サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ヤマハ

    1:
    bsa1704060500001-p1

    ヤマハ発動機が世界初公開した大型三輪バイクのコンセプト車=東京都江東区の東京ビッグサイト


     ヤマハ発動機は前輪が2つ付いたバイクのラインアップを拡大する。現行の排気量125~155ccに加え、2020年までに850cc級の大型車を追加。高出力のスポーツ走行もできる安定性をアピールし、低迷する国内需要の喚起を目指す。

     ヤマハ発は14年に125ccの前二輪バイク「トリシティ」を発売。ぬれた路面などでも安定して曲がれ、タイヤの接地面が増して制動もしやすい特徴を訴求している。結果、国内で累計約1万台を販売し、石畳の道が多い欧州でも人気が高い。

     今年1月には国内で高速道路も走行できる155ccを投入し、強度が高い骨格を採用して2人乗りにも対応。年700台の国内販売の計画に対し、1月末までに300台弱を販売した。

     前二輪は安定性が高い一方、左右の車輪の動きが大きく制御が難しい。ヤマハ発は前輪の動きを平行四辺形に制御する機構を採用し、車体を傾けて曲がるバイクの操作感覚と路面への接地感を両立した。

     15年には前二輪の技術を展開した850ccの試作車を公開。20年までに同水準の大型スポーツ車を投入し、バイク生活を再開するリターンライダーらの需要を取り込みたい考えだ。

     ヤマハ発が前二輪の普及を目指すのは国内市場の縮小が続いているためだ。日本自動車工業会によると、国内の二輪車販売は1982年に326万9872台の過去最多を記録したが、2016年は37万2891台と約9割減少。安全で手軽な電気自転車や軽自動車に需要が移行しているとみられ、ヤマハ発は前二輪バイクを普及して市場回復につなげる狙いだ。

     前二輪バイクの設計グループを率いた高野和久グループリーダーは「バイクへの苦手意識を払拭し、市場を広げたい」と話した。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170406/bsa1704060500001-n1.htm

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1491431218/ 【ヤマハ、前二輪バイク拡大…20年までに850cc級投入、安定性アピール】の続きを読む

    1:
    ヤマハが「VMAX」の生産を今年8月で終了することを発表した。

    2017年の生産予定台数は120台ということで、早期完売の気配から巷では騒然となっているようだが、正直とても寂しい思いがする。同じ心情のファンも多いことだろう。

    【関連ニュース】
    ◆ヤマハ、「VMAX」2017年8月で生産終了へ 1985年から引き継がれた「怒濤の加速感」
    ゼロヨン10秒台! 米国生まれのドラッグマシン

    ケタ外れの巨大さと大地をかきむしる暴力的なパワー、未だ経験したことがない怒涛の加速で、すべてを置き去りにする究極の瞬間移動マシン。

    VMAXにはどこか近寄り難い神秘的な存在感があり、それを乗りこなすライダーにはアウトロー的なイメージがあった。

    初代VMAXが登場したのは1985年、北米向け輸出モデルとしてデビューした。コンセプトは「ストリートドラッガー」。

    ヤマハモーターUSAの発案によって開発された初代VMAXは、当時アメリカの象徴だった「大排気量V8エンジン」を搭載した、アメリカンマッスルカーの迫力をモーターサイクルで表現したものだ。

    ヤマハの“至宝であり財産”と謳われた「VMAX」が惜しまれつつも生産終了
    https://news.webike.net/2017/02/24/87277/

    2016-Yamaha-VMAX-EU-60th-Anniversary-Static-002-680x382

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487979437/ 【ヤマハ「VMAX」が生産終了】の続きを読む

    1: ブラディサンデー(兵庫県)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/25(金) 15:50:31.69 ID:di16VgA00.net
    https://news.webike.net/2016/11/25/78366/

    ヤマハから「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」が2017年1月20日より新発売される。

    トリシティシリーズはフロント二輪のLMWモデルと呼ばれる乗り物である。LMW(Leaning Multi Wheel/リーニング・マルチ・ホイール)とは、ヤマハが名付けたリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称で、ヤマハが成長戦略のひとつとして掲げているものだ。2014年に発売されたヤマハ初の市販LMW、「TRICITY 125」に続く第二弾となる。

    よりパワフルになり高速道路で一気に距離を稼げる

    さて、155ccとなったトリシティだが、125cc版と比較した実際的なメリットはどうなるだろう。

    まず交通法規上の区分が違ってくる。125ccは道路交通法では「小型自動二輪」であり道路運送車両法では「原付2種」に分類されるが、155ccだとそれぞれ「普通自動二輪」、「軽二輪」として扱われるようになる。これにより、125ccでは乗れなかった高速道路や自動車専用道路を利用できるようになり、行動範囲が一気に広がるのが最大のメリットだろう。

