サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > アウディ

    1:
    K10010913011_1703160744_1703160756_01_02

    フォルクスワーゲンがディーゼル車に不正なソフトウエアを搭載していた問題で、ドイツの検察当局は、15日、グループ傘下のアウディ本社などを捜索し、不正に関わった人物を特定して実態の解明を進める方針です。

    *+*+ NHKニュース +*+*
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170316/k10010913011000.html 

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489611362/ 【ディーゼル車不正ソフト問題、ドイツ検察当局がアウディを捜索】の続きを読む

    1:
    アウディとビジュアル・コンピューティングの大手企業NVIDIA(エヌビディア)は、これまで協働によって最新の「MMI」ナビゲーション・システムや「アウディ バーチャルコックピット」などの素晴らしいインフォテインメント・システムを生み出してきた。

    そして今回、この2社はNVIDIAの技術を活用する自動運転車を開発するためのパートナーシップを締結。パートナーを得たアウディは、2020年までに完全自動運転車を実現すると宣言している。

    今後、アウディは自動運転車の実験範囲を拡大し、2018年にはカリフォルニア州の公道でもテスト走行を行う予定だ。同社は2014年から同州の公道で試験車を走行させる許可を受けている。

    この試験範囲拡大を発表する際、アウディは法の順守について言及しており、これは先日、サンフランシスコで法律に沿わないまま自動運転車の試験を行ったUberが問題になったことを明らかに意識していると思われる。

    また、アウディは世界で初めてレベル3の自動運転技術を市販車の次期型「A8」に採用すると明言しており、このモデルには60km/h未満の速度でステアリングやアクセル、ブレーキを制御する「トラフィックジャム・パイロット」というシステムが搭載される予定だ。

    そこにはもちろん、NVIDIAのハードウェアとソフトウェアが使用されている。

    http://japanese.engadget.com/2017/01/15/2020-ai-nvidia/

    Medium-613-Audi-Q7-Piloted-Driving-Concept

    関連
    独アウディ、世界初の“レベル3”自動運転を実現する「新型A8」を数カ月以内に発表
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/event_repo/ces2017/1038058.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484573359/ 【アウディ、完全自動運転を2020年までに実現すると宣言…今年にも世界初のレベル3の自動運転を実現する新型車を発売】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2016/11/06(日) 22:32:37.96 ID:CAP_USER9.net
     ドイツ大衆紙ビルト日曜版は6日、同国自動車大手フォルクスワーゲン傘下の高級車ブランド・アウディが、車両の二酸化炭素(CO2)排出量を当局による試験中に実際よりも少なく見せかける不正を行っていた疑いがあると報じた。

    入手した社内議事録の内容から判明したと伝えた。

    アウディにCO2排出量不正疑惑が…


    http://this.kiji.is/167974583059793397?c=39546741839462401

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478439157/ 【アウディにCO2排出量不正疑惑…結局フォルクスワーゲンと同じ穴のムジナかよ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/27(木) 09:09:14.82 ID:CAP_USER.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM26H9E_W6A021C1FF1000/

    アウディ「ルマン」撤退

     【フランクフルト=加藤貴行】独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、 独アウディは26日、自動車の世界耐久選手権(WEC)から2016年シーズンで撤退すると発表した。

    アウディはWECの顔であるルマン24時間で13回優勝した強豪。モータースポーツ活動は続け、電気自動車(EV)のレースである「フォーミュラE」に注力する方針だ。

    VWは排ガス不正を受けて投資戦略の見直しを続け、EVシフトを鮮明にしている。

    WECには同じVW傘下の独ポルシェも参戦し、グループ間の重複が指摘されてきた。

    グループの先端技術の開発を担ってきたアウディは、EVに経営資源を振り向ける。

    (以下略)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1477526954/ 【アウディ「ルマン」撤退…EVシフトが理由か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/07(水) 21:08:09.35 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/09/06/audi-a4-allroad-quattro/

    A4+allroad_002-2

    058_--Audi-A4-allroad-quattro-----2

    アウディ ジャパン株式会社は、オールラウンドな ドライビング性能を備えたAudi A4 Avantベースのプレミアムクロスオーバー、Audi A4 allroad quattro (アウディA4 オールロード クワトロ)をフルモデルチェンジし、9月6日(火)より全国の正規ディーラー(121 店舗、現時点)を通じて販売開始する。

    中略

    全モデルに標準装備されるquattro システムは、100%前輪駆動で走行が可能な新開発の「ultra(ウルトラ)テクノロジー」を初めて導入することで、走行状況に応じたインテリジェントな4WD制御を実現。これは、メカニカルなディファレンシャルユニットを用いたアウディ伝統のquattroシステムに、インテリジェントな制御機構と2箇所の駆動力断絶機構を付加することで、無駄な駆動抵抗を減らし、実走行での伝達効率を大幅に改善している。

