サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2023/12/15(金) 22:55:48.99 ID:q+mRbPtf0
    IsEGE1b

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1702648548/ 【【悲報】カワサキ、ファミマみたいなバイクを発表wwwww おまえらの想像の2倍はファミマ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2023/12/13(水) 08:27:24.23 ID:7GMoJWLd0
    H2RH
    川崎重工は水素エンジンによって駆動する新型バイクを発表した。
    パニア部には水素を貯蔵するための巨大なプロペラントタンクを二基備える。
    スーパーチャージャーによって、水素エンジンのトルク不足を補っている。
    WhsW5VV

    5IAYwsL

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1702423644/ 【カワサキ、とんでもない外観の水素エンジンバイクを発表wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: はな ★ 2023/09/09(土) 20:07:19.21 ID:wdBJJ+SL
    250ccクラスで唯一の4気筒は48馬力を発生! 2024年モデルが登場したカワサキ「NinjaZX-25R」がライダーたちを魅了し続ける秘密とは?
    2023-9-8 VAGUE
    https://vague.style/post/164233 

    12_20230902_Kawasaki01

    カワサキのスーパースポーツバイク「Ninja ZX-25R」シリーズは、250ccクラスで唯一、並列4気筒エンジンを搭載するモデルです。最高出力48psを発生するエンジンは、エキゾーストサウンドも魅惑的。アグレッシブなスタイリングと相まって、ライダーを魅了する1台です。
    清涼感を感じさせる新しいカラー&グラフィックが登場

    カワサキから250ccの4気筒エンジンを搭載するスーパースポーツバイク「Ninja ZX-25R」シリーズの2024年モデルが登場。2023年9月15日に発売される予定です。

    「Ninja ZX-25R」シリーズの2024年モデルは、ライムグリーン×エボニーの「Ninja ZX-25R SE KRT EDITION」と、メタリックファントムシルバー×エボニーの「Ninja ZX-25R SE」をラインナップします。

    この新モデルのニューカラー&グラフィックについて、カワサキモータースジャパンの事業企画部 マーケティング課・吉田修平さんは次のよう話します。

    「2024年モデルのニューカラー&グラフィックとして、メタリックファントムシルバー×エボニーの新色が登場しました。清涼感を感じさせるシンプルなシルバーに映えるグラフィックを施しています」

    ●250ccクラスで唯一の並列4気筒エンジンを搭載

    「Ninja ZX-25R」シリーズは、250ccクラスで唯一、並列4気筒エンジンを搭載するスーパースポーツバイクです。


    ※全文はリンク先で


    ※関連ソース
    カワサキモータースジャパン
    https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjazx-25r/

    引用元 https://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1694257639/ 【2024年モデルが登場したカワサキ「NinjaZX-25R」…250ccクラスで唯一の4気筒は48馬力!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ばーど ★ 2023/10/25(水) 19:50:01.56 ID:H4JkleKU9
    一般公開日:2023年10月28日~11月5日
    入場料:1500円~4000円

     カワサキモータースは「ジャパンモビリティショー2023」(会場:東京ビッグサイト、一般公開日:10月28日~11月5日)で、ワールドプレミアとなる5台と、ジャパンプレミアとなる2台を公開した。

     ワールドプレミア注目の1台は、2021年に復活した「メグロ K3」に続く新型「メグロ S1」。「メグロ」ブランドを生み出し、その後カワサキに吸収合併された目黒製作所の創業は1924年。2024年にちょうど100年の節目を迎えるのを機に発売されるモデルとなる。

     また、メグロの系譜をもつWシリーズに新たに「W230」が追加される。低排気量のコンパクトな車体ながらも、タンクやエンジンまわりの造形にWシリーズらしさが感じられる1台となっている。

     さらにオフロードモデルの新型として「KLX230」が登場し、2024年より各国で販売開始予定。400ccクラスのレーサーレプリカモデル「ZXR400R」、その1990年モデルのカラーリングを再現した「Ninja ZX−4RR」「Ninja ZX−10R」の2台もワールドプレミアとなる。