    これに伴い、最高出力も125ccの11psに対して155ccでは15psに向上し、動力性能も大きく向上。車重は165kgと9kg増しになりホイールベースも40㎜伸びていることから、より安定性も高められていることだろう。燃費の良い“BLUE CORE”エンジンに加え、燃料タンク容量も6.6Lから7.2Lに拡大されたことで航続距離も伸びているはずだ。

    一方、デメリットとしては税金や保険が250ccクラスと同等となり、ファミリーバイク特約が使えないなど、多少なりとも維持費などのコストが高くなることは考えられる。もちろん車両価格も453,600円と125ccの356,400円とけっこう差がある。

    手軽に乗り回せる125ccか、本格的なツーリングも視野に入れて155ccを選ぶか、いずれにしても目的や用途によって選択肢が増えたことはユーザーにとっては嬉しいことだ。

    ヤマハの新型3輪スクーター「トリシティ 155 ABS」

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480056631/ 【ヤマハの新型3輪スクーター「トリシティ 155 ABS」…今度は高速も乗れるぞ】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/10/26(水) 11:33:44.693 ID:nrB07qkB0.net
    https://www.youtube.com/watch?v=F1D49_e9mnE



    液晶メーターと言い雑味感のない吹け上がりと言い現実がゲームに近づいていってるよね

    20160604191835


    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1477449224/ 【ヤマハのYZFR1のレースゲー感良いよな】の続きを読む

    1: ボ ラギノール(和歌山県)@\(^o^)/ [US] 2016/10/25(火) 07:47:42.92 ID:jp2EY80o0●.net BE:154620419-PLT(16000) ポイント特典
    FNqilpC

    https://news.webike.net/2016/10/24/74079/


    「大都会のチーター」2017年モデルが登場!

    ヤマハ発動機は、軽量コンパクトな水冷・直列2気筒エンジンを搭載する「MT-03(エムティ ゼロスリー)」と「MT-25(エムティ ツーファイブ)」のカラーリングを変更し、2017年モデルとして発売することを発表。12月15日より発売する。

    「大都会のチーター」をコンセプトに開発された「MT-03」「MT-25」は、2015年10月より発売され、”MTシリーズ”共通のシャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りで人気を博しているモデルだ。

    新色は、MotoGPの雰囲気漂う「ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)」、スポーツアパレルを彷彿とさせる「シルバー8(シルバー)」、アグレッシブ感と大人感を合わせもつ「ブラックメタリックX(ブラック)」の3色。

    また「ブラックメタリックX」の”MTロゴ”には、昼と夜で異なる表情を見せる反射グラフィックがあしらわれている。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477349262/ 【「大都会のチーター」…ヤマハ「MT-03」「MT-25」の2017年モデルを12月15日から発売】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2016/07/12(火) 22:53:45.91 ID:CAP_USER.net
    1074698

    ヤマハ発動機は、水冷4ストローク250ccエンジンをアルミフレームに搭載したオン・オフモデル『WR250R』の2017年モデルを9月12日より発売する。

    2017年モデルでは、「ディープパープリッシュブルーソリッドE(ブルー)」に新グラフィックを採用。2017年YZシリーズ同様「Simple & Bold」デザインにクール感を取り入れ、レーシーなイメージを演出した。また、ビッグロゴグラフィックで存在感を印象づける「パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト)」は継続設定する。

    1074702

    価格は72万1440円。

    なお、スーパーモタードスタイルの『WR250X』については、「ヤマハブラック(ブラック)」と「パープリッシュホワイトソリッド 1(ホワイト)」を継続定する。

    価格は75万3840円。

    http://s.response.jp/article/2016/07/12/278345.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1468331625/ 【ヤマハ WR250R、2017年モデルを発売…YZシリーズのグラフィックイメージ採用】の続きを読む

    1: シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 22:49:17.26 ID:siuiSSHK0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    ヤマハ発動機は、パドルシフトチェンジシステムを備えたROV(Recreational Off-highway Vehicle)2人乗りピュアスポーツモデルの新製品『YXZ1000R SS』を、7月から北米市場などで発売する。

    ROVは業務用途やレクリエーショナル、スポーツまで、北米を中心に幅広い市場が形成されている。
    ヤマハ発動機は、マルチパーパスモデル『VIKING』『VIKING VI』、レクリエーショナルモデル『Wolverine』に加え、昨年9月には、シーケンシャルマニュアル5速トランスミッションを採用したピュアスポーツモデル『YXZ1000R』を導入、ROVのラインアップを年々拡充している。

