サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > BMW

    • カテゴリ:
    1: シューティングスタープレス(東日本)@\(^o^)/ 2016/01/10(日) 17:34:15.59 ID:QoICX8IG0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    なんでも実際やったり、乗ってみないとわからないことってあるものであ~る。
    そう、昨年6月のことだ。出るぞ出るぞとウワサされ、遂に日本上陸を果たしたBMW初のFF3列シートミニバン「2シリーズ グランツアラー」。
    ひと足先に出たFFハッチバックの兄弟車「2シリーズ アクティブツアラー」よりさらにブ格好で、お節介なほど実用優先だけに、BMWよ! 伝統の硬派FRメーカーもついに日和ったか...と思いましたがそれは全くの誤解であることが分かりました。

    218d-009-1

    218d-007-1

    218d-003-1

    ●びっくり、なんと一番の買い換えは日産セレナ!!
    果たして全長×全幅×全高は4565×1800×1645mm。ベースとなったアクティブツアラーに比べ、215mm長く、95mm高い。
    とはいえ幅こそ輸入車の常で広いが、高さはルーフレール分を含んでるし、圧倒的に広くはない。
    BMW関係者によれば発売1ヵ月後データだがユーザーの「85%がBMW以外からの買い換え」で「8割がディーゼル車」で「下取り車で一番多いのは日産セレナ(!!)」だという。

    218d-001-1

    218d-020-1

    218d-028-1

    広くて快適でデカい後席モニターでDisney映画を子供が見ながら移動することを望むのなら後者を選べばいい。だがもっと別のなにか。
    ドライバーが最も楽しく、走った感をリアルに楽しみつつ移動したいのなら「2シリーズ グランツアラー」にすればよいと思う。それが不躾小沢の結論なのであ~る。

    http://jp.autoblog.com/2016/01/08/bmw-2-series-gland-tourer-first-drive/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452414855/ 【BMW 新型ミニバンは日本への挑戦状 368~462万円】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/07(木) 14:08:08.77 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/01/07/267375.html

    999458

    999460

    999462

    ドイツの高級車メーカー、BMW は1月5日、米国ラスベガスで開幕したCES16において、『i8 ミラーレス』を初公開した。

    同車は、BMWグループが電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」のプラグインハイブリッドスポーツカー、『i8』をベースに開発されたコンセプトカー。

    車名の「ミラーレス」とは、鏡をなくしたことを意味。左右のドアミラーとルームミラーを廃止しながら、最新技術で後方確認を可能にしている。

    i8 ミラーレス では、ドアミラーとルームミラーの代わりに、3台のカメラを装着。このシステムが、より広い視野範囲をカバーし、危険なブラインドスポットをなくすことに成功した。

    カメラからの画像は、ルームミラーの代わりに配置されたディスプレイ内に統合。

    カメラやディスプレイのプリセット作業(ミラー調節に該当)も不要とした。システムはカメラの画像を評価し、例えば黄色の警告マークで警告するなど、差し迫った危険に対しては、その状況に応じて反応する。

    また、駐車時をサポートする軌跡ラインが画像に重ねて表示される。他の乗員も、車両後方の交通状況を知ることを可能にしている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1452143288/ 【BMW、「i8」のミラーレス車を公開 3台のカメラでより広い視野を確保】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: フェイスロック(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 16:39:31.05 ID:GTqIF0DD0●.net BE:617185119-PLT(16000) ポイント特典
    ダースベイダーが乗っているものといえば、TIEファイター(戦闘機)ですが、実は自動車にも乗ってたって知ってましたか?

    なんと、ダースベイダーの愛車はBMWだったんです!

    ・ダークサイドとコラボレーション!!
    これはBMWのアフターマーケットのディーラーがBMWとダースベイダーをコラボさせたもので、正義の味方ではなく、ダークサイドのダースベイダーやストーム・トルーパーをBMWと組み合わせたのがカッコイイですね。

    ・タイヤ付きの乗り物にも似合う!!
    映画の中では基本的に空中を浮いている乗り物に乗っているダースベイダーですが、タイヤ付きの乗り物と並んでいても様になっていますね。

    もしお金があるならば、つい買いたくなってしまうレベルです。

    ・ダースベイダーの展開にも期待
    今後、数年にわたってさまざまな「スター・ウォーズ」作品が公開されていきます。それに伴い、多数の企業がコラボレーションをすることでしょう。

    今後のダースベイダーの展開にも期待ですね!!

    http://buzz-plus.com/article/2015/12/15/bmw-starwars/

    bmw-stormtrooper-by-vilner-previews-star-wars-episode-vii_1

    bmw-stormtrooper-by-vilner-previews-star-wars-episode-vii_2

    New-BMW-Stormtrooper-by-Vilner-Previews-Star-Wars-Episode-VII-3

    https://youtu.be/BTae9Ja6kYU


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450165171/ 【スターウォーズのダースベイダーの愛車はBMWだったことが判明】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/07(水) 17:45:06.99 ID:???.net
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000060072.html

    ドイツ車大手のBMWが最新機能を備えた富裕層向けの超豪華な新モデルを発表しました。

     BMWが発表した「新型7シリーズ」は、ラインナップのなかでも最上位のモデルです。
    運転手の手の動きだけでセンサーがそれを察知し、モニター操作や音量調整が自動的にできる機能やリモコンを使って自動駐車ができる最新機能を世界で初めて搭載しました。また、リラックス効果を高めるために座席のシートにはマッサージチェアを搭載し、車内でアロマの香りを楽しむことができるということです。ターゲットは富裕層で、価格は約1200万円(税込み)から。今月29日から全国で販売されます。

    http://autoc-one.jp/bmw/7_series/launch-2380437/

    001_o (1)

