サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/30(月) 15:39:32.28 ID:???0.net
    20120802_news_12

    贅沢品の中型バイクの販売数量が1.5倍に
    楽しみを演出、カワサキの“草の根大作戦”
    http://diamond.jp/articles/-/55065

    「ニンジャ、ください」
    近年、川崎重工業(カワサキ)のバイクを購入する人に、変化が表れている。

    ベストセラー車種の「Ninja 250」を買う人の半数近くがカワサキのバイクに乗ることが初めて、またはバイクに乗ること自体が初めてという初心者による“指名買い”が増えているのだ。

    そんな彼ら、彼女たちにとって、カワサキのニンジャは、“格好良いバイク”を想起させる象徴的な存在であり、販社のカワサキモータースジャパン(KMJ)には「ニンジャに乗りたいから二輪免許を取りました」という新規購入者の声が多く寄せられるという。

    日本自動車工業会の調査によれば、2013年に日本の4大バイクメーカーで新車を購入した人の平均年齢は51歳であり、スクーターに限っては60歳だった。日本では、“若者のクルマ離れ”がいわれるが、クルマよりもバイクのほうが高齢化は進んでいるのである。

    ところが、カワサキに関しては事情が異なる。13年に新車を購入した人の平均年齢は、業界平均より20歳も若い31歳だった。中・大型バイクが中心のカワサキは、実用車であるスクーターを出していないこともあるが、若者の人気が高まっているのである。

    KMJによると、例年、250ccクラスの販売数量は、国内は4000台前後で推移してきたが、13年には1.5倍の6000台前後に増えた。購買層の中心は20代である。

    カワサキのバイクに限った話ではないが、中・大型バイクは新車の価格が50万円前後からという“贅沢品”である。凝り始めれば、改造費や維持費もかかる。
    ただでさえ、簡単に高額商品が売れなくなっている中で、販社のKMJとしては、今も一定の存在感を放つ“熱烈なカワサキ信者” とは異なる新規ユーザーも大切にしながら、少しずつ排気量の大きなバイクに乗り換えて、ステップアップしてほしいと考えている。

    そこで、これまで以上に重要性が増してきたのが、バイクに乗ることの楽しみを演出する“草の根作戦”である。
    KMJは、カワサキ乗りのために定期的にツーリング大会を全国各地で主催したり、メーカー直系のユーザーグループ「KAZE」の会員限定の情報誌を発行したりするなど、“購入した後の楽しみをつくる活動”に力を入れてきた。

    例えば、年間に20回近く各地で開かれる「KAZEグッドライダーズスクール」は、大型二輪免許を取りたてのビギナーや中高年のリターンライダーに対して、専門家が中・大型バイクを安全に乗りこなすためのコツを教えている。

    また、運転技術が少し上達して実際にサーキットを走ってみたくなったライダーを対象に、定期的に「KAZE SPA直入ライディングスクール」(大分県)を開く。こちらは、腕利きのインストラクターが、コーナリングやブレーキングの技術を伝授してくれる。

    ほかには、500人以上が参加する「KAZEチャレンジクルーズ」がある。年に2回、それぞれ3ヵ月間と期限を区切り、125cc以上と以下のクラスに分けて「どれだけの距離を走ったか」を競い合う。
    ルールはシンプルだ。チャレンジ開始時に自分が乗るカワサキのバイクを正規販売店に持ち込み、本人確認、日付やメーターの数値などをチェックして証明印をもらう。ゴール時は、同じ販売店で手続きし、エントリーシート(専用の葉書)をポストに投函する。

    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404110372/ 【「ニンジャください」贅沢品の中型バイクの販売数量が1.5倍に】の続きを読む

    1 不知火(芋) 2014/02/16(日) 11:53:28.38 ID:3loEB84zP
    fd96d031

    カワサキはインドネシアにおいて、アジア市場向けの新型スポーツバイク"Kawasaki 250SL"(市場によって"Kawasaki Ninja RR Mono"とも呼ばれる)を発表した(動画はスライドショー)。

    カワサキの排気量250ccのスポーツモデルと言えば"Kawasaki Ninja 250R"がラインナップされ、人気となっているが、そのニンジャ 250Rが2気筒エンジンを搭載するのに対し、新型250SLは最高出力27.6hp/9,700rpm&最大トルク16.7ft-lb/8,200rpmの排気量 249cc 燃料噴射 水冷単気筒エンジンを搭載するなど、全く異なるメカニズムを採用したものとなっている。