    今回発売するYXZ1000R SSは、YXZ1000Rをベースに、ハイレベルなスポーツ走行を幅広いユーザーに提供することを目的に開発したニューモデル。ハンドルを握ったまま変速可能なパドルシフトを備える5速スポーツシフトをクラス初採用したほか、「ドライブ」「リバース」「ニュートラル」のギアチェンジをスムーズに行える電動ギアセレクターなどを装備する。

    価格はスタンダード仕様のYXZ1000R SSが2万0599米ドル(約222万円)、
    特別塗装やFOX 社製前後サス装備の上級仕様YXZ1000R SS SEが2万2399米ドル(約242万円)。

    http://s.response.jp/article/2016/06/09/276654.html

    1064672


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1465566557/ 【ヤマハ、パドルシフト搭載の2人乗り4輪スポーツカーを発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/05/25(水) 17:06:54.25 ID:CAP_USER.net
    http://news.mynavi.jp/news/2016/05/25/281/

    001 (6)

    ヤマハ発動機は23日、排気量155ccの"BLUE CORE"水冷エンジンを搭載したフロント二輪の三輪コミューター「トリシティ 155」を欧州で9月から販売すると発表した。同車は日本やアジアなどでも順次販売するグローバルモデルとされている。

    「トリシティ」はこれまでに、同社初の市販マルチホイールコミューターとなる排気量125ccの「トリシティ 125」が
    2014年4月にタイに導入された後、日本や欧州など世界各国で販売されている。軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさや、斬新なスタイルが好評とのこと。

    今回、欧州で発売される排気量155ccのモデルは、「もっと行動範囲を広げ、所有感を満たす New Standard City Commuter」をコンセプトに開発された。走りと燃費性能を両立する"BLUE CORE"エンジンと同社独自のLMW機構、剛性をアップした新設計フレームやフラットフットボード面積拡大によるゆったりした乗車ポジション、容量を拡大した23.5リットル収納トランクやDC電源ソケットを備える蓋付小物入れ、新採用のパーキングブレーキ、高級感を感じさせるLEDヘッドライト&ポジションランプなどを特徴とする。

    なお、「トリシティ 155」の生産はタイのグループ会社TYMで行われる。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1464163614/ 【ヤマハ、三輪バイク「トリシティ」155ccモデルを発売】の続きを読む

    1: リサとギャスパール ★ 2016/04/08(金) 23:48:21.75 ID:CAP_USER*.net
     4月7日、ヤマハが新たにスクーターのデザインコンセプトモデル「04GEN」発表しました。

    「“RUN-WAY”をコンセプトに、心と身体を磨き、気高い品位を感じさせる女性をイメージしてデザイン」したそうなのですが、どう見ても昆虫の羽が生えてます。本当にありがとうございました。

    kontake_160408yamahawing02

    公式サイトには「スワンをモチーフとした軽やかな外装」と書かれているのですが、これはどう見ても……黒いし、筋みたいなの通ってるし……。

    せめて白だったら、だいぶイメージが違ったと思うのですが。どうしてこうなった。

    ちなみに羽は可動式になっており、通常はタイヤの横を覆う位置に収納できます。羽広げっぱなしじゃなくてよかったーと思いつつ、余計昆虫っぽさが上がってるなーという複雑な気持ちになりました。

    こう、命の危機を感じたら羽がバッと広がって、ヴヴヴヴヴっと羽ばたいて飛んでいきそうな感じが……。

    通常時の姿。羽はタイヤの横に収納
    kontake_160408yamahawing03

    kontake_160408yamahawing04

    ネット上では、黒くて速くて触手の生えた「G」っぽく見えるという意見が、多数上がっています。アウチ。
    しかしその一方で、「ガルウィングっぽい」「オーラバトラーみたいでかっこいい」「聖戦士ダンバインだ」といった、心のきれいな(?)意見も。

    しかし心のきれいな皆さんも、よく聞いて欲しい。これ、女性向けなんだ。

    「04GEN」は、4月7日~10日までベトナムのホーチミンで開催される「ベトナムモーターサイクルショー2016」に出展されています。

    果たして現地では、女性の心をつかめているのでしょうか。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/08/news132.html
    2016年04月08日 17時53分 更新

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460126901/ 【ヤマハが「G」っぽいコンセプトモデル「04GEN」発表】の続きを読む

    このページのトップヘ