サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > メルセデス・ベンツ

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [JP] 2017/11/09(木) 11:23:28.95 ID:3js8pN+e0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    ドイツ自動車大手ダイムラーは、学習型AI(人工知能)機能を持つチャットボット(自動会話プログラム)型の顧客支援サービス、「アスクメルセデス」を間もなく導入する。
    最高デジタル責任者(CDO)のサビーヌ・ショナー氏が7日、リスボンで開催された「ウェブサミット」で発表した。

    アスクメルセデスは当初から複数の市場と言語で利用可能で、今後は世界展開を図るとしたが、詳細は明らかにしなかった。顧客は音声による指示やテキストベースのチャットを使い、いつでもサポートが受けられる。

    最近の車種に搭載されているアスクメルセデス・アプリ、スマートホン向けのアプリ、もしくは自宅に置いているグーグルの「グーグルアシスタント」に話しかけることで質問が可能だという。

    reuters20171108194620-thumb-720xauto

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/11/ai-25.php

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510194208/ 【Google ベンツ発表、ナイト2000みたいに喋る人工知能を搭載】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [JP] 2017/11/06(月) 17:20:19.99 ID:2QVsQOmd0 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
    ひと口に電気自動車と言っても、電気モーターを駆動する方法はいくつもある。
    いま再び注目を集めているのは、水素を燃料にして発電するクルマだ。

    水素で走るEV(電気自動車)のことを、充電方式を採る車両と区別してFCV(燃料電池車)と呼ぶ。
    先刻ご承知の読者もいるだろうが、日本ではトヨタ が「MIRAI」でホンダが「クラリティ」で先鞭をつけている。
    簡単に構造を説明すると、FCVは水素と酸素を化学反応させて電気を取り出す構造を持っている。
    その電気でモーターを駆動するのだ。

    FCVは日本だけが推進するガラパゴス的テクノロジーだ、と思っているひともなかにはいるかもしれないが、じつは海外のブランドも注目している。メルセデス・ベンツはそのうちのひとつで、東京モーターショーに「GLC F-CELL」なるモデルを持ちこんだ。

    01_mercedes-benz-glc-f-cell

    トヨタともホンダともちがうのはプラグインである点だ。GLC F-CELLは水素充填だけでなく、外部充電システムも備える。その意味では“世界初”とメルセデス・ベンツが謳うのは正しい。

    「わが社はFCVに注目しています。日本でも各地に水素ステーションが出来ているし、欧州でもドイツを中心に各国がステーション増設に向けていま動きだしています」

    燃料電池の技術と水素インフラを担当するシニアマネージャー、という肩書きを持つドクター・ゲオルグ・フランクは、東京モーターショーのメルセデス・ベンツのブースでそう語った。

    https://gqjapan.jp/car/story/20171031/electric-mobility-with-fuel-cell

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509956419/ 【メルセデス・ベンツからも水素自動車が】の続きを読む

    1:
    「メルセデス・ベンツ」は最高級セダンの新型を発表し、ドライバーが車の外からスマートフォンを操作して駐車する技術を公開しました。
    最高級のセダン「Sクラス」の新型発表の場に選ばれたのは、開通前の外環道です。
    9日はメルセデスの全ての車種が集結しました。

    「現在、こちらの車が縦列駐車をしようとしています。
    しかし、車内には誰も乗っていません。
    実はスマートフォンを使って車外から操作をしているんです」(記者)

    新型の「Sクラス」には、日本で初めてドライバーが車の外からスマホを操作して縦列駐車を行う機能が搭載されました。
    他にも、自動運転技術や最新の通信機能を搭載し、メルセデス・ベンツは「未来を創造する車を体感してほしい」としています。

    benntu

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170809-00000141-jnn-bus_all

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502330278/ 【メルセデス・ベンツ、スマホでの遠隔駐車を公開】の続きを読む

    1:
    1213335

    1213336

    メルセデス・ベンツ日本は、最高級セダン、新型『Sクラス』を発表し、8月9日より予約注文の受付を開始、9月上旬より順次納車を開始する。

    新型Sクラスのラインアップは、3リットルV6ツインターボを搭載するノーマルホイールベースの『S400』、気筒休止システムを持つ新型4リットルV8ツインターボの『S560ロング』、最新四輪駆動システムを搭載した『S560 4マチック ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のハイパワーモデル『S600ロング』を設定。メルセデスAMGモデルでは、「AMGシリンダーマネジメント」を採用した新型4リットルV8ツインターボを搭載する『メルセデスAMG S63ロング』、トルク可変型四輪駆動システムを装備する高性能モデル『メルセデスAMG S63 4マチック+ロング』、6リットルV12ツインターボ搭載のトップパフォーマンスモデル『メルセデスAMG S65ロング』の3モデルを設定した。

