サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > カワサキ

    1: トペ コンヒーロ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/17(金) 01:37:05.73 ID:3jf/vpmn0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    d124d299-s

    カワサキは、米国フロリダ州で10月16日から19日までの日程で開催されているバイクイベント「2014 AIMExpo」において、新型モデル"Kawasaki Vulcan S"と"Kawasaki Vulcan S ABS"を発表した。

    このバルカン Sは、"Kawasaki Ninja 650"と同系の180度のクランクのバランサーシャフト付き 排気量649cc 水冷 並列2気筒エンジン (カムシャフトや吸気システムなどはニンジャ 650と異なる)を、41ΦのフロントフォークとDセクションのスイングアーム、レイダウン オフセットレイアウトのリアショックなどを備えたトレリスフレームのシャシーに搭載したミドルクラスのクルーザーである。

    なお、米国市場での販売価格はABSモデルが7,399ドル(約78万円)に設定。また、デュアルシートやリアフットペグ、"KQR(Kawasaki Quick Release)" サドルバック、ウインドウシールドなどのオプションも多数用意されるとのこと。

    8f8a7660-s

    8cf04ddd-s

    http://www.youtube.com/watch?v=eLmmkT0Nb4k


    http://blog.livedoor.jp/motersound/51870334

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413477425/ 【カワサキの新型ミドルクラスクルーザー「バルカン S」】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/10(金) 23:18:21.32 ID:Q1sUF2AD0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    川崎重工は10月8日、カワサキ『エストレヤ』の燃料ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    対象となるのは、2013年11月27日~2014年8月22日に製作された1374台。

    燃料ホースの取り回しが不適切なため、左スロットルボディアッシカバー端部と燃料ホ―スが干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

    全車両、左スロットルボディアッシカバーと燃料ホースを対策品と交換する。

    不具合および事故は発生していない。社内からの情報で発見した。
    http://response.jp/article/2014/10/08/234448.html
    001056972


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412950416/ 【カワサキ エストレヤにリコール…燃料漏れのおそれ】の続きを読む

    1: パイルドライバー(栃木県)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 18:40:45.44 ID:YsUm58wM0.net BE:206953911-DIA(121401) ポイント特典
    【カワサキ】加給機搭載の新車両「Ninja H2R」発表
    掲載日:2014年09月30日

    カワサキは、名車として今でも人気の「750SS(H2)」及び「ニンジャ」の名を受け継いだ車両を発表した。
    水冷4ストローク直列4気筒998ccエンジンにスーパーチャージャーを搭載し、300馬力を発揮させるという。
    現時点での公表内容では、サーキット走行用ということだが、一般公道走行仕様車を11月のEICMA(ミラノショー)で公開予定とのこと。

    20140930_news_h2r-01

    http://news.bikebros.co.jp/model/news20140930/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412070045/ 【カワサキ「Ninja H2R」発表 998ccにスーパーチャージャーで300馬力】の続きを読む

    1: ショルダーアームブリーカー(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 10:17:19.11 ID:Tr+GjXyp0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    カワサキは、9月30日開幕の"2014 Intermot Motorcycle Show"で披露する新モデル"Kawasaki Ninja H2"のティーザー映像をまた新たに公開した(参照:【動画】スーパーチャージャー装着を明示! カワサキ、ニンジャ H2の新しいティーザー映像を配信)。

    現時点で正式なスペックが発表されていないこのニンジャ H2だが、報道などによるとレブリミット14,000rpm、最高出力225hpという強力な性能を発揮する排気量1,000ccの直列4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載した世界最高速のモーターサイクルになると言われている。今回の映像では、高速での走行時の安定性を向上ためのボディサイドやカウル上部にウイングレットやリアエンドのスポイラーなどのパーツが備えられていることが示されている。

    54bfd56c-s

    086320bf-s

    a351cb87-s

    http://www.youtube.com/watch?v=oGmjysEyhmU


    http://blog.livedoor.jp/motersound/51867216

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411780639/ 【カワサキ ニンジャH2の新しいティーザーを配信!】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 00:09:46.10 ID:???0.net
    カワサキが発売した50万円以上もするスポーツバイクがバカ売れ中だ。しかも、“若者のバイク離れ”がいわれて久しいなか、購入者には20、30代の若者や初心者が中心だという。いったい、既存のバイクと何が違うのか?