    トラクション面での負荷が小さく、4WD走行の必要が認められない場合には、センターディファレンシャルの多板クラッチと、リヤディファレンシャルに内蔵したデカップリングクラッチをリリースして、FWD(前輪駆動)で走行。

    この場合、プロペラシャフトとリヤディファレンシャルはホイールから切り離されているため、無駄な駆動抵抗が最小化される。

    この新テクノロジーの真にユニークな特長は、そこから4WDへ切り替えるプログラムで、数多くのセンサーから送られてくる情報をもとに、インテリジェントな能力を備えた制御システムが車両の走行状況を常に「先読み」し、
    4WDのトラクションが必要となる「寸前」に2箇所のクラッチを素早く接続して、quattroモデル本来の走行性能が発揮されるようにしている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1473250089/ 【アウディ、新型SUV「A4オールロードクワトロ」を発売 四駆と前輪駆動を自動切り替え機能を初搭載】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/05(火) 20:18:41.99 ID:CAP_USER.net
    http://internetcom.jp/201232/audi-a8-final-fantasy-model

    アウディは、高級車「R8」に異世界むけの特別仕様モデルを作成した。スクウェア・エニックスのフルCGの映画「KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV」で活躍する。

    KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XVは、9月に発売を控えたスクウェア・エニックスの人気ゲームシリーズ最新作「FINAL FANTASY XV」の番外編のような作品。

    あらすじは、聖なる力を持つクリスタルをめぐって、ルシス王国とニフルハイム帝国という勢力が争うなか、ルシス王国に属する主人公がニフルハイム帝国の繰り出す恐ろしい敵と戦うという内容。

    恐ろしい怪物や美しい貴婦人が登場するファンタジー作品
    いかにも「剣と魔法」の中世を思わせる設定だが、現代、あるいは近未来を思わせる産業や科学も登場する、不思議な異世界が舞台だ。7月9日に全国で公開予定。

    1_5

    1_6

    2_2

    4

    8 (1)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467717521/ 【アウディ、FF15映画で活躍する高級車「R8」特別仕様モデルを作成】の続きを読む

    1: (catv?)@\(^o^)/ 2016/04/01(金) 03:04:50.42 0● BE:698254606-PLT(14121) ポイント特典.net
    全身に革新のテクノロジーを搭載した新型Audi A4に新たなオプション装備として、ドライバーのコンディションを顔文字で知らせるヘッドライトが登場。 ヘッドライトに表情を加えることで周囲の車とのコミュニケーションを可能にした、革新のライティング技術です。

    ドライバーの状態を周囲のドライバーに顔文字で表示
    新型Audi A4にオプションで搭載されるAudiマトリクスLEDヘッドライトは、周囲の状況に合わせて配光を自動調節。クリスタルのように均一な光で視認性を確保する、先進的な次世代ライティング技術です。そこからさらに一歩先へ。それがAudiマトリクス顔文字LEDヘッドライト。ステアリングを握るドライバーの健康状態を顔文字でヘッドライト上に表現する、セーフティ機能を搭載したライトです。

    section1

    ヘッドライト上に表示される顔文字は2タイプを用意。ドライバーの状態が正常な時は、<normal mode> としてヘッドライト上に顔文字 \(^o^)/ が点灯。万が一健康状態に不調が検知された場合は<dull mode>(; ´ Д `)が表示されます。まるで自分の言葉のように点灯する顔文字は、暗い夜でも周囲にドライバーの状態をスピーディに伝えます。

    section2

    Active gratitude assist rear *オプション25万円
    高速道路の合流や、やや無理目の車線変更時など道を譲ってくれた相手にお礼の意味を込め、ハザードランプをチカチカ点滅させるサンキューハザード。今や日本で一般的なマナーとなりつつありますが、本来は緊急時に
    使用されるもののため、時に誤解を与えるケースも。Active gratitude assist rearは、LEDリヤコンビネーションライトに、<thanks mode>(人´ ∀ `)を搭載。道を譲っていただいたあとに表示することで、より安全に、よりエモーショナルに、感謝の気持ちを伝えることができます。

    section4

    http://www.audi.jp/kaomoji/
    https://www.youtube.com/watch?v=NIXGU_cEUSs


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459447490/ 【Audi A4にドライバーのコンディションを顔文字で知らせるLEDヘッドライトが登場※】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/26(土) 20:37:28.77 ID:CAP_USER.net
    http://car-moby.jp/54890