    価格はS400が1128万円、S560ロングが1646万円、S560 4マチック ロングが1681万円、S600ロングが2331万円。メルセデスAMG S63ロングが2451万円、同S63 4マチック+ロングが2491万円、同S65ロングが3323万円。

    https://response.jp/article/2017/08/09/298465.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502276845/ 【メルセデス・ベンツ、最高級セダン、新型『Sクラス』を発表】の続きを読む

    1:
    メルセデス・ベンツ日本(東京)は21日、親会社のドイツ自動車大手ダイムラーが欧州で実施するディーゼル車300万台以上の無償修理について、日本でも同様に対応すると発表した。
    「日本は対象外」との方針を20日に公表していたが、その後、ダイムラーからの指示を受け、一転して無償修理の実施を決めた。

    mercedes-badge

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017072200065&g=eco

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500686716/ 【ベンツ「日本は対象外。修理しない」→一転、修理へ】の続きを読む

    1:
    2017年の上海モーターショーでワールドプレミアを飾った新型メルセデス・ベンツ Sクラス(マイナーチェンジ版)の本国発売は2017年7月中ということで、ローンチ直前に詳細情報が公開された。

    マルチビームLEDヘッドライトなどで構成される新しいフロントマスクの奥に搭載されている新開発の“直列”6気筒エンジンやV8ツインターボといったパワートレインの進化などは序の口。
    乗り心地や快適性においても高級車の新基準となる技術を多数採用している。

    12.3インチの高精細ディスプレイを2つ並べたコクピットは、まさに先進技術の塊であることをアピールする要素のひとつ。ステアリング上に置かれたタッチセンサーによるスマートフォンライクな操作系を搭載しているのも次世代への提案だ。
    ステアリングから手を離すことなく、インフォテイメントシステムを操作できるようになった。

    そして、なによりも注目したいのが自動運転技術である。新しいSクラスは自律走行に向けて、「インテリジェントドライブ」をレベルアップさせている。

    たとえば、ACC機能とステアリングアシスト機能はコーナーやジャンクションに接近したときに、自動的に最適な速度に調整するようになった。
    初めてナビゲーションデータを使って運転を支援する機能を手に入れたわけだ。

    渋滞中の追従クルーズコントロールにおいては、最大30秒の停車が可能になった。
    そして先行車が動き出すと新しいSクラスは自動的に再スタートを行うという。

    交通標識の認識機能も進化した。デジタルロードマップの情報と画像認識により、走行中の道路に設定された速度制限を認識。速度超過について、ディスプレイとサウンドでワーニングを発するようになった。
    そのほか、横断する歩行者を検知するとドライバーに警告を発するなど事故ゼロに向けた進化を遂げている。

    新技術の投入により安全性を大きく進化させたSクラス。
    ドイツでの車両価格(19%の付加価値税込)は、8万4638.75ユーロ(約1092万円)からとなっている。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170720-10269230-carview/

    20170720-10269230-carview-001-1-view

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500549978/ 【ベンツが新型Sクラスをまもなく発売 人に優しい新技術を多数搭載】の続きを読む

    1:
     排ガス不正が疑われる独ダイムラーが実施する大量リコール(回収・無償修理)をめぐり、メルセデス・ベンツ日本法人は20日、日本での販売分はリコール対象外だと発表した。

     対象は300万台を超え、11年以降に欧州で売ったメルセデス・ベンツのディーゼル車のほぼ全てにあたる。ダイムラーは、欧州と日本では排ガス規制が違うため、現時点では対象から外したと説明している。

     ダイムラーは現地検察の捜査を受けているが、不正を否定し、今回の修理も「サービスキャンペーン」と主張する。修理では、欧州の市街地を実際に走ったときに、排ガスに含まれる有害物質が減るようエンジンのソフトウェアを更新する。

     日本でのベンツの販売のうちディーゼル車は2割を占める。所有者からの問い合わせは、0120・190・610へ。

    3500

    http://www.asahi.com/articles/ASK7N4T8NK7NULFA00M.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500546750/ 【ベンツ、日本で売ったディーゼル車はリコールせず 「排ガス規制が違うから大丈夫wwwwww」】の続きを読む

    このページのトップヘ