サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > メルセデス・ベンツ

    1:
    http://www.asahi.com/articles/ASK5235X1K52ULFA00B.html?iref=com_rnavi_arank_nr01

    xup2dakjhip

     独メルセデス・ベンツ日本法人は2日、人気映画「スター・ウォーズ」シリーズの公開40周年を記念した特別仕様車の受注を始めた。
    120台限定で、6月上旬に発売する。都内で開かれたイベントには、おなじみのロボット「C―3PO」や「R2―D2」も登場し、ファンを喜ばせた。

     4ドアのクーペ「CLA」がベース。ドアを開くと、足もとに映画のロゴがライトで映し出される。
    さらにエンジンのスイッチを押すと、ドライブレコーダーからは「R2―D2」の電子音が流れ、映画の雰囲気を再現する。

     車体の色は黒と白の2種類で、それぞれ悪役「ダース・ベイダー」と兵士「ストームトルーパー」をイメージした。
    価格は税込み504万円。

     5月4日はファンの間で「スター・ウォーズの日」として親しまれている。
    映画の人気フレーズ「May the Force be with you(フォースとともにあらんことを)」のMay「5月」とthe Force「4日(the Fourth)」の語呂合わせで「スター・ウォーズの日」になった。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1493805038/ 【スター・ウォーズ仕様のベンツ車、504万円で6月発売】の続きを読む

    1:
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170304/bsa1703041144003-n1.htm

    ドイツ自動車大手ダイムラーは3日、高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の一部車種でエンジンルームから煙が出たり、発火したりする恐れのある欠陥が見つかったとして、世界で約100万台をリコール(無料の回収・修理)すると明らかにした。ロイター通信などが伝えた。

     対象車両は2015~17年の新型モデルで、米国で約30万台、ドイツでは約15万台に上る。
    日本での対象車両の有無や台数については明らかになっていない。

     ダイムラーによると、不調のためエンジンを複数回起動した場合に、電気系統の機器が過熱して発火や発煙に至る可能性がある。これまでに発火などの事例が世界で約50件あったが、死者や負傷者の情報は把握していないとしている。(共同)

    mercedesbadge

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488598360/ 【高級車ベンツが発火の恐れ、世界で100万台リコール】の続きを読む

    1:
     独自動車大手ダイムラーが9日発表した、2016年の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」の世界販売台数は前年比11・3%増の208万3888台で、初めて200万台を超えた。高級車市場で15年まで首位の独BMWを上回る見通しで、ダイムラーは04年以来、12年ぶりに「首位を奪還した」と発表した。

     メルセデス・ベンツはおひざ元の欧州で前年比12・4%増の89万8234台と伸びたほか、中国でも同26・6%増の47万2844台と大幅増になった。「Aクラス」や「Bクラス」など小型車が好調で、相次いで新型車を投入した「Eクラス」の売れ行きも伸びた。

    BN-RN805_2TV6Q_M_20170109063629

    http://www.asahi.com/articles/ASK19326PK19UHBI002.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483953650/ 【メルセデス・ベンツ、高級車市場でBMWから首位を奪還! 「Aクラス」などが好調】の続きを読む

    1: あずささん ★ 2016/12/01(木) 07:08:04.85 ID:CAP_USER9.net
    メルセデス・ベンツといえば、高級車のブランドである。あのロックスター、ジャニス・ジョップリンもブランドへの憧れを歌にしたほどだ。車に興味がない人でさえ、その名前を聞けば、高級車であることがわかるはず。私(佐藤)もそうだ。

    そのメルセデス・ベンツが、なんとラーメンの販売を開始した。マジかよ、ベンツはどう考えても、庶民の乗り物ではない。気安く買えるような代物ではないはずなのに、ラーメンを販売しただけで、グッと距離が縮まるのは気のせいか?