    ドイツが誇る自動車メーカーのアウディは3月23日、現在開催中のニューヨークモーターショー2016において、新型スポーツカーの「R8 スパイダー V10」を世界初公開しました。

    アウディ「R8」は2006年から販売されているスポーツクーペで、2代目となる新型「R8」のクーペタイプは2015年のジュネーブモーターショーで既に公開されています。
    今回初公開されたモデルは、新型「R8 」のスパイダー(オープンカー)仕様です。

    新型アウディ「R8」クーペモデル
    landscape-1436791775-r8lead1

    新型アウディ「R8 スパイダー」のエクステリア
    06-2017-audi-r8-spyder-ny-1

    05-2017-audi-r8-spyder-ny-1

    07-2017-audi-r8-spyder-ny-1

    ボディサイズは先代の「R8 スパイダー」と比較して、全長が14mm短く、全幅は35mm大きくなっています。

    アルミニウムとカーボンの複合素材で構成された車体は先代から200kgも軽量化されており、それでいてボディ剛性は50%も向上しているというのが驚きです。

    内装は高級感とシンプルさが同居した、ドイツ車らしいデザインとなっています。

    ルーフトップは電動油圧式で、走行速度が50km/h以下なら走行中でも20秒で開閉可能です。
    リアウィンドウもスイッチ一つで開閉でき、煩わしい操作は必要ありません。

    新型「R8 スパイダー」に搭載されるエンジンは、自然吸気直噴5.2LのV型10気筒ガソリンエンジン「FSI」。

    最高出力は540馬力を誇り、最大トルクは55.1kgmを発揮します。
    トランスミッションは7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)で、0‐100km/h加速が3.6秒、最高速は318km/hにも達します。
    (クーペモデルは0‐100km/h加速3.5秒、最高速323km/h)

    燃費は8.5km/Lとなっており、先代から10%改善されているそうです。

    新型アウディ「R8 スパイダー」の価格、日本へのデリバリーは?
    2017-Audi-R8-Spyder-1

    新型アウディ「R8 スパイダー」の価格は12万ポンド以上と予想されており、日本円にして1900万円以上の価格になることは確実であると思われます。
    現行型「R8 スパイダー」の価格が約2500万円となっていますので、それ以上の価格になるということも十分あり得るでしょう。

    発売日は2016年末を予定しているそうなので、日本へのデリバリーは早ければ2017年の春ごろになると思われます。
    まだ1年以上待たなければなりませんが、V10エンジンのサウンドを日本で鳴り響かせる日が今から待ちきれませんね!

    MOBYでは、新型「R8 スパイダー」の最新情報を今後も随時更新していきますので、どうかご期待ください!

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458992248/ 【アウディ、新型スポーツカー「R8スパイダー」を世界初公開】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/16(火) 10:39:17.061 ID:51UArO870.net
    時速65キロまでならハンドル、アクセルブレーキ自動操作ってもう自動運転やんけ

    Audi-A4_Stauassistent_720p_H264_EN_thumb_6



    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1455586757/ 【アウディの新型車に搭載されるトラフィックジャムアシストとかいう機能凄すぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: ヒップアタック(東日本)@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 14:57:12.02 ID:NwiO61tL0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    アウディ ジャパンは、アウディ初のプラグインハイブリッド(PHEV)『A3 スポーツバック e-トロン』について、11月12日から全国の正規ディーラー(117店舗)の中のe-トロン店(55店舗)を通じて販売を開始すると発表した。

    A3スポーツバック e-トロンは、最高出力150psを発揮する1.4リットル直噴ターボエンジンと80kWの電気モーターによるハイブリッドシステムを採用。
    PHEV用に開発した6速Sトロニックとの組み合わせで、ハイブリッドモードで23.3km/リットル(JC08モード)の低燃費を実現するほか、EVモードではフル充電で52.8km(国土交通省審査値)の走行を可能にしている。

    なお、A3 スポーツバック e-トロンの諸情報をリモートで確認できる「アウディ コネクト e-トロン サービス」も、11月12日から提供を開始。
    モバイル機器やmyAudiポータルサイトを利用することで、車両駐車地点、EVバッテリーの充電レベル、EVモードでの航続可能距離、ドアロックやライト点灯状況など、車両の様々な情報を確認することができる。

    価格は564万円。車両購入に際しては、最大61万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。

    http://response.jp/article/2015/10/26/262791.html

    964469

    964470

    964471

    964472

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445925432/ 【アウディ初のPHEV、A3スポーツバックe-トロン…11月12日より販売開始】の続きを読む

    このページのトップヘ