サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ヤマハ

    1: きつねうどん ★ 2019/07/08(月) 21:34:34.64 ID:CAP_USER
    2019070801_003xx_YAMAHA_Motor_News_Letter_NO141-2_4000


    【YAMAHA SR400 2019】主要諸元■全長2085 全幅750 全高1100 軸距1410 シート高790(各mm) 車両重量175㎏■空冷4ストローク単気筒 SOHC2バルブ 399cc 24ps/6500rpm 2.9kg-m/3000rpm 変速機5段 燃料タンク容量12L■タイヤサイズF=90/100-18 R=110/90-18 ●価格:57万2400円 ●色:黒、青

    「SRの歴史は、支持してくださるファンの皆さん、そして製造現場の技術と技能の伝承があってこそ」と話すのは、開発プロジェクトリーダーの堀川誠さん(ヤマハSP開発部)。刻んできた歴史をつなぐために、「変えられないところ、変えるべきところの判断に苦慮した」と、その開発の日々を振り返る。

    ものづくりの現場は、この40年間で大きな変化を遂げた。コンピュータやロボットの導入で自動化・省人化が進み、工場の光景も様変わりしている。だからこそ堀川さんは、あえて「製造現場の技術と技能の伝承」を強調し、深く感謝の念を抱いているのだ。

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1562589274/ 【復活したヤマハ SR400を支える職人の技/曲げた鉄パイプは11万7000本以上】の続きを読む

    1: 一般国民 ★ 2019/06/29(土) 21:45:54.77 ID:wMBypNrb9
    ヤマハが台湾で電動スクーター[EC-05]を発売! ベースはGogoroの市販車
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00010003-webym-ind
    2019/6/29(土) 17:31
    YAHOO!JAPAN NEWS,WEBヤングマシン

    20190629-00010003-webym-000-1-view


     ・10馬力のハイパフォーマンスを誇る
     ヤマハは、同社が今までラインナップしてきた電動バイクの機種名を継ぐ電動スクーター『EC-05』を台湾で発売すると発表した。
     これはヤマハが台湾のEV市場で強力なプラットフォームを持つGogoro Inc.との協業を検討し、その活動で開発したものだ。

     ・デザインはヤマハ、生産はGogoroが行う
     EC-05はGogoroの市販車プラットフォームをベースにヤマハがデザインを行ったもの。
     販売はヤマハブランドとして、現地法人ヤマハモーター台湾の販路を通じて行うとしている。
     気になる電力の供給については交換式バッテリーを採用し、Gogoroエナジーネットワーク社によって台湾国内1200か所以上に設置されたバッテリー交換ステーション『GoStation』を利用できるという。


     【YAMAHA EC-05 2019】
     主要諸元
      ■全長1880 全幅670 全高1180 軸距1300 シート高768(各mm) 車重126kg(装備)
      ■水冷式モーター 10hp/3000rpm 2.65kg-m/0-2500rpm 変速機なし 動力伝達シール式チェーン 最高速度90km/h メットインスペース25L
      ■ブレーキF=φ245mmディスク+4ポットキャリパー R=φ180mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=100/80-14 R=110/70-13
      ■定員2名 
      ●価格9万9800元 
      ●2019年8月1日発売(7月1日より予約受付) ※諸元、価格、発売日等はすべて台湾

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1561812354/ 【ヤマハが台湾で電動スクーター[EC-05]を発売…ベースはGogoroの市販車】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/03/13(水) 19:06:04.85 ID:fL6qNeBS9
    ヤマハ発動機は2019年3月13日、三輪モーターサイクル「NIKEN(ナイケン)」に、新グレード「ナイケンGT」を設定し、予約受け付けを開始した。

    ナイケンは、車体をバンクさせてのスムーズなコーナリングを実現するヤマハの「LMW(Leaning Multi Wheel)」技術が用いられた、850ccクラスの大型三輪モーターサイクルである。

    今回追加されたナイケンGTは、ツーリングでの快適性を高めたとされるモデルで、ウインドプロテクション効果を発揮する大型のハイスクリーンや、グリップウオーマー、ツーリング時の疲労を軽減する肉厚の専用シート、トップケース(別売アクセサリー)の取り付けに配慮したグラブバー、12V DCジャック(メーター横、シート下)、センタースタンドが標準装備される。

