サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ヤマハ

    1: きつねうどん ★ 2018/05/13(日) 12:16:32.29 ID:CAP_USER
    1980年代前半、2ストロークスポーツバイクの代名詞とも呼べる存在だったヤマハRZ250およびRZ350。
    この排気量の違う2台はそれぞれ『ヨンヒャクキラー』、『ナナハンキラー』と呼ばれ、サーキット、峠、街中を走るバイクのほとんどがRZだったという程でした。

    技術の粋を尽くして誕生したヤマハRZ250/350

    1980_RZ250 (1)


    1980年式 ヤマハRZ250

    カスタムベースとしての素性の良さが素晴らしい
    Photo by Ronald Saunders 発売から大ヒットしたRZ250/350は、多くのパーツメーカーから注目され、コンプリートマシンやカスタムパーツが多数販売されました。

    1970年代、オイルショックが起きたことでアメリカ環境保護庁は厳しい排ガス規制を提示し、国内2輪メーカー各社は北米市場向けの輸出車を2ストロークから4ストロークへと移していきました。
    当時ヤマハは日本より市場規模の大きい北米向けのバイクの開発に力を入れており、4ストロークエンジン搭載車の開発力を高める一方で、欧州では多くのライダーが2ストロークのピュアスポーツを望んでいるという調査内容がヤマハ本社に届きます。

    また、同時にヤマハの開発陣にも2ストロークを作りたいという気持ちが残っていたのです。
    そこで、ヤマハが持つ技術のすべてを注ぎ込む集大成の2ストロークロードスポーツバイクを作り出すプロジェクトが始まります。
    それはマーケティング優先の商品ではなく、開発陣が作りたいを考えていたGPレースで培ってきた技術の粋を詰め込んだ渾身のモデルでした。
    もちろん開発陣が作りたいと思うものを開発するといっても、高額な素材を多用して高額なバイクを作るのではなく、2ストロークの良さを思う存分味わえるバイクを目標としていました。
    そこで、市販レーサーTZ250/350に搭載された水冷並列2気筒エンジンを採用し、最高出力はRZ250で35PS、RZ350で45PSを実現します。
    さらに2ストロークエンジンの素性の良さを生かすためにマシンの軽量化にも力を注ぎ、先代モデルとなるRD400に対しエンジン単体で12%も軽量。
    フレームでは20%もの軽量を果たし、車体乾燥重量はRZ250で139kg、RZ350で149kgとなりました。
    他にも、ロードスポーツバイクで初のモノクロス式リアサスペンション、夜間走行で十分な視界確保のための65/55Wハロゲンヘッドライト、軽量化に貢献するキャストホイール&チューブレスタイヤなど、当時最新の技術を詰め込み市場に送り出されたのです。
    1979年第23回東京モーターショーで日本初公開

    pic_002 (1)


    1979年9月のフランス・パリショーで、RD250LC/350LCは世界初発表されました。

    海外で販売されたRZ250/350は、車名を『RD250LC』と『RD350LC』に改められており、LCは水冷を意味するリキッド・クールの略名です。
    そして同年10月に開催された第23回東京モーターショーでRZ250が日本初公開となり大きな反響を呼び、1980年8月の発売までに予約が殺到します。
    翌1981年にはRZ350が登場し、日本国内にRZのようなサーキット専用レーサーモデルから技術がフィードバックされた『レーサーレプリカ』市場が確立されるようになりました。

    ライバルに対抗すべくモデルチェンジして登場したRZ250R/350R

    Yamaha_RZ350_of_1985

    RZ250/350は登場後、ホンダMVX250、スズキRG250ガンマ、カワサキKRなどライバル車が続々出現。
    これに対抗すべくモデルチェンジを施します。
    そして1983年にRZ250/350がモデルチェンジを行い、車名に『R』が追加されてRZ250R/350Rとなりました。
    市販レーサーTZ250/350譲りのダブルクレードル・フレーム、新設計モノサスペンション、フロントブレーキをダブルディスクへと変更され、中でも注目だったのがエンジンに『YPVS』を使用したことです。
    これによりRZ250のエンジンは45馬力まで発揮し、国産250cc2ストロークバイクで最も高い出力値までパワーアップしました。
    またRZ350は55馬力となり、チャンバーやキャブレターの交換で70馬力以上出せるエンジンだったことも相まってリッタークラスのバイクに負けない速さを誇っていたのです。

    その後、1984年3月にはスタイリッシュなフルカウルを装備したRZ250RR/350RRが登場しました。

    つづき
    https://web.smartnews.com/articles/2G6WH15WLEk

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1526181392/ 【ヤマハの技術の粋を集結させた名車RZ250/350】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/13(火) 23:17:37.92 ID:CAP_USER9
    ヤマハ発動機の日高祥博社長は2月13日に都内で開いた決算説明会で50ccバイクの市場について「2020年の次期排ガス規制が始まると20万円近くまで値段を上げないとコストが合わなくなり、市場としては厳しい状況になる」との見通しを示した。

