サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ヤマハ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/05/28(土) 01:10:16.695 ID:gNEz4NJy0
    やたらと持て囃されてるけど吊るしの性能は一番低いよな
    105_Yamaha_YZF-R1_2022_blue


    引用元 https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1653667816/ 【ヤマハのバイクって国産の中で一番性能微妙だよな…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2022/05/15(日) 01:27:07.27 ID:/rB6egGN0
    RZとXJだけ…

    20140825yamaha

    引用元 https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1652545627/ 【【悲報】YAMAHAの名車バイク、2台しか無かった・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 神 ★ 2022/04/21(木) 17:30:29.45 ID:V/Ar35ZN9
    ヤマハ・MT-07 ABSが2022カラーをまとい登場!
    新車・絶版車 ヤマハ新車編集部おすすめ
    MT-07
    22時間前

    ヤマハはMT-07 ABSの2022年モデルをカラーチェンジを施し発売した。
    2022年モデルはカラーリングとグラフィックを変更した3色を設定。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーだ。“ブルー”は、フラッグシップモデルYZF-R1をイメージさせ、高いパフォーマンスを感じさせる。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現している。
    https://news.webike.net/motorcycle/227291/
    90752aaed72f51be7d8528357c2456b3

    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1650529829/ 【ヤマハ・MT-07 ABSが2022カラーをまとい登場!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ぶんた(茸) [KR] 2022/04/06(水) 13:29:08.70 ID:l8kWX4gF0● BE:632443795-2BP(10000)
    ヤマハ、トヨタ向けに5.0リッターV8水素エンジンを開発中

    ヤマハ発動機は2022年2月17日、トヨタ自動車からの委託で、水素を燃料とする5.0リッターV8エンジンを開発していると発表した。2050年までにカーボンニュートラルを達成したい同社だが、社名に「発動機」が入っている同社にとっては、内燃エンジンに対する特別な思い入れがあるという。

    2021年11月に、川崎重工、スバル、トヨタ、マツダ、ヤマハの5社が、内燃機関の燃料オプションの範囲拡大を目的とした共同研究を行うと発表。ヤマハがトヨタ向けに開発したV8水素エンジンを公表した。同エンジンは、レクサスのプレミアムスポーツクーペ「RC F」の5.0リッターエンジン「2UR-GSE型」をベースに、ヤマハがインジェクター、シリンダーヘッド、インテークマニホールドなどに変更が加え、水素を燃料として燃焼する水素エンジンとして開発されている。

    ヤマハによると、自動車用水素エンジンの開発を始めたのは5年前で、単なるガソリンの代用としてではなく、官能的で爽快なパフォーマンスに水素の価値を見出したとのこと。チームメンバーのTakeshi Yamada氏は「パフォーマンスのみにとどまらず、世界がこれまで見たことない内燃機関の新たな魅力を追求したい」と、語っている。

    220324_Tapping-the-Potential-Within-100-Hydrogen-Powered-Engines


    https://engineer.fabcross.jp/archeive/220406_hydrogen-powered-engines.html

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1649219348/ 【ヤマハがトヨタ向けにレクサスRC-F用エンジンをベースに5リッターV8水素エンジンを開発中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/12/16(木) 17:18:04.11 0
    1701133

    ヤマハ発動機は15日、2022年春より市場投入を予定している125ccクラスのEVバイクを報道向けに初公開した。
    2019年の東京モーターショーで公開された『E01』がベースとなるモデルで、自社開発による125ccクラスは初。
    欧州、日本などで順次、POCでのリース(実証実験を兼ねたリース)を開始する。
    この日、報道各社のグループインタビューに応じた日高祥博社長(“高”ははしごだか)はEV戦略について、ヨーロッパ市場へのEV投入が最優先とした上で、日本、アメリカ、中国へも積極的に投入することを明かした。
    今回公開された125ccクラスのEVバイクは、2022年春にヨーロッパと日本で実証実験を兼ねたリース販売として市場投入をおこなう。具体的なリース形態などは現段階では未定。また同春以降に台湾、タイ、マレーシア、インドネシアに順次投入する。
    125ccクラスのEVバイクとしては、台湾のベンチャー企業「gogoro(ゴゴロ)」からのOEMによる『EC-05』を台湾などで販売しているが、ヤマハの自社開発による125ccクラスは初。
    現段階では車名、スペックなどは非公表だが、充電方式はヤマハのEVスクーター『E-Vino(イービーノ)』のようなバッテリー取り外し式(交換式)ではなく、プラグイン充電になるという。
    気になる航続距離について日高社長は、明言を避けつつも「イービーノの距離(カタログ値で約29km)を想像しているとしたら、それとは全然違うレベル」だと話した。
    公開された開発車両のメーターパネルにはほぼ満充電の状態で残航続距離が70kmと表示されていた。走行パターンや温度などの環境条件により変わるため正確な数字ではないが、この通りなら少なくともイービーノの倍以上は走行が可能だ。