    カラーリングは「マットダークパープリッシュブルーメタリック1」(マットブルー)と「ブルーイッシュグレーソリッド4」(グレー)の2種類。価格は194万4000円で、受注生産によって販売される。国内における販売計画は、年間300台とされている。(webCG)

    2019.03.13
    https://www.webcg.net/articles/-/40550

    ナイケンGT
    img_d7aaa0d98a481738023b572079b41bac297396

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552471564/ 【「ヤマハ・ナイケン」に快適な専用装備を採用した「GT」が登場】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2019/03/07(木) 22:24:14.27 ID:CAP_USER
    あfろによる「ゆるキャン△ SPECIAL EPISODE サウナとごはんと三輪バイク」をはじめとした描き下ろしマンガが、本日3月7日の“サウナの日”にヤマハ発動機の特設サイトにて公開された。

    特設サイトではサウナ、バイク、サウナ飯をテーマにした描き下ろしマンガを配信。「ゆるキャン△ SPECIAL EPISODE サウナとごはんと三輪バイク」では、志摩リン (しまりん)がヤマハのバイク・トリシティで山梨県のサウナへと向かう様子が描写されている。このほか京王電鉄協力による藤本正二「終電ちゃん特別編:京王新線の終電ちゃん」、ますだみく「彼の後ろにのって」、加藤翔(TABI LABO)原案、西アズナブル作画「サウナトリッパ―加藤」の計4タイトルが公開された。いずれの作品でも登場キャラクターたちがサウナを楽しむ様子が、ヤマハのバイクやグルメを交えて描かれている。同特設サイトでは今後も新たなマンガを配信していく予定。

    uFdzNo7


    ■リンク
    サウナとバイクでととのう漫画 | ヤマハ発動機株式会社
    https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/lmw/sauna/

    コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/322902

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/moeplus/1551965054/ 【「ゆるキャン△」しまりんがバイクで山梨県のサウナに赴く特別エピソードが公開】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2019/03/04(月) 21:27:11.82 ID:LKw3atuh9
    NTTレゾナントは、「goo自動車&バイク」男女世代別人気中古バイクランキングを発表。男女ともにドラッグスターシリーズが人気を集めた。

    今回、goo自動車&バイクにおける中古バイクカテゴリーの車種別ページビュー(PV)数から、どのバイクが人気なのかを男女世代別に調査。人気の中古バイクを18~24歳、25~34歳、35~44歳、45~54歳、55~64歳の5世代に分けてランキング形式で発表した。

    男性で世代を超えて人気だったのは『PCX』『モンキー』『XL1200X フォーティエイト』だった。PCXは全世代、モンキー、XL1200X フォーティエイトは4世代でトップ5にランクイン。いずれも車体が特徴的で、コアなファンに支えられている。またハーレーはXL1200X フォーティエイト以外にも、『XL883N アイアン』『FXSB ブレイクアウト』『FXDL ローライダー』と4車種がランクイン。男性の強い支持を得ており、特に25~34歳、35~44歳、45~54歳の3世代で人気となっている。

    また、ヤマハのロングセラーアメリカン「ドラッグスター」シリーズが男性の若い世代に人気。『ドラッグスター400』が18~24歳で1位、25~34歳で3位、『ドラッグスター250』は18~24歳で5位となっている。ドラッグスターシリーズは2017年に生産終了。以来、中古市場が注目されている。

    一方、女性も男性同様、PCXやモンキーが世代を超えて人気を集めた。両モデルとも全世代でランクイン、特にPCXは、男女合わせて全世代ランクインした唯一のバイクとなった。

    女性のランキングは、原付スクーターがランクインしていることが特徴。18~24歳では『ビーノ』が4位、35~44歳では『ズーマー』が2位、ビーノが3位、45~54歳ではビーノが4位に、55~64歳では『ジャイロX』が3位にランクイン。近距離の移動に利用され、収納スペースもあることから、女性に人気となっている。

