サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 09:19:22.94 ID:kabOAkrl0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    カワサキモータースジャパンは、600台限定のフルカウルスポーツ『Ninja 250 ABS KRT(カワサキレーシングチーム)ウインターテストエディション』を11月1日より発売する。

    限定モデルは、ラジアルタイヤを装備しリヤのタイヤ幅は150mmにワイド化。迫力のリヤビューとグリップ性能を獲得しパフォーマンスの向上に貢献している。

    デザインは、KRTが冬季テスト走行に使用したモデルと同イメージのカラーリングを採用。スモークハイスクリーンを装備し精悍なルックスと優れた防風性能を発揮する。

    加えてリヤタイヤのホッピングやスリップの抑制が可能なレース由来のテクノロジー「アシスト&スリッパークラッチ」を搭載。KRTの名に相応しい走行性能と外観を併せ持つ特別な1台となっている。

    8501515B3016092402700

    http://response.jp/article/2016/09/21/282196.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474589962/ 【カワサキ Ninja 250、リアタイヤをワイド化した600台限定の特別仕様車を販売】の続きを読む

    1: レッドインク(catv?)@\(^o^)/ 2016/09/23(金) 09:20:45.68 ID:kabOAkrl0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典

    ハリウッドでも活躍、カワサキのバイク-元川重常務、百合草三佐雄さん

     人気の米ドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」やハリウッド大作の劇中、日本製バイクが活躍していることをどれほどの人が知っているだろうか?

     「カリフォルニア・ハイウェイパトロール(CHP)で採用されていたポリスバイクはカワサキ製。ロス五輪で聖火ランナーを先導したのもロス市警(LAPD)が採用したカワサキ製です」 。こう語るのは元川崎重工常務の百合草三佐雄さん。航空機のエンジニアとして入社後、世界最速の称号“NINJA=ニンジャ”の愛称で米国のバイク市場を席巻した伝説のバイク「GPZ900R」の開発部長でもある。

    自ら米国に乗り込みカワサキモータース(KMC)社長も務め、大型バイク王国・米国にカワサキの名を轟(とどろ)かせ、米国人から“サムライ”と呼ばれた男が挑んだ米開拓秘話を紹介したい。(戸津井康之)

    ヒーローの愛車はカワサキだった

     米国のCHPに所属する白バイ警官、ジョンとパンチ2人組の活躍を描く米ドラマの傑作「白バイ野郎ジョン&パンチ」(1977~1983年)。ドラマで2人が乗っていた白バイは当時、CHPで実際に採用されていたKZ1000POLICE(Z1000Aの警察仕様)だった。

     同ドラマは日本でも昭和54年から放送された大ヒットシリーズ。当時、番組を見ていた人たちの中で、こう思い込んでいた人は少なくないのではないか。

     当然、大型バイク大国“米国の象徴”ともいえるハーレーダビッドソン社製のポリスバイクが使われていたのでは-と。

    4chipskawasakiz1000police

    http://www.sankei.com/west/news/160922/wst1609220007-n1.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1474590045/ 【ヒーローの愛車はカワサキだった…米ドラマ・ハリウッド映画大作の劇中で日本製バイクが活躍】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/26(金) 09:08:59.41 ID:CAP_USER.net
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1608/25/news108.html

    sk_kawasaki

    川崎重工業は8月25日、IT技術を活用した次世代モーターサイクルの開発に着手したと発表した。人工知能(AI)により人格を持ち、ライダーと会話を重ねていくことでライダーを理解し、最適なセッティングを行うといったことが可能になるという。

     ソフトバンクグループのcocoro SBが開発した「感情エンジン・自然言語対話システム」を活用。
    ライダーの話す言葉から意思や感情をAIが理解し、言語を使って意思疎通する。電子制御技術を組み合わせ、
    AIの指示でライダーの経験やスキル、ライディングスタイルに応じたマシンセッティングもしてくれるという。

