サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > アウディ

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/05/13(火)11:30:34 ID:bUnGh7cXv
    アウディは10日、ミドシップ・スーパーカー「R8」に量産車としては世界初となる
    レーザーハイビームを搭載した限定生産モデル「R8 LMX」を発表した。

    201405001

    今回、99台が限定生産されるR8 LMXに初めて搭載されるレーザーハイビームは、「オールLEDヘッドライトの2倍の範囲で光を照射する」というレーザースポットをハイビームに採用したもの。

    片側のヘッドライトに、4つのハイパワーレーザーダイオードで構成されるレーザーモジュールが1つ搭載されており、この径わずか300ミクロン(0.3mm)のレーザーダイオードが、450ナノメートルの波長の青いレーザービームを発し、これを蛍光体コンバーターが路面照射に適した色温度5,500ケルビンの白色灯に変換するという仕組み。

    アウディによればこの光は「人間の目にとって理想的なもので、ドライバーが明暗のコントラストを認識しやすく、疲れを軽減」するそうだ。

    詳細はソースで
    http://jp.autoblog.com/2014/05/11/audi-to-launch-the-r8-lmx/

    レス引用元 http://open02.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399948234/ 【レーザーハイビームを搭載したアウディの限定生産モデル「R8 LMX」】の続きを読む

    1 フライングニールキック(芋) 2014/01/13(月) 11:25:46.26 ID:nqBoztAKP
    CES14では、CEOがキーノートスピーチを行うなど何かと話題を呼んだアウディ。CES会場では次期アウディTTに搭載される予定の「デジタル・インストゥルメンタル・パネル」がデモされた。メータ自体が一枚の高画質パネルになっていて、好みでカスタマイズできる。

    このパネルには、NVIDIAがCESで発表した「Tegra3」ベースのVCMが組み込まれており、メーターデザインに合わせたオリジナルの12.3型高画質ディスプレイによる表示を実現した。ここには通常のメーターパネルをはじめ、ナビゲーションを表示させ、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などの設定も可能。車両設定やオーディオシステムの設定もこの画面上で行える。

    見た印象としては、かなり高精細であったことだ。視野角も広めで、あまり不要なのかもしれないが、多少ずれて覗いても鮮明さは変わらなかった。
    画面の切り替えはアウディコネクトとして操作するコンソール中央にあるコントロールダイヤルで行う。リニアな動きは操作して小気味良さを感じるほどで、画面の切り替えも一瞬で終える。操作の流れでも難しいと感じることはなかった。

    屋外での利用で輝度がどの程度あるか気になるところだが、最近の液晶ディスプレイの技術を踏まえればそれほど不安はないだろう。
    むしろ、ディスプレイが統一されることで、コンソール上でのデザインがこれまで以上にしやすくなり、操作時の視認性が大幅に高くなる。
    何よりも見ていてカッコイイ!とくにTTのようなスペシャルスポーツカーにとって意味合いは大きい。

    646442

    646443

    646444

    646445

    646446

    646447

    646448

    http://response.jp/article/2014/01/12/214696.html

    【アウディのデジタルインパネはインテリアに革命おこすか…次期 TT に搭載予定】の続きを読む

    1 ジャンピングエルボーアタック(神奈川県) 2014/01/09(木) 21:45:52.04 ID:L9cfomQ+0
    レーザーで500m先まで照らしまくる車がくるぞ~。アウディ・スポーツ・クワトロ・レーザーライト

    レーザーヘッドライトはてっきりBMWのi8が先かと思ってましたが、アウディがCESにこんな化け物を出してきました!

    ロービームはLED、ハイビームにするとレーザーヘッドライトでLEDの倍の500m先まで照らせるコンセプトカー、「スポーツ・クワトロ・レーザーライト(Sport Quattro Laser Light)」です。

    いやーレーザーというとついつい目潰しを連想してしまいますが、超ちっこい光源がレーザーというだけで、直接対向車に目潰し攻撃!という心配はなさそうです。今年はいよいよレーザーヘッドライトが路上にくるぞということで。

    140108audi_laserlight_b

    140108audi_laserlight_c

    140108BMWi8

    http://www.gizmodo.jp/2014/01/ces500m.html

    【レーザーヘッドライト搭載で500m先まで明るい…アウディ「スポーツ・クワトロ・レーザーライト」】の続きを読む

    1 キン肉バスター(芋) 2013/12/31(火) 22:26:29.09 ID:Wn/wfFND0
    ドイツの高級車メーカー、アウディのスポーツクーペ、『TTクーペ』。その次期モデルに関して、デビュー時期が判明した。

    これは12月27日、アウディのドイツ本社が明らかにしたもの。「3代目TTクーペの2014年の発売を計画している」と公表している。

    現行TTクーペは2代目モデルで、2006年にデビュー。当初はクーペボディのみだったが、オープンの『TTロードスター』が加わり、2009年3月のジュネーブモーターショーでは、『TT RS』が登場。

    現行TTクーペの最強モデルが、『TT RSクーペプラス』。直噴2.5リットル直列5気筒ガソリンターボ「TFSI」ユニットには、専用チューニングを実施。その結果、最大出力360ps、最大トルク47.4kgmを獲得する。駆動方式は4WDの「クワトロ」。0-100km/h加速は4.1秒と歴代TTで最速。最高速は280km/hに到達する。

    現時点では、2014年に発売予定の次期TTクーペの内容は明らかになっていない。2006年の現行型デビューから8年を経て、3世代目へのモデルチェンジを果たすことになる。

    imgres214051_1_o

    imgres214051_2_o

    imgres214051_3_o

    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/197221/

    【アウディ TTクーペ 次期型、2014年に発売】の続きを読む

    このページのトップヘ