    ・クリスマスイルミネーションとアンマッチ
    ラーメンを出しているのは、東京・六本木の「メルセデス・ベンツ コネクション」である。敷地内に、世界最大級の直系10メートルのクリスマスリースを設けると共に、2016年11月30日~12月25日までの期間限定でラーメンの提供を行っている。それにしても、華やかなクリスマスのイルミネーションと、 ラーメンがまったくマッチしていない気が……。

    ・名前がオシャレ
    用意しているラーメンは2種類。「『海』の流星麺~西洋魚介スープと焼きおにぎり」と、「『陸』の流星麺~鴨の生ハムスープとフォアグラバケット」である。いずれも1200円。ベンツがラーメンを考えると、こんなオシャレな名前になるのか。私の知っているラーメンとは、別モノの気がしてならない。

    bramen1

    ソース/ロケットニュース24
    http://rocketnews24.com/2016/11/30/831841/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1480543684/ 【メルセデス・ベンツがまさかのラーメン販売wwwwww】の続きを読む

    544: 名無しさん@そうだドライブへ行こう (ワッチョイ 8a90-8n5s) 2016/11/09(水) 18:05:06.93 ID:8eQE8xxg0.net
    http://www.autocar.jp/news/2016/11/09/193262/ 

    メルセデス・ベンツGクラス新型のローンチ時期は、いまだ公式発表がないものの、来年のフランクフルト・モーターショーでデビューという可能性が考えられる。メルセデスは、Gクラスが35年目のモデルチェンジにより実質的に新車に生まれ変わると話している。

    ストラクチャは大幅な改良を受け、アルミニウムの使用が増えたほか、車幅は100mmの拡幅により1860mm前後に達する。

    これまでのスチールからアルミニウムへストラクチャ変更を受けることで、車重は300kg以上削減されたと言われている。

    timthumb
    ※新型Gクラスとみられるスパイショット

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/auto/1475247813/ 【メルセデス・ベンツGクラス、フルモデルチェンジはいつ?】の続きを読む

    1: アトミックドロップ(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2016/10/21(金) 17:33:09.82 ID:ZGGrglOY0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    1111246

    メルセデスベンツが現在、開発を進めているブランド初のピックアップトラック。同車の最新コンセプトカーが、間もなく初公開される。

    これは、メルセデスベンツが公式サイトで明らかにしたもの。「10月25日、スウェーデンにおいて、メルセデスベンツのピックアップトラックコンセプトを初公開する」と発表している。

    メルセデスベンツが開発しているのは、ボディサイズが中型のピックアップトラック。ダイムラーとルノー日産の協力関係を生かして開発され、日産の新型『NP300』と、アーキテクチャーの一部を共有する。設計とデザインは、ダイムラーが独自に行う。

    http://response.jp/article/2016/10/21/284011.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1477038789/ 【メルセデスがピックアップトラックを販売wwwwww←いや普通に商用車作ってますし…】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/21(日) 12:33:04.98 ID:CAP_USER.net
    http://levolant-boost.com/2016/08/19/17496/

    MERCEDES-BENZ-MAYBACH-6-1-1024x576

    MERCEDES-BENZ-MAYBACH-6-7-1024x724

    09-5-1024x522

    今後のマイバッハ・デザインを示唆

     8月18日、ダイムラーはペブルビーチのコンクールデレガンスにて、コンセプトカー「ビジョン・メルセデス・マイバッハ6」を発表した。

    全長5700×全幅2100×全高1328mmの巨?に2+2のキャビンを乗せたこのいかにもゴージャスなクーペは、750ps(550kW)を発生する電気モーターを搭載した電気自動車。0-100km/h加速は4秒未満、リミッターで制限される最高速度は250km/hという動力性能と、500km以上の航続距離を実現している。

     非常に長いボンネット、低いルーフライン、後方に配置されたコンパクトなキャビンは古典的な美の再解釈であり、ボディ同色の透明カバーで覆われた24インチのアルミホイール、カメラを内蔵したドアミラー、ガルウィングドアを採用。

    官能的なデザインによる“ホット”とインテリジェントなディティールによる“クール”により、究極の贅沢感を表現しているとのことだ。

    目を引く透明なフローティングセンタートンネルは駆動系の電気の流れを視覚化しているそうで、80kWhの容量を誇るバッテリーはフロア下に配置されている。急速充電機能により、100km走行ぶんの充電がわずか5分で完了するという。

