サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > スズキ

    1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/06/16(日) 02:27:04.39 ID:XD2aI1Fu0● BE:151915507-2BP(2000)
    X_A6R

    【ジムニーVS.ハスラー】どちらが好み?オフロードに強い人気の2台を乗り比べ!
    https://www.goodspress.jp/reports/177310/
    ハードな用途に耐える高い信頼性と走破力を備えた、オンリーワンの“本物”であるジムニーは、プロの道具としてはもちろん、レジャーユースのアシとして、多くの人たちから絶大な支持を集めています。

    とはいえ、冷静に考えてみると、ジムニーほどの高性能がマストというシーンは“まれ”というのが実情。そこでスズキのラインナップを見渡してみると、もう1台、ジムニーのようにオフロードに強いけれど、ジムニーほどタフではないオシャレな軽自動車を見つけました。人気の軽クロスオーバーカー「ハスラー」がそれです。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1560619624/ 【ハスラーのオフロード性能wwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [DE] 2019/06/07(金) 22:23:23.35 ID:SkDwNBQ90● BE:423476805-2BP(4000)
    スズキ新型カタナが日本発売された。消費税込み車両価格は151万2000円。
    基本構造が同じGSX-S1000は113万1840円、新型カタナの価格設定を高いと感じる人は多そう。
    新型カタナに搭載されるエンジンはGSX-S1000と同型でボア・ストロークが73.4mm×59.0mm。
    スズキの1.0Lエンジンのなかではロングストロークタイプとなる。
    低回転域の力強いトルク、高回転域でも十分な出力が確保されており、ストリート走行に最適化されたバランスの良さが魅力となる。
    なおガソリンタンク容量は12Lとなり、GSX-S1000の17Lより少なくなる点は注意が必要なポイント。
    ボディカラーは旧式カタナのイメージを引き継ぐミスティックシルバーメタリック、グラススパークルブラックが用意される。
    発進時や低速運転時に便利なローRPMアシスト機能も装備される。エンジン回転数が落ち込むと自動的にスロットルが開けられ、エンストを防ぐ。渋滞時はスロットルを使わずにクラッチとブレーキだけで徐行運転が可能となり、疲労低減にもつながりそう。
    https://car-research.jp/suzuki
    katana-black (1)

    https://www.youtube.com/watch?v=4N_rGVZVQxA


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559913803/ 【【悲報】スズキ新型カタナ、まさかの151万2000円wwwwwww】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/05/25(土) 00:01:28.63 ID:2Tx5bL7a9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190524-00010004-bikeno-bus_all

    令和元年に蘇った“研ぎ澄まされた刀” スズキ二輪 濱本社長が新型「KATANA」ブランドに込めた想いとは
    5/24(金) 20:01配信

     スズキは、2019年春より欧州を中心に販売し好評を得ている新型「KATANA(カタナ)」を、2019年5月30日から日本国内で販売します。

    20190524-00010004-bikeno-000-20-view


     新型「KATANA」は、日本刀をイメージした前衛的なデザインで 1980年のケルンショー(ドイツ)に出品し、翌年ほぼそのままのスタイルで発売してバイクファンの注目を集めた「GSX1100S KATANA」を原点としたモデルです。

    「Forging a New Street Legend(新たなるストリートバイクの伝説を鍛造する)」という開発コンセプトを掲げた最新技術搭載の新型モデルでは、刀鍛冶が鋼を叩いて鍛え上げ、丹念に強靭な刀を作り上げることと、「KATANA」を鍛錬して作り上げたことを比喩的に表現しています。

     デザイン面においては、燃料タンクから車体先端まで、研ぎ澄まされた刀のようにシャープで流れるようなラインをあしらったデザインを採用。角形のLEDヘッドランプや、刀の切先をイメージした造形の車体先端下部に装着されたLEDポジションランプにより、「GSX1100S KATANA」のイメージを踏襲した顔つきに仕上げられました。
    (リンク先に続きあり)

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558710088/ 【令和の世に19年ぶり復活…スズキ・カタナが5月30日販売開始!!!価格は…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/22(水) 00:59:40.52 ID:9UtYHOYja
    GIXXER SF 250
    リッター38キロ 17万
    nyZ5Upe

    ssRp9eI

    VtEi5qi


    油冷エンジン搭載
    VC5NwJr

    https://www.moneycontrol.com/news/technology/suzuki-launches-2019-gixxer-sf-250-at-rs-1-71-lakh-3999011.html

    比較
    CBR250RR→80万
    YZF-R25→65万
    NINJA250R→65万

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558454380/ 【【朗報】SUZUKI、250ccで17万※のバイクを作ってしまうwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [ニダ] 2019/04/18(木) 19:28:45.01 ID:l2+5Id4X0● BE:423476805-2BP(4000)
    スズキ新型カタナの発売は欧州向けが先行して進められており、2019年春の発売予定となっている。
    名車KATANAのモデル名を引き継ぐことになるが、GSX-S1000がベース車両の別デザイン版というのが実際のところ。
    欧州価格はベースのGSX-S1000に対して概ね2割のアップとなる。
    価格面のほか、ファンが心配しているのは、ガソリンタンク容量がわずか12Lであること。
    GSX-S1000のガソリンタンク容量は17Lであるから、デザイン優先の影で犠牲になった部分である。
    装備重量は新型カタナが215kgとなる。これもGSX-S1000の209kgから重量増ということでスペックダウンとなる。
    日本発売は2019年の夏頃が予想される。

    https://car-research.jp/suzuki

    katana-black

    https://www.youtube.com/watch?v=-CPhm5JaG_I


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555583325/ 【【悲報】スズキ新型カタナ、デザイン優先で燃料タンクが僅か12Lになってしまう…でもデザイン不評】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/03/11(月) 14:29:06.10 ID:CAP_USER
    1394469

