サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > アウディ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/26(金) 22:14:51.565 ID:+QLLc1eeM
    そして乗り出し450万へ...

    20101542_201904z

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1564146891/ 【【悲報】アウディさん、350万もする車にナビやエアコンをオプション設定してしまうwwwwwwww】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/07/23(火) 13:47:35.10 ID:CAP_USER
    1438423

    アウディ A8 新型に48ボルトのAIアクティブサス、2019年8月に欧州設定へ
    1438424

    1438425


    サスペンション透視図
    1438426

    サスペンション詳細

    アウディは、新型『A8』(Audi A8)の欧州仕様車に、「AIアクティブサスペンション」を2019年8月から設定すると発表した。ドイツ本国での価格は、車両価格プラス5400ユーロ(約65万円)と公表されている。

    □路面の凹凸を先読みしてサスペンションを制御
    AIアクティブサスペンションは、レーザースキャナーやカメラセンサーを用い、路面の凹凸を先読みすることで、サスペンションストロークをアクティブ制御するシステムだ。四輪それぞれに最大1100Nmを発生する電動式アクチュエーターとコントロールアームが連結されており、48Vバッテリーを電源として、直接的にサスペンションストロークを操作する。

    その結果として、ロールやピッチをアクティブに制御する。アウディによると、ラグジュアリーセダンに相応しい滑らかでフラットな乗り心地から、スポーティセダンのようなキビキビした身のこなしまでを実現するという。

    このフルアクティブの電動機械式サスペンションシステムは、ドライバーの設定と走行条件に応じて、各輪の制御を行う。ロールやピッチなどの車両の姿勢変化は、最大1100Nmを発生する電動式アクチュエーター(モーター)によって、アクティブかつ最適に制御される。

    このシステムは、48Vの車両電源システムからパワーを供給され、「アウディドライブセレクト」のモード選択に応じて、ラグジュアリーセダンの滑らかな乗り心地から、スポーツカーのようなロール感の少ない引き締まったハンドリングまで、幅広い走行特性を追求している。

    □側面衝突の直前にボディ片側を80mm持ち上げる
    また、AIアクティブサスペンションには、アクティブセーフティ機能が備わる。側面衝突が避けられないとセンサーシステムが判断した場合、ボディ片側を80mm持ち上げることで、衝撃を強固なサイドシルで受け止めることができ、キャビン変形と乗員への負荷を大幅に軽減する。

    このシステムは、「アウディプレセンス360°システム」と連携したものだ。25km/h以上の速度で側面からの衝突が避けられない場合には、アクティブサスペンションは衝撃を受ける側のボディを最大80mm持ち上げる。その結果、相手の車両はボディの最も強度の高い部分、つまりサイドシルとフロア構造に衝突することになり、ボディを持ち上げない場合と比較して、キャビンの変形と乗員の胸部や腹部にかかる負荷を最大50%も軽減することが可能になるという。

    □量産車世界初のレーザースキャナー
    新型A8には、量産車として世界初搭載となるレーザースキャナーをフロントに1基採用しているのをはじめ、ミリ波レーダー、カメラセンサー、超音波センサーを合わせて最大23ものセンサーを装備している。また、これらセンサーからの膨大な情報を統合的に分析して高度な周辺環境モデルを構築する「セントラル ドライバーアシスタンス コントローラー(zFAS)」を採用した。これにより、人間の感覚に近い、遅れの少ない自然な制御を実現している。

    新型A8には、アダプティブエアサスペンションを装備する。これは、滑らかな乗り心地からスポーティなハンドリングまで、オールラウンドな能力を持つ新型A8の足元を支える技術だ。アウディは、AIアクティブサスペンションを搭載することで、新型A8の走行性能はさらに目覚ましいものになる、としている。

    2019年7月23日(火)10時00分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/07/23/324728.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563857255/ 【新型アウディA8に48Vバッテリー駆動のAIアクティブサス搭載モデルが登場!】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/15(月) 13:51:33.09 ID:CAP_USER
    ・新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
    ・5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
    ・200km/hからの制動距離は最大で5m短縮

    1408005

    アウディ R8 改良新型
    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/04/15/321384/1408005.html

    アウディは、4月17日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2019において、改良新型『R8』(Audi R8)を初公開すると発表した。

    R8はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2015で発表された。この現行R8がデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型がニューヨークモーターショー2019でデビューする。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定される。

    □新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
    改良新型R8では、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトや新デザインのフロントグリル&バンパーを採用する。シングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットな形状。新デザインのフロントリップスポイラーやディフューザーも装備された。フードのフラットなスリットは、1980年に発表されたアウディ『クワトロ』がモチーフ。エンジンコンパートメントの3分割カバーは、プラスチックまたはカーボンファイバーが選択できる。LEDヘッドライトには、R8ベースの最新レーシングカー、『R8 LMS GT3』と共通デザインを採用する。

    改良新型には、19インチホイールを標準装備した。ダイナミックなデザインの超軽量20インチホイールも選択できる。セラミックブレーキディスクも用意。フロントスタビライザーは、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)+アルミ製に交換が可能で、これにより重量を約2kg軽量化できる。オプションで、3種類の「エクステリアパッケージ」を設定。これらのパッケージでは、フロントリップスポイラー、サイドトリム、ディフューザーにアクセントを追加できる。アウディの4リングとエンブレムはハイグロスブラック化。ボディカラーには、新しいメタリックカラーとして、イモラグレイとアスカリブルーを用意した。