     このモデルが実際にはどのような姿で市販化されるのか、そしてその時期はいつ頃になるのかについては言及されていないが、 いまのところいかにもメルセデス・ベンツの派生モデル然としたマイバッハが目指す将来的なデザインの方向性として、大いに期待したいところだ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471750384/ 【メルセデス・ベンツが放つ最上級EV「マイバッハ6」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/27(水) 14:51:38.76 ID:CAP_USER.net
    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1607/27/news099.html

    l_sk_mercedez_01

    l_sk_mercedez_03

    l_sk_mercedez_04

     メルセデス・ベンツ日本は7月27日、新型「Eクラス」を発表し、受注を開始した。
    自動運転機能や安全装備を強化している。675万円(税込)から。

     同社プレミアムセダンの10代目。新たに搭載した「ドライブパイロット」は高速道路や渋滞時などにドライバーを支援する先進的なクルーズコントロール。先行車との車間距離に加え、周囲の車両やガードレールなどを常時監視することで、ステアリングアシストが作動する状況が拡大しているという。車線が表示されていなかったり、不明瞭な場合でも先行車を追従することもできる。

     同社としては初搭載となる「アクティブブレーンチェンジングアシスト」では、ウィンカーを2秒以上点滅させると、センサーが周囲の安全を確認した上で自動的に車線を変更する。また、走行中にドライバーが気を失うなどした場合、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」を世界初搭載した。

     避けられない衝突を検知すると車内スピーカーから鼓膜の振動を抑制する音を発生させ、衝撃音の内耳への伝達を軽減するという「PRE-SAFEサウンド」など、安全機能を強化している。

     ホイールベースは先代から65ミリ長くなっている。エンジンはガソリン(2.0リットル直列4気筒ターボ、3.5リットルV型6気筒ツインターボ)とディーゼル(2.0リットル直列4気筒ターボ)。

    インテリアでは、12.3インチ(1920×720ピクセル)のデュアルディスプレイを搭載。また世界初という、タッチコントロールを組み込んだステアリングホイールを採用し、手を離すことなく各種操作が可能になっているという。

     7グレードをラインアップし、価格は「E 200 アバンギャルド」が675万円(税込)、「E 220 d アバンギャルド」が698万円(同)、「E 400 4MATIC エクスクルーシブ」が988万円(同)など。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1469598698/ 【ベンツ、新型「Eクラス」発表 自動運転機能を初搭載】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/17(日) 09:57:38.83 ID:CAP_USER.net
    https://netatopi.jp/article/1010697.html

    1

    メルセデス・ベンツ日本(MBJ)と、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の子会社であるCCC マーケティング(CCCMK)が、2016年1月のMBJとCCCの契約締結を受けて、協業プロジェクトが開始されました。

     2016年7月15日からは、自動車ブランドとしては初めてオリジナルデザインのTカードが、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店およびメルセデス・ベンツコネクションで発行が開始されました

    オリジナルデザインのTカードの発行は無料で、メルセデス・ベンツのオーナーでなくても発行できるそうですですが、メルセデス・ベンツ正規販売店で新車を購入するとTポイントが1,000ポイント貯まるとのことです。

     なお、現在メルセデス・ベンツ コネクションで発行されている「コネクテッドカード」については、Tカードに切り替えることができます。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1468717058/ 【メルセデス・ベンツのオリジナルTカードが発行開始…新車購入で1,000ポイント!!!】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/06/13(月)10:13:49 ID:???
    prm1606130007-p1

     サミット関係者によると、オバマ氏以外の首脳が乗っていたのはベンツの最上級モデル「Sクラス」の防弾車で、「S600 Guard」の名称を持つ。

    日本が議長国として用意し、伊勢志摩サミットのためにドイツから輸入されたという。

     国際会議などで首脳を乗せる車はテロや外部からの襲撃を想定し、防弾などで高い安全性能を確保していなくてはならない。

     S600 Guardは、見た目は通常のSクラスとほぼ同じだが、ドイツの「VR9」という最高レベルの安全基準をクリア。特殊鋼を使用した堅牢なボディー構造で、積層されたガラスもポリカーボネートでコーティングされており、マシンガンによる銃撃にも耐える。

     ジェームズ・ボンドの乗る“ボンドカー”さながらの装備で、車の底には特殊な外板が設置され、地雷など車両下の爆発物に対応。特殊タイヤは損傷しても30キロは走行でき、毒ガスや細菌攻撃を想定した換気システムもあるという。

    続き 産経ニュース 全4ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/160613/prm1606130007-n1.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1465780429/ 【伊勢志摩サミットで各国首脳が移動に使ったベンツ「S600 Guard」の脅威の対テロ装備とは】の続きを読む

    このページのトップヘ