     ジャパンプレミアは電動二輪の「Ninja e-1」と、エンジンと電気の両方を用いる「Ninja 7 Hybrid」の2台。いずれも発表済みのモデルだが、日本国内で実車が展示されるのはこれが初となる。

    「Ninja e-1」(左)と、「Ninja 7 Hybrid」(右)を日本初公開
    001_l (4)

    「メグロ S1」
    003_l (1)

    1964年モデルの「メグロSG」
    006_l

    「W230」
    007_l

    オフロードモデル「KLX230」
    009_l

    ZXR400Rのカラーリングをまとった「Ninja ZX−4RR」
    010_l

    同じくZXR400Rカラーの「Ninja ZX−10R」
    011_l

    1990年モデルの「ZXR400R」
    012_l

    「Ninja e-1」
    013_l

    「Ninja 7 Hybrid」
    017_l


    Car Watch 2023年10月25日 15:28
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/jms2023/1541948.html

    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1698231001/ 【カワサキの原点「メグロ」新モデルが登場 「Ninja」のEV・ハイブリッド二輪は日本初公開…ジャパンモビリティショー2023】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ビクテグラビルナトリウム(茸) [US] 2023/09/25(月) 13:43:05.92 ID:0B561qHK0● BE:632443795-2BP(10000)
    「Ninja e-1」「Z e-1」を発表 カワサキ初の電動モーターサイクル

    カワサキモータースは2023年9月21日、同社初の電動モーターサイクル「Ninja e-1」と「Z e-1」を公開し、2023年10月以降各国で順次発売を開始すると発表した。日本国内を含め、発売時期や価格は今後決定次第発表される。

    「Ninja e-1」「Z e-1」は、欧州A1ライセンス(排気量125cc以下、最高出力15馬力以下)に対応し、最高出力9kW(12PS)のコンパクトな電動モーターを搭載した。

    Ninja e-1は、Ninjaシリーズのイメージを残したスポーティーなフルカウルデザインを採用するとともに、通常排気管が配置されるカウル下部をスリム化して、シャープでコンパクトなイメージを目指した。灯火類は全てLEDを採用し、車両重量はバッテリーを含め140kgとなっている。

    Z e-1は、Zシリーズのアグレッシブさを意識するともに、電動の未来的なイメージをバランスよく組み合わせたデザインとした。従来、ラジエターが装着されている部分にはヘッドパイプカバーを装備し、シャープなスタイリングを際立たせた。車両重量は135kgで、灯火類は全てLEDとなっている。

    両モデルとも、リチウムイオンバッテリーは取り外しでき、家庭用コンセントから充電できる。専用アダプターを使用すれば、バイクに搭載したままの充電も可能で、バッテリー1個あたりの充電時間はフル充電で約3.7時間。一充電あたりの走行距離は72kmとなっている。

    走行モードの切り替えも可能で、通常走行のための「ROADモード」と出力を制限してバッテリーの消耗を抑制する「ECOモード」がある。走行モードの選択は、左側ハンドルに配置されたモードスイッチで行い、スロットルが完全に閉じた状態であれば、走行中でも変更できる。

    また、上り坂などで15秒間、加速を向上させ、最高速度を上げる「e-Boost」や、駐輪時などバイクを押す際に役立つ「ウォークモード」などの機能も備えている。

    230925_kawasaki_01

    https://engineer.fabcross.jp/archeive/230925_kawasaki.html

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1695616985/ 【【絶望】カワサキが電動ニンジャ「Ninja e-1」を発表!!! →フル充電3.7時間・走行距離72km・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ビバンダム(長野県) [US] 2023/04/20(木) 06:18:41.32 ID:kNoki4Xv0● BE:323057825-PLT(13000)
    構造は意外とシンプルで、既存のエンジンに追加で搭載することもできるこの“補助ブレーキ”は、電気を流すと制動力が発生する電磁ブレーキを基本に考えられているもの(逆に電流が止まると制動力が発生するタイプなども考慮はされている模様)で、ドライブ軸と同軸にマウントすることでドライブ軸そのものを減速する。