    1394470
    スズキ 新型KATANA
    その他画像は元ソースでご覧下さい
    https://response.jp/article/img/2019/03/11/319977/1394469.html

    スズキは、インターモトで発表した新型「KATANA」を大阪モーターサイクルショー2019(3月15~17日:インテックス大阪)および、東京モーターサイクルショー2019(3月22~24日:東京ビッグサイト)で日本初公開する。

    新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデル。今春より欧州を中心に販売を開始する予定だ。外観は、長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な顔つきに仕上げた。パワーユニットは、『GSX-R1000』をベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを搭載。3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを装備する。スズキブースでは、新型KATANA日本初公開に合わせ、フラッシュ撮影でKATANAが壁面に浮かび上がる「KATANA」フォトコーナーも用意する。

    また、スーパースポーツ『GSX-R1000R ABS』のニューグラフィックモデル、MotoGP参戦マシン「GSX-RR」(#42 アレックス・リンス車)を展示。そのほか市販車両として、『GSX-S1000 ABS』『Vストローム1000XT ABS』『GSX-S750 ABS』『SV650X ABS』『SV650 ABS』『Vストローム650XT ABS』『バーグマン400 ABS』『GSX250R』『Vストローム250 ABS』『バーグマン200』『ジクサー』『GSX-R125 ABS』『GSX-S125 ABS』『スウィッシュ リミテッド』の14台を展示。全車両、実際にまたがることができる。さらに大阪ではSV650X ABS、GSX250R、GSX-R125 ABS』『GSX-S125 ABSの3台を試乗車として用意する。

    ブースでは、アンブレラガールとの2ショットからコース飲する「MotoGP体験コーナー」やスズキ「湯呑」などイベント限定のオリジナルグッズを販売する「SUZUKI FUN SHOP」を設置するほか、様々なゲスト(大阪:加賀山就臣、北川圭一、津田拓也/東京:賀曽利隆、アッキー、小鳥遊レイラ、葉月美優、青木宣篤)を迎えてのトークショーを開催。さらに大阪では、3年ぶりにリニューアルした新隼ラッピング列車の出発式(16日10時10分)を、GSX1300R隼の聖地として知られる「隼駅」からライブ中継する。

    2019年3月11日(月)13時45分
    レスポンス(Response.jp)
    https://response.jp/article/2019/03/11/319977.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552282146/ 【スズキの新型 カタナ、日本初見参!!!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/10/02(火) 21:54:09.20 ID:x1KORWKS0 BE:658442179-2BP(2500)
    スズキ、新型 カタナ をケルンで発表 2019年春、欧州から発売

    スズキは10月2~7日の会期で、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」において、海外向け大型二輪車の新型『KATANA(カタナ)』を発表した。

    新型KATANAは、1980年のケルンモーターショーに出品し、日本刀をイメージした前衛的なデザインで世界のバイクファンの注目を集めた『GSX1100S KATANA』を原点とする新型モデルだ。開発にあたってスズキのものづくりの精神と「KATANA」の歴史を背景に、「スズキらしさ」と「KATANAらしさ」を表現することに注力したという。

    長方形の縦型2灯LEDヘッドライトや、刀の切先をモチーフにしたLEDポジションランプにより「KATANA」らしい特徴的な顔つきに仕上げた。

    「KATANA」にマッチした高揚感のある加速とストリート走行に適した扱いやすさを実現するため、『GSX-R1000』をベースに改良した999cc直列4気筒エンジンを軽量フレームの車体に搭載した。さらに、3段階から選択可能なトラクションコントロールやABS、倒立フロントフォーク、ブレンボ社製のラジアルマウントフロントブレーキキャリパーなどを装備した。

    新型KATANAは浜松工場で生産し、2019年春より欧州を中心に販売を開始する計画である。
    2日に開催された記者発表会において、鈴木俊宏社長は「おもしろい、楽しい、ワクワクする商品を、お客様の立場になってつくるのが、スズキの役割であり、新型KATANAはそのスズキの将来を示す重要なモデルである。2021年までに、大型車を中心に10機種以上の新型モデルを投入し、シリーズ化と商品ラインアップの強化を図っていく」と述べた。

    新型KATANAの主要諸元
    ●全長:2125mm×全幅830mm×全高1110mm
    ホイールベース:1460mm
    ●装備重量:215kg
    ●エンジン型式:999cc水冷4サイクル直列4気筒エンジン
    最高出力:110kW/1万rpm
    最大トルク:108Nm/9500rpm

    1343374

    1343375


    https://response.jp/article/2018/10/02/314600.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538484849/ 【新型カタナ発表される!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