキ製です」 。こう語るのは元川崎重工常務の百合草三佐雄さん。航空機のエンジニアとして入社後、世界最速の称号“NINJA=ニンジャ”の愛称で米国のバイク市場を席巻した伝説のバイク「GPZ900R」の開発部長でもある。

    自ら米国に乗り込みカワサキモータース(KMC)社長も務め、大型バイク王国・米国にカワサキの名を轟(とどろ)かせ、米国人から“サムライ”と呼ばれた男が挑んだ米開拓秘話を紹介したい。(戸津井康之)

    ヒーローの愛車はカワサキだった

     米国のCHPに所属する白バイ警官、ジョンとパンチ2人組の活躍を描く米ドラマの傑作「白バイ野郎ジョン&パンチ」(1977~1983年)。ドラマで2人が乗っていた白バイは当時、CHPで実際に採用されていたKZ1000POLICE(Z1000Aの警察仕様)だった。

     同ドラマは日本でも昭和54年から放送された大ヒットシリーズ。当時、番組を見ていた人たちの中で、こう思い込んでいた人は少なくないのではないか。

     当然、大型バイク大国“米国の象徴”ともいえるハーレーダビッドソン社製のポリスバイクが使われていたのでは-と。

    4chipskawasakiz1000police

    http://www.sankei.com/west/news/160922/wst1609220007-n1.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474590045/ 【ヒーローの愛車はカワサキだった…米ドラマ・ハリウッド映画大作の劇中で日本製バイクが活躍】の続きを読む

    このページのトップヘ