    20230420-00010000-webym-000-1-view

    この補助ブレーキは、ホイールを減速する前後ブレーキに対しフロントフォークやスイングアームに与える影響が小さく(ここはエンジンブレーキと同様)、かつ電子制御らしく一定の挙動が発生したときに自動的に作動することで、ライダーが感じる“フィーリング低減を抑制”するのだという。
    わかりやすく言えば、挙動がとっちらからないとか、フロント荷重をなるべく逃がさないように作動する、ということだろう。
    ドライブ軸に制動力を働かせるという意味ではエンジンブレーキと似た部分もあるかもしれないが、
    エンジンブレーキは回転の上下や選択したギヤによって減速成分が変化するし、また減速中のシフトダウン操作によっても荷重の変化が起こる。
    ゆえに、この“補助ブレーキ”のほうが挙動を安定させるのにより有効と言えそうである。

    いわば電磁式エンジンブレーキ?! カワサキの新たな特許、ブレーキリリース時の挙動を安定を保つという
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ba1bc9f1e2d23b7619d8193ef3217c5f4e160a4

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1681939121/ 【カワサキ、電磁式エンジンブレーキシステムを考案】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/04/02(日) 13:30:11.779 ID:TWkLIyXMd
    Vv630pU

    引用元 https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1680409811/ 【【悲報】カワサキ、ホンダのレブル人気にあやかってしまう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2022/12/18(日) 07:26:54.45 ID:bgjTTIpmr
    確実に大ヒットするやろがい!!!!


    引用元 https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1671316014/ 【【緊急】カワサキは何故「W125」を頑なに出さないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ファイヤーバードスプラッシュ(東京都) [ニダ] 2022/05/18(水) 21:06:47.95 ID:C/PSezkq0● BE:123322212-PLT(14121)
     カワサキモータースは5月18日、電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」プロジェクトの事業化を決定したと発表した。
    国内販社のカワサキモータースジャパンの販売・サービスネットワークを活用して2023年春より販売を行なうとしている。

     電動3輪ビークル「ノスリス」は、川崎重工の社内公募制度「ビジネスアイデアチャレンジ」で選定された商品。
    電動アシスト自転車仕様と、ペダル操作なしで走行可能なフル電動仕様(要普通自動車免許)の2タイプを用意し、さまざまなニーズに対応する。

     3輪ならではの安定性とモーターサイクル事業で培ったモビリティ開発技術を活かした高い操縦性を実現する独自のリーニング機構(特許取得済)の採用により、転倒リスクの低いスムーズで安定した走行が可能。また、空車/乗車いずれの状態でも自立するため駐車時に車体を立てる操作を不要とした。フロントの2車輪間の低い位置に大容量荷物搭載スペースを確保して、荷物を積んでも低重心で安全に走行することが可能という。

    「ノスリス」プロジェクトでは、2020年9月から展示会・試乗会やクラウドファンディングを通じてビジネスモデルの仮説構築・検証を実施してきたが、その結果、”安全・快適・気軽な移動体験を全ての人へ”を開発コンセプトとする「ノスリス」は、幅広い社会的ニーズがあると確信するにいたったとしている。

     今回の事業化においては、国内販社のカワサキモータースジャパンの販売・サービスネットワークを活用して販売。
    正式名称、製品詳細、発売時期、販売価格、販売方法、販売店などの詳細は、決定次第あらためて案内される。

     なお、「ノスリス 電動アシスト自転車仕様」と「ノスリス フル電動仕様」の2機種が、5月18日?19日に東京都文京区で開催される「BICYCLE-E・MOBILITY CITY EXPO 2022~自転車・電動モビリティまちづくり博~in 東京ドームシティ・プリズムホール」と、5月21日~22日横浜赤レンガ倉庫で開催される「ル・ボラン カーズミート横浜2022」に参考出展される。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1410147.html
    03_o

    02_o


    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1652875607/ 【カワサキの電動三輪「ノスリス」がこちらwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/09/28(火) 21:12:07.707 ID:xkgpIDlP0
    カワサキ新型「Z650RS」正式発表!! 並列2気筒の弟分がZ900RSと超強力タッグ!


    https://young-machine.com/2021/09/27/246953/

    QKA8H2j

    d1zZsU9

    r5hZjw2


    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1632831127/ 【【朗報】カワサキからめっちゃカッコイイバイクが発売されるぞwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