    日高社長は50ccバイク市場に関して「悲観的にみている」とした上で、「50ccの原付のお客様は日本国内においては軽四輪へのシフト、それから電動アシスト自転車へのシフトが始まっていて、50ccの原付はずっと漸減傾向が続いている」と指摘。

    さらに「2020年の次期排ガス規制が始まると、50ccの原付は20万円近くまで値段を上げないとコストが合わない状況になると思っているので、さらに市場としては難しい状況になると思っている」とも述べた。

    1276270


    https://response.jp/article/2018/02/13/306006.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518531457/ 【ヤマハ社長「50ccは20万円まで値段を上げないと合わなくなる」】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/01/19(金) 20:40:00.61 ID:CAP_USER
    大手バイクメーカーのヤマハ発動機は、国内で販売しているバイク、9モデルの燃費について、誤ってカタログやホームページに実際よりもいい燃費を記載していたと発表しました。会社側は、担当者のミスで、意図的に燃費をよく見せようとしたわけではないと説明しています。
    これはヤマハ発動機が、19日、東京都内で記者会見をして発表しました。

    それによりますと国内で販売している9モデルのバイクについて、カタログやホームページに実際とは異なる燃費を記載していたということです。

    記載が誤っていたのは国に届け出る燃費データとは別に、会社がユーザー向けに自主的に公表している発進や加速などを考慮に入れた日頃の使用時に近い燃費のデータです。

    いずれも本来、記載すべき正しい数値よりもいい燃費が記載され、たとえば1リットル当たり52.2キロとすべきところを55.5キロとしていました。

    会社側は、燃費を意図的によく見せようとしたのではなくカタログなどを作る担当者のミスで開発段階の燃費試験の結果を誤って記載してしまったと説明しています。

    誤ったカタログなどで販売されたバイクは、先月末の時点で2万7048台ありますが、会社側は補償などはしないとしています。

    齋藤順三上席執行役員は記者会見で「お客さまに誤った情報を提供し、大変申し訳ありません。再発防止を徹底していきます」と述べてミスを陳謝しました。

    ヤマハが燃費誤記載

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011294591000.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1516362000/ 【ヤマハ発動機、バイク9モデルのカタログなどに燃費を誤記載】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/01/16(火) 23:55:21.561 ID:MSufo5XF0
    過小評価され気味な気がする

    10639c35-l

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1516114521/ 【バイクでも楽器でも世界トップクラスだろ?ヤマハって何気に凄くね?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [MD] 2017/11/01(水) 08:09:27.84 ID:NVmaDlo90● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    20171101-00000020-asahi-000-3-view

    11月5日まで開催される東京モーターショーで注目されている自動運転、電動化といったトレンドは、四輪車だけの動きではない。
    ヤマハ発動機は、自立して人を乗せずに移動できる電気自動二輪の試作車「モトロイド」を初公開した。
    車体の傾きを数千分の1秒単位で自ら感知し、後輪からハンドルにかけて一直線に伸びる軸をねじってバランスを取り、前後二つの車輪だけで自立することができる。横から軽く押しても倒れることはない。

     人工知能(AI)と二つのカメラの搭載によって、呼びかけると近づいてくる機能も備える。会場内のデモンストレーションでは、オーナー役が離れた場所から声をかけると、そばまで無人のまま移動。「止まれ」の身ぶりを認識して停車した。

     同社によると、この試作車は自立制御技術の実証実験モデル。社内で培った技術の実用化を目指して開発を続けているという。(神沢和敬)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000020-asahi-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509491367/ 【ヤマハ「自動運転流行っとるな…ヨッシャ!ワイらも自動運転バイク作るで!しかも無人や!」】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/10/28(土) 23:30:33.34 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKBV4V6QKBVUTPB00V.html
     第45回東京モーターショーが始まり、静岡県内に本社があるスズキ、ヤマハ発動機も出展した。電気自動車(EV)や自動運転技術の開発などで車を取り巻く環境が激変しているが、自社らしさを追求しながら新しい技術や時代に対応しようとしている。



     ヤマ発の注目は四輪車への参入。モーターショーでは13年に街乗り型、15年にスポーツ型を出展し、今年はSUV。遊び心満載の四輪車を披露し、大勢の報道陣が集まっていた。同社は参入について「19年をメドに検討」としているが、柳弘之社長は記者団に「まず欧州市場を考えているが、時期はまだ検討中」と述べるにとどまった。