    2013年に大きな躍進を遂げたカワサキ。すべてのカテゴリーを合わせた国内のバイク販売シェアでは長年、ホンダ、ヤマハ、スズキの後塵を拝する「万年4位」の座に甘んじていたが、 同年の軽二輪車販売数では、なんと前年比205.4%増。同カテゴリーに限っては、ホンダに次ぐ国内シェア2位に躍り出たのである。

    この快挙の主役となったのが、昨年リリースされたNinja250だ。2月からの発売開始にもかかわらず、12月末までに5923台を売り上げ、2013年に日本国内で発売された各社の全バイク(原付二輪を除く)の中のベストセラー・モデルとなった。

    1980年代に大流行したレーサーレプリカ(レースで活躍する車両を外見・メカニズムの両面でイメージさせる高性能市販バイク。
    1980年代に日本の各社がこぞって発売した)を髣髴(ほうふつ)とさせる、やる気満々のフルカウルスタイル。
    ぱっと見、とても万人受けするモデルとは思えないが、なぜ日本のライダーの心をわしづかみにしたのか?

    400cc以下のカテゴリーのみを扱う異色のバイク雑誌『Under400』の谷田貝洋暁編集長が理由を解き明かしてくれた。

    「いや、むしろデザインこそが、Ninja250最大の魅力なのです。世代的にレーサーレプリカを知らない今の若い層は、フルカウルのスタイリングに新鮮なカッコよさを感じているんですよ。ウチの編集部にも、『あの見た目にホレて購入しました』という声が多く寄せられています」

    しかも同車は、かつてのレーサーレプリカのような行きすぎたハイスペックとは無縁だった。

    「ライディングポジションは自然だし、馬力だってほどほどなので、初心者でも無理なく操れる。それでいて街乗りからツーリング、果てはサーキット走行までこなせる懐の深さを持ち合わせています」(谷田貝氏)そんな現代の名車が開発された経緯とはいかなるものか。カワサキのモーターサイクル&エンジンカンパニー・営業一課の山田康弘氏に、Ninja250の大ブレイクへと至る土台を築いた先代モデル、Ninja250R(以下、250R)誕生のいきさつから語ってもらった。
    (以下略 全文はリンク先で)
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140826-00034527-playboyz-soci 

     画像 Ninja250
    730393


    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1409065786/ 【Ninja250などカワサキのバイクが若者にバカ売れ中!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/02(土) 22:32:47.42 ID:Icsu21Ev0.net
    あそこってバイク一本でやってんでしょ?
    20110505074116!Kawasaki-logo

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1406986367/ 【バイクメーカーのカワサキって儲かってんの?】の続きを読む

    1: 幽斎 ★@\(^o^)/ 2014/06/30(月) 15:39:32.28 ID:???0.net
    20120802_news_12

    贅沢品の中型バイクの販売数量が1.5倍に
    楽しみを演出、カワサキの“草の根大作戦”
    http://diamond.jp/articles/-/55065

    「ニンジャ、ください」
    近年、川崎重工業(カワサキ)のバイクを購入する人に、変化が表れている。

    ベストセラー車種の「Ninja 250」を買う人の半数近くがカワサキのバイクに乗ることが初めて、またはバイクに乗ること自体が初めてという初心者による“指名買い”が増えているのだ。

    そんな彼ら、彼女たちにとって、カワサキのニンジャは、“格好良いバイク”を想起させる象徴的な存在であり、販社のカワサキモータースジャパン(KMJ)には「ニンジャに乗りたいから二輪免許を取りました」という新規購入者の声が多く寄せられるという。

    日本自動車工業会の調査によれば、2013年に日本の4大バイクメーカーで新車を購入した人の平均年齢は51歳であり、スクーターに限っては60歳だった。日本では、“若者のクルマ離れ”がいわれるが、クルマよりもバイクのほうが高齢化は進んでいるのである。

    ところが、カワサキに関しては事情が異なる。13年に新車を購入した人の平均年齢は、業界平均より20歳も若い31歳だった。中・大型バイクが中心のカワサキは、実用車であるスクーターを出していないこともあるが、若者の人気が高まっているのである。

    KMJによると、例年、250ccクラスの販売数量は、国内は4000台前後で推移してきたが、13年には1.5倍の6000台前後に増えた。購買層の中心は20代である。

    カワサキのバイクに限った話ではないが、中・大型バイクは新車の価格が50万円前後からという“贅沢品”である。凝り始めれば、改造費や維持費もかかる。
    ただでさえ、簡単に高額商品が売れなくなっている中で、販社のKMJとしては、今も一定の存在感を放つ“熱烈なカワサキ信者” とは異なる新規ユーザーも大切にしながら、少しずつ排気量の大きなバイクに乗り換えて、ステップアップしてほしいと考えている。

    そこで、これまで以上に重要性が増してきたのが、バイクに乗ることの楽しみを演出する“草の根作戦”である。
    KMJは、カワサキ乗りのために定期的にツーリング大会を全国各地で主催したり、メーカー直系のユーザーグループ「KAZE」の会員限定の情報誌を発行したりするなど、“購入した後の楽しみをつくる活動”に力を入れてきた。

