サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > ハーレーダビッドソン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/12/21(月) 23:39:49.707 ID:jM0N/Vh80
    嫉妬か!

    Harley_davidson_logo




    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1608561589/ 【お前らなんでハーレー嫌いなの???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/11/06(金) 15:29:21.766 ID:cGpk1sHAp
    純正アクセサリ見に行ったんだけど、なんか合わんかったわ
    寺ってどこも接客同じ感じなんかな

    ハーレーディーラー

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1604644161/ 【ハーレーのディーラー行ってきたんだが…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: トラペジウム(SB-Android) [CL] 2020/12/04(金) 06:16:43.74 ID:r77Y+++U0● BE:866556825-2BP(4500)

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1607030203/ 【ついにハーレーの電動バイクが発売…ジェット戦闘機みたいな音がするようにしているらしい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん@おーぷん 20/10/30(金)11:07:44 ID:VxC
    いろんなバイク見てきたけどあれだけ音と迫力が段違いすぎるだろ

    harley-davidson-w640

    引用元 https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1604023664/ 【ハーレーダビッドソンとかいう唯一無二すぎるバイクwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/08/15(土) 09:15:16.536 ID:sNj7dB2F0
    ハーレーに限らずどのバイクがモテるん?アメリカンが一番いいのか?

    190820Hurley_eye-700x336

    引用元 https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1597450516/ 【ハーレー乗ってたらモテる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/08/22(木) 22:23:53.44 ID:umyK8u1L0
    かっこE
    vNhc1AH

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566480233/ 【ハーレーのストリート750とかいうバイクwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: アイアンクロー(東京都) [US] 2019/11/09(土) 19:28:41.59 ID:aqlywvhr0● BE:121394521-2BP(3112)
    水冷Vツインの新エンジン「Revolution Max」を搭載したハーレーのアドベンチャー!

    ハーレーの新アドベンチャーバイク「PAN AMERICA」は、新型の水冷Vツインエンジン「レボリューションマックス」が搭載され、排気量は1250cc。
    最高出力は145馬力、最大トルクは90ft.lbs.以上を発生させます。

    この新水冷エンジンはVツインの角度を60度に設計し、空気の流れを最適化する「デュアルダウンドラフトスロットルボディ」のスペースを確保ことで、最大限のパフォーマンスを発揮できるようになりました。

    PAN AMERICAはオフロード走行も視野に入れ、エンジンの軽量化や低速トルクも増やすことで、幅広いパワーバンドによる扱いやすさと快適性を併せ持ったマシンになっています。

    また、エンジンの振動を緩和させる「カウンターバランサー」も内蔵され、過酷な環境下のオフロードでも快適な走りを実現しています。

    日本導入時期や価格は現時点では未定とのことですが、ハーレー初のアドベンチャーバイクを是非とも日本でも発売してほしいですね!

    詳しい情報が入り次第、webオートバイ等でご紹介いたします!

    9613a25ac5f27673e719ddd6b36dda0c3662f398_large

    25606dc9f69f96dbe816917928a76d335fa8484e_large

    ed4b2ad61c783b72dda186b01ef35ceb53334084_large

    https://www.autoby.jp/_ct/17316748

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1573295321/ 【ハーレー初の試み、水冷Vツインを搭載したPAN AMERICA】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2019/07/15(月) 19:10:21.69 ID:UFQPdG2z0
    猫も杓子も乗ってるしつまらん。

    _102944434_harley (1)

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1563185421/ 【ハーレーとかいう魅力ゼロのバイクwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/26(日) 14:57:32.085 ID:NwLXwslk0
    なんなんあの鼓動感 
    最高だろ

    flstfb_2014

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1558850252/ 【ハーレーダビッドソンとかいうバイク欲しすぎワロタwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 自治郎 ★ 2019/03/05(火) 21:57:35.36 ID:zl+vdsOS9
    ハーレーダビッドソン ジャパンは2019年3月5日、新型の大型二輪モデル「エレクトラグライド スタンダード」の予約販売を開始した。

    ■シンプルな装備とデザインが魅力の大型ツアラー

    エレクトラグライド スタンダードは、ハーレーダビッドソンの中でもツアラー性能を高めた上級モデルにあたる、「ツーリング」ファミリーの新製品であり、シンプルさを追求した装備やスタイリングを特徴としている。

    パワーユニットには、排気量1745ccのV型2気筒エンジン「ミルウォーキーエイト107」を採用。風圧軽減に適した“バットウイング・フェアリング”やクロームトリム、サドルバッグ、キャストアルミホイールなどによってツーリングファミリーならではのスタイリングを実現している。

    カラーバリエーションは「ビビッドブラック」の1種類のみ。各部のアクセントにはクロームを用い、カムやダービーカバーなどをブラックアウトすることで、伝統的なカラーコンビネーションとモダンなスタイリングを両立させている。

    また、装備については、クルーズコントロールや手動エマルジョンリアショックアブソーバー、デュアルベンディングバルブサスペンションを備えた49mmのフロントフォーク、ABS、セキュリティーシステムなどを標準で採用。インフォテインメントシステム「BOOM! BOX GTS」を非設定とするなどして、価格を抑えているという。

    価格は290万5200円。デリバリー開始は2019年5月の予定となっている。(webCG)

    2019.03.05
    https://www.webcg.net/articles/-/40483

    エレクトラグライド スタンダード
    img_d11832602b982968496c21eb65aec817299424

    img_1704b6ac22cf20bccb64ae0b333543f4297325

    img_6bea5b2115d9755cda4ceaab119dca71301821

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1551790655/ 【ハーレーダビッドソンが「エレクトラグライド スタンダード」を発売】の続きを読む

    このページのトップヘ