    男性の若い世代を中心に支持を集めたドラッグスターシリーズは、女性にも人気。ドラッグスター400は3世代、ドラッグスター250は4世代にランクインしており、男性よりも広い世代で支持を得ている。クルーザースタイルで足つきが良く、女性でも乗りやすいバイクであることが人気に繋がっている。

    ソース レスポンス
    https://response.jp/article/2019/03/04/319724.html

    1391958

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551702431/ 【中古バイク、男女ともに「ヤマハ・ドラッグスター」が人気】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/02/08(金) 15:39:36.45 ID:CAP_USER
    1383707

    ヤマハ発動機 モトロイド


    ヤマハ発動機は2月8日、自律モーターサイクル『モトロイド』および船外機『F425A』が世界的デザイン賞である「iFデザインアワード2018」を受賞したと発表した。同社にとって6年連続の受賞となる。

    iFデザインアワードは、ドイツ・ハノーファー(ハノーバー)を拠点とするデザイン振興を目的とした国際的組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞。毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されている。なおモトロイドは、米国「インターナショナル・デザイン・エクセレンス・アワード(IDEA)」の金賞、独「レッドドットアワード デザインコンセプト2018」のルミナリー賞に続く今回の受賞により、世界3大デザイン賞と言われるすべてを受賞した。

    モトロイドは、“人とマシンが共響するパーソナルモビリティ"を目指したコンセプトモデル。知能化と自律技術を適用した高度なバランス制御を実装、マシンが自らの状態をセンシングして重心移動によって起き上がりそのまま不倒状態を保つ。また、ユーザーを認識して歩み寄ってくるほか、ライダーアクションに呼応するような反応を見せるHMI機能などを備え、まるでパートナーのように振る舞う。外観は、荒々しい切削痕が残ったフレーム、あちこちに生々しく残った車体の傷、大きく磨り減って溝も消えかかったタイヤなど、技術とデザインの共創における苦悩や葛藤のプロセスを視覚的に伝えられるようにした。

    関連ページ
    世界的デザイン賞「iFデザインアワード」6年連続受賞 「MOTOROiD」は世界3大デザイン賞を全て受賞 - 広報発表資料 | ヤマハ発動機株式会社
    https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2019/0208/motoroid_if.html

    2019年2月8日(金)15時15分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/02/08/318932.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549607976/ 【ヤマハの自律バイク「モトロイド」、世界3大デザイン賞を制覇】の続きを読む

    1: ガーディス ★ 2019/01/21(月) 09:59:35.03 ID:MWvMVVDl9
     前輪が2つある大型バイク「NIKEN」。この車両を擬人化ならぬ「擬猫化」したキャラクターが登場するサイトを、ヤマハ発動機がオープンさせました。しかも羊毛フェルトなどの手芸にチャレンジしてもらおうという内容です。なぜ猫で、なぜ手芸なのか? 担当者に話を聞きました。

    NIKENとは
     フロント2輪が特徴のNIKEN。メーカー希望小売価格は税込み178万2000円で、受注生産しています。

     ヤマハ発動機では、車体が傾斜して旋回する3輪以上のモビリティーを「LMW(リーニングマルチホイール)」と呼んでおり、「ころばないバイク」を目指して開発されました。

     前二輪による安定感だけでなく、スポーティーで軽快な旋回性や自然な操舵性(そうだせい)を実現している点が特徴だそうです。
    擬ニャン化で「ニャイケン」に
     そんなNIKENを「擬猫化」したキャラクターが登場するサイトを、ヤマハ発動機が昨年12月下旬に公開しました。

     キャラクターの名前は「ニャイケン」。前脚それぞれに車輪がついていて、左右の後ろ脚は一つの車輪を挟んでいます。

     サイト内には「羊毛フェルト」と「あみぐるみ」で作られたニャイケンが写っており、写真や動画で作り方が詳しく公開されています。

     ニャイケンだけでなく、本家であるNIKENの羊毛フェルト・あみぐるみも紹介されており、随時モチーフは増えていくようです。

    pic_main_001

    5f5e2_1446_f3d269a9_aba8f5a0


    全文
    http://news.livedoor.com/article/detail/15901678/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1548032375/ 【あのバイクを擬ニャン化? ヤマハ発動機が手芸サイト開設】の続きを読む

    このページのトップヘ