    例えば、年間に20回近く各地で開かれる「KAZEグッドライダーズスクール」は、大型二輪免許を取りたてのビギナーや中高年のリターンライダーに対して、専門家が中・大型バイクを安全に乗りこなすためのコツを教えている。

    また、運転技術が少し上達して実際にサーキットを走ってみたくなったライダーを対象に、定期的に「KAZE SPA直入ライディングスクール」(大分県)を開く。こちらは、腕利きのインストラクターが、コーナリングやブレーキングの技術を伝授してくれる。

    ほかには、500人以上が参加する「KAZEチャレンジクルーズ」がある。年に2回、それぞれ3ヵ月間と期限を区切り、125cc以上と以下のクラスに分けて「どれだけの距離を走ったか」を競い合う。
    ルールはシンプルだ。チャレンジ開始時に自分が乗るカワサキのバイクを正規販売店に持ち込み、本人確認、日付やメーターの数値などをチェックして証明印をもらう。ゴール時は、同じ販売店で手続きし、エントリーシート(専用の葉書)をポストに投函する。

    レス引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1404110372/ 【「ニンジャください」贅沢品の中型バイクの販売数量が1.5倍に】の続きを読む

    1 不知火(芋) 2014/02/16(日) 11:53:28.38 ID:3loEB84zP
    fd96d031

    カワサキはインドネシアにおいて、アジア市場向けの新型スポーツバイク"Kawasaki 250SL"(市場によって"Kawasaki Ninja RR Mono"とも呼ばれる)を発表した(動画はスライドショー)。

    カワサキの排気量250ccのスポーツモデルと言えば"Kawasaki Ninja 250R"がラインナップされ、人気となっているが、そのニンジャ 250Rが2気筒エンジンを搭載するのに対し、新型250SLは最高出力27.6hp/9,700rpm&最大トルク16.7ft-lb/8,200rpmの排気量 249cc 燃料噴射 水冷単気筒エンジンを搭載するなど、全く異なるメカニズムを採用したものとなっている。

    シャシーもまたニンジャ 250Rとは異なる設計のスチール製トレリスフレームを中心としており、、37Φの正立式フロントフォーク、プリロードアジャスター付きのモノショックと"Uni-trak"リンケージシステムからなるリアショック、フロント:263Φ、リア193Φのブレーキディスクを備えたブレーキシステム、フロント:100/80-17、リア:130/70-17サイズのタイヤなどの主要装備が与えられている。

    83fcb729

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51832966

    【カワサキ、単気筒のアジア市場向けスポーツバイク「ニンジャ RR モノ/250 SL」を発表】の続きを読む

    1 毒霧(西日本) 2014/01/30(木) 08:45:26.72 ID:h7wX5HQg0
    01

    250ccクラスでは貴重なクラシックスポーツとして、息の長い人気を誇るモデルがカワサキのエストレヤ。
    昨年のモーターショーでデビューを果たした新型に、いよいよ試乗するチャンスがやってきた。その走りがどう進化したのか、じっくり検証してみよう。

    新型ニンジャ1000やZ1000の投入と、スポーツモデル攻勢が続くカワサキ。だが、2014年最初の一手は、クラシカルなルックスと乗り味で安定した人気を誇るエストレヤのモデルチェンジだった。僕は家内が嫁入り道具? に持ってきた初期型に5年ほど乗っていたので、元オーナー気分で試乗してみた。

     細かい変更はあるが、高級感ある佇まいはそのまま。メッキパーツの多用、アルミパーツの丁寧なバフ仕上げなど、キラキラ輝く存在感はスペイン語で「星」を意味する車名に相応しい。この仕上がりなら価格もサービスプライスと言えるだろう。

    今回のモデルチェンジでは、エンジンから車体まで細かく改良されているが、走り出してすぐ判るのは乗り心地が格段に良いこと。前モデルは前後サス、特にリアに「バネっぽさ」を感じたが、新型は低荷重域からスムーズに動き、ダンピングも効いている。全体にしなやかさが増したことで、荒れた路面での突き上げが大幅に減り、コーナリング中のリア下がり感も解消された。一人でトコトコ走る気楽さが持ち味のエストレヤだけに、ライダーに優しいこの変更は大歓迎だ。

     もう一つ、トコトコ走りを楽しませてくれる重大要素がパワーフィール。エンジンの基本構成は変わらないが、FIのセッティングが変更され、低中回転域の力強さが増した。アイドリングのままでもストトッと発進できるし、早めのシフトアップでエンジンを粘らせてみてもギクシャクせずに反応する
    http://bike.yahoo.co.jp/review/report/mb0243/3/

    【新型カワサキ エストレヤ デビュー!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