    引用元 https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1639642684/ 【ヤマハ、125cc原二クラスのEVを初披露、E-Vinoを遥かに凌ぐ航続距離!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 21/11/04(木)09:58:22 ID:8rCA
    これは売れるで
    ONGANYT

    引用元 https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1635987502/ 【【朗報】ヤマハの新型バイクがカッコいいwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 21/09/24(金)00:28:26 ID:gjih
    今も昔も
    レプリカは頑張ってるけど

    sr400_price_2018

    引用元 https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1632410906/ 【ヤマハのバイクって正直地味だよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2021/01/31(日) 19:55:09.02 0
    なに

    SR400


    引用元 https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1612090509/ 【ヤマハSR400(スタイルS、カスタム性S、燃費A、売上S)←こいつが絶版になる理由】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アメリカンショートヘア(埼玉県) [ES] 2021/01/21(木) 20:26:48.58 ID:4qZp//to0● BE:943634672-2BP(2000)
    ◆ヤマハ「SR400」生産終了へ 11万台以上販売

    ヤマハ発動機は、1978年に初代を発売しロングセラーを続けるバイク「SR400」の国内向け生産を終了すると発表した。

    排ガス規制が強化され、2022年11月以降は販売ができなくなるためで、3月に最終モデル「ファイナルエディション」を発売する。
    年間5000台の販売を目指す。この他、1000台限定の特別仕様車も用意した。

    SR400はペダルを踏んでエンジンを始動する機構や、初代からほとんど変わらない昔ながらのシンプルな外観が人気で、累計11万台以上生産された。

    近年も好調な販売を維持していたが、排ガス規制に対応するには多額のコストがかかるため、国内向けの生産を終了する。タイ向けの生産は継続する。

    「ファイナルエディション」の希望小売価格は60万5000円。シリアルナンバー入りのエンブレムや本革調シートを装備した特別仕様車は74万8000円で販売する。(共同)
    https://www.nikkansports.com/general/news/202101210000566.html

    ヤマハ発動機「SR400」の最終モデル(共同)
    202101210000566-w1300_0

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611228408/ 【ヤマハのオートバイ「SR400」生産終了へ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: シャチ ★ 2020/12/16(水) 20:58:55.45 ID:/qbiHXS39
    ヤマハ発動機の日高祥博社長(“高”ははしごだか)は14日、静岡・磐田市にある本社で報道各社のグループインタビューに応じ、政府が2035年までにガソリン車を廃止することを目指す方針を受け、ヤマハのバイクの全電動化は「技術的には可能」との見解を示した。一方で「それを顧客が欲しいかは別問題」とした。

    「電動化は技術的にできないわけではない。だが、ユーザー視点を無視するわけにはいかない」

    ヤマハのバイクは、グローバルで見れば趣味性が高く比較的高価格帯のプレミアムバイクとして人気を博している。速さやパワーなど走る楽しさを兼ね備えたプレミアムセグメントを電動化(EV化)することは技術的には可能だが、バッテリーを搭載することで車体が重くなり、さらに価格帯も200~300万円台に上がるとことは避けられないという。これではユーザーにとって「ハードルが高い」(日高社長)。

    現実的な電動化の解としては「原付のような日々の領域。電動の趣味材というのはお客さんにとってまだなかなかハードルが高い。コミューターの領域ならば、毎日1回充電すればその日のうちの通勤・通学には十分。趣味材のような大きなものでなければ、コストも下げられる」と話す。

    ヤマハは2018年12月に、「ヤマハ発動機グループ環境計画2050」として、バイクやその他製品使用時のCO2排出量、生産や物流におけるCO2排出量を2050年までに2010年比で50%削減を目指すことを発表している。しかしヨーロッパをはじめ世界各国でモビリティのCO2および排ガス規制は年々厳しくなっており、2030年をめどとしたガソリン車の販売廃止に向けたビジョンはグローバルスタンダードと化しつつあることから、計画の前倒しが迫られる可能性がある。

    「間違いなく規制(の強化)は早まる。これまではヨーロッパを見ながらだったが、世界で同じ時間軸で対応していかなければならない。来年(2021年)の早い段階で見直す。相当、見直し、前倒しをしていかなければ」と日高社長は危機感を示した。

    yamaha

    ソース カービュー
    https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/31bec0343d42ed7b9eacd066e598ec54d9577051/

    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608119935/ 【ガソリン車の販売廃止でヤマハ社長「バイク電動化は技術的には可能!だが…」】の続きを読む

    このページのトップヘ