    改良新型には、アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」を搭載する。速度計、回転計などの走行情報から、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーのニーズに合わせた表示情報を、好みに応じてカスタマイズできる。最小限の視線移動で必要な情報が得られるインターフェイスを追求している。

    □5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
    ミッドシップに搭載されるエンジンは、引き続き自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」だ。改良新型では、このV10を強化して搭載する。ベースグレードの「R8 V10クワトロ」では、最大出力が540hpから570hpへ、30hp向上。最大トルクは55.1kgmから56.1kgmへ、1kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.4秒、スパイダーは3.5秒。最高速は、クーペが324km/h、スパイダーは322km/hに到達する。

    トップグレードの「R8 V10パフォーマンス クワトロ」では、最大出力が610hpから620hpへ、10hp向上。最大トルクは57.1kgmから59.1kgmへ、2kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.1秒、スパイダーは3.2秒。最高速は、クーペが331km/h、スパイダーは329km/hの性能を発揮する。

    □200km/hからの制動距離は最大で5m短縮
    サスペンションはチューニングを見直し、さらに安定性と精度を追求する。電動パワーステアリングとオプションの「ダイナミックステアリング」の両方で、アシストを再チューニング。アウディによると、ステアリングレスポンスと路面からのフィードバックは、全速度域で正確性を増しているという。

    「アウディドライブセレクト」には、パフォーマンスモードに加えて、ドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つのモードを追加。路面状況に応じて、最適なトラクションを発揮する。ESCも強化された。最上級グレードでは、100km/hからの制動距離を最大1.5m短縮。200km/hからの制動距離は、最大で5m短縮しているという。駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。

    2019年4月15日(月)12時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/04/15/321384.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555303893/ 【アウディ新型R8は620馬力で最高速331km/hにwwwwww】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/03/14(木) 23:05:31.78 ID:tJBe27bH0 BE:844481327-PLT(12345)
    中国北京市や山東省などの市民6人は9日、国有自動車メーカー「一汽大衆」が製造する「アウディ」車を使用後、白血病を発症したとネットに実名で告発した。
    市民らは同ブランド車は製造時に有毒物質が使われているとした。
    米ラジオ・フリー・アジア(RFA)が10日報じた。

    一汽大衆は、中国自動車メーカーの第一汽車と、独自動車メーカーのフォルクスワーゲンとの合弁会社で、吉林省長春市に本社を構える。

    一汽大衆は2010年、SUV車「アウディQ5」の製造販売を開始した。
    中国メディアは2013年、「アウディ」の一部の車種に「異臭がする」と指摘、利用者が白血病にかかったと報じた。
    番組は、制振材として使われている瀝青(れきせい)が「異臭」の原因だとした。

    一汽大衆は2017年3月に公式ウェブサイトで、2013~16年まで製造した「アウディ」ブランド車の異臭問題を認めた。

    瀝青からはベンゼン、ベンゾピランなどの発がん性物質を放出するため、長期的に吸い込むと、鼻炎や皮膚病、流産、胎児障害、白血病などの健康被害が出ることがある。

    山東省に住む被害者の1人、林さんはRFAの取材に対して、ソーシャルメディア「微信」で告発文を掲載してから、大きな反響を呼んだと話した。林さんによると、同車の利用者20人は同様の症状が出たと訴えたという。

    林さんは2015年5月に「アウディA4」を購入し、2018年1月急性骨髄性白血病と診断された。他の5人の被害者も、「異臭がする」アウディ車を購入した後に、同じ病にかかった。

    林さんによると、問題の車は国産「アウディ」ブランド車に限定される。「友人の1人が車を解体後、車の中から20~30キロの瀝青が見つかった」

    RFAによると、北京市民の田さんは、林さんらと同様に、実名で健康被害を訴えた1人だ。田さんの夫は、2014年国産「アウディ」を購入し、1年後に白血病を患い、その後、40歳の若さで亡くなった。
    田さんは、夫が死後、北京市地裁に対して、一汽大衆を相手取って訴訟を起こした。しかし、一汽大衆は国有企業であるため、田さんは嫌がらせを受けた。
    メディアにも助けを求めたが、門前払いされたという。

    https://www.epochtimes.jp/2019/03/41129.html
    t_gmijna9yzxhpnud9vhek

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552572331/ 【中国で製造されたアウディの車から有毒物質…白血病になったと市民が告発するも政府から圧力】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/23(土) 21:51:41.579 ID:7KpNpAXQ0
    a3スポーツバック っていうハッチバックのやつ
    3年落ちの認定中古車で200万円ぐらい
    お前ら的にはどんなイメージ?
    外車の中古っていうのがちょっとひっかかるが、認定中古車なら心配ないかなー
    国産だったらインプレッサスポーツ新車で300万円とかなるからA3もありかなーってなってる

    20170627-00062371-carsensor-000-1-view

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1550926301/ 【AudiのA3っていう車欲しいんだが】の続きを読む

    このページのトップヘ