    シャシーもまたニンジャ 250Rとは異なる設計のスチール製トレリスフレームを中心としており、、37Φの正立式フロントフォーク、プリロードアジャスター付きのモノショックと"Uni-trak"リンケージシステムからなるリアショック、フロント:263Φ、リア193Φのブレーキディスクを備えたブレーキシステム、フロント:100/80-17、リア:130/70-17サイズのタイヤなどの主要装備が与えられている。

    83fcb729

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51832966

    【カワサキ、単気筒のアジア市場向けスポーツバイク「ニンジャ RR モノ/250 SL」を発表】の続きを読む

    1 毒霧(西日本) 2014/01/30(木) 08:45:26.72 ID:h7wX5HQg0
    01

    250ccクラスでは貴重なクラシックスポーツとして、息の長い人気を誇るモデルがカワサキのエストレヤ。
    昨年のモーターショーでデビューを果たした新型に、いよいよ試乗するチャンスがやってきた。その走りがどう進化したのか、じっくり検証してみよう。

    新型ニンジャ1000やZ1000の投入と、スポーツモデル攻勢が続くカワサキ。だが、2014年最初の一手は、クラシカルなルックスと乗り味で安定した人気を誇るエストレヤのモデルチェンジだった。僕は家内が嫁入り道具? に持ってきた初期型に5年ほど乗っていたので、元オーナー気分で試乗してみた。

     細かい変更はあるが、高級感ある佇まいはそのまま。メッキパーツの多用、アルミパーツの丁寧なバフ仕上げなど、キラキラ輝く存在感はスペイン語で「星」を意味する車名に相応しい。この仕上がりなら価格もサービスプライスと言えるだろう。

    今回のモデルチェンジでは、エンジンから車体まで細かく改良されているが、走り出してすぐ判るのは乗り心地が格段に良いこと。前モデルは前後サス、特にリアに「バネっぽさ」を感じたが、新型は低荷重域からスムーズに動き、ダンピングも効いている。全体にしなやかさが増したことで、荒れた路面での突き上げが大幅に減り、コーナリング中のリア下がり感も解消された。一人でトコトコ走る気楽さが持ち味のエストレヤだけに、ライダーに優しいこの変更は大歓迎だ。

     もう一つ、トコトコ走りを楽しませてくれる重大要素がパワーフィール。エンジンの基本構成は変わらないが、FIのセッティングが変更され、低中回転域の力強さが増した。アイドリングのままでもストトッと発進できるし、早めのシフトアップでエンジンを粘らせてみてもギクシャクせずに反応する
    http://bike.yahoo.co.jp/review/report/mb0243/3/

    【新型カワサキ エストレヤ デビュー!!!】の続きを読む

    1 雪崩式ブレーンバスター(芋) 2014/01/02(木) 10:59:22.95 ID:GovjKZ2N0
    カワサキは、『Z250』の2014年モデルを2014年3月1日より発売する。

    Z250はフルカウルスポーツ『Ninja 250』をベースとしたストリートファイターモデル。アグレッシブで筋肉質なスタイリングと優れたパフォーマンスが特徴だ。

    2014年モデルは、カラー&グラフィックの変更のみ。フラットエボニーとパールスターダストホワイトの2色を用意する。主要諸元に変更はない。

    価格は48万8250円。

    http://autos.goo.ne.jp/news/motorcycle/213688/image.html?news_image_id=1007690
    imgs_zoom_641196

    imgs_zoom_641197

    【カワサキ、Z250 の2014年モデルを発売…カラー&グラフィック変更】の続きを読む

    1 キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26(木) 11:05:44.66 ID:???0
    Yuji_Horiuchi__JPG_1695810g
    インドカワサキモータースはインドでのスーパーバイク市場でのシェア獲得を目指し、
    新しい車種を2つ投入することを発表しました。

    この新車種はニンジャ1000とZ1000です。
    どちらも日本で製作されたモデルをインドに輸入販売します。
    価格は12.5万ルピーになるでしょう。

    またこの大型バイクはプネにある既存のショールームの他、
    デリーにオープンする第二ショールームでも展示、販売される計画です。

    カワサキは「今後、我々は大排気量バイクに焦点を当てていく。2015年末までに20%のシェア獲得を目指す。」と言います。
    同社は9月にもニンジャZX-14RとZX-10Rを投入しています。

    http://www.thehindubusinessline.com/companies/india-kawasaki-launches-two-new-motorcycle-models/article5493444.ece

    【カワサキ、インドのスーパーバイク市場に本格参入…ニンジャ1000とZ1000を新たに投入】の続きを読む

    このページのトップヘ