     四輪車参入は飛躍のチャンスだが、生産や販売のリスクもある。スズキとホンダが二輪から四輪に参入した際は創業家や創業者の決断があったが、ヤマ発は今や同族企業ではない。主要株主にはトヨタが名を連ねており、スズキ同様、トヨタとの関係も将来のカギを握りそうだ。

     ヤマ発はバイクでは、前輪が二つあったり、人工知能を活用して持ち主を認識したり、ロボットが高速運転したりする次世代の製品を多数出展した。

    【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプト】柳弘之社長(右)が東京モーターショーに出展した3台目の四輪車モデル。活動的で都会的なヤマハファンのための提案という。四輪車事業への参入に注目が集まる
    AS20171027002903_comm

    【ヤマハ発動機=クロスハブコンセプトの後方】荷台には2台のバイクを積める。車内の座席は運転席を先頭にひし形に4席配置し、スペースを作った
    AS20171027001246_comm

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509201033/ 【ヤマハ四輪車参入!?SUV試作発表…「時期は検討中」】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/10/13(金) 23:02:08.72 ID:CAP_USER9
    ◆東京モーターショー/ヤマハ発、電動2輪を知能化

    ヤマハ発動機は12日、27日に開幕する東京モーターショーの出展概要を発表した。
    高度な知能化技術を搭載した電動2輪車「モトロイド=写真」や、19年の事業化を目指す4輪車のデザインコンセプトモデルなど6モデルを世界初公開する。

    モトロイドは知能化技術を使った概念検証実験機で「オーナーの存在を認識し、まるで生きているような相互作用機能を持つ」(ヤマハ発動機)という。
    機能の詳細は明らかにしておらず、会場で実演を行う予定。

    モトロイド

    https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00446480?twinews=20171013

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1507895988/ 【ヤマハ、知能化した電動バイク「モトロイド」発表】の続きを読む

    1:
    20170902-00010004-bfj-000-2-view

    ヤマハ発動機は9月1日、「SR400」や「ドラッグスター」、「セロー250」など9車種の生産終了を相次いで発表した。

    生産終了が発表されたのは以下の9車種。

    SR400
    セロー250
    ドラッグスター400
    ドラッグスタークラシック400
    トリッカー
    マグザム
    VOX デラックス
    アクシス トリート
    BW'S


    同日、公式Twitterとホームページにて発表された。ファンからは「古き良き思い出が消えていく」など悲しむ声や、「ヤマハどうした」と驚きの声も上がっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00010004-bfj-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504403783/ 【ヤマハが生産終了を相次いで発表…40年のロングセラーのあの車種も】の続きを読む

    1:
    bsa1704060500001-p1

    ヤマハ発動機が世界初公開した大型三輪バイクのコンセプト車=東京都江東区の東京ビッグサイト


     ヤマハ発動機は前輪が2つ付いたバイクのラインアップを拡大する。現行の排気量125~155ccに加え、2020年までに850cc級の大型車を追加。高出力のスポーツ走行もできる安定性をアピールし、低迷する国内需要の喚起を目指す。

     ヤマハ発は14年に125ccの前二輪バイク「トリシティ」を発売。ぬれた路面などでも安定して曲がれ、タイヤの接地面が増して制動もしやすい特徴を訴求している。結果、国内で累計約1万台を販売し、石畳の道が多い欧州でも人気が高い。

     今年1月には国内で高速道路も走行できる155ccを投入し、強度が高い骨格を採用して2人乗りにも対応。年700台の国内販売の計画に対し、1月末までに300台弱を販売した。

     前二輪は安定性が高い一方、左右の車輪の動きが大きく制御が難しい。ヤマハ発は前輪の動きを平行四辺形に制御する機構を採用し、車体を傾けて曲がるバイクの操作感覚と路面への接地感を両立した。

     15年には前二輪の技術を展開した850ccの試作車を公開。20年までに同水準の大型スポーツ車を投入し、バイク生活を再開するリターンライダーらの需要を取り込みたい考えだ。

     ヤマハ発が前二輪の普及を目指すのは国内市場の縮小が続いているためだ。日本自動車工業会によると、国内の二輪車販売は1982年に326万9872台の過去最多を記録したが、2016年は37万2891台と約9割減少。安全で手軽な電気自転車や軽自動車に需要が移行しているとみられ、ヤマハ発は前二輪バイクを普及して市場回復につなげる狙いだ。

     前二輪バイクの設計グループを率いた高野和久グループリーダーは「バイクへの苦手意識を払拭し、市場を広げたい」と話した。

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170406/bsa1704060500001-n1.htm

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1491431218/ 【ヤマハ、前二輪バイク拡大…20年までに850cc級投入、安定性アピール】の続きを読む

    このページのトップヘ