     通信機能により、ライディングを楽しむための情報や安心・安全のためのアドバイスも提供。ライダーとAIとのコミュニケーションを重ねるにつれ、 ライダーの個性を反映したモーターサイクルになっていくという。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1472170139/ 【川崎重工、人格を持つ“AIバイク”開発へ ライダーと会話を重ねることで個性を反映可能】の続きを読む

    1: ニールキック(catv?)@\(^o^)/ 2016/07/11(月) 21:47:25.31 ID:uKBWEkql0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    鈴鹿サーキットとローソンは、「からあげクン」の鈴鹿8耐仕様「Kawasaki Team GREENパッケージ」限定1万個を、三重県内(熊野地区の一部を除く)および、岐阜県内(一部店舗)のローソン各店にて7月11日より販売開始する。 

    鈴鹿サーキットはプロモーションパートナーのローソンと、店舗での告知を始め、様々なコラボレーションを展開。
    今年はニューマシンの投入、海外トップライダーの招聘など、復帰3年目で悲願の優勝を狙うTeam GREENをデザインした「からあげクン」を販売する。

    また7月16~17日の2日間は、長野県ビーナスライン沿いにあるローソン白樺湖蓼科店にて、鈴鹿8耐の魅力をアピールするイベント「Feel The コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8耐 in ビーナスライン」も開催。

    イベントでは、大型ビジョンによる、これまでの鈴鹿8耐のダイジェスト放映を中心に、ゲストが今年の見どころを解説するトークショーをはじめ、Kawasaki Team GREENのマシン展示、鈴鹿サーキットクイーンとのゲーム大会、撮影会などを行う。

    さらに、大会期間の7月29~31日の3日間、東名阪自動車道 鈴鹿IC出口すぐにあるローソン鈴鹿インター口店にてウェルカムイベントを開催。店舗には鈴鹿8耐バナーやトップチームからのメッセージボードを掲出し、インターを出たツーリングライダー達が鈴鹿8耐気分を味わえる演出を行う。

    なお、「からあげクン Kawasaki Team GREENパッケージ」は、白樺湖蓼科店(7月16~17日)および鈴鹿インター口店(7月29~31日)でも各日100個限定で発売する。

    http://response.jp/article/2016/07/11/278261.html

    1074243

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1468241245/ 【ローソン からあげクンKawasaki GREENを発売】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2016/06/18(土) 12:20:04.21 ID:CAP_USER.net
    20160616_news_k01

    カワサキモータースジャパンは、トラディショナルスタイルの大型バイク『W800』の最終仕様「ファイナルエディション」を7月15日より発売する。

    W800は、トラディショナルな美しさとロングストロークのバーチカルツインエンジンによる味わい深いライディングフィールが魅力。ファイナルエディションでは、1973年に登場した『650RS W3』を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。深みある特徴的なオレンジは塗装段差の少ない4度塗りの高級塗装によるもので、塗装工程までW3と同様という徹底した拘りを見せている。

    主要諸元に変更はない。

    価格は92万5560円。

    http://s.response.jp/article/2016/06/18/277095.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1466220004/ 【カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/16(木) 22:38:58.48 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/06/16/277001.html

    カワサキモータースジャパンは6月16日、2017年度よりモーターサイクルの国内販売網を再編すると発表した。

    カワサキモータースジャパンは、他社と一線を画した生涯顧客の獲得拡大を目指すブランド戦略を推進するため、2017年度から2019年度にかけて国内販売モデルのすべてを取り扱う「カワサキ専門店」と、排気量400ccまでを取り扱う「カワサキ正規取扱店」の2系統の国内販売網を構築する。

    従来の販売網は、直営の「カワサキ専門店」と、同社製品と他社製品の両方を扱う「カワサキ正規取扱店」で構成され、ともにカワサキ全モデルを取り扱ってきたが、今回の再編では両者の取り扱いモデルを明確にするとともに、「カワサキ専門店」は、直営以外の販売店も加え、現状の6店舗から120店舗程度に拡大する予定だ。

    kawasaki_plaza_osaka_main

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1466084338/ 【カワサキ、国内二輪販売網を再編 専売店を6店舗から120店舗ヘ拡大】の続きを読む

    このページのトップヘ