    020_o

    030_o

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1444207506/ 【BMWが最上位モデルを発表 自動駐車など最新機能を世界初搭載】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/09/24(木)21:23:40 ID:???
    (ブルームバーグ):24日のフランクフルト市場で、ドイツの自動車メーカー、BMWの株価が一時9.3%安となった。独誌アウトビルトがBMWのスポーツ型多目的車(SUV)「X3 xDrive 20d」のディーゼル排ガス量が路上走行試験で欧州の排ガス規制制限の11倍に達したと報じ、同業のフォルクスワーゲン(VW)での問題が他のメーカーにも広がる懸念が浮上した。

    続き ブルームバーグ
    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NV6FJ46K50Y401.html

    background

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1443097420/ 【BMW「X3」のディーゼル排ガスがEU制限以上との報道で株価急落】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: かばほ~るφ ★ 2015/09/16(水) 17:01:24.72 ID:???*.net
    BMW・新CEO、自動車ショーでの会見中に倒れるハプニング
    09/16 13:53

    ドイツの自動車ショーで、思わぬハプニングがあった。
    15日にドイツ・フランクフルトで開幕した国際自動車ショーで、BMWのハラルド・クルーガー最高責任者が、ステージ上で記者会見を行っている最中に、突然、倒れるハプニングがあった。

    クルーガー氏は、全面改良したセダンの最新モデルを説明中だったが、 突然よろめき、倒れたため、スタッフに支えられて退場した。

    検査の結果、異常はなく、すでに回復に向かっているという。2015年5月に最高責任者に就任したクルーガー氏は、長距離出張を繰り返しており、体調不良を訴えていたという。

    FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00303200.html
    (ソースに動画あり)

    2: 名無しさん@1周年 2015/09/16(水) 17:02:18.40 ID:Lf3ZJq6u0.net
    >>1の動画めんどい人用画像
    ho201509161301_50

    6: 名無しさん@1周年 2015/09/16(水) 17:03:04.57 ID:DQxt4Xz50.net
    >>2
    ほしーよ~、買ってー!

    22: 名無しさん@1周年 2015/09/16(水) 17:08:14.35 ID:cW501mgP0.net
    >>2
    そんなヤバい倒れ方でも無いな
    ちょっと笑える

    フランクフルトっていうと今移民が押しかけてるところかな
    もうそういうイメージしかわかん

    58: 名無しさん@1周年 2015/09/16(水) 18:24:37.03 ID:mf7q06C50.net
    >>2
    ここから腹筋に持っていけば神

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1442390484/ 【BMWの新CEO、自動車ショーでの会見中に突然よろめき倒れる】の続きを読む

    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/09/08(火) 20:39:28.63 ID:P0rlJ1zz*.net
    9月8日 20時28分
    001_o

    燃費性能に対する意識が高い消費者が多い日本で、ドイツの自動車メーカーが、エンジンと電気モーターを組み合わせ、充電もできるプラグインハイブリッドの乗用車を相次いで販売することになり、先行する日本メーカーとの競争が激しくなりそうです。

    プラグインハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車に、家庭用のコンセントなどからモーターを動かす電池に充電することができる機能をつけたもので、電気だけでも走行できる距離が比較的長いのが特徴です。

    ドイツのフォルクスワーゲンは、主力車種「ゴルフ」のプラグインハイブリッド車の販売を8日から始めました。容量の大きい電池を搭載し、およそ3時間の充電で53キロ、電気だけで走行することが可能だということで、近場の買い物ではガソリンを使わずに済むとしています。

    また、BMWは、多目的スポーツ車「X5」のプラグインハイブリッド車を発売しました。4時間の充電で電気だけで31キロの距離を走行できるとしています。

    日本は燃費や環境性能に対する意識が高い消費者が多く、トヨタ自動車やホンダ、三菱自動車がすでにプラグインハイブリッド車を先行して販売しています。ドイツメーカーの相次ぐ参入によって、今後、この分野での競争が激しくなりそうです。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150908/k10010220871000.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441712368/ 【ドイツのフォルクスワーゲン、BMW プラグインハイブリッド車販売へ】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/08/05(水)17:05:47 ID:???
    BMWはフロント・エンジン+後輪駆動という「FR」のレイアウトに強いこだわりを持つメーカーです。「駆け抜ける歓び」をブランドコンセプトに掲げるBMWは、運動性能や乗り心地といった走りのフィーリングをダイレクトにドライバーに伝えるために長きに渡りこのレイアウトを採用してきました。

    FRは前後重量配分を50:50にすることができるため、日常走行から高速走行、さらにスポーティな走行まで存分に楽しむことができます。また横滑り防止装置など先進の安全装備を組み合わせることで、その高バランスと相まって雨天時や雪上でも安心して走ることができるという特徴があります。

    中略

    1シリーズから7シリーズまで、BMWのラインナップはほぼFRを採用していますが、2015年にBMWは2シリーズ・アクティブ ツアラーとグラン ツアラーというFFを採用したモデルを追加しています。BMWでは初のFFモデルですが、さすがはFRにこだわり続けてきたブランド。

    FFのデメリットを極限まで減らし、実にFRのようなフィーリングを楽しめる味付けになっています。
    BMWはたとえ駆動方式がFFとなっても、味付けの基本はFRなのです。

    NskS4NW

    全文はソースで
    https://clubmini.jp/16956

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438761947/ 【BMWが、FR(後輪駆動)にこだわったクルマづくりをする理由とは】の続きを読む

